2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

東京ジャズギルドオーケストラ

1 :いつか名無しさんが:2005/11/05(土) 13:39:55 ID:2CvqEBI4
ここは日本を代表するコンテンポラリービッグバンド、「東京ジャズギルドオーケストラ」を語るスレッドです。
並びに、末期の膵臓ガンで余命いくばくもないとされるバンドリーダー木村功氏。
氏が日本のジャズ界に与えた影響と貢献を讃えたいと思います
コンサート情報や、プロの世界からの忌憚なきご意見を賜りたいと思います

http://www.hds-net.jp/j-guild/orch_members.html
http://www.ne.jp/asahi/jazz/guild/


2 :いつか名無しさんが:2005/11/05(土) 13:53:50 ID:???
2ゲト!

3 :いつか名無しさんが:2005/11/05(土) 13:56:31 ID:oImTHYfM
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ
うんこ


4 :いつか名無しさんが:2005/11/06(日) 01:01:20 ID:???
>>1
誰も相手にしないほどカスなネタスレ立ち上げありがとう(W


5 :いつか名無しさんが:2005/11/06(日) 02:48:55 ID:Qe7dI7vp
>>4
詳細希望
評判はどうなの?

6 :いつか名無しさんが:2005/11/06(日) 09:45:19 ID:???
評判もなにも、今、“ない”じゃん

7 :いつか名無しさんが:2005/11/06(日) 12:26:13 ID:IiuzdHGG
でも今年ライブやってるみたいだよ
しかも何気に大御所が混じっているし

8 :いつか名無しさんが:2005/11/06(日) 13:08:07 ID:???
なんで村田さんがいるんだよ…

9 :いつか名無しさんが:2005/11/06(日) 16:04:32 ID:ChfrC5/q
>>8
俺もそう思った
しかもトロンボーンには中路氏が居る
ドラムは丹さんだ
有能と無能が混在してるよ

10 :いつか名無しさんが:2005/11/07(月) 10:24:12 ID:???
> 末期の膵臓ガンで余命いくばくもないとされるバンドリーダー木村功氏。
詳しく。

11 :いつか名無しさんが:2005/11/07(月) 21:33:15 ID:???
>>10
http://www.hds-net.jp/j-guild/newspaper2.html

腹膜へ転移して手の施しようが無かったのならまず助からないね・・・・・


12 :いつか名無しさんが:2005/11/08(火) 09:07:41 ID:???









糸冬 了










13 :いつか名無しさんが:2005/11/09(水) 11:08:26 ID:JmE+tv1y
まだご存命なの?

14 :いつか名無しさんが:2005/11/10(木) 01:07:37 ID:VwCHzZMx
というかそもそも本当に末期なのか?なぜ生きてる?

15 :いつか名無しさんが:2005/11/10(木) 04:28:46 ID:???
もの凄く悪意に満ちたスレだな。
>>1こそ氏んだ方がいいんじゃね?

16 :いつか名無しさんが:2005/11/10(木) 12:44:21 ID:???
>>14 ウソに決まってんじゃん

17 :いつか名無しさんが:2005/11/10(木) 22:17:44 ID:???
>>15
どういうことなの???
普通のスレ立てに見えるんだけど

18 :いつか名無しさんが:2005/11/11(金) 07:40:38 ID:vHeZZzBf
なにか心当たりがあるからじゃないの

19 :いつか名無しさんが:2005/11/11(金) 11:56:21 ID:???
ミュンヒハウゼン症候群/虚偽性障害の定義

ミュンヒハウゼン症候群の人々は、
病気でなく健康であるにも関わらずに自分達があたかも病気であるかのようにふるまいます。
腹痛を訴えたり吐き気を訴える人もいれば、自らの体を傷つける人もいます。
彼らの自己利益のためにない痛みを訴えてるわけではなく、
人々の関心を引き寄せるために病気であると訴え続けます。
人によっては自分の体を傷つけたり、特別な検査を受けたりします。

ttp://2.csx.jp/users/counselor/Munchausen'sSyndrome

20 :いつか名無しさんが:2005/11/11(金) 12:49:57 ID:???
じゃ木村やアヤドはそれか

21 :いつか名無しさんが:2005/11/11(金) 15:26:21 ID:???
この人の日本のジャズ界での評判ってどんなもんなのよ
素人の心を掴むのは上手っぽいけど、これって結構パフォーマンスとしては必要な要素かなと思うんだが

22 :いつか名無しさんが:2005/11/12(土) 23:20:04 ID:bOoGGD9Q
そういう意味では天才的かと

23 :いつか名無しさんが:2005/11/14(月) 21:59:40 ID:???
この人がやってる民間のジャズオーケストラってどんな感じ?
上手?


24 :いつか名無しさんが:2005/11/17(木) 12:58:39 ID:???
>>23
人多すぎ。会費は1日あたり2000円取られるので高所得者なら無問題

25 :いつか名無しさんが:2005/11/18(金) 15:17:22 ID:GLVGuEIR
>>24
それってここのこと?
http://homepage.mac.com/mike_yan/tamaband/


26 :いつか名無しさんが:2005/11/19(土) 20:33:43 ID:qxEaRCIe
>>25
数ヶ月ほどお世話になりました
人が多すぎるので辞めました
商売上手な人だと思います
ただこうした人がジャズのむさ苦しさを払拭することに貢献していることは事実でしょ
自分だけの世界、そうしたところに美学を感じているカタブツ多いですからね

27 :いつか名無しさんが:2005/11/19(土) 23:29:54 ID:???
釣りだよな?
木村=むさ苦しさ→胡散臭さを絵に書いたようなヤシなのに


28 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 00:26:23 ID:7So7Kuxx
>>26
私もあまりの人の多さと先生が練習中生徒を怒鳴りつけたりするのをみて、
びっくりしてすぐ辞めてしまいました。
一回の練習に2000円を払って出てきているのに、
罵声や怒鳴り声を聞いたんでは、気分がいいはずはありません。




29 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 00:50:06 ID:???
漏れも何ヶ月か在籍してますた。やっぱ人の多さと独特な選曲が嫌で辞めたけどね。
あれだけ人多いとユニゾンぐらいしか出来ないから水槽と変わんないんだよなぁ。
でも木村さんは癖があるけど話すといい人だよ。
あれだけ「教える」事に熱心な人も珍しいと思うし、
素人のための門戸が広いのは良いことだと思うよ。
時間外でもメールとかでも何か聞いたらちゃんと熱心に教えてくれるし。
まあ怒鳴るのは勘弁だけどね。
でも一回に2000円もしたっけ??????
ひと月に一回数千円徴収されるだけだったような…。

まあ>>1とか>>27も何らかのバンドに所属してたんだが
練習中に怒鳴られたかなんかして恥かかされたのが悔しくて
「末期の膵臓ガンで余命いくばくもないとされるバンドリーダー木村功氏」
なんて嬉しくて言いたかっただけなんだろ。趣味の悪い哀れな香具師だな。

30 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 01:15:05 ID:7So7Kuxx
幾ら「教える」ことに熱心で、話すといい人でも、
人前で生徒を怒鳴りつけたり、茶化したりするのは
人間として未熟な証拠だと思う。


31 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 02:18:37 ID:???
>>30
まあ漏れもそれが嫌で辞めたのもあるけどねw

でも人前で怒鳴る=人間として未熟 ってのは違うと思うよ。
それを言ったら世の中の指導者はほとんど未熟になっちゃうよ。
少なくとも人の人格を否定するような怒鳴り方ではないし。
それが気に入らなければ漏れやあんたみたいに辞めればいいだけ、
ただそれだけの事じゃん。

32 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 03:15:01 ID:???
以前あったスレで木村が何言われてたか知ってるヤツ誰もいないのか??
それともここは精神病院の隔離病棟か何かか?


33 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 03:26:29 ID:???
>>32
なんでそんなに必死なの?
こんなにマイナーな人叩いて何が面白いわけ?
そんなに賛同者集めたければVIPかニュー速にでもスレ立てれば?

34 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 07:36:08 ID:???
つーか木村スレなんてジャズ板であったのか?
吹奏楽とか別の板ならわからん。
どんなふうに書かれていたのか詳細希望
まぁ、フガイナイ奴を怒鳴るのは指導者としてはごく普通だと思うよ。
その点では素人を養成する素質はあると思う。
ジャズやってる奴はネクラな奴多くて人をぐいぐい引っ張るものはあんまり無かったりするから。
俺が引いたのは純粋に人が多いということだけだ。
まぁ同業のプロには嫌われるタイプな人なのは間違いないけどね。

35 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 10:37:46 ID:???
>>33
お前こそこんな所でなんで持ち上げるのか、さっぱりわからん
>>34
この板に決まってるだろ、自分で捜せ
誰かも書き込んでいたが、大体まともに楽器も吹けず、スコアも理解できてないヤツ
が指導するなんておかしいと思わないのか?
二束三文で買いつけた譜面を教材と称して売ったりしたら、ローグスのイバとならん
で立派な犯罪だぞ
それでも肯定しているとしたら、変な宗教団体の信者と何も変わらん


36 :33:2005/11/20(日) 11:09:25 ID:???
>>35
はぁ?持ち上げてねえだろ。嫌だから辞めたっつってんだろーが。日本語読めねえ乳幼児なのか?
やっぱお前何か嫌な目に遭ってんじゃねえの?
そういやバンドに譜面台とか教材売りつけようとしてクビになった香具師いたな。それお前だろ?w
だからこんなに譜面の件で粘着してるんだろうな。可哀想な香具師だよまったく。
ていうかこのスレ立てたのお前なんだろ?遂にこのスレの趣旨がバレたな。
だいたいオレ関係ないから別に肯定するつもりもないし、そんなに許せないならこんな糞過疎板でやってないで
VIPかニュー速にでもスレ立てて祭りに仕立てるか、犯罪者だと思うならJASRACとか警察にでも通報しろって。
そんな意気地のないくせにこんな超糞スレの超ローカルバンド指導者に粘着なんかして頭の悪い不気味な香具師だな。
頼むからVIPでやってくれ。

37 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 11:55:01 ID:???
ダメだ、誰か>>36に日本語教えてやってくれ(W


38 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 12:33:57 ID:???
粘着(・A・)イクナイ!

39 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 13:05:27 ID:???
JAZZ板ってこんなのばっか
>>35は逝ってよし

40 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 13:21:44 ID:???
ここはひどい>>35のいるインターネッツですね

41 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 14:49:16 ID:???
>>36必死だな(W


42 :1:2005/11/20(日) 15:54:53 ID:???
1でつ
あのー(;´Д`)まったく他意なくマンセースレを立ち上げたつもりなんですが・・・
なぜ皆さんは15さんのようにこれを悪意ととられるのか正直わかりませぬ。
教材を売りつけたとかそんなエピソードすら私の知りえぬ話なんですが、
関係者さんですか?

43 :1:2005/11/20(日) 16:00:28 ID:???
>>36
ちなみに私はあなたがスレ立て主だと疑っている人とは違います。
そもそも報復でイヤガラセスレを立てる場合は、それを見破られないよう、
自分とはもっとも無関係で遠い立場を演じるのが人情というものではないでしょうか。

私は純粋に日本を代表するプレイヤーが集まった東京ジャズギルドオーケストラとその主宰をマンセーしたいだけなのです。
木村氏が別に擁しているアマチュアバンドの裏話についてはあまり興味がありません。

44 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 16:49:14 ID:???
だからそれがヘンなんだよ
ガイシュツのような現状でプロのミュージシャンは誰も参加しなくなって、活動
できなくなってるわけだから


45 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 17:36:23 ID:etHKuNgQ
中核メンバーは
金城○文 高野○幹 林研○郎

日本を代表する超一流のジャマンです

46 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 19:52:47 ID:???
“ジャマン”ってなに!?(W


47 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 19:55:37 ID:???
ヤーマン

48 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 21:23:55 ID:???
帝王も居るだろ!

49 :いつか名無しさんが:2005/11/20(日) 21:26:07 ID:???
>>45
へタレばっか(W

50 :いつか名無しさんが:2005/11/21(月) 00:19:41 ID:FOjNVB7q
しかしそのメンバーは木村氏とはどういう繋がりなんだ?解せん


51 :いつか名無しさんが:2005/11/21(月) 04:56:24 ID:???
まあ確かに謎だな。中路氏なんか毎回出てるし。

52 :いつか名無しさんが:2005/11/21(月) 08:08:17 ID:???
譜面台売りつけの人っていつごろの話?

53 :いつか名無しさんが:2005/11/22(火) 07:30:11 ID:QDtRPGS9
K居る?

54 :いつか名無しさんが:2005/11/23(水) 20:39:10 ID:fCuN+AxG
ねぇ33って誰だと思う?

55 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2005/11/23(水) 21:00:26 ID:???
だれってなんだよ
だいいちコテハンって何人いるのだ?

56 :いつか名無しさんが:2005/11/24(木) 00:43:20 ID:dkiE+gRl
なんで村田さんが居るんだ!!!!

57 :いつか名無しさんが:2005/11/24(木) 01:49:55 ID:???
>>54
オレオレ!オレだよ!

58 :いつか名無しさんが:2005/11/24(木) 07:48:55 ID:???
33は語るに落ちるってやつだろ

59 :いつか名無しさんが:2005/11/27(日) 04:11:07 ID:Qc3NeEoU
保守

60 :いつか名無しさんが:2005/11/28(月) 00:48:29 ID:TCJcTQwN
このおっさんが持ってる市民ジャズオケ、団体組織名をとっかえひっかえして
同じ練習室を多重利用申請するから嫌い

61 :いつか名無しさんが:2005/11/29(火) 14:39:59 ID:UVuD5K3p
それぐらいいいだろ

62 :いつか名無しさんが:2005/11/29(火) 15:15:01 ID:???
そんなのばっかりだからダメなんだよ、へタレ君

63 :いつか名無しさんが:2005/11/29(火) 16:08:38 ID:???
>>62
は?誰に口きいてんだお前。

64 :いつか名無しさんが:2005/11/29(火) 17:15:16 ID:???
オマエだよ、バカ

65 :いつか名無しさんが:2005/11/30(水) 19:47:17 ID:E2+Bbem0
多重申請ぐらいどこでもやってるだろ

66 :いつか名無しさんが:2005/11/30(水) 21:36:45 ID:???
おれの住む地方SAX奏者は1回60分の個人レスッンで7000円だが、
高い方だろうか?? 木村さんとこでは幾ら?

67 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2005/11/30(水) 22:05:02 ID:???
高すぎる

68 :いつか名無しさんが:2005/12/02(金) 14:48:37 ID:???
アマチュアバンドの参加費は1回あたり2000円。
ただしそれでも納得して払う人が多い点で、人を引っ張る力とお金集めの才能のある方ではあります。
(確定申告しているんでしょうかね?)

私が退団した理由はそっちではなくて単純にこなす曲数が多すぎるということ。
しかもその日どんな曲を練習するかは木村氏の気分次第になってしまうから
その流れについていけない。

69 :いつか名無しさんが:2005/12/03(土) 13:53:02 ID:g5PwHztq
というかレッスンという側面があるなら取り扱う曲目ぐらいきっちり決めておけよと思うんだが

70 :いつか名無しさんが:2005/12/05(月) 14:49:15 ID:gA2a3+kI
管理者にはログの提出を要求できるのでは?
法に基づいて悪意有る投稿者の身元を照会するかもしれない
こんなスレッド、はやく消したほうがいいんじゃないの?

71 :”削除”依頼板転載人@星猫:2005/12/06(火) 01:50:52 ID:xWj6AOv5
レス番未指定の上、名前が不足
てか一同って┐('〜`;)┌

多摩ジャズワークショップオーケストラ

1 :メンバー一同 :05/12/06 00:33 HOST:206.101.244.43.fbb.ReSET.JP<80>
対象区分:[法人/団体]管理人裁定待ち
削除対象アドレス:
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classic/1131165595

削除理由・詳細・その他:
個人、あるいはそれに属する団体を誹謗、中傷する掲示板です。
とくに、本人が現在病気療養中であるにもかかわらず、このような掲示板をたちあげ、愚劣なことを書き込むことは許せません。
即刻削除お願いいたします。

72 :いつか名無しさんが:2005/12/06(火) 01:58:13 ID:EK/pTuVa
>70
ここにこれを貼るとは、想定外。

ちなみに削除要請板に依頼は、出ているが不備で受理されないだろうね。
スレッドごとの削除は、管理人裁定以外は、行われないし


2ちゃんねるは投稿者のIP・ホスト情報を記録しています。
警察や裁判所からの要請などがあった場合は、ログが残っていれば開示されます。

削除と情報開示の流れ
http://qb5.2ch.net/flow.html

73 :いつか名無しさんが:2005/12/06(火) 05:11:56 ID:HSIPsZbx
そもそも71のような削除依頼を出す奴ってどんな奴だろ
「このような掲示板をたちあげ」って、>>1のどこに愚劣な中傷の意図を感じるというのだ???

それとも、何か隠したい真実でもあるような気がしてならないね。

74 :いつか名無しさんが:2005/12/06(火) 05:14:45 ID:HSIPsZbx
>個人、あるいはそれに属する団体を誹謗、中傷する掲示板です。

これってやっぱりおかしいよな(笑)
どう見ても個人の主観でしか無いじゃん。
どこに明確な中傷があるのかをきっちりと提示すべき。

75 :73:2005/12/06(火) 05:36:27 ID:HSIPsZbx
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1133796769/l50

ワロス

76 :”削除”板の野次馬☆きんもーっ:2005/12/06(火) 08:07:23 ID:A5PhTaY4
> 1 名前:メンバー一同 投稿日:05/12/06(火) 00:33 HOST:206.101.244.43.fbb.ReSET.JP

まず名前を名乗れ。
お前はメンバー一同に自分が団体を代表して削除依頼をすることの了承は得ているのか?
だったら堂々と名前を名乗れ。


>>70
> 管理者にはログの提出を要求できるのでは?

犯行予告など警察の捜査に必要な場合を除いては
弁護士を雇って民事訴訟をおこして裁判所が2ちゃんねるに「情報を開示しなさい」と命令を出した場合のみ開示されます。


結局、お前らはスイングする者なのか?スイングしない者なのか?

77 :いつか名無しさんが:2005/12/06(火) 12:41:10 ID:???
仮にもプロとしての「活動実績」を持つのなら、こうした掲示板でも話題になり、
ともすれば負の声も発生してしまうのは当たり前の話だろ?
そんなものは有名税として認識すべき。
それがイヤならプロの世界に顔を出すなと俺は思うね。

削除依頼を出した奴が木村本人なのかあるいはシンパの暴走なのかはわからんが、
何を甘っちょろいことを言ってんだ。
だいたいスレ立て主の言には悪意なんて無いじゃねぇか。

78 :いつか名無しさんが:2005/12/06(火) 19:49:06 ID:o5FpJCij
このスレッドの1を見て
『誹謗、中傷』と感じるなんて。。。

79 :いつか名無しさんが:2005/12/06(火) 20:34:42 ID:???
俺はあまり木村氏とは係わり合いがないが、同業者としてフォローしておく。
事実無根があまりにも多過ぎるな
そういうのはこの掲示板はありなのか?そうじゃあるまい
雑誌でも紹介されている通り、このバンドは日本を代表するプロのビッグバンドであり
木村氏はこの世界では名の知れたミュージシャンだよ
その証拠がこのバンドが存在することの何よりの理由だろ
どうしようもないヘタレにあんなそうそうたるメンバーがついていくか?
真実は一つだろ。真実を見ろや。
そして東京ジャズギルドオーケストラがここのところ活動をご無沙汰しているのは
木村先生が後進を育てることに全力を注いでいるからだろ
そんなものアマへの指導の活発さを見ればすぐにわかるじゃん。
日本のジャズ界でここまでアマへの指導に対して使命感を抱いている人が他に居るか?居ねえよ。
99%のプロが小遣い稼ぎの適当指導じゃねぇか。
結局のところ程度の低い同業者が嫉妬してんだろ?みっともないからやめろや
だいたい、木村氏が持ってるアマバンドも相当レベルが高くて俺は悪い評判なんて聞いたこと無いんだが
れっきとした業務妨害。十分に削除対象だと思うがな

80 :いつか名無しさんが:2005/12/06(火) 20:41:06 ID:???
>76
業務妨害というれっきとした罪がある
この掲示板はそれに該当する
最近はささいなことでも警察は動くからまじでヤバいだろうね

>77
甘い。芸能人でもプライバシーってもんがある
この掲示板は十分に大問題だろう
まあもっとも俺には関係ないことなんだがな

>78
誹謗中傷はむしろその後の話題において十分になされている
そうした書き込みを取り締まれなかった掲示板の管理者も連帯責任がある
特に60番目の投稿なんかはシステム上あり得ない

81 :いつか名無しさんが:2005/12/06(火) 22:11:53 ID:h1BDXtqB
>>79
菊地康正は木村功より熱心な指導だと思うよ。

82 :33:2005/12/06(火) 22:21:02 ID:???
だいたい>>1
>末期の膵臓ガンで余命いくばくもないとされる

この時点でおかしいだろ。
これを見た本人や家族や友人がどう思うか…とか思わないのか?
病気と闘っている人間に対して、あまりにも無礼極まりない失礼な書き方だろ。
良識ある大人の人間だったら普通こんな表現しないって。
一見ギルドに関する話題のフリして実は木村さんに関するゴシップや
私怨による誹謗中傷の方向に話題を持っていきたいのが見え見えだな。
俺はここに激しく>>1の陰険な悪質さを感じるけどね。
有名税だと? 有名だったら好きに何を言ってもいいのか?

俺は色々と思うところや事情があって木村さんのバンドは辞めたが、
ジャズに関して教わることは多かった。その辺はすごく感謝してるよ。
機会があればもう一度教わりたいね、素人相手にあれほど熱心な指導者はなかなかいないからな。
肌の合わない人間が辞めて行き、もっと食らいつく人間が残る、ただそれだけの話じゃん。

粘着している香具師たち(一人かもしれないけど)、もう本当にやめとけ。
お前ら自身が激しく後悔するぞ。
お前らの求めている真実とやらがどうだか知った事ではないが、これは立派な営業妨害だぜ。
これ以上続くなら俺は第三者としてマジで警察へ通報する。
通報したところで俺には何のメリットもないが、お前らのやってる事はあまりにも卑劣すぎ。恥を知れ。
もし何か訴えたい事があるならまずお前らが本名を名乗って正々堂々と訴えろよ。
木村さんなら真剣に相手してくれると思うぜ。

83 :いつか名無しさんが:2005/12/07(水) 07:11:38 ID:???
>末期の膵臓ガンで余命いくばくもないとされる
おいらは何がおかしいのかと思うね。
闘病生活を続けている人間を「ガンで余命〜」と言ってしまうことは特別珍しいことじゃないだろ。
それにこの人のプロフィールを読むと似たような事が書いてあるじゃないか
そうした背景を踏まえて幾ばくもないと「される」と、何かしらの信頼性のあるニュースソースからの
伝聞だと見受けられる表現を用いたことについて何がどう問題なのか説明してみろや

84 :いつか名無しさんが:2005/12/07(水) 07:16:38 ID:???
>一見ギルドに関する話題のフリして実は木村さんに関するゴシップや
>私怨による誹謗中傷の方向に話題を持っていきたいのが見え見えだな。
一体どう人生がヒネてしまうとそういう思考回路になるのかおいらにはわからんな
こういう人も居るのかねえ・・・・いやだいやだ

85 :いつか名無しさんが:2005/12/07(水) 07:21:16 ID:???
>俺はあまり木村氏とは係わり合いがないが、同業者としてフォローしておく。
何が同業者だよ(笑)
>木村先生が後進を育てることに全力を注いでいるからだろ
何で途中で「先生」なんだよ。わけわかんねーよ。お前誰?

86 :なごやん:2005/12/07(水) 10:13:28 ID:???
木村功氏はガンということをカミングアウトしているようなんですが。
だとするなら>>1の言っていることは内情の暴露でも無ければ貶めているわけでもないのでは?
むしろ氏の活動を応援して奮起を促しているように見えます。
新聞などのメディアにも書かれていることを書いているだけじゃないですか。
一体どういう境遇の人が>>1の文面に悪意を感じてしまうのか、むしろそこが興味深いですね。
いずれにせよこのスレッドが存続すべきかどうかについては削除議論板などでやってもらえませんかね?

さて、漏れもこの人のライブを見たことがありますがうまいですよ実際。メンバーが半端じゃないですしね。
それらを引っ張っていく人徳と話術はアーティストには必要だと思うし、日本のジャズの現場には貴重な存在だと思うよ
自分に使命感を持って活動している音楽家が日本に何人居る?

http://www.evidence-inc.jp/backnumber/index.php?n=200512
サバイバーの肖像
「もう1度コンサートを」の目標が、「半年の命」の膵がんを鎮静化した
●木村功 ジャズミュージシャン
取材・文●崎谷武彦
プロのジャズバンド「東京ジャズギルドオーケストラ」のリーダーである木村功さん。
昨年秋に膵臓がんと診断され、手術を受けるも、切除できずに閉腹。余命半年と言われた。しかし、「もう1度の舞台に立ちたい」との思いが、病床にあった木村さんを奮い立たせた。生まれ故郷での凱旋コンサートを実現後、
今でも、自身の音楽活動の他、ジャズスクールを主宰し、その指導に当たっている。


87 :いつか名無しさんが:2005/12/07(水) 11:30:42 ID:???
>>82
>これは立派な営業妨害だぜ。

木村先生のやっていることは営業では無い
れっきとした社会貢献。失敬なことを言うな
お前なんだかんだ言って木村先生に嫉妬してるプロ崩れだろ

88 :いつか名無しさんが:2005/12/07(水) 12:30:41 ID:+mOrXwCp
>>33でたった2行の書き込みにたいして「なんでそんなに必死なの?」とレスしてるくせに
自分は必死に数十行も書き込みをしてる>>82哀れw

89 :いつか名無しさんが:2005/12/07(水) 19:14:31 ID:???
82あたりの巧妙な荒らしは放っておいて、そろそろ話を元に戻さない?

90 :いつか名無しさんが:2005/12/07(水) 21:37:26 ID:???
はじめまして
木村氏が監督しているアマチュアバンドというのは一つや二つではないでしょう
片手間の小遣い稼ぎ程度のプロが多い中ではこれほど意欲的に多くのアマチュアバンドを
指導するというのは並大抵のことじゃないと思いますが?

91 :いつか名無しさんが:2005/12/08(木) 04:10:26 ID:???
はっきり言っておこう。
15を超えて水槽をやってる奴はすべからく負け犬だ。
水槽など人を型にはめて個性と創造力を押し潰し、
機械の前で無表情に流れ作業を享受するような
無能人間を生み出す恐るべき洗脳システム以外の何物でもない。
このような連中が軍産複合体の工場でのうのうと爆弾を作り、
また今日も遠い異国の何処かで殺し合いが行われているのである。
一方、ジャズは「本物の音楽」である。
真の即興演奏には喜び、怒り、悲しみ、希望、人間のあらゆるエモーションが表現されている。
ジャズにおいては演奏者の壮絶なる人生が音に投影され滲み出ているのである。
だからこそ聴く者の心を揺り動かし感動させる事ができるのだ。
フリージャズの巨人オーネット・コールマンはかつてこう言った。
「『平和』という曲のFと『悲しみ』という曲のFを吹くときでは同じ音ではありえない。」と。
これは譜面を忠実になぞるだけしか能がない水槽者には到底理解できないのではないか。
ジャズは人生そのものである。
否、全人生を賭けるに値するアートフォームであると言った方が良いかもしれない。
過去、ジャズの世界に身を投じ、麻薬渦や精神を病んで破滅していった人間は数知れない。
水槽楽においてこんな事はありえない。なぜなら、水槽は人生を賭けるに値しない遊戯だからだ。
所詮、片手間の趣味のサークル、ボーイスカウトの延長物に過ぎないのだ。
私はジャズに全てを捧げている。そして内なる感情の全てを音に込めて演奏する。
だから、私のアルトサックスは今夜もむせび泣くのである。

92 :いつか名無しさんが:2005/12/08(木) 07:20:26 ID:???
多摩ジャズワークショップオーケストラってどんな感じ?
人多い?入団オーディションはあるのかな

93 :いつか名無しさんが:2005/12/08(木) 12:34:03 ID:???
>そういやバンドに譜面台とか教材売りつけようとしてクビになった香具師いたな。それお前だろ?w
>だからこんなに譜面の件で粘着してるんだろうな。可哀想な香具師だよまったく。
>ていうかこのスレ立てたのお前なんだろ?遂にこのスレの趣旨がバレたな。

一通りログを読んだけどやはり楽しいのは>>33氏の投稿だね。
氏が世にも不可思議で珍奇なレスに至った背景を考えてみたい。
>>1氏に悪意があると決め付けにかかるその根拠はとりあえず置いといて、

1)バンドに恨みが有る奴の仕業に違いない!!
2)木村さんのバンドに恨みがある奴なんてそうそう居るわけが無い!!
3)そうだ、以前譜面台売りつけてクビになった奴が居たな、あいつしかいない!!

この三段論法を展開しているところに漏れは驚きと呆れを隠せない。
仮に>>1氏に悪意があったとして、このスレッドが立ったとしよう。あくまで仮定
(もっとも、"悪意が有る"というのは>>33氏の妄想でしか無いだろうが)

そういうスレッドを立てる人が【恨みを持っている奴の犯行】と信じて疑っていないあたりがそもそもおめでたい。
バンドに対して恨みが有る・無しだけが悪意を持つ理由ではあるまい。
もちろん所属している団員の『不満』程度でもこうした形でうっ積が晴らされることも容易に推測できる。

そして何より興味深いのは『悪意を持つであろうと考えられる人物が一人しか居ない』ということ。
その証拠に『譜面台売りつけていた奴、お前だろ!!つ、遂にこのスレの趣旨が判明したぞ!!犯人はお前だ!!』
と気持ち良いぐらい言い切っている。

94 :いつか名無しさんが:2005/12/08(木) 12:34:34 ID:???
悪意を持つ人間はこの世に一人しか居ない!不満のある奴なんて居るわけが無い!!
という奢り高ぶったこの態度。正直ここには失笑してしまった

ただそれなりに思考力のあるいい大人でも上記のような盲目的な推断しか出来ないケースはある。
それは当事者であった場合だ。
当事者は被害感情を持ってしまうと常識的な判断ができなくなってしまうことがある。

自分にとって都合の良いケースのみを信頼し、投稿者の人物像が特定できないという不安から、
ついつい適当な人物を犯人に仕立て上げ、そいつを悪者にすることで納得してしまいたくなる。
そう考えるとやはり>>33は一見、元関係者のように装ってはいるが実際は思いっきり息のかかった人物だと思われる。

それにしてもその『元・譜面台売り』さんが気の毒である。
その人のしでかしたことはマヌケだが、その人が受けるペナルティは『クビ』をもって最大のものとされていなくてはなるまい。
にもかかわらず死者にムチ打つように、明確な証拠が無いにもかかわらず罵詈雑言によって人格批判をする。

こんな行為は断じて許されるべきではない。
>>1氏に投稿に悪意はあるのか無いのかはわからないが、>>33氏が少なくとも多くの関係者ならば誰でも知っている人であろう
『譜面台売り』の名誉を著しく毀損したことは事実だね。


95 :いつか名無しさんが:2005/12/08(木) 20:38:43 ID:???
次のライブいつ?

96 :いつか名無しさんが:2005/12/08(木) 23:39:01 ID:QzzHnbAP
で、削除依頼だした奴は書き逃げ?


IPアドレス 43.244.101.206
ホスト名 206.101.244.43.fbb.ReSET.JP
IPアドレス
 割当国 ※ 日本 (JP)
都道府県 東京都
市外局番 --
接続回線 xDSL

Domain Information: [ドメイン情報]
[Domain Name] RESET.JP
[登録者名] フリービット株式会社
[Registrant] FreeBit Co.,Ltd.


97 :いつか名無しさんが:2005/12/09(金) 00:04:55 ID:???
うはw
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%22206.101.244.43.fbb.ReSET.JP%22
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%22206.101.244.43.fbb.ReSET.JP%22


98 :いつか名無しさんが:2005/12/09(金) 00:08:40 ID:???
うえwwうえええええwwww
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%22%E3%81%84%E3%81%84%EF%BD%8E%E3%81%A1%E3%82%87%22
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%22%E3%81%84%E3%81%84%EF%BD%8E%E3%81%A1%E3%82%87%22


99 :いつか名無しさんが:2005/12/09(金) 07:40:57 ID:???
>>97-98
そいつ許せんな。誰だろうな
やっていることは弾圧じゃないか。
それとも何かやましいことがあって
「もみ消しておきたい」というのが実際なんだろうか。
いずれにせよ断じてこのスレッドは削除されるべきではない。
不当な暴力には屈せず戦おう。

100 :あぼーん:2005/12/09(金) 08:05:32 ID:???
あぼーん

101 :いつか名無しさんが:2005/12/09(金) 09:08:42 ID:NmeKzyLi
いいnちょ = 削除依頼出し逃げした無責任な奴だったわけね

http://plaza.harmonix.ne.jp/~drums/keijiban/wwwbbs.cgi?0348
0348 だいじょうぶじゃん
Macから書込みできなかったっす。
Winだとだいじょぶじゃん。
メールもしましたが、ほんとに感謝です。
T&S結成当時からずっと支えてくれた「トミー'sグルーヴ」に
すっかりはまってる感じです。
同じ曲やってもさ、トミーさんだと、なんだか楽しいんだね、これが。
●記録者 いいnちょ [206.101.244.43.fbb.reset.jp]
●記録日 2004/10/4(月) 02:58



102 :いつか名無しさんが:2005/12/09(金) 09:15:59 ID:???
ねぇ>>100ってどんな投稿だったか目撃した人居る?

103 :いつか名無しさんが:2005/12/09(金) 09:20:40 ID:???
>>100は名前欄、メール欄、本文に自分で「あぼーん」って入れて書き込んでるだけ
本当のあぼーんなら投稿日のところもあぼーんされる
↓こんな感じで

596 名前:あぼーん[あぼーん] 投稿日:あぼーん
あぼーん


104 :いつか名無しさんが:2005/12/09(金) 19:59:41 ID:Fp+nI+fq
都内でここの関係以外の民間バンドでオススメってある?初心者歓迎の

105 :いつか名無しさんが:2005/12/11(日) 17:14:34 ID:???
>>92
基本的には「来るものは拒まず」が主体なので楽器を買ったばかりの初心者でも
誰でも入れる。
ちなみにwebで確認できるのは以下の3団体

 多摩ジャズワークショップオーケストラ<http://homepage.mac.com/mike_yan/tamaband/>
 町田ジャズワークショップオーケストラ<http://rocksize.com/~jazz_orchestra/>
 ジャズファクトリーオーケストラ<http://www.geocities.co.jp/MusicHall/6100/>

過去にも別団体があったんだけど名前失念。
上記3団体、ほぼ同じメンバーによって構成されたバンドと言ってい。
それぞれ練習参加者が毎回50名を超えているが合計150人居るというわけではない。
特に多摩〜と町田〜は実態は名義が二つ存在するだけの同じバンドだろう。
参加費は1回当たりの練習で2000円(約3時間)。たまに別途支出あり

106 :いつか名無しさんが:2005/12/11(日) 17:19:17 ID:???
木村さんに限らず、基本的にジャズをやっている人というのは常に針小棒大、
当社比30%増しで自分のことをアピールする傾向があるので少々のことには
目をつぶってやれ。

107 :いつか名無しさんが:2005/12/13(火) 07:12:50 ID:L5x4A6Ft
ここ最高

108 :いつか名無しさんが:2005/12/14(水) 12:13:22 ID:???
「いいnちょ」って誰?

109 :いつか名無しさんが:2005/12/15(木) 18:39:04 ID:???
さてねぇ・・・・誰が暴く?

110 :いつか名無しさんが:2005/12/16(金) 08:17:09 ID:???
この人ガンって本当の話だったの?


111 :いつか名無しさんが:2005/12/18(日) 13:57:57 ID:LzNdQb9Z
さあどうだろう。

112 :いつか名無しさんが:2005/12/18(日) 14:19:54 ID:???
てか、この木村何某って人を叩く書込って3〜4年前からよくあって、スレも何度か立てられてたが
全然盛りあがらず、立てられては消え、の繰り返しだったんだが
信者の目にとまったのか、今度はけっこう長持ちしてるね。
叩きやってる奴は同一人物だと思うがな。

113 :いつか名無しさんが:2005/12/18(日) 14:27:03 ID:???
糞スレあげんなよボケ

114 :いつか名無しさんが:2005/12/18(日) 18:00:17 ID:???
>>112
詳細希望
そのたびにどんな書き込みがあったのか興味ある

115 :114:2005/12/18(日) 18:03:45 ID:???
>>112
あと、煽るわけじゃないけど「叩く奴は1人しかいない」と信じて疑わないその自信は何が根拠なの?
2ちゃんねるって何か都合の悪い情報があるたびに「同じ奴の自作自演だろ」という書き込みをよく見かけるけど
ああいうのって自惚れが過ぎると思うんだ

116 :いつか名無しさんが:2005/12/18(日) 20:06:26 ID:???


117 :いつか名無しさんが:2005/12/18(日) 20:08:15 ID:???


118 :いつか名無しさんが:2005/12/18(日) 20:09:18 ID:???


119 :いつか名無しさんが:2005/12/18(日) 20:10:19 ID:???


120 :いつか名無しさんが:2005/12/18(日) 21:49:59 ID:33+/LZPr
あのアマチュア楽団は現メンバー数よりも退会していった奴の数の方が、
圧倒的に多い(´ー`)
数の論理で行くなら叩く奴が1人なら擁護に回る奴は、
1人以下ってことやね(´ー`)
ということは112は「いいnちょ」の可能性があるね

121 :いつか名無しさんが:2005/12/18(日) 21:54:38 ID:33+/LZPr
そんなことよりも俺は33氏の弁解を聞いてみたいね(´ー`)
譜面台売り氏が木村氏にイヤガラセをしていると決め付けて
氏を陥れるという、卑劣な行為に至った経緯が知りたい

122 :いつか名無しさんが:2005/12/18(日) 22:15:11 ID:???
木村氏に師事していた奴でプロになった奴とか、自分でバンド立ち上げたって奴は居るの?

123 :いつか名無しさんが:2005/12/18(日) 22:26:55 ID:2XtPxiqz
いないだろうなwwwww
ヘタレファクトリーオーケストラだからね(プ

124 :いつか名無しさんが:2005/12/19(月) 00:08:26 ID:???
でも脱退してこっそりとバンド立ち上げたって奴は居そうだな


125 :いつか名無しさんが:2005/12/19(月) 05:22:21 ID:???


126 :いつか名無しさんが:2005/12/20(火) 07:44:24 ID:H37rs4NM
sage

127 :sage:2005/12/20(火) 07:46:08 ID:???
この掲示板は名誉毀損性ありなので法律で保護してもらう予定です
あしからず

sage

128 :いつか名無しさんが:2005/12/20(火) 08:09:24 ID:???
だから糞スレあげんなよボケ

129 :いつか名無しさんが:2005/12/21(水) 07:47:54 ID:3eirL8kS
糞スレage

130 :いつか名無しさんが:2005/12/21(水) 09:16:24 ID:???
































131 :いつか名無しさんが:2005/12/21(水) 11:40:18 ID:???
首都圏でサックス習うなら木村功か菊地康正、どっちがいいですか?


132 :いつか名無しさんが:2005/12/21(水) 14:35:31 ID:???
そりゃ菊地だろ
木村なんかまともに楽器吹けない

133 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2005/12/21(水) 16:57:05 ID:???
むしろナルヨシ

134 :いつか名無しさんが:2005/12/21(水) 21:40:44 ID:???
>>132
いや、本人の力量はどうでもいいだろ
指導の能力に長けた人が大事だ

135 :いつか名無しさんが:2005/12/22(木) 07:45:49 ID:???
俺は注目を集めるために自分の病を過剰申告して利用する奴は大嫌いだ

136 :いつか名無しさんが:2005/12/22(木) 14:55:38 ID:AeHw1hZs
>>127
>この掲示板は名誉毀損性ありなので法律で保護してもらう予定です

‘名誉毀損性あり’なのを法律で保護してもらってどーすんだよWWWWWW

馬鹿が牽制して更に馬鹿を晒すと。

137 :いつか名無しさんが:2005/12/23(金) 13:45:57 ID:???
ワロス

138 :いつか名無しさんが:2005/12/23(金) 16:17:38 ID:???































 

139 :いつか名無しさんが:2005/12/25(日) 18:45:26 ID:???
次の演奏会いつ?

140 :いつか名無しさんが:2005/12/26(月) 15:08:57 ID:???
フルートでも入れまつか?


141 :いつか名無しさんが:2005/12/29(木) 11:30:21 ID:T0g60nZc
この人すい臓がんで余命数ヶ月って宣告されたって新聞に書いてあったのに、克服したんだね。
音楽の力はすごいと思うよ


142 :いつか名無しさんが:2005/12/29(木) 16:34:11 ID:JlnJDQ5Y
ご冥福をお祈りいたします

143 :いつか名無しさんが:2005/12/30(金) 11:22:52 ID:???
>>142
奇跡の回復力でご存命だよ。失礼な事を言うなボケ
話題づくりのために取り巻きと結託して当社比50%増しでアピールしていたとでも言うのか?
悪口は許さんぞ。

144 :いつか名無しさんが:2005/12/31(土) 14:34:14 ID:???
>>143>>141
告別式の日にこんな書き込みするとは、オマエ相当たちが悪いな
殺してやろうか?

145 :いつか名無しさんが:2006/01/01(日) 15:39:20 ID:???
>>144
まじで?
ソースある???

んなこと言ったって部外者じゃわかんねぇだろうよ

146 :124:2006/01/01(日) 15:44:36 ID:???
>>142>>144

は在団員なの?
詳細希望

147 :いつか名無しさんが:2006/01/01(日) 17:41:54 ID:???
ttp://plaza.rakuten.co.jp/athleteJP/diary/200512260000/

俺もさっき知った。
いろいろ言われてたけど、いざいなくなると残念だな。
ご冥福をお祈りします。

148 :いつか名無しさんが:2006/01/01(日) 22:28:20 ID:RwUzkyej
木村先生のバンドに以前在籍していたものです。正月早々、ショックで言葉がでません。。。

149 :いつか名無しさんが:2006/01/02(月) 00:42:18 ID:???
1はろくな死に方しないな

150 :いつか名無しさんが:2006/01/02(月) 01:53:43 ID:???

何かを最期まで続けたひとは美しい
ご冥福をお祈りいたします

151 :いつか名無しさんが:2006/01/02(月) 04:57:58 ID:???
サトミちゃんに聞いてみよう・・・

152 :33:2006/01/02(月) 22:18:36 ID:???
本当なの? …ショック。
ここまで教えることに情熱を持った人はどんなバンドにもいなかったよ。
木村さん、間違いなく最高の指導者だったよ。短い期間だったけど色々大切なことを教わった。
本当にありがとう。むこうでもまた怒って笑いながらバンドやってください。
ご冥福をお祈り致します。

153 :いつか名無しさんが:2006/01/04(水) 15:59:02 ID:???
99番目の投稿者だが、俺が悪かった。
俺てっきりあの人は仮病の類で「がんを克服!」
という筋書きを狙っている人なんだと本気で疑っていたんだ。
申し訳ないことを書いた。

しかしみんな部外者なのに情報が早いね。
俺なんか危篤だったことすら知らなかった。
ひとまず、心の底から冥福を祈る。

154 :いつか名無しさんが:2006/01/05(木) 11:19:27 ID:???
みんなどうやって訃報を知ったの?
俺誰からもそんな電話未だに来てない orz

>>153
俺もいつもの60%増しの誇張だと思ってた。ショックを隠せない

155 :いつか名無しさんが:2006/01/06(金) 07:20:03 ID:PAaDtb/x
ご冥福をお祈り申し上げます!!!

156 :いつか名無しさんが:2006/01/06(金) 16:15:12 ID:???
 .                        .
         .       . ●
 .   ★  .    .        .
           .
       .      . ★       .
 ★    .             .       .

 ......::::......;;;...................∧_∧.......::.........:::;;;::::....:::
 : .:....:. .:. :.  .... (    ) . .:: ....::  ::..  ..
 .::. .::. ..  .... ::.⊂(    )つ::  ...::... : .  .:: .
 ...: ...: .. ... .... ::...| | |  : ......::::: . :.. .. :
 :... ...: .::. .    ...(_(_)   :  :  ::  .. :
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      先生きこえますか?
    オレ達から貴方への鎮魂曲です


157 :いつか名無しさんが:2006/01/06(金) 21:57:53 ID:???
で警察は動いているの?

158 :いつか名無しさんが:2006/01/07(土) 13:22:34 ID:???
>>157
何か事件でもあったの?

159 :いつか名無しさんが:2006/01/08(日) 11:33:13 ID:???
とりあえずこのスレッドの存在意義がもう無くなったかもしれないね
ご本人が亡くなっては東京ジャズギルドオーケストラも消滅なんだろうし・・・
それにしてもあれほどのバンドが無くなるのは非常に惜しい

160 :いつか名無しさんが:2006/01/08(日) 21:16:35 ID:53GvwqUf
          /:|.              /:|
        /  .:::|            /  :::|
        |  ...:::::|           /u  ::::|
       i  ノ (   ̄ ̄⌒゙゙^――/   ::::::::|
      /_,, ⌒  u   . _        ::::::::::::\
      /  \\゙.l |  / ::// ̄● ̄ ̄/  ::::::::\
      |● ::::::|  . | | / :::: /   :::::::::://u  :::::::\
     /i,.\_:::::::|    u::::: /   ::::::::://     :::::::::\
    / \( (\|.  ::::::.   // ̄) )           :::::::::\
    / u  ) )_ ^  ^  ̄ ̄ ,,、( (       i し./ :::::::::::::\
   / / /__,,____,/ ̄ \  ))u      ノ (  ::::::::::::::::::::\
  /  ヽ |.. | /└└└└\../\((\     '~ヽ   :::::::::::::::::/
  \ ) し ∨.|llllllllllllllllllllllllllllllll∨lllll| ) /  /     :::::::::::::::::/
   \⌒ | |.|llllllllllll;/⌒/⌒  〕         ::u::::::::::::::::/
     |  | |.|lllllllll;   ./ .   . |        ::::::::::::::::::::/
     .|  | |.|llllll|′  /    . |  u .|     :::::::::::/
     .| | |.|llll|    |     .∧〔   /   u:::::::::::::|
      ヽ}.∧lll    |    ../ /  /   :::::::::::::::::\
       i/| \┌┌┌┌┌ /. / /:::     :::::::::::::::::i
      ( ゙゙^^¨^¨゙゙¨  ̄ ̄ ̄| i/::::::::::: u          i
        ヽー─¬ー〜ー――i | :::::::::::::

161 :いつか名無しさんが:2006/01/08(日) 21:24:16 ID:???
つーかよ、譜面台をメンバーに売りつけただとか、そんなサークルの恥部を晒している奴は死んでいいと思うよ。
>>1の趣旨からして、ここは内情を暴露するスレじゃないだろ。


162 :いつか名無しさんが:2006/01/09(月) 04:22:41 ID:???
33は最低だな


163 :いつか名無しさんが:2006/01/09(月) 21:22:34 ID:???
結局、あの恥ずかしい削除依頼を出した人って誰なの?
心当たりのある人詳細希望

なんでこのスレッドを中傷の意図があると思ったんだろう

164 :いつか名無しさんが:2006/01/11(水) 09:49:44 ID:W2j3RwMV
みんなで思い出を書き綴ろうぜ
ただし中傷するようなことを書いたら許さないが

165 :いつか名無しさんが:2006/01/11(水) 10:02:09 ID:???
糞スレあげんなボケ

166 :いつか名無しさんが:2006/01/11(水) 12:17:26 ID:???
35-36みたいな悪質な投稿者は通報した方が良いんでない?
そいつのカキコは確かに削除要請を出したほうが良いかもしれないね

167 :いつか名無しさんが:2006/01/11(水) 12:27:13 ID:???


168 :いつか名無しさんが:2006/01/11(水) 12:35:53 ID:???
世田谷とか多摩のバンドは存続するの?

169 :いつか名無しさんが:2006/01/11(水) 19:38:51 ID:???

 


170 :いつか名無しさんが:2006/01/11(水) 19:40:01 ID:???




171 :いつか名無しさんが:2006/01/11(水) 19:41:52 ID:???
 


172 :いつか名無しさんが:2006/01/11(水) 20:05:02 ID:???
>>168
アマオケの指導者なんてよく変わるし、別に解散する意味も無いのでは?
"俺は木村先生以外には教わらない!"なんていう連中は居るとは思うけど
多くは残ると思われ。
ジャズだけを演奏する吹奏楽団という形態で活動したい、という人間は多いけど
そういうオケはここ以外知らない

173 :いつか名無しさんが:2006/01/11(水) 20:10:43 ID:???
木村さんのやっていたことはビジネスモデルとしては秀逸だと思うよ
もっと日本のジャズプレイヤーはアマチュアの心を掴む活動をしてみたらどうか?
例えば30人ぐらいのビッグバンドもどきを編成して月に4時間×2回ぐらいの練習で月謝5000円、とか。


174 :いつか名無しさんが:2006/01/13(金) 08:26:26 ID:???
考えてみれば日本の音楽講座の先生ってボロ儲けだよな。
個人指導の60分で12000円とか、尋常じゃない。

175 :いつか名無しさんが:2006/01/13(金) 13:45:20 ID:???


176 :いつか名無しさんが:2006/01/14(土) 14:53:23 ID:???
で、誰が後継なの?

177 :いつか名無しさんが:2006/01/17(火) 10:49:22 ID:???
経験上、大将不在のバンドは長くは無いと思う

178 :1:2006/01/21(土) 11:33:16 ID:oDnYBdLL
1でつ。
放置していてすんません(;´Д`)
将来を見越し、期待して立ち上げたプロミュージシャンのファンスレッドでしたが肝心のバンドリーダーが逝去なされたこともあり、
このスレの存在意義が削がれてしまいました。
ただ、削除依頼を出すのももったいないのでdat落ちもしくは1000突破するまでは引き続き伸ばしていきましょう。

思い出の出来事、名演奏、楽しい裏話などを綴ってもらえればと思います。
遅くなりましたが先生、本当にありがとうございました。

179 :いつか名無しさんが:2006/01/21(土) 12:01:02 ID:???
>>178
糞スレ上げんなよボケ。何度言ったらわかるんだ?

180 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2006/01/21(土) 12:36:40 ID:???
>>1
最低

181 :1:2006/01/21(土) 23:51:50 ID:???
やっぱりこのスレは閉鎖したほうが良いですかね?
私からは何も投稿せず、皆さんからの情報を期待したスレだったのですが
なんだか私の意図する方向とは違う話題ばっかりになってるし、30さんのような「〜だから辞めた」だとか、
そんな話は正直どうでもいいです(;´Д`)

わかりました、無くしてしまいましょう。
しかし削除依頼時に私のハンドルにトリップを入れていない、などの事情から
私自身がスレ立て主だと証明する術が無い以上、スレッドを削除する依頼は意味を成さないでしょう。
このままdat落ちを祈るばかりです。
誰も投稿しなければそうなりますので、みなさん以後はそのようにしてください。
くだらないゴシップもやめてくださいね。

182 :いつか名無しさんが:2006/01/22(日) 02:37:00 ID:???
ガタガタ言ってねえでさっさと削除依頼出せよ
ただでさえ糞スレが乱立してるんだからちっとは考えろ

183 :1:2006/01/22(日) 15:58:53 ID:???
だから削除依頼出して削除されるに値する理由が見あたんないんですってば

184 :いつか名無しさんが:2006/01/22(日) 17:08:17 ID:???
スレタイとは別の内容で埋め尽くされているのだから充分削除対象だろ。
ギルドとは関係のない団体の話題とゴシップがほとんどじゃねえか。

185 :1:2006/01/22(日) 22:31:22 ID:???
そンな事言ったってそれが削除すべき内容かどうかを判断するのは私じゃないでしょ
私にとってはてんで興味の無い話題でも他の人にとっては貴重な情報なのかもしんないし。
事実「このスレ最高」みたいなこと言ってる人だっているじゃん?

186 :いつか名無しさんが:2006/02/14(火) 08:23:00 ID:G9+Zt90p
こんな掲示板があったとは・・・・亡くなったって本当の話ですか?

187 :いつか名無しさんが:2006/02/14(火) 11:48:22 ID:???
バカ!!

188 :いつか名無しさんが:2006/03/09(木) 08:06:59 ID:9o26y/B3
>>226
自分の巣に帰れ

189 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:2006/03/09(木) 08:43:28 ID:???
>>188
あせるな

190 :いつか名無しさんが:2006/03/20(月) 01:54:42 ID:8Wa1eJjE
最近はどうなの?

191 :いつか名無しさんが:2006/03/20(月) 05:39:47 ID:???
>>190
糞スレあげんな。氏ね。

192 :いつか名無しさんが:2006/03/21(火) 15:25:26 ID:???
で、弟子たちは今なにやってんの?

193 :いつか名無しさんが:2006/03/26(日) 00:51:01 ID:???
団員さん居る?
ラテンダンスって曲、CD手に入らない?
作曲者がわからないので輸入のしようもない。


194 :いつか名無しさんが:2006/03/32(土) 20:50:38 ID:???
しかし姑息なことやってくれるぜ!
健在!!

195 :いつか名無しさんが:2006/04/16(日) 12:35:08 ID:MaXQDVDX
久々にAGE!!!!

196 :いつか名無しさんが:2006/04/16(日) 16:30:42 ID:???
>>195
糞スレあげんな。おまえは呪われて氏ぬ。

197 :いつか名無しさんが:2006/04/18(火) 07:06:13 ID:???
在籍しているものですがここをミーティングの場にしませんか

198 :いつか名無しさんが:2006/04/18(火) 07:08:06 ID:???
>>193
絶版です
ミンツァオーケストラのCDに収録されてるけど
オークション相場で1〜2万円ぐらいすると思います


199 :いつか名無しさんが:2006/05/19(金) 09:00:21 ID:aZTiqDeI
おおおーーーー!!
こんな板があったとか!
この前の門下生のライブ良かったよ〜

200 :200:2006/05/19(金) 16:03:26 ID:???
200

201 :いつか名無しさんが:2006/06/17(土) 23:51:17 ID:N8kuCvsw
age

202 :いつか名無しさんが:2006/06/18(日) 18:02:53 ID:???
>>通報しますた

203 :いつか名無しさんが:2006/08/10(木) 23:42:24 ID:9Lxu8H+E
気象庁(大手町)の1Fにある本屋「津村書店」についての裏事情

ここにいる70歳くらいの、頭の完全に禿げた眼鏡をかけたジジイは、とにかく短気かつ凶暴である。
以下にこのジジイの悪行を、一部であるが記す。

・まず、本屋で5分以上うろついていると、「何か買いたい物があるか」と突慳貪に言い、
黙っているか、「いいえ」とか言うと、「買う気がないなら、出て行け」と言う。
・次に、立ち読みでもしていようなら、腕をつかんだ上で、奥に連れて行き、殴る蹴るの暴行を
加える。過去に顔にあざができたり、鼻血が出たりしたケースもあったらしい。また、女性の場合
胸を揉むなどの、セクハラをしたこともあったとか。
・一見ひ弱そうに見えるが、実は、柔道黒帯,合気道二段の腕前。そして、足も速い(笑)
・そして、納品作業をしていると、客がいようがお構いなしに「そこ邪魔だ、どかんかい」
と怒り、睨み付ける。(場合によっては足で蹴る)ちなみに店内は非常に狭い。そして本の陳列も非常に雑。
・極め付けは、清算をする時。例えば320円の雑誌を買って、1020円を出そうものなら
「何故1000円札一枚で出さない?計算しにくいんだよ、アホンダラ」と言って、20円分を投げる。また、お釣りは投げるようにして、渡される。

ここの本屋は、マニアックな本は多いが、品揃えは悪い。そして、何と言っても、上記のように主人の
接客態度が最悪。
こんな本屋で買い物をするのは、極力避けた方が良いとアドバイスしておく。

204 :ぬるぽ:2006/08/11(金) 04:26:46 ID:???
ガッ

205 :ぬるぽ:2006/08/11(金) 04:27:56 ID:???
ガッ

206 :ぬるぽ:2006/08/11(金) 08:39:34 ID:???
ガッ

207 :いつか名無しさんが:2006/08/11(金) 08:43:27 ID:???
       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

208 :いつか名無しさんが:2006/08/11(金) 08:44:12 ID:???
       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

209 :いつか名無しさんが:2006/08/11(金) 08:47:55 ID:???
       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

210 :いつか名無しさんが:2006/08/11(金) 08:48:37 ID:???
       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

211 :いつか名無しさんが:2006/08/11(金) 12:10:46 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

212 :いつか名無しさんが:2006/08/11(金) 12:11:17 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

213 :いつか名無しさんが:2006/08/11(金) 15:47:35 ID:???


       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

214 :いつか名無しさんが:2006/08/11(金) 15:48:06 ID:???


       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

215 :いつか名無しさんが:2006/08/11(金) 15:48:44 ID:???


       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

216 :いつか名無しさんが:2006/08/11(金) 15:49:29 ID:???


       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

217 :いつか名無しさんが:2006/08/11(金) 15:50:23 ID:???


       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

218 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 10:13:06 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

219 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 10:13:38 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

220 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 10:14:15 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

221 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 10:15:11 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

222 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 10:15:47 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

223 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 10:55:01 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

224 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 10:55:34 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

225 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 10:56:07 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

226 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 10:56:46 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

227 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 10:57:48 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

228 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 13:30:14 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

229 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 14:15:18 ID:UOaINJQp
                  _             \    ___      |    l
                 / \    __|__   \  ____ ー―┼――┼-
┌―――┐     /   /    ヽ      |   ヽ          /     |    |
├―――┤   /    / ―┬―\     |    |        /      |    J
└―┬―┘  く        ー┼-      丿    |       //ヽ     |
――┼――   \      ヽ レ      /   ヽJ      //  ヽ_l  ヽ____
    |        \   ー――――


230 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 18:50:36 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

231 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 18:51:15 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

232 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 18:52:50 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

233 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 18:53:46 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

234 :いつか名無しさんが:2006/08/12(土) 18:54:46 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

235 :いつか名無しさんが:2006/08/13(日) 14:31:57 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

236 :いつか名無しさんが:2006/08/13(日) 14:32:31 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

237 :いつか名無しさんが:2006/08/13(日) 14:33:23 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

238 :いつか名無しさんが:2006/08/13(日) 14:34:24 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

239 :いつか名無しさんが:2006/08/13(日) 14:35:41 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

240 :いつか名無しさんが:2006/08/13(日) 17:20:02 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

241 :いつか名無しさんが:2006/08/13(日) 17:34:24 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

242 :いつか名無しさんが:2006/08/13(日) 17:35:15 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


243 :いつか名無しさんが:2006/08/13(日) 17:35:57 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


244 :いつか名無しさんが:2006/08/14(月) 08:09:31 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



245 :いつか名無しさんが:2006/08/14(月) 08:10:48 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



246 :いつか名無しさんが:2006/08/14(月) 08:12:04 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



247 :いつか名無しさんが:2006/08/14(月) 08:13:29 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



248 :いつか名無しさんが:2006/08/14(月) 08:14:00 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



249 :いつか名無しさんが:2006/08/14(月) 10:46:37 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

250 :いつか名無しさんが:2006/08/14(月) 10:47:46 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

251 :いつか名無しさんが:2006/08/14(月) 10:49:14 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

252 :いつか名無しさんが:2006/08/14(月) 10:50:05 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

253 :いつか名無しさんが:2006/08/14(月) 10:50:35 ID:???



       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

254 :いつか名無しさんが:2006/08/14(月) 13:00:02 ID:???


       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

255 :いつか名無しさんが:2006/08/14(月) 13:00:44 ID:???


       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

256 :いつか名無しさんが:2006/08/14(月) 13:01:37 ID:???


       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

257 :いつか名無しさんが:2006/08/14(月) 13:02:36 ID:???


       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

258 :いつか名無しさんが:2006/08/14(月) 13:03:17 ID:???


       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

259 :いつか名無しさんが:2006/08/15(火) 08:31:24 ID:???


       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

260 :いつか名無しさんが:2006/08/15(火) 08:32:06 ID:???


       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

261 :いつか名無しさんが:2006/08/15(火) 08:32:46 ID:???


       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

262 :いつか名無しさんが:2006/08/15(火) 08:33:38 ID:???


       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

263 :いつか名無しさんが:2006/08/15(火) 08:34:12 ID:???


       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.U
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

264 :いつか名無しさんが:2006/08/16(水) 08:27:44 ID:???
       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

265 :いつか名無しさんが:2006/08/16(水) 08:28:36 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


266 :いつか名無しさんが:2006/08/16(水) 08:29:17 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


267 :いつか名無しさんが:2006/08/16(水) 08:30:12 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


268 :いつか名無しさんが:2006/08/16(水) 08:31:08 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


269 :いつか名無しさんが:2006/08/16(水) 12:32:10 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


270 :いつか名無しさんが:2006/08/16(水) 12:32:58 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


271 :いつか名無しさんが:2006/08/16(水) 12:33:50 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


272 :いつか名無しさんが:2006/08/16(水) 12:34:29 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


273 :いつか名無しさんが:2006/08/16(水) 12:35:00 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


274 :いつか名無しさんが:2006/08/17(木) 08:27:37 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

275 :いつか名無しさんが:2006/08/17(木) 08:29:54 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

276 :いつか名無しさんが:2006/08/17(木) 08:30:37 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

277 :いつか名無しさんが:2006/08/17(木) 08:31:19 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

278 :いつか名無しさんが:2006/08/17(木) 08:31:50 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

279 :いつか名無しさんが:2006/08/17(木) 11:25:25 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


280 :いつか名無しさんが:2006/08/17(木) 11:26:04 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


281 :いつか名無しさんが:2006/08/17(木) 11:26:58 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


282 :いつか名無しさんが:2006/08/17(木) 11:27:40 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


283 :いつか名無しさんが:2006/08/17(木) 11:28:39 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


284 :いつか名無しさんが:2006/08/17(木) 16:38:01 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

285 :いつか名無しさんが:2006/08/17(木) 16:38:52 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

286 :いつか名無しさんが:2006/08/17(木) 16:39:33 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

287 :いつか名無しさんが:2006/08/17(木) 16:40:38 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

288 :いつか名無しさんが:2006/08/17(木) 16:42:26 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″

289 :いつか名無しさんが:2006/08/18(金) 08:04:43 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


290 :いつか名無しさんが:2006/08/18(金) 08:06:06 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


291 :いつか名無しさんが:2006/08/18(金) 08:11:30 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


292 :いつか名無しさんが:2006/08/18(金) 08:12:33 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


293 :いつか名無しさんが:2006/08/18(金) 08:21:18 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


294 :いつか名無しさんが:2006/08/18(金) 13:32:35 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


295 :いつか名無しさんが:2006/08/18(金) 13:33:50 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


296 :いつか名無しさんが:2006/08/18(金) 13:34:36 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


297 :いつか名無しさんが:2006/08/18(金) 13:36:13 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


298 :いつか名無しさんが:2006/08/18(金) 13:36:52 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


299 :いつか名無しさんが:2006/08/19(土) 06:16:26 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



300 :いつか名無しさんが:2006/08/19(土) 06:16:57 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



301 :いつか名無しさんが:2006/08/19(土) 06:17:32 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



302 :いつか名無しさんが:2006/08/19(土) 06:18:13 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



303 :いつか名無しさんが:2006/08/19(土) 06:18:55 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



304 :いつか名無しさんが:2006/08/20(日) 20:21:49 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



305 :いつか名無しさんが:2006/08/20(日) 20:22:54 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



306 :いつか名無しさんが:2006/08/20(日) 20:24:19 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



307 :いつか名無しさんが:2006/08/20(日) 20:24:52 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



308 :いつか名無しさんが:2006/08/20(日) 20:33:05 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



309 :いつか名無しさんが:2006/08/21(月) 06:27:15 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



310 :いつか名無しさんが:2006/08/21(月) 06:28:12 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



311 :いつか名無しさんが:2006/08/21(月) 06:29:05 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



312 :いつか名無しさんが:2006/08/21(月) 06:30:21 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



313 :いつか名無しさんが:2006/08/21(月) 06:31:38 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″



314 :いつか名無しさんが:2006/08/21(月) 10:25:58 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


315 :いつか名無しさんが:2006/08/21(月) 10:26:59 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


316 :いつか名無しさんが:2006/08/21(月) 10:27:44 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


317 :いつか名無しさんが:2006/08/21(月) 10:28:15 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


318 :いつか名無しさんが:2006/08/21(月) 10:32:57 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


319 :いつか名無しさんが:2006/08/23(水) 09:01:05 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


320 :いつか名無しさんが:2006/08/23(水) 09:12:43 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


321 :いつか名無しさんが:2006/08/23(水) 09:13:28 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


322 :いつか名無しさんが:2006/08/23(水) 09:13:59 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


323 :いつか名無しさんが:2006/08/23(水) 09:15:10 ID:???

       ,-'"ヽ
      /   i、       / ̄ ̄ ヽ,      _/\/\/\/|_
      { ノ   "' ゝ    /        ',     \          /
      /       "' ゝノ {0}  /¨`ヽ{0}     < ニャーン!! >
      /              ヽ._.ノ  ',    /          \
     i                `ー'′  '.     ̄|/\/\/\/ ̄
    /                       }.
    i'    /、                 ,i..
    い _/  `-、.,,     、_       i
   /' /     _/  \`i   "   /゙   ./
  (,,/     , '  _,,-'" i  ヾi__,,,...--t'"  ,|
       ,/ /     \  ヽ、   i  |
       (、,,/       〉、 、,}    |  .i
                `` `     ! 、、\
                       !、_n_,〉>

                 .,,......、
    _、   _         ヽ `'i ,‐..,      ___,,,,,,,、
  '|ニ- /   !│        ,!  ゙'"  l     l  ゙    ゙l,
   ././    .! ヽ        !  ,i--'"゛     ゙'''"'''/  ,,r'''”
   l .!     ! l \     _,,,,,,,)  |         ,,  `゙‐'゜
   ! |    / | ヽ`   /..,,,,,_.   `''-、     ,┘゙,k
   ヽゝ-__-‐'ノ      | .'(__./  .,、  `'、.   |  '{,,___,,,,,,,,、.・
    ─‐'''´       ヽ,、   _./ `'-、,,ノ .   'v,_   ̄`  : ,,,l
                 . ̄´            .゙~゚'冖''''"'゙”″


324 :いつか名無しさんが:2006/10/05(木) 20:59:01 ID:AVy0Un9r
まだ解散しないの?

325 :いつか名無しさんが:2006/11/13(月) 21:58:27 ID:G7xHF3L4
age

326 :いつか名無しさんが:2007/01/30(火) 19:57:54 ID:e2nl8SJe
久々にあげておくか

327 :いつか名無しさんが:2007/01/30(火) 22:27:42 ID:???
●くるおしい性描写
読者を大崎ワールドの虜にしてしまう装置として、新鮮なエロティシズムがある。主人公が高校1年の時だ。
美術部の先輩、石原美津子と出会う。彼女は校内一の美女で、1年生の時に道展(北海道庁主催)で
油絵の特選に選ばれている。東京芸術大学の油絵科を目指す才媛でもある。2人の年上の男性との恋愛で
複雑な立場にあるが、そんな中、うぶな童貞でありながら、トラウマを抱えている主人公に、共感する部分を見出し、
癒しの相手、逃避の場として、主人公に近づく。ある日、彼女は主人公を美術部の部室に呼び出し、性器をみせるのである。
 美津子はパンティを脱ぎ、グリーンのチェックのスカートをはいたまま、椅子に浅く腰掛け、「もっと近くに来て」
「みたいんでしょう?」と言うのだ。やがて、左脚を椅子の肘掛の上に載せると、「さあ、見せてあげる」…
スカートがまくれあがり、大きく伸びた青白い太股が見えノ大好きよ。それは忘れないでね」…
「これから先、どんなことがあっても頑張るのよ…」。
 1週間後、美津子は美術部の部室でペインティングナイフを深々と左手の手首に突き刺して自殺を図るのである
(詳しくは人物相関図)。その波はどんどん重なり合うように大きく膨れ上がっていき…痙攣を続ける葉子の性器の中に…」
 行為の後、葉子は「私、幸せ。生まれてきて、きっと今が一番幸せ」と言い、主人公の手を柔らかく握ると静かな寝息をたてはじめるのである。
 性描写の難しさは、当然ながらコンテキストにある。それそのものの言葉の表現力だけでは到達できないエロティシズム。
大崎は、面白い小説、読まれる小説を心得ている。読者サービスと言ってしまっていいだろう。
“純文学”の表層を超えてエンターテインメント小説と呼ぶのにはこうした理由が1つある。
●追い詰められる人々
 この小説には、悲惨な死がいくつか出てくる。いわば、追い詰められた人々である。石原美津子のエピソードがその1つだ。
美津子の本当の恋人は美術部の顧問の桶川で、公認の恋人が堀内。堀内は、美津子と桶川の仲を疑い、美術教員室から出てくる
桶川をメッタ刺しにして殺してしまう。刺した堀内は、東大進学も何もかも捨てて学校近くの国道でダンプカーに飛び込む。
車輪の跡には脳と黒ずんだ血と、髪の毛がアスファルトの上に芝生みたいに生えている。

328 :いつか名無しさんが:2007/01/30(火) 22:29:55 ID:???
国の教育庁が24日から違法な「年次有給休暇闘争(参加者が同時に有給休暇を申請して行うストライキ)」に参加した
全国教職員労働組合(全教組)所属教師の処分を決める懲戒委員会を開いたものの、予想外の困難に直面している。
 懲戒の対象は年間4回以上年次休暇闘争に参加した教師435人だ。対象の教師がそれぞれ数十枚に及ぶ書類を持参して
読み上げているため、1人当たり30分の予定だった手続きに3時間以上かかるケースが相次いでいるという。
ソウル江西教育庁では懲戒委員らが制止するのにもかかわらず陳述時間を長引かせた教師が退室処分を受け、
江南・東部教育庁では耐えかねた懲戒委員が退室する事態まで起きた。
 全教組は当初懲戒委員会への欠席を求めていたが、今月21日に方針の変更を発表し、「懲戒委員会に出席し、抵抗するように」
との指針を示すとともに、ホームページにA4用紙22枚分に相当する「陳述闘争参考資料」を掲載した。
 この資料には「懲戒委員会に出席すると同時に、まず委員らに『わたしが陳述している間は席を離れず、生理現象により
退室する場合も事前に了解を求めてほしい』と話すように」との指針が含まれている。これは懲戒委員の出はなをくじくためと
考えられる。最初から釈明や説明をする意志などないことがわかる。
 全教組は「陳述の際にすべての対象者が語るべき基本的な内容」として「模範陳述資料」を示したが、その分量はA4用紙で
18枚に及び、一気に読み上げても 1時間以上かかるほどだ。同資料には日本の最高裁や東京高裁の判例まで長々と引用されている。
懲戒委員の我慢の限界まで長引かせようというものだ。
 中央委員会の鶴の一声により全国で一斉に「陳述闘争」を繰り広げる全教組所属教師の姿に、生徒に知識や知性を授ける教育者
としての姿は存在しない。それどころか、かつて朝鮮共産党員が解放直後「精版社偽札事件」裁判法廷で「赤旗歌」を歌いながら
投石した姿をほうふつとさせる。
 1世紀前、ロシアのボリシェビキ派の革命家たちは、法廷陳述闘争を真の共産革命家として必須の経歴とみなした。
ボリシェビキ派の革命家がロシア皇帝の法廷で陳述闘争を開始してから100年が過ぎ、彼らが建てた「革命の祖国」が
崩壊してからも20年の歳月が流れたにもかかわらず、大韓民国の全教組は教育庁懲戒委員会で革命家気取りの愚行に出たのだ

329 :いつか名無しさんが:2007/01/30(火) 22:31:29 ID:???
ハンギョレ新聞と一部のインターネット・メディアが今月18日、19日の2日にかけ、韓米FTA(自由貿易協定)に関する
韓国側の交渉戦略を含む報告書の内容を報道した。これらのメディアは「政府が特定貿易分野の除外要求を放棄し、
他の部分で譲歩を引き出すための取引材料とすることにした」と報道した。
 同報告書は国会の韓米FTA特別委員会に所属する与野党議員30人余りにのみ公開された後、回収して保管されている秘密文書だ。
 放送委員会でも趙昌鉉(チョ・チャンヒョン)委員長が18日、崔敏姫(チェ・ミンヒ)副委員長に対し、今回のFTA関連文書
流出に関し調査するよう命じた。これは、言論労組が今月10日にFTA関係部処(省庁にあたる)から非公開の会議内容を入手し、
その翌日に「外交部と財政経済部が放送市場を開放する立場を明らかにした」という声明を発表したのを受けた措置だ。
 放送委員のうち会議資料を入手できる立場にあったのは、与党ヨルリン・ウリ党の推薦で放送委員に任命された民主言論運動
市民連合(民言連)の元共同代表である崔副委員長をはじめ、1、2人に限られるという。崔副委員長は「職務上独立が保障された
放送委員に対し、明白な根拠なしに文書流出の疑いをかけて調査するのは違法であり、放送市場の開放を妨げようとしている
との疑いを呼び起こすもの」と反発した。
 韓米FTAの米国側代表は18日の交渉に際し、韓国側の代表に対して「(FTA文書に関する報道内容に)注意深く目を通した」
と語った。
 交渉相手の面前で交渉戦略をさらけ出すのは、利敵行為であり、自傷行為だ。今回起きた秘密文書の漏えいという反国家的
行為は、機密漏えいの容疑者として取りざたされている面々や、それを報道したメディアの韓米FTAに対する姿勢から、
おそらく交渉の決裂を目的としたものと考えられる。
 昨年のこの時期には「外交部のノサモ(盧武鉉を愛する会)」と呼ばれた外交部出身の大統領府行政官が、在韓米軍の
韓国国外への展開をめぐる「戦略的柔軟性問題」に関する韓米間の交渉文書を、ヨルリン・ウリ党の議員やインターネット・
メディアに流出させる事件があった。さらにその1年前には韓米連合軍司令部の作戦計画文書が国会を通じて流出し、
米国から強く抗議されたこともあった。

330 :いつか名無しさんが:2007/01/30(火) 22:34:12 ID:???
 昨年12月、「『ライオン・キング』の公演が打ち切られる」「あるプロデューサーがシャーロッテの明け渡しに動いている」
といった噂が流れた。興行成績が低調なため、「6カ月間の公演も難しいだろう」というわけだ。
1997年、ニューヨークのブロードウェイで初演されて以来、英国や日本など8カ国で大ヒットを飛ばし、
累計観客動員数が4000万人を超える大作であるだけに、韓国公演の「早期閉幕」が現実のものとなれば、
世界的な大ニュースになる。
 幸いにも、噂は現実のものにはならなかった。しかし、今回の公演はまだ、韓国における「ファミリーミュージカル」
(子ども向けに低廉な入場料で上演されるミュージカル)というジャンルの開拓を実現するには至っていない。
昨年中の『ライオン・キング』の観客のうち、24歳以下の比率は9%にとどまっている。東京公演で、観客に占める10代の
比率が20%だったのに比べ、子どもの観客があまりにも少ない。ミュージカル評論家のウォン・ジョンウォンさんは
「韓国の観客は料金の高い席を好むが、3、4人の家族が『ライオン・キング』を見ようとすると、30万ウォン
(約3万9000円)ほどになる。韓国の所得水準から考えて、それだけの入場料を払う家族は多くない」と分析している。
昨年、公演回数が5000回を超えた日本では、1998年の開幕当初、1年先までの予約を受け付けた。ところが韓国には
そのような「予約文化」がない。また、出演者にトップスターがいない長期公演は、韓国では無理だという見方も出ている。
『ライオン・キング』の公演をプロデュースした日本の「劇団四季」関係者は「今後の見通しも明るいとは言えない」と
話している。2月から3月は卒業・入学シーズンとなるため、もともと観客数が少なくなる時期だ。劇団四季では4月から、
現在9万ウォン(約1万2000円)のS席を8万ウォン(約1万円)に値下げすることを検討中だという。
 劇団四季の内部には危機感も広がっている。2月の予約率が低調なためだ。『ライオン・キング』の観客動員数は1月には
10万人を超えたが、入場率はせいぜい80%から85%だ。制作費216億ウォン(約28億円)を投じたこの作品の損益分岐点
(収益と費用が等しく、損益がゼロとなる売上高)となる入場率は80%だ。損失を出しながらロングラン公演を続けようとすれば、

331 :いつか名無しさんが:2007/01/30(火) 22:36:51 ID:???
日本の東京高等裁判所が日本軍による慰安婦関連番組を歪曲(わいきょく)報道したNHKに対し有罪判決を下した。
 東京高等裁判所は29日、 NHKが安倍晋三現首相と中川昭一議員の圧力により「ETV2001 問われる戦時性暴力」という
番組を歪曲した疑いを認めて有罪判決を言い渡し、訴訟を申し立てたVAWW-NETジャパン(「戦争と女性への暴力」
日本ネットワーク)に補償金200万円を支払うよう命じた。
 これに対し、安倍首相と中川議員は番組が偏向されたことは認めるが、NHKに番組を変更するよう圧力をかけた覚えはない、
と主張している。NHKも番組の変更が圧力によるものではなかった、と話している。
 VAWW-NETジャパンは当初2000万円の補償を要求し、結局10分の1にすぎない補償金しか受け取ることができない
判決ではあるものの、同日の判決は、NHKが歪曲報道をしている疑いが認められたという点で、大きな意味を持っているといえる。
 VAWW-NETジャパンは2000年、韓国、北朝鮮、台湾、中国、フィリピン、インドネシアなど、慰安婦による被害国とともに
日本の責任を問う「民衆法廷」を開いた。
 1年後の2001年、民衆法廷は昭和天皇に対し有罪判決を下し、日本政府に対しては犠牲者に対する補償と謝罪を要求した。
 民衆法廷は海外のメディアからも注目されたものの、日本のメディアはこれを隠したり、単独報道するにとどめたりした。
天皇に対し有罪判決が下されていたためだ。
 これについては、NHKも同様だった。日本の共同通信は、NHKの編集した番組から、昭和天皇に対する裁判の有罪判決部分を
含め、軍人の証言、慰安婦の構成を担当した人物の名前などが削除されていた、と告発した。
 民衆法廷については、NHK教育テレビにより2001年1月に放送されていたものの、放送中止を要求する右翼団体の圧力で
編集が繰り返され、番組が歪曲報道された。これに対し、VAWW-NETジャパンが訴訟を申し立てたもの。
 歴史学者たちは、日本軍による慰安婦の犠牲者は20万人を超えると推定している。日本政府はこのような事実を認めている
ものの、犠牲者一人一人に対する補償や公式的な謝罪は拒否している。
 一方、NHKは国民が支払う受信料で運営されているが、予算の執行については議会の承認を必要としているため、
国会議員の主張が番組内容に影響を与える可能性がある。

332 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 00:02:15 ID:???
 「雨後のタケノコ」。この言葉ほど今の東京をよく言い表わしている表現はない。「規制」と「不況」という梅雨が明け、
摩天楼のようにビルがそびえ立ち、東京の空の形が一変してしまった。中国人は「上海のよう」だと言い、韓国人は
「ソウル・オリンピック直前のソウルのよう」だと言う。首都の外観は国の活力を示す。30年ぶりに「国土均衡発展」という
夢から覚めた日本は、高齢化・人口減少が象徴する縮小時代の活路を「東京一極集中」という開発時代の論理に見出そうと
している。後退なのだろうか?それとも極めて現実的な選択なのだろうか?
 「これを見てください」。東京の再開発ブームについて尋ねると、LG電子ジャパンの李揆弘(イ・ギュホン)社長は返答する
代わりに9階の応接室のブラインドを次々と開けて見せた。西側には超高層ビル「アークヒルズ」「泉ガーデンタワー」
「六本木ティーキューブ」「六本木ヒルズ」が見える。北側には東京で一番高い建物といわれる「東京ミッドタウン
(高さ248メートル、ソウル汝矣島63ビルは249メートル)」「TBS社屋」が目に飛び込んでくる。
このうちバブル時代に完成したアークヒルズ以外はすべて2002年以降に完成した超高層ビルだ。
 LG電子ジャパンは一時、この地域で圧倒的な威信を誇った「赤坂ツインタワー」(森ビル所有)の中にある。かつては
六本木のどこからでも見えた18階建のこのビルも今や、周辺に林立する高さ200メートル以上の超高層ビルの陰に隠れてしまった。
李社長は「このビルも2010年に(超高層ビルに)再開発される」と話す。現在の賃貸料は坪当たり毎月2万 8900円だが、
再開発後は4万5000円に跳ね上がる。LG電子ジャパンのキム・ドンゴン課長は「先日、大手町にある日本生命新社屋を調べたが、
賃貸料は坪当たり5万3000円だった」とため息をついた。


333 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 00:03:59 ID:???
「サムスン電子で出世したいのなら、男女交際、株、ゴルフ、ギャンブルには気をつけよう」
サムスン電子の崔道錫(チェ・ドソク)経営支援総括社長は今月28日、サムスンソウル病院に設けられた、サムスングループの
李鶴洙(イ・ハクス)戦略企画室副会長の義父の葬儀式場で記者らと会い、「サムスンの役員は能力や実績だけでなく、道徳的な
面についての評価も受ける」と語った。崔社長は「役員クラスになると、監査チームが異性との関係や、株、ゴルフ、ギャンブル
などに手を出さないかといった点について絶えず監視するようになる」という。
役員が道徳的な面で問題を引き起こせば、個人的なレベルにとどまらず、会社や取引先との関係でも横領のような問題を引き
起こす可能性が大きい、と考えているためだ。崔社長はまず「不倫関係を続ければ、道徳的な次元を超え、サラリーマンが負担
しきれないほどの多額の費用がかかることになる」と指摘した。中でも特に上司と部下の間の不倫関係が最も悪質な行為と
見なされるという。
また、ギャンブルは専用の場所で特定のメンバーと頻繁に行った場合に、株取引は短期売買に熱中して業務に支障を与えたり、
多額の借金を抱えるような事態につながった場合に、警告の対象になる。
さらにサムスン電子では、部長以下の社員に対し、私的、公的を問わずゴルフを禁止している。ゴルフは個人的にプレーする
には経済的な負担が大きいため、ひとたび熱中すれば協力企業のゴルフ接待を受けるようになりかねないという懸念があるから
だという。崔社長は「監査において深刻な問題が発覚した役員、社員の約90%はこうした道徳的な面での問題があった」という。
問題が深刻な場合、停職や解雇といった重い懲戒処分を覚悟しなければならない。
実際、2001年にサムスン電子の社内監査で、半導体部門の購買担当の役員らが協力企業から株券や現金など巨額の資産を
受け取っていたことが明らかになり、一斉に解任される事件も起こった。
 そのため、購買担当の役員は月に2、3回ずつ「倫理教育」を受けなければならない。また、協力企業の関係者と会食をしたり、
結婚を控えた社員が協力企業関係者に招待状を出すことも禁止している。

334 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 00:07:47 ID:???
「『ヨルリン・ウリ党印』の商品で市場に打って出たものの、今や『ヨルリン・ウリ党印』という理由だけで敬遠される
状況になった。盧武鉉(ノ・ムヒン)大統領と一体だと認識されているヨルリン・ウリ党が、機能や品質を確認しようと
しさえしないままそっぽを向いている国民に商品を買ってもらおうとするなら、格別な工夫が必要だ」
議員の言う格別の工夫とは、消費者から不適格との審判が下された「ヨルリン・ウリ党」と「盧武鉉」というブランド
を捨て、新しいブランドを作ることだ。まったく筋が通らない話ではある。製品はすばらしいのに売れ行きが悪いのは包装に
問題があるからであり、だから包装に手を加えて売り出してみようとでも考えているのだろうか。
消費者をばかにしているとしか思えないこの離党の弁も、すでに離党した議員や、心の中では離党状態にある議員の心には響く
らしい。与党議員たちは「なぜこんなことになったのだろうか」、「われわれがいったい何を間違ったというのか」と首を
かしげながらも「とにかくヨルリン・ウリ党ではだめらしいので、新しい党を結成しよう」と話している。何が問題なのか、
なぜ離党しなければならないかもわからないまま、とにかく家出しようという格好だ。
次の大統領選挙を前に、与党の政権維持を夢見る人たちが、任期末に落ち目の大統領を責め立てる光景は以前にも見かけたものだ。
しかし自らの存在場所である党を捨てるようなケースはなかった。過去にはむしろ党内で勢力争いが活発化したものだ。
ところが今、与党議員たちは大統領を捨て、さらには党まで捨て始めた。彼らはつい最近まで身を置いていた党に向かって、
「アイデンティティーのない寄せ集め」と毒づき、「無能や無責任に陥った政党」と攻撃している。「ポスト」を夢見る与党の
大統領候補たちまでもがこの自己否定の隊列に加わり、今やせっぱ詰まった盧大統領が「出て行こうとするなら自分は出て行って
も良いので、交渉に応じてほしい」と言い出す始末だ。大統領が与党議員に交渉に応じるよう求めるなど、これまでに聞いたこともない。

335 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 00:09:34 ID:???
大田市民交響楽団の指揮者、咸信益(ハム・シンイク)さんが引退を前に本紙とのインタビューに応じ、「韓国のオーケストラは
(平等という)不治の病を抱えている」と語った。咸氏は「技量の良し悪しに関係なく給与は年功序列により一律に決められ、
実力や努力ではなく「わいろ」で取り入ろうという一種の社会主義システムで運営されている」とした。
米国エール大オーケストラの常任指揮者を経て2001年に就任した咸氏は「街に出向く音楽会」、「サッカー音楽会」、「マーラー
特集シリーズ」等の企画を通じ、大田市民交響楽団をトップレベルの人気オーケストラに成長させた人物だ。その咸氏が、
音楽界からの高い評価にもかかわらず、団員との摩擦が原因で再契約を断念することになった。これを知った大田市民交響楽団
後援会の会員が、咸氏の留任を求めてデモを行う騒ぎまで起きた。
全国20にも及ぶ交響楽団のうち競争を通じた人材管理が行われているのは昨年財団法人となったソウル市民交響楽団しかない。
ソウル市民交響楽団はストライキで対抗する団員らの反発を押し切って、厳格なオーディション制度と演奏報酬制度を導入した。
その結果、1年に100回近く演奏会を行い、来場者15万人、収入23億ウォン(約2億9000万ウォン)を記録した。
これには常任指揮者の鄭明勳(チョン・ミョンフン)氏の粘り強い闘いが実を結んだのだ。
しかしその他の交響楽団では咸氏が指摘した通り、「意欲的に取り組めば『あの人なんなの』と、後ろ指を指される風土」に
支配されている。ある交響楽団に務めた外国人指揮者も「練習するために楽譜を家に持ち帰る団員などほとんどいない」と
嘆いたほどだ。咸氏の意欲も、結局こうした「韓国的平等主義」という厚い壁に阻まれてしまったのだ。
人類史上もっとも平等を強調していた社会主義革命の宗主国・ソ連でも、芸術と科学だけには徹底した競争原理を適用していた。
旧ソ連がボルショイバレー団、モスクワフィルハーモニー楽団など世界のトップレベルの芸術集団を維持できたのも、
この分野に限っては徹底した実力主義を導入していたからだ。
しかし資本主義経済の道をたどり、世界の10大経済大国にまで上りつめた韓国では、いつしか芸術の分野にまで競争という言葉に
拒否反応を示す風土が形成されてしまった。

336 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 00:10:45 ID:???
国民は今、毎日大統領に苦痛を味わわされている。自らの責任を認めることを知らず、すべてを国民の意志とは反対に推し進める
大統領の独善と錯覚が原因だ。盧大統領は支持率が10%台にとどまっているにもかかわらず、「現政権は次の政権にいかなる負の
遺産も残さないだろう」と自賛している。自らは歴代の政権が残した国政上の数々の問題や経済面の後遺症に悩まされたが、
次の政府は現政権の手腕のおかげでそうした心配をする必要もないという主張だ。これもまた、独善かつ錯覚に過ぎない。
天井知らずで高騰し、いつバブルがはじけるとも分からない住宅価格、過去4年間で200兆ウォン(約 25兆8600億円)以上も
膨れあがった個人負債(計559兆ウォン〈約72兆2700億円〉)、「労使間における勢力均衡を実現する」という現政権の労組
への肩入れが招いた大企業の「貴族労組」の台頭は、次期政権がいや応なく背負わされる「時限爆弾」だ。国家を均衡に発展
させるとし、全国各地で開発計画を乱発しては不動産投機熱をあおり、結局は数十兆ウォンもの血税を浪費した。そのツケも、
後々まで次期政権を苦しめることになるだろう。現政権が次期政権に及ぼす害悪の中でも、最大のものはまだほかにある。
盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権により、韓国社会の各分野で成功への意欲や革新を求める動機が弱まり、国民や企業、そして
国全体が自信を喪失してしまった。まさに「失われた5年」というにふさわしい。次期政権は恐らく、自らが準備した国政運営の
青写真を追求する前に、現政権によって傾いた国の大黒柱を起こすことに相当な時間や国力を傾けなければならないだろう。
世界のどんな政権、どんな大統領も、次の政権に多かれ少なかれある程度の「負の遺産」を残す。退陣前の政権には、その負の
遺産を減らすためにできる限りの努力を行うことが求められる。それが国民に対する最後の奉仕だ。そのためにも、盧大統領には
残りの1年くらいは「すべての責任はわたしが負う」といった姿勢で最後の整理に専念してもらう必要がある。

337 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 08:13:04 ID:???
神奈川朝鮮中高級学校の男子生徒(18、高3)が玉川大(東京都町田市)の一般入試に出願しようとしたところ、
「受験資格がない」と拒否された問題で18日、同校進路生活指導の金泰輔教員、人権協会副会長の洪正秀弁護士、李春熙弁護士、
金東鶴理事、宋恵淑副部長ら5人が玉川大を訪れ、個別審査を要求し、要請書、申請書などを提出した。
申請書は学校教育法、玉川大学の出願資格に関する規定に触れ、「貴大学において、申請人が『高等学校を卒業した者と同等以上
の学力』を有するか否か、大学出願資格の有無を判断する法的責務がある」と指摘した。
玉川大の大学出願資格に関する規定では「その他、相当の年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると本校が
認めた者」とある。弁護士らはこの規定を朝鮮学校卒業生に対し適用することが十分可能ではないかと指摘しながら、1条校卒業
(見込み)生でない各種学校卒業(見込み)生の場合、高卒認定試験(旧大検)合格が入学試験受験の要件であると繰り返す
大学側の担当理事、総務、入試広報担当者らに再度、個別審査を認めるよう要請した。
金理事は、「現行の教育基本法の枠組みの中で民族教育を施すには、各種学校に甘んじるしかない。子どもたちに民族の言葉や
文化を教えるのは当然の権利であり、民族教育を受けた子ども達の夢や希望を1条校卒業生でないということで跳ね除け、
高卒認定試験を受験要件として課すことは子どもたちに不当にハンデを背負わすものである。同じスタートラインに立たせて
あげることが血の通った判断である」と述べ、同大の今回の判断は、民族教育の価値と必要性を認めないことと同義であり、
時代錯誤であると強調した。金教員は、生徒の「朝鮮人として生まれたがためなのか。民族教育という選択肢が間違いだったのか」
と苦悩する心情を代弁。宋副部長は、朝鮮学校高級部卒業生に高卒認定試験を課すことは、高級部での学校生活と民族教育、
ひいては朝鮮人として生きることの否定につながり、国際化の流れの中で認められることではないと話した。
大学側は国際化の流れの中で立ち後れている点もあると一部認める発言はしたものの、今回の生徒の件について高卒認定試験合格
を条件とする方針を変更し、受験を認める考えはないと繰り返した。願書締め切り日は26日。

338 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 08:14:44 ID:???
「新年早々から昨年12月に続き、県商工会に対する強制捜索を敢行し、『税理士法違反』という口実のもと、職員を逮捕した
警察当局に激しい憤りを覚える」 報告を行った総聯兵庫県本部の李文伊委員長はこのように述べながら、今回の不当捜索は、
昨年の強制捜索に対する謝罪どころかさらに強硬に弾圧に乗り出したことの証左だと非難した。また、県商工会への強制捜索に
あたっては、マスコミに事前に情報をリークし「(金滝夫室長が)容疑事実を認めている」などと事実と異なる報道をさせた
ばかりか、商工会側の正当な主張についてはいっさい報道しないなど、はじめから今回の強制捜索を政治利用しようとした意図が
明らかだと指摘した。そのうえで、今回の強制捜索は税金申告の差し迫るこの時期に商工会に弾圧を加えることで、同胞たちに
不安感を与え、組織と同胞の間に楔を打ち込み、ひいては総聯組織全体を弾圧する口実を作るためのものだと強調。
一致団結して警察当局の不当な弾圧を糾弾し、金滝夫室長の一日も早い釈放を勝ち取っていこうと訴えた。連帯のあいさつを
行った「対話で平和を! 日朝関係を考える神戸ネットワーク」の高橋秀典代表は、「阪神・淡路大震災を機に日本人と外国人が
共に暮らしていこうという関係が築かれつつあった神戸で、このような強制捜索が行われたことによりすべてが水泡に帰すのでは
ないかと危惧している。今回の強制捜索は拉致問題同様、政治利用しようとしているのが明らかだ」と述べながら、手を携えて
共にたたかっていこうとエールを送った会場は抗議の声で埋め尽くされた「民族学校を支える女たちの会」の山村ちずえ代表も、
「ほとんどの日本人は強制捜索の真相を知らない。在日の次は自分たちだということをもっと多くの日本人に知らせていかなく
てはならない」と述べながら、朝鮮学校児童らへの暴行や嫌がらせがないよう努力するべきだと語った。集会では、県商工会の
金英俊理事長をはじめとする各機関、団体の活動家ら3人が強制捜索への怒りを露にしながら、不当性を暴露した。
会場を埋め尽くした参加者らは、「日本警察当局の不当な弾圧を粉砕しよう!」「一致団結して総聯と商工会を守り抜こう!」
などのシュプレヒコールを叫びながら、警察当局を厳しく非難した。

339 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 08:16:04 ID:???
兵庫県警は10日午前8時、兵庫県商工会の阪神経理室室長宅を家宅捜索。これを皮切りに総勢300余人の警官を動員し
兵庫県商工会と同阪神経理室への強制捜索を敢行した。同日、兵庫県商工会は常軌を逸した破廉恥な強制捜索を断固糾弾する
以下のようなコメントを発表した。兵庫県警は、昨年12月に続き、再び「税理士法違反」を口実に、兵庫県商工会に対する
大々的な強制捜査を敢行した。兵庫県商工会は、自主申告納税制度にのっとり、同胞商工人の円滑な納税をフォローしてきたので
あって、県警当局が言うところの、いわゆる「税理士法違反」行為を行ったことはまったくない。まさに今回の強制捜索は、
まったくの事実無根な容疑に基づく、言語道断な暴挙である。兵庫県警による二度にわたる不当な強制捜索は、まさに法の名を
借りた権力の濫用であり、政治的弾圧以外の何ものでもない。ここに朝鮮商工会のイメージを意図的に傷つけようとする警察当局
の政治的意図を感じざるを得ない。われわれは、これに激しい怒りをもって断固抗議する。朝鮮商工会は、結成時より今日まで、
一貫して日本の法を遵守しながら、同胞商工人の企業権および生活権のサポートに努めてきた経済団体であり、このような
理不尽な強制捜査を受けるいわれはない。周知のように、在日朝鮮人は日本の植民地支配により祖国を追われ、日本への移住を
余儀なくされた人々とその子孫であり、日本社会の二重三重の差別のなかで生きる糧を手にするために、相互扶助の精神で
朝鮮商工会を結成した。以来商工会は圧倒的多数である同胞零細業者の企業権擁護と企業の発展のためにさまざまなサポートを
行ってきた。結成以来60年間、朝鮮商工会の正当な活動は、ただの一度も問題視されたことはなく、むしろ、同胞商工人の
当然の権利を守りながら、彼らに納税義務の履行を促し地域社会の発展と地域住民との友好親善に貢献してきたとして、
日本の多くの方々からも評価と支持を得てきた。にもかかわらず、朝鮮の「ミサイル発射」「核実験」を機に、日本政府当局は
朝鮮に対する制裁措置を段階的に強め、他方では「法の厳格適用」の名のもとに、在日同胞の基本的人権を踏みにじり、
同胞組織を政治的に弾圧する行為を公然と繰り広げている。

340 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 08:21:51 ID:???
18年10に日刊建通信第1号が発行された。発行所中央区日本橋1−8、建設通信、編集兼発行人
は許準であった。日本語である。朝鮮主義人建後、在日胞の間で新たな信報道関の立が求められた。
とくに共和国に関する報道が少なく、またた報道が多く、迅速で正確な入らない状況で、朝関する専門的な通
報道機関の設立が強く求められた。建設信社は、設立趣意書にもとづいて設立を募り、設され。発人は金海、
金、姜相大万吉、許準、白宗元の7人であったという。建設通社は、解放後いくつか通信が存した
朝鮮民義人民共和国建を機にして朝鮮の消息を伝報道することを使命として発足した初ての通社といえよう。
既存の信社はの情報を、あるい情を、日本や胞の新社個人に販売する営業を目的としていた。
建設信社の性格は、設立当初からはっきていたが、朝聨と民青が強された厳しい情下での建設通信社社告
(194年月2日)にも如実に表れている。社告では、朝聨と民青に送って信を一時中止しているとしながら、
本通信社が「民主主義人民共和国発直結させる唯一な通信ということを銘記」するとし、各機関はもちろのこそほか
必要なは個人読者として再申込みをしてほしいとえている。共和国直結を明確に打ち出、受、配する通信社としての
機能を果たす決意を新たにしたものといえる。「建設通信」創刊号(歴史研究所所蔵)建設通信社は、解放後から新を発行
していた解放新聞社の「通信部独立させる方で発足た。社名を建設通社としたのは金日主席の指導ので進められる
新朝鮮建の消息を知ら初の編集を担当した。日旧日本使っていたラジオ受信機
1〜2台を使い、朝中央通信からでるモールス符号で発信される通信道と平壌放を受信し、それを翻訳編集するとともに、
在日朝鮮人運動に関しても取材して掲載した。南朝鮮の合通信も受信し、とくに南朝鮮人民の反米統一運動を広く知らせた。
そして「時の点」とうコラ掲載した。創刊号は、躍進する和国工業や月25日、南朝鮮羅州警朝鮮主
主義人民共和国の国旗とビラを製作中という理由で50人以上を逮捕たなどの報朝鮮主主義民政綱
などを報じた。とくに第1号では普通江改工事起工式参席し、コッで作業る日成席の写真を報道した。これは
通信としては本で初めてでるとともに世界に初めて発信された写真だという。創刊から現在まで発行された

341 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 08:24:05 ID:???
活動を始めたっかけ賃貸ンションを探してるが「外国お断り」朝鮮人断り」ということでなかなか見つけられ
ないという相談が少なからずセンターに寄せれていたからです。この間、同胞不動業者や大さのご協力のもとに行って
いる住まい探しをする人たちへのお手伝いをはじめ、欠陥住宅、境界関するトラブルなど、住まいに関すまざまな相談に
乗ってきました。いまだ根く残っている入居差別に対する対としては、、もちろん裁判も考えられます民族や人種、
また国籍を理由として入居拒否た事実関係明らかにできば法廷で分勝算ありす。実際こ間も入居別裁がい
くつかあり、家主や不動産業者に賠償命令が出ていす。ただし拒否した側がその事実を認めず、第三者の証も得にくく、
また客観的な況証拠のようなものもない場合は、ことが簡単に進むとはかぎりません。その意味で抗議する段階で証拠にな
るようなものを残せるよう努力することは重要と言えます。
当センターに昨年きた談の中にも、入居斡旋を依頼した不動産業者から差別的対をされたという相談がりました。その方
は本人女性でたが、「帰化」によっ日本国籍を取得した男性と結婚するので新居となる部屋探ある動産業者に依頼し
たところ、保証人とった男性の兄が韓国籍であることを知った業者は「韓国血が混じている人にはせない」として、内金の
振り込みなど全て終わった後の段階であるにもかかわらず断ってきたとのとでした。それに続やりとりの結果、最終的にはそ
の業者も度約したので賃貸はすると言てはきたもののこちらら願い下げだということになったとのこと。そして憤懣や
るかたない、裁判まはえていないが今後こういった対応をさせないためにも何か良い方法はないかということでした。
この相談に対し、弁護士の助言を受けながら作成した抗議文を先方に出すとともに、業の監督官庁である東京都の担当部署で
ある市整備局不動産課の方に当事者から、またセンターからも連絡を入れ適切な指導を要請しました。
結果、業者は当事者に平謝、また都はその業者を呼び出し、指導を行うということなりました。
このように裁判以外にも議の方法、再発防のめに行ることはあすので、泣き寝入せず、気軽当センターに相談
してみてください。(金東鶴、同胞法律・生活センター スタッフ)


342 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 12:25:41 ID:???
国内力組織はほ組織とャバレーやールームなど4業種を直接運営しており、たちの1ヶ月の
収入は1人当り平均400万ウォン台であとがかった。
韓国刑事政策究院が暴組織員を象にアンケート調査を行った結果をもとに29日に発売「組織力団員の
所得源」など暴組連の5の報告書によると、答者の29.2が1ヶ月の収入が100〜0万ウォンと答え、
300〜500万ウォンが28.1%を占めた。
つづいて500〜1000万ウォンが22%、10〜0ンが12.4%だった。100万ウォン以下は
3.4%、2000万ウォン以上は5.6%だった。月平均収入の400万ウォは全回答の収入額を計して割った
推計値だ。組織暴力団が進する事業分野(複数回)は、キャバレーや賭博施、ゲーム・ルームな射幸を接
運営するケースが67.0%で最も多く、これらの施設護間接管理(60.6%)する割合よりかった。
同報告書は、「暴力組織も一準のを蓄して自の所得を大げさに語る可能性があ」とし、「組織員たちは収のうち
半分ぐらいは自分で稼ぎ、残りの半分は組織仕を手助してけ取るもの思わる」と述た。いというだ」と分した。
暴組織年間収入規模1〜3億ウォンという回答が30.0%で最も多かった。
暴力組員たちの「務への満足度」普通」が67.0%、「満足」または「非常に満足」が1.3だった。04年に
警察たちを対とし職への満度の査では、普通が55.9%、満足または非常満足が95%だっのと比べると、
むしろ力組員たち満足度がよ高いことが明らかになった。
しかし、暴組織の収入のうち組織からもらう金は、100〜200万ウォンという回答が7.5%で最多く、50万
ウォン以下答えた回答者も5.9%にも上った。ある組織員は「車のガソリ代すらない時もあると述べた。
同告書は、「回答者の属性、また、暴力組織員たちは暴力組織の象徴とみなされ「義理」よりも利をより視すると
報告書では指したある組員は接調査で「織同の金の勘定は非常にしい。店を引継がせる時、店かかっている
敷金は全て返済しなければならない」と語った。また、「ャバレを0個運営しても、部の組員にはありままさない」、
「運すためには能力なうしな」という回答もあった。
同アンート調は、昨年4月現、服役暴組員109人を対象にい、このうち人は面調査受た。

343 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 12:29:12 ID:???
教育人的資源パート(教育省)は,それが一名(引き継ぐ)であったのかに関係なく,グループでこの 11月のグループ休日のために争って,
強制に国勢調査レジスターの移動を調査して,難しくて先生グループの不法行為動作をこなごなに壊す 28を一学校レーバーユニオン
(すべての宗教を分類します)のポストの現地スタップの 2,286人の先生のため,懲戒処置または管理の宣誓証言を行いました.
それをそれで見做している間,教育省の秘書と金銭Shinichi(金 Shin 日) 副首相が先生に着に関連があって,同じ日に彼「それを早く終
わらなかった先生に有利に判決を下すことを目的にする懲戒処置手順」(懲戒処置によって)を明白にさせて,私が国民的先生に送った
手紙で「すべての宗教の難しくて着になった先生 2,200以上は,私が教育政府の re-3の訴えに関心を持つ仕事なしに許可なしに学校
を発って,不法行為の集団行動に参加したグループ(引き継ぐ)でした」金銭副首相は「交渉に関する論議を通じて意見を記述した方法
は,教職グループの場合確立されました」と仮定して,私が「私がグループの勢力を借りて,違法した方向に自分の権利を終わらせる考
え(引き継ぐ)だった比較肉炙な行動を決して認めない」つもり(引き継ぐ)ヨッスブニダと言う警告をしました.
263は 4回上記の参加者の間に管理の宣誓証言の給料を減らしました,そして,奮闘する 3未満の時間の 1,850人の参加者(1,083の注
意,総体的な警告 419,文書警告 348)は非難と同じく小さな処分を受けました.そして,品物が何年や 00から休日の間教育省が 16の全
国地方のドギョユックチォングの懲戒処置現在の条件を締めたとその結果警告しなかったです.
上記の参加者の間で,私は処分が次のヶ月 5まで 4回に終わらせない 173人に対して懲戒処置委員会を開きます,そして,それは処分を
決める計画です.66は,給料縮小が非常に小さな処分の間で一番重い処分である 6個の月,記録が 132(非難のために 5を制限したので
あいさつ記録カード)まで昇進であるままで会った少しもオブジェクトではない警告を受け入れました.
私が給料縮小と警告を受け入れる時,校監と校長への昇進は任務評価によって「数」を受けることができないのために(のため) 難しく
なります.

344 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 12:36:32 ID:???
それはそうでした工場半導体メーカー(イウ)の拡大のためにそれを保証されて「1がヒトシとそれをした3の線を調査したことが
2009年に建設によって不可能だったように、調べられます、そして、線の拡張であ高い肉の利川はの2を開始する」は政府です、
そして、高い肉のあたりをたどり着くために、それが2の2,000の工場でからのゆがみが工場の線をひく修正案を拒否されるとあっ
たこの(全州)Aで「一連のものは、Cheongjuです」。高い肉に関しては、同期間の間ワイパーを生産する計画である東が成分が
そうである方法を含めてを管理しないこと、そして、材料とそれは指します、19種類の中毒の水が禁止する仕様に含まれますれを、
そして、問題が無機物のための東部の国内の排出規制と密度を計算している俳出量なしで「有害な産業廃棄物の放出の規制」で
言わないので、先進国(たとえば米国、日本、欧州連合(EU))とそれが「制限不可能を持ちません」「成分規制」方法であるから
で俳出量によって汚染物質を管理してください言ってください。
めに、そしてそれは、韓国研究(KIST)の芸術の下院について内部で「川番号は東に関するものであって、人に必要である要素で、
かなり見つかります」、Pleaseは「必需品は標準的な器材としてそれを支配して、どうか決めます」とき、明白なマスターに役立た
れて、1歩、遅いおよび環境県であるそれが行為規制の不合理を認めると目的に言って、どうか人体のために影響を調査します、
そして、そして、明後年にまで待つことがそうそれをしなければならないとき、製品は1~2年に標準でこの仕事によって少なくとも痛みをします。
始めから昨年2,00工場と環境県の拡大によってにそれに昇進するために高い肉なしでそれを拒否している島、私は「しばらくの間それを認めて、
調査することができます」。そして、まだシステムによって備えようと思いました、
Itは政府(1アールはセクシ
ュアルです)と怠惰の叫び声と無能です。そして、Asが高い肉(「私が逃した時間(Aタイミング)の競争相手、私は工業と私が
呼ばなければならない半導体の投資タイミングです」)に賛成です。

345 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 12:41:56 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、
そして、流行は90年代に開きます。

346 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 12:45:48 ID:???
教育人的資源パート(教育省)は,それが一名(引き継ぐ)であったのかに関係なく,グループでこの 11月のグループ休日のために争って,
強制に国勢調査レジスターの移動を調査して,難しくて先生グループの不法行為動作をこなごなに壊す 28を一学校レーバーユニオン
(すべての宗教を分類します)のポストの現地スタップの 2,286人の先生のため,懲戒処置または管理の宣誓証言を行いました.
それをそれで見做している間,教育省の秘書と金銭Shinichi(金 Shin 日) 副首相が先生に着に関連があって,同じ日に彼「それを早く終
わらなかった先生に有利に判決を下すことを目的にする懲戒処置手順」(懲戒処置によって)を明白にさせて,私が国民的先生に送った
手紙で「すべての宗教の難しくて着になった先生 2,200以上は,私が教育政府の re-3の訴えに関心を持つ仕事なしに許可なしに学校
を発って,不法行為の集団行動に参加したグループ(引き継ぐ)でした」金銭副首相は「交渉に関する論議を通じて意見を記述した方法
は,教職グループの場合確立されました」と仮定して,私が「私がグループの勢力を借りて,違法した方向に自分の権利を終わらせる考
え(引き継ぐ)だった比較肉炙な行動を決して認めない」つもり(引き継ぐ)ヨッスブニダと言う警告をしました.
263は 4回上記の参加者の間に管理の宣誓証言の給料を減らしました,そして,奮闘する 3未満の時間の 1,850人の参加者(1,083の注
意,総体的な警告 419,文書警告 348)は非難と同じく小さな処分を受けました.そして,品物が何年や 00から休日の間教育省が 16の全
国地方のドギョユックチォングの懲戒処置現在の条件を締めたとその結果警告しなかったです.
上記の参加者の間で,私は処分が次のヶ月 5まで 4回に終わらせない 173人に対して懲戒処置委員会を開きます,そして,それは処分を
決める計画です.66は,給料縮小が非常に小さな処分の間で一番重い処分である 6個の月,記録が 132(非難のために 5を制限したので
あいさつ記録カード)まで昇進であるままで会った少しもオブジェクトではない警告を受け入れました.
私が給料縮小と警告を受け入れる時,校監と校長への昇進は任務評価によって「数」を受けることができないのために(のため) 難しく
なります.

347 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 18:15:30 ID:???
東亜日報のものの内容に似ている原稿が異なる新聞で拾われたとき、言ってください;電話中に望まれて、そして、夕方シーンシステム新聞と言って
エッセイ(それを受け継ぎます)の「科貨幤」であった、そして、エッセイは有名な科学者の肖像が描かれる外国の貨幤を導入します、そして、
10,000ウォン紙幤の私がそれを評価したという面の韓国が、肯定して入れられる時代の天文学装置ツールのモデル化された掛け売り勘定
A35側が、第26夕方シーンシステム新聞の上にあった、そして、前部はあるようでした主なシート「科学界」(12月27日(06)付けのA35側)の
「その科学者顔による新紙幤を入るかもしれない」、そして、の問題のどんな内容でもまたはエッセイが、主の第11の文です;同意されて、「科学者の
サービスがいくつかのヨーロッパの多くの国が先進国で放ったもので大きかった、そして、重されると、科学者が心か科学者の顔ともに貨幤に
できたのを感じてください」、そして、「国」はを「国」に似ていました、そして「それであると感じられます、そして」を「認め」て、そして、
そして、まったくこのように主なシートからのエッセイのうちの最初の5つの文をした。
私は、連続して「バックソクチェの日刊紙の天文学話コラム」から2つの文(1月18日、07掛け売り勘定)からの手順の7つの文(11月9日、04掛け
勘定)、5つの文(9月9日、06掛け売り勘定)からの政府ホングボゴッの入口の「政府状況説明」の専門家の貢献、同盟の記事をとりました。
エッセイの23の文の20の文が主なシートを開始する表現と私は、他の媒体の内容と、あまり異なりませんでした、そして、他の媒体の原稿のためで
出版の試みるプロセスは、油です。その頃ディレクター技術計画評価2~3日としておいて、私は研究(等級会長、写真)のためにヒヨル基本的な
テクノロジー社会のディレクターの名前によって迎えに行かれました、そして、先頭の動かしているユの上で関心を持つ人々にるとそれのように
見えている区議会のレクターと様に就任すために、12月24日に、昨年前、私は草案を書きました、そして、ユはントトが草案をすると評価
ハウスのAチーム上部に話しました、そして、ム頭は「東報のコラムのものをそれがそうであった草案方法大衆の前のに出したことによって、
異なる媒体の日曜日に、中身のようだのものを決して理解しませんでした」。

348 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 18:16:07 ID:???
教育人的資源パート(教育省)は,それが一名(引き継ぐ)であったのかに関係なく,グループでこの 11月のグループ休日のために争って,
強制に国勢調査レジスターの移動を調査して,難しくて先生グループの不法行為動作をこなごなに壊す 28を一学校レーバーユニオン
(すべての宗教を分類します)のポストの現地スタップの 2,286人の先生のため,懲戒処置または管理の宣誓証言を行いました.
それをそれで見做している間,教育省の秘書と金銭Shinichi(金 Shin 日) 副首相が先生に着に関連があって,同じ日に彼「それを早く終
わらなかった先生に有利に判決を下すことを目的にする懲戒処置手順」(懲戒処置によって)を明白にさせて,私が国民的先生に送った
手紙で「すべての宗教の難しくて着になった先生 2,200以上は,私が教育政府の re-3の訴えに関心を持つ仕事なしに許可なしに学校
を発って,不法行為の集団行動に参加したグループ(引き継ぐ)でした」金銭副首相は「交渉に関する論議を通じて意見を記述した方法
は,教職グループの場合確立されました」と仮定して,私が「私がグループの勢力を借りて,違法した方向に自分の権利を終わらせる考
え(引き継ぐ)だった比較肉炙な行動を決して認めない」つもり(引き継ぐ)ヨッスブニダと言う警告をしました.
263は 4回上記の参加者の間に管理の宣誓証言の給料を減らしました,そして,奮闘する 3未満の時間の 1,850人の参加者(1,083の注
意,総体的な警告 419,文書警告 348)は非難と同じく小さな処分を受けました.そして,品物が何年や 00から休日の間教育省が 16の全
国地方のドギョユックチォングの懲戒処置現在の条件を締めたとその結果警告しなかったです.
上記の参加者の間で,私は処分が次のヶ月 5まで 4回に終わらせない 173人に対して懲戒処置委員会を開きます,そして,それは処分を
決める計画です.66は,給料縮小が非常に小さな処分の間で一番重い処分である 6個の月,記録が 132(非難のために 5を制限したので
あいさつ記録カード)まで昇進であるままで会った少しもオブジェクトではない警告を受け入れました.
私が給料縮小と警告を受け入れる時,校監と校長への昇進は任務評価によって「数」を受けることができないのために(のため) 難しく
なります.

349 :いつか名無しさんが:2007/01/31(水) 18:20:01 ID:???
それが,親切な事がなどです「均一な時,そして,悪臭を漂っているため,そこで本当に好きな方向に働きますか?」追加で,それは上下
がいないいっぱい待った作業旅程と会社等ですか?私たちは,喜びでそっちへ行って走って請求書です.
ドトの世界的なミライ学者グンドラが具体化するミスターについては,これは私たちの姿に長くない将来の物でイルウルを現わします
将来(日が眺める境目) なく,領域は消えます,そして,決して前に出なくて蟹,占領係はダイナミックになります.私は,新語によって人将来
と点の物した旧トラブル係の青い真実が主な役目を「ジョノ−マッド」(遊牧民/ヨブNoma)と呼ぶことを現わす.
ジョノ−マドは,給料も良いが人生で働いている「お金の鳥篭」に対する拒絶をします.下位ではないことは,占領にグァンヘソヌンです
そして,グドルゲが,成功するよりも重要.です理由は私がそれができたら,それが広いフィールドの能力を磨くことによってその人の独創性
の価値のレベルをアップするからです,そして,それはそれを感じます.
イルユモックミングループのファルドングヌン速度をあげて,特徴のスタイルを整理する価値としての流動生活非常に来なければならない
表面の知識経済社会です,即興性は重要です.驚きべき一路,この新しい社会で進行中の見込みが見る時著者が「ただごと 」と言うのがあって
罫線であるムルゴンインジルルを指示する間,それがそれでいるすべての日を働くようにする普通仕事の大部分が 2010年まで消える時,
私はそれを予知します.間隔は,200年に近いです; living-in-,痛みは働き口を捜し出すためにパスします,そして,多くの若いと失業中の人々
(ただごと)による滲まれるにも関係なく,住んでください; .あの時,人々に対して,存在が掻ハンセン病が言うために普通日課大概の考えが
肯定してそれを変えると予想した日が今年誌と言う疑いだと思います.
問いと回答著者の返事は,特にこの本で面白い部分である最後のことの時です.ナゾザが予想どおりそれを指示したので将来が展開するか
どうかに関係なく,シンウィフエがそこに向かって,そして,著者が 2020年に飛行機に行って,020で過去バルゾンイルウルロにもう年間
とのガッゲを回想して.グングゾックの夢にもかかわらず将来の誠実をするために人々だ言う将来を歓迎することによってそれを切るために

350 :いつか名無しさんが:2007/02/01(木) 08:06:37 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、
そして、流行は90年代に開きます。

351 :いつか名無しさんが:2007/02/01(木) 08:07:36 ID:???
それはそうでした工場半導体メーカー(イウ)の拡大のためにそれを保証されて「1がヒトシとそれをした3の線を調査したことが
2009年に建設によって不可能だったように、調べられます、そして、線の拡張であ高い肉の利川はの2を開始する」は政府です、
そして、高い肉のあたりをたどり着くために、それが2の2,000の工場でからのゆがみが工場の線をひく修正案を拒否されるとあっ
たこの(全州)Aで「一連のものは、Cheongjuです」。高い肉に関しては、同期間の間ワイパーを生産する計画である東が成分が
そうである方法を含めてを管理しないこと、そして、材料とそれは指します、19種類の中毒の水が禁止する仕様に含まれますれを、
そして、問題が無機物のための東部の国内の排出規制と密度を計算している俳出量なしで「有害な産業廃棄物の放出の規制」で
言わないので、先進国(たとえば米国、日本、欧州連合(EU))とそれが「制限不可能を持ちません」「成分規制」方法であるから
で俳出量によって汚染物質を管理してください言ってください。
めに、そしてそれは、韓国研究(KIST)の芸術の下院について内部で「川番号は東に関するものであって、人に必要である要素で、
かなり見つかります」、Pleaseは「必需品は標準的な器材としてそれを支配して、どうか決めます」とき、明白なマスターに役立た
れて、1歩、遅いおよび環境県であるそれが行為規制の不合理を認めると目的に言って、どうか人体のために影響を調査します、
そして、そして、明後年にまで待つことがそうそれをしなければならないとき、製品は1~2年に標準でこの仕事によって少なくとも
痛みをします。始めから昨年2,00工場と環境県の拡大によってにそれに昇進するために高い肉なしでそれを拒否している島、私
「しばらくの間それを認めて、調査することができます」。そして、まだシステムによって備えようと思いました、
Itは政府(1アールはセクシュアルです)と怠惰の叫び声と無能です。そして、Asが高い肉(「私が逃した時間(Aタイミング)
競争相手、私は工業と私が呼ばなければならない半導体の投資タイミングです」)に賛成です。

352 :いつか名無しさんが:2007/02/01(木) 08:08:49 ID:???
教育人的資源パート(教育省)は,それが一名(引き継ぐ)であったのかに関係なく,グループでこの 11月のグループ休日のために争って,
強制に国勢調査レジスターの移動を調査して,難しくて先生グループの不法行為動作をこなごなに壊す 28を一学校レーバーユニオン
(すべての宗教を分類します)のポストの現地スタップの 2,286人の先生のため,懲戒処置または管理の宣誓証言を行いました.
それをそれで見做している間,教育省の秘書と金銭Shinichi(金 Shin 日) 副首相が先生に着に関連があって,同じ日に彼「それを早く終
わらなかった先生に有利に判決を下すことを目的にする懲戒処置手順」(懲戒処置によって)を明白にさせて,私が国民的先生に送った
手紙で「すべての宗教の難しくて着になった先生 2,200以上は,私が教育政府の re-3の訴えに関心を持つ仕事なしに許可なしに学校
を発って,不法行為の集団行動に参加したグループ(引き継ぐ)でした」金銭副首相は「交渉に関する論議を通じて意見を記述した方法
は,教職グループの場合確立されました」と仮定して,私が「私がグループの勢力を借りて,違法した方向に自分の権利を終わらせる考
え(引き継ぐ)だった比較肉炙な行動を決して認めない」つもり(引き継ぐ)ヨッスブニダと言う警告をしました.
263は 4回上記の参加者の間に管理の宣誓証言の給料を減らしました,そして,奮闘する 3未満の時間の 1,850人の参加者(1,083の注
意,総体的な警告 419,文書警告 348)は非難と同じく小さな処分を受けました.そして,品物が何年や 00から休日の間教育省が 16の全
国地方のドギョユックチォングの懲戒処置現在の条件を締めたとその結果警告しなかったです.
上記の参加者の間で,私は処分が次のヶ月 5まで 4回に終わらせない 173人に対して懲戒処置委員会を開きます,そして,それは処分を
決める計画です.66は,給料縮小が非常に小さな処分の間で一番重い処分である 6個の月,記録が 132(非難のために 5を制限したので
あいさつ記録カード)まで昇進であるままで会った少しもオブジェクトではない警告を受け入れました.
私が給料縮小と警告を受け入れる時,校監と校長への昇進は任務評価によって「数」を受けることができないのために(のため) 難しく
なります

353 :いつか名無しさんが:2007/02/01(木) 08:09:36 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、
そして、流行は90年代に開きます。

354 :いつか名無しさんが:2007/02/01(木) 08:24:24 ID:???
それはそうでした工場半導体メーカー(イウ)の拡大のためにそれを保証されて「1がヒトシとそれをした3の線を調査したことが
2009年に建設によって不可能だったように、調べられます、そして、線の拡張であ高い肉の利川はの2を開始する」は政府です、
そして、高い肉のあたりをたどり着くために、それが2の2,000の工場でからのゆがみが工場の線をひく修正案を拒否されるとあっ
たこの(全州)Aで「一連のものは、Cheongjuです」。高い肉に関しては、同期間の間ワイパーを生産する計画である東が成分が
そうである方法を含めてを管理しないこと、そして、材料とそれは指します、19種類の中毒の水が禁止する仕様に含まれますれを、
そして、問題が無機物のための東部の国内の排出規制と密度を計算している俳出量なしで「有害な産業廃棄物の放出の規制」で
言わないので、先進国(たとえば米国、日本、欧州連合(EU))とそれが「制限不可能を持ちません」「成分規制」方法であるから
で俳出量によって汚染物質を管理してください言ってください。
めに、そしてそれは、韓国研究(KIST)の芸術の下院について内部で「川番号は東に関するものであって、人に必要である要素で、
かなり見つかります」、Pleaseは「必需品は標準的な器材としてそれを支配して、どうか決めます」とき、明白なマスターに役立た
れて、1歩、遅いおよび環境県であるそれが行為規制の不合理を認めると目的に言って、どうか人体のために影響を調査します、
そして、そして、明後年にまで待つことがそうそれをしなければならないとき、製品は1~2年に標準でこの仕事によって少なくとも
痛みをします。始めから昨年2,00工場と環境県の拡大によってにそれに昇進するために高い肉なしでそれを拒否している島、私
「しばらくの間それを認めて、調査することができます」。そして、まだシステムによって備えようと思いました、
Itは政府(1アールはセクシュアルです)と怠惰の叫び声と無能です。そして、Asが高い肉(「私が逃した時間(Aタイミング)
競争相手、私は工業と私が呼ばなければならない半導体の投資タイミングです」)に賛成です。

355 :いつか名無しさんが:2007/02/01(木) 12:18:38 ID:???
音楽業界の骨を理解してください: パート1: 私はプレーヤー(市場動向とサービス正義Creating)を理解します、
そして、成功したモバイル音楽アプリケーションはハードウェアより多くのものをとります、そして、ソフトウェア
の間、公平な、Fromはラベル、クラス権利のポスト、問屋、小売業者と携帯電話会社に著者を満足させますと、それ
が音楽ビジネスに関連した参加者の複雑なネットの思う必要があります。このレポートは、目的地下室(音楽業界の
概要による開発者への音楽ビジネスの現実のための通察)を提供します;そして、掩護のビジネスと法的プロセス(主
にテクノロジー(市場動向)より)の目的で始めのことをするシリーズのために。それに関連した潜在性の音楽が
製品申し込みのより重要な構成要素へのそれであるアプリケーションの部分エリックスン、そして、音楽接続ののギ
ガは遅れずに熟したようになります、そして、そして、OSはミステリーでアプリケーションの基本をつくりました
再生リストが管理です、そして、私はまったく音楽を用いて同じことです、そして、私が移動音楽について直接信頼
することができるデジタル音楽プレーヤーとして確立される携帯電話付きのアプリケーションはエージェント,FMと
インターネットラジオ解決によってダウンロードと他のタイプのアプリケーションで影響を鳴らします。それはユニ
ークです、そして、それは夏、音楽業界とモバイル開発者コミュニティの間でコミュニケーションの機能を置かれま
す、そして、ソニーに関しては - エリックスン、十字のリレーションはともに機能します - ユニークな通察を私が
開発者コミュニティへ横切って渡ることができる音楽業界に対して提供してください - エリックスン。プレーヤー
参加者の感覚を含めてください;それのためにあります、そして、我々は創造から配達に歌の中でそれに代わります、
そして、構成構成概念が著作権の管理についてあります、そして、非常に、著作権使用料の配布、カバーします、そ
して、そして、それは背中の記事によって深いです、そして、我々に関しては、歌は方法が心からそれを聞くのを見
ます、そして、正確に現在ソングライターの人の耳にそれに着きます。

356 :いつか名無しさんが:2007/02/01(木) 12:24:31 ID:???
1ヵ月を超える以前の11月1日に、このケースが新しい1,000内部にあったとき、 - 「伊東敬文」のパターンの理想の請求は、
1,000の代わりに現れました - その時パターンであった請求を夢に見てください。私は、「パターンと要請が1950年1月の
(1950)、しかし、1,000に合うのを見ることができました - 偽造紙幣を示した円は、1年の4月でした」。お茶、1がケース
し、偽造紙幣は順番にそれの後、現れました。195年の間、「チーは、それが私が喜ばせる秋田であるという37の場合が
「1,000人の黄色のダンのあだ名によってそれを呼ぶ7月にいる - 顔が本当の黄色である、そして、31であったことが東京の
部分を発見したので、請求を夢に見ます」(昭和年)、そして、第26(1961)で発見しました第37です、そして、日本銀行
は12月7日にチー事件(1961)によって分かれます」。これらの37枚の偽造紙幣はかなり正確でした、そして、警察は再び
あらゆるありうる努力をしました。私は、私が3,000円(不正な要請探知器の有力な情報提供者)の感謝のために10,000円を
取り出すと発表しました。全国銀行協会は、私が1,000,000円の賞金に続いた妨害に放り込まれました。しかし、もしもが結
局犯人を捕えることができないので、それはそれです、Byはこんなに偶然起こります、私は「1,000を持ってくることになっ
ています - 「伊東敬文」に夢は私がそれをゆがめて、変えたことを広告して、新しいです」。私が類似していてそれに関連が
あったとき、お茶(処方)の37のケースに関しては、それは1973年に11月3日に作られました(1973)。5、100円メモで
広告しますと、10円の偽造紙幣の内部の(I)のコード番号に関しては「呂」(ろ)が注意します。
私は大きかったです、そして、「大きな国の方山」と「伊東敬文」とのどんな関係でもいいえのようだったが、韓国の新聞で
これらのうちの2つを報告しました。そして、私、「それを感じて、そして、あなたにそうそれをさせる1,000の円メモに、
ってそれをもつ韓国総督であったポジティブな方針の人の伊東敬文を突き殺すかもしれなかったと続けました。」それが「灰
方法のものの上で韓国の人々のすれられたという感情のためにそれを刺すためにそうだったことは、痛みました。

357 :いつか名無しさんが:2007/02/01(木) 12:26:06 ID:???
それが,親切な事がなどです「均一な時,そして,悪臭を漂っているため,そこで本当に好きな方向に働きますか?」
追加で,それは上下がいないいっぱい待った作業旅程と会社等ですか?私たちは,喜びでそっちへ行って走って請
求書です.ドトの世界的なミライ学者グンドラが具体化するミスターについては,これは私たちの姿に長くない将
来の物でイルウルを現わします将来(日が眺める境目) なく,領域は消えます,そして,決して前に出なくて蟹,占領
係はダイナミックになります.私は,新語によって人将来と点の物した旧トラブル係の青い真実が主な役目を「ジ
ョノ‐マッド」(遊牧民/ヨブNoma)と呼ぶことを現わす.ジョノ‐マドは,給料も良いが人生で働いている「お金
の鳥篭」に対する拒絶をします.下位ではないことは,占領にグァンヘソヌンですそして,グドルゲが,成功するよ
りも重要.です理由は私がそれができたら,それが広いフィールドの能力を磨くことによってその人の独創性の価
値のレベルをアップするからです,そして,それはそれを感じます.イルユモックミングループのファルドングヌン
速度をあげて,特徴のスタイルを整理する価値としての流動生活非常に来なければならない表面の知識経済社会
です,即興性は重要です.驚きべき一路,この新しい社会で進行中の見込みが見る時著者が「ただごと 」と言うの
があって罫線であるムルゴンインジルルを指示する間,それがそれでいるすべての日を働くようにする普通仕事
の大部分が 2010年まで消える時,私はそれを予知します.間隔は,200年に近いです; living-in-,痛みは働き口を
捜し出すためにパスします,そして,多くの若いと失業中の人々(ただごと)による滲まれるにも関係なく,住んで
ください; .あの時,人々に対して,存在が掻ハンセン病が言うために普通日課大概の考えが肯定してそれを変える
と予想した日が今年誌と言う疑いだと思います.問いと回答著者の返事は,特にこの本で面白い部分である最後の
ことの時です.ナゾザが予想どおりそれを指示したので将来が展開するかどうかに関係なく,シンウィフエがそこ
に向かって,そして,著者が 2020年に飛行機に行って,020で過去バルゾンイルウルロにもう年間とのガッゲを回
想して.グングゾックの夢にもかかわらず将来の誠実をするために人々だ言う将来を歓迎することによってそれを切るために

358 :いつか名無しさんが:2007/02/01(木) 12:31:13 ID:???
私が帰ったので,調査して見れば,私がリュウタロウ長崎(54歳)で 15の近くで言った葬式の物については,エノ−キチョ
新宿,東京で,5人の赤んぼうの身体は私が木の箱でそこの 4個の大きい木の箱を持っていた時の早稲田スチーション
(大野の私たちの景観が 1948年 1月の第12の朝に(1948)でパトロール一 2)の疑い深いシヴァ野馬である方法と思っ
た景観が終えるようになりました.「私がそれを移す時,私は現在適当なことでそこにそれを問います,新宿で楊柳まる
での長寿(ことぶき) 山と病院のようなこの身に対する場所は火葬場が方向にあると言います」と木.より多く.私は警
察署に礼拜のこのサイトを取ってくれぐれもそして詳細にあなたに聞きます,To,「ここでは,私は 30のケースからそ
ういうケースを扱いました」.それは単独で赤んぼうに対して 500円のそれが与えられました,そして,私については,
私は私がそれを満たすと認めました.私が国立の最初の病院で 3人,肺炎と栄養失調に対してこのような 5人の赤んぼう
の身体を調査した時,死因で対して,跡の 2人は上がることによってたまらなさによって明白になりました.それで検屍
を実施したことの結果,上は食べ物が何でもないと思いました.1月 15日に,それは長寿山と病院の議長のため,高さ
(58歳)に,助産婦とご主人石川未Yuki(52歳)の石川の下で持つようにしました.助産婦の部分を修正する法律(補助の
タモト Iルック,改定された法律)...それは 2001年に 12月 6日に有名な公衆衛生助産婦に渡すんです(2001)と,12月
12日にそれを広げることができました,そして,それは 2,002(その明日) 年の 3月 1日に(2002)を強制されました.
そういう機関がオブオッジだけも,長寿山と病院で,私は両方皆展示と両方皆の|そしてレシーバー中から新聞の 3個の
旋光高によって赤んぼうの育児に悩むヤングボソンであなたを集めました.私はあなたにそれを伝えられ,4,000円を得
ました - 10,000円,支出がゴマウォヨラゴから赤んぼうのために子供達を育てるため,マニュアルだけは親に苦しんで
レシーバーから 500円をもらいました.私はそこと手として戦争と転載によって夫を失いました,そして,そこで,多くは
それでたいてい,そして,私は売春婦の外で曖昧なビジネスの女性の上でそこにそれを伝えた未亡人(引き継ぐ)でした.

359 :いつか名無しさんが:2007/02/01(木) 12:38:19 ID:???
私は政治欄(常識)のために国民生活の国家静けさと平和を走らせる国の力を通して反対と
論争を調停します、そして、私が活動を新しく統一命令と限られた部品を作製すると定める
と考えられます。彼らは、支配と抵抗をする先例のない動揺活動と終りのない戦いによって
本質的に、彼らが左の社会以外の注意とマルクス主義の政策が面で高貴な現象によって政治
現象を観察するので、どちらが仕様ランクであるかという利益だけを保護して、再び左の社
会注意を維持するために州の活動の少しの権限を意味すると決めます。国の国家利益と利益
がとりわけ国の意志によって同意している交差している点マークの狙いを意味するならばた
とえ最も重要な政治行為が基本を置くとしても、多くの政治家が人々注射時間までにこの国
にいて、そして、国のための愛国心と国の意志が付随されそうである民主主義タイプ政治リ
ーダーがそれを実行するかどうかに関係なく、それは本当に本当にそうです、そして、いく
らがあります。世界10のサイズ主な経済大国に立っていてください;あなたを上回って、しか
し、傾くことができる政治観さえとグループがする利益の後さえの先進似合われた韓国が誇
張でないことで身も心もを持って、党、列竝び、イベント特徴、Populismを使うことをまっ
たく約束することができない、3種類と把握において公衆の目のままのときたとえ韓国政治が
言うとしても表面的な語、そして、変な政治は祈ります。あなたが母国の将来のために全ての
表面で今後姿を消さなければならないとき、それがそれであって、そして、Populismを煽動
することでの政治の弟子になった標準的な政治家、そして、そこにいたイベントに関するPo
pulismは政治家をPopulism.で包む、動揺政治のための国のたくさんを持つ2007年に選挙さ
れる新任の大統領に関しては、自惚れていない民主主義タイプの自然は、調べられるその高
さがとりわけ国内政治と国際的な政治学のために深い知識で選ばれると思います。

360 :いつか名無しさんが:2007/02/01(木) 15:04:30 ID:???
それが,親切な事がなどです「均一な時,そして,悪臭を漂っているため,そこで本当に好きな方向に働きますか?」
追加で,それは上下がいないいっぱい待った作業旅程と会社等ですか?私たちは,喜びでそっちへ行って走って請
求書です.ドトの世界的なミライ学者グンドラが具体化するミスターについては,これは私たちの姿に長くない将
来の物でイルウルを現わします将来(日が眺める境目) なく,領域は消えます,そして,決して前に出なくて蟹,占領
係はダイナミックになります.私は,新語によって人将来と点の物した旧トラブル係の青い真実が主な役目を「ジ
ョノ‐マッド」(遊牧民/ヨブNoma)と呼ぶことを現わす.ジョノ‐マドは,給料も良いが人生で働いている「お金
の鳥篭」に対する拒絶をします.下位ではないことは,占領にグァンヘソヌンですそして,グドルゲが,成功するよ
りも重要.です理由は私がそれができたら,それが広いフィールドの能力を磨くことによってその人の独創性の価
値のレベルをアップするからです,そして,それはそれを感じます.イルユモックミングループのファルドングヌン
速度をあげて,特徴のスタイルを整理する価値としての流動生活非常に来なければならない表面の知識経済社会
です,即興性は重要です.驚きべき一路,この新しい社会で進行中の見込みが見る時著者が「ただごと 」と言うの
があって罫線であるムルゴンインジルルを指示する間,それがそれでいるすべての日を働くようにする普通仕事
の大部分が 2010年まで消える時,私はそれを予知します.間隔は,200年に近いです; living-in-,痛みは働き口を
捜し出すためにパスします,そして,多くの若いと失業中の人々(ただごと)による滲まれるにも関係なく,住んで
ください; .あの時,人々に対して,存在が掻ハンセン病が言うために普通日課大概の考えが肯定してそれを変える
と予想した日が今年誌と言う疑いだと思います.問いと回答著者の返事は,特にこの本で面白い部分である最後の
ことの時です.ナゾザが予想どおりそれを指示したので将来が展開するかどうかに関係なく,シンウィフエがそこ
に向かって,そして,著者が 2020年に飛行機に行って,020で過去バルゾンイルウルロにもう年間とのガッゲを回
想して.グングゾックの夢にもかかわらず将来の誠実をするために人々だ言う将来を歓迎することによってそれを切るために

361 :いつか名無しさんが:2007/02/01(木) 15:05:12 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、

362 :いつか名無しさんが:2007/02/01(木) 15:05:43 ID:???
教育人的資源パート(教育省)は,それが一名(引き継ぐ)であったのかに関係なく,グループでこの 11月のグループ休日のために争って,
強制に国勢調査レジスターの移動を調査して,難しくて先生グループの不法行為動作をこなごなに壊す 28を一学校レーバーユニオン
(すべての宗教を分類します)のポストの現地スタップの 2,286人の先生のため,懲戒処置または管理の宣誓証言を行いました.
それをそれで見做している間,教育省の秘書と金銭Shinichi(金 Shin 日) 副首相が先生に着に関連があって,同じ日に彼「それを早く終
わらなかった先生に有利に判決を下すことを目的にする懲戒処置手順」(懲戒処置によって)を明白にさせて,私が国民的先生に送った
手紙で「すべての宗教の難しくて着になった先生 2,200以上は,私が教育政府の re-3の訴えに関心を持つ仕事なしに許可なしに学校
を発って,不法行為の集団行動に参加したグループ(引き継ぐ)でした」金銭副首相は「交渉に関する論議を通じて意見を記述した方法
は,教職グループの場合確立されました」と仮定して,私が「私がグループの勢力を借りて,違法した方向に自分の権利を終わらせる考
え(引き継ぐ)だった比較肉炙な行動を決して認めない」つもり(引き継ぐ)ヨッスブニダと言う警告をしました.
263は 4回上記の参加者の間に管理の宣誓証言の給料を減らしました,そして,奮闘する 3未満の時間の 1,850人の参加者(1,083の注
意,総体的な警告 419,文書警告 348)は非難と同じく小さな処分を受けました.そして,品物が何年や 00から休日の間教育省が 16の全
国地方のドギョユックチォングの懲戒処置現在の条件を締めたとその結果警告しなかったです.
上記の参加者の間で,私は処分が次のヶ月 5まで 4回に終わらせない 173人に対して懲戒処置委員会を開きます,そして,それは処分を
決める計画です.66は,給料縮小が非常に小さな処分の間で一番重い処分である 6個の月,記録が 132(非難のために 5を制限したので
あいさつ記録カード)まで昇進であるままで会った少しもオブジェクトではない警告を受け入れました.
私が給料縮小と警告を受け入れる時,校監と校長への昇進は任務評価によって「数」を受けることができないのために(のため) 難しく
なります

363 :いつか名無しさんが:2007/02/01(木) 15:06:18 ID:???
1ヵ月を超える以前の11月1日に、このケースが新しい1,000内部にあったとき、 - 「伊東敬文」のパターンの理想の請求は、
1,000の代わりに現れました - その時パターンであった請求を夢に見てください。私は、「パターンと要請が1950年1月の
(1950)、しかし、1,000に合うのを見ることができました - 偽造紙幣を示した円は、1年の4月でした」。お茶、1がケース
し、偽造紙幣は順番にそれの後、現れました。195年の間、「チーは、それが私が喜ばせる秋田であるという37の場合が
「1,000人の黄色のダンのあだ名によってそれを呼ぶ7月にいる - 顔が本当の黄色である、そして、31であったことが東京の
部分を発見したので、請求を夢に見ます」(昭和年)、そして、第26(1961)で発見しました第37です、そして、日本銀行
は12月7日にチー事件(1961)によって分かれます」。これらの37枚の偽造紙幣はかなり正確でした、そして、警察は再び
あらゆるありうる努力をしました。私は、私が3,000円(不正な要請探知器の有力な情報提供者)の感謝のために10,000円を
取り出すと発表しました。全国銀行協会は、私が1,000,000円の賞金に続いた妨害に放り込まれました。しかし、もしもが結
局犯人を捕えることができないので、それはそれです、Byはこんなに偶然起こります、私は「1,000を持ってくることになっ
ています - 「伊東敬文」に夢は私がそれをゆがめて、変えたことを広告して、新しいです」。私が類似していてそれに関連が
あったとき、お茶(処方)の37のケースに関しては、それは1973年に11月3日に作られました(1973)。5、100円メモで
広告しますと、10円の偽造紙幣の内部の(I)のコード番号に関しては「呂」(ろ)が注意します。
私は大きかったです、そして、「大きな国の方山」と「伊東敬文」とのどんな関係でもいいえのようだったが、韓国の新聞で
これらのうちの2つを報告しました。そして、私、「それを感じて、そして、あなたにそうそれをさせる1,000の円メモに、
ってそれをもつ韓国総督であったポジティブな方針の人の伊東敬文を突き殺すかもしれなかったと続けました。」それが「灰
方法のものの上で韓国の人々のすれられたという感情のためにそれを刺すためにそうだったことは、痛みました。

364 :いつか名無しさんが:2007/02/01(木) 15:06:49 ID:???
音楽業界の骨を理解してください: パート1: 私はプレーヤー(市場動向とサービス正義Creating)を理解します、
そして、成功したモバイル音楽アプリケーションはハードウェアより多くのものをとります、そして、ソフトウェア
の間、公平な、Fromはラベル、クラス権利のポスト、問屋、小売業者と携帯電話会社に著者を満足させますと、それ
が音楽ビジネスに関連した参加者の複雑なネットの思う必要があります。このレポートは、目的地下室(音楽業界の
概要による開発者への音楽ビジネスの現実のための通察)を提供します;そして、掩護のビジネスと法的プロセス(主
にテクノロジー(市場動向)より)の目的で始めのことをするシリーズのために。それに関連した潜在性の音楽が
製品申し込みのより重要な構成要素へのそれであるアプリケーションの部分エリックスン、そして、音楽接続ののギ
ガは遅れずに熟したようになります、そして、そして、OSはミステリーでアプリケーションの基本をつくりました
再生リストが管理です、そして、私はまったく音楽を用いて同じことです、そして、私が移動音楽について直接信頼
することができるデジタル音楽プレーヤーとして確立される携帯電話付きのアプリケーションはエージェント,FMと
インターネットラジオ解決によってダウンロードと他のタイプのアプリケーションで影響を鳴らします。それはユニ
ークです、そして、それは夏、音楽業界とモバイル開発者コミュニティの間でコミュニケーションの機能を置かれま
す、そして、ソニーに関しては - エリックスン、十字のリレーションはともに機能します - ユニークな通察を私が
開発者コミュニティへ横切って渡ることができる音楽業界に対して提供してください - エリックスン。プレーヤー
参加者の感覚を含めてください;それのためにあります、そして、我々は創造から配達に歌の中でそれに代わります、
そして、構成構成概念が著作権の管理についてあります、そして、非常に、著作権使用料の配布、カバーします、そ
して、そして、それは背中の記事によって深いです、そして、我々に関しては、歌は方法が心からそれを聞くのを見
ます、そして、正確に現在ソングライターの人の耳にそれに着きます。

365 :いつか名無しさんが:2007/02/02(金) 08:33:04 ID:???
それが,親切な事がなどです「均一な時,そして,悪臭を漂っているため,そこで本当に好きな方向に働きますか?」追加で,それは上下
がいないいっぱい待った作業旅程と会社等ですか?私たちは,喜びでそっちへ行って走って請求書です.
ドトの世界的なミライ学者グンドラが具体化するミスターについては,これは私たちの姿に長くない将来の物でイルウルを現わします
将来(日が眺める境目) なく,領域は消えます,そして,決して前に出なくて蟹,占領係はダイナミックになります.私は,新語によって人将来
と点の物した旧トラブル係の青い真実が主な役目を「ジョノ‐マッド」(遊牧民/ヨブNoma)と呼ぶことを現わす.
ジョノ‐マドは,給料も良いが人生で働いている「お金の鳥篭」に対する拒絶をします.下位ではないことは,占領にグァンヘソヌンです
そして,グドルゲが,成功するよりも重要.です理由は私がそれができたら,それが広いフィールドの能力を磨くことによってその人の独創性
の価値のレベルをアップするからです,そして,それはそれを感じます.
イルユモックミングループのファルドングヌン速度をあげて,特徴のスタイルを整理する価値としての流動生活非常に来なければならない
表面の知識経済社会です,即興性は重要です.驚きべき一路,この新しい社会で進行中の見込みが見る時著者が「ただごと 」と言うのがあって
罫線であるムルゴンインジルルを指示する間,それがそれでいるすべての日を働くようにする普通仕事の大部分が 2010年まで消える時,
私はそれを予知します.間隔は,200年に近いです; living-in-,痛みは働き口を捜し出すためにパスします,そして,多くの若いと失業中の人々
(ただごと)による滲まれるにも関係なく,住んでください; .あの時,人々に対して,存在が掻ハンセン病が言うために普通日課大概の考えが
肯定してそれを変えると予想した日が今年誌と言う疑いだと思います.
問いと回答著者の返事は,特にこの本で面白い部分である最後のことの時です.ナゾザが予想どおりそれを指示したので将来が展開するか
どうかに関係なく,シンウィフエがそこに向かって,そして,著者が 2020年に飛行機に行って,020で過去バルゾンイルウルロにもう年間
とのガッゲを回想して.グングゾックの夢にもかかわらず将来の誠実をするために人々だ言う将来を歓迎することによってそれを切るために

366 :いつか名無しさんが:2007/02/02(金) 08:36:17 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、
そして、流行は90年代に開きます。

367 :いつか名無しさんが:2007/02/02(金) 08:40:00 ID:???
違法な滞在の外国人が本当に雇用されて、働いたとき、それがそれが労働組合にした賃金労働者であったので、彼らの労働組合主流派の
応用が受け入れなければならない判断は現れました、そして、それは出会うことができました。スーツにその町会議長のムンチャクグイ
ード)、労働エージェンシーに対して始まる季節的に移動する労働組合第1の上で「キャンセル処分は、労働組合主流派の、そして、復
帰に申し込みを返しました」、私が1をひっくり返しました、そして、特別な第11部(判事ディレクタートウシトオルのお金)が、労働
組合側高等裁判所にケース判断を得ることを与えました。多くの不法入国者がいます、そして、91人の外国の賃金労働者にそれから成っ
た国内の最初の外国の労働組合であるこの労働組合において、私が加わるものは確かめられます、そして、最高裁判所が賃金労働者に彼
らを認めるかどうかに関係なく、判断は最後の注意をひきます。私は「Immigration Control Lawの支配は違法な滞在の外国人の雇用を
禁止しました、しかし、裁判部はこれまでにすでに結びついた外国人賃金労働者の仕事合意を無効にすることができません」と述べて、
それが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために難しかったです」という意見をはっき
りさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度
と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ「労働組合
側がこれを提出しなくて、労働組合主流派の報告を返して、帰ったために、私が装った法律に対してした」である。
労働エージェンシーは、「ビジネスまたはビジネス地面に従う名前」、「代表の名前」、季節的に移動する労働組合が2005年5月に労働
組合主流派の報告を提出した「協会のメンバーのリスト」を補うために、それを要求しました。労働組合が協会のメンバーのリストを補
って、それを提出しなかった限り、労働党エージェンシーは私が「労働組合としてこれの理由によって「労働組合と法」でメンバーと違
法な滞在のアルバイトをした労働組合を考慮することができます」という意見を示しました、そして、私は労働組合主流派の報告を返し
て、それを返しました。

368 :いつか名無しさんが:2007/02/02(金) 08:40:39 ID:???
それが,親切な事がなどです「均一な時,そして,悪臭を漂っているため,そこで本当に好きな方向に働きますか?」
追加で,それは上下がいないいっぱい待った作業旅程と会社等ですか?私たちは,喜びでそっちへ行って走って請
求書です.ドトの世界的なミライ学者グンドラが具体化するミスターについては,これは私たちの姿に長くない将
来の物でイルウルを現わします将来(日が眺める境目) なく,領域は消えます,そして,決して前に出なくて蟹,占領
係はダイナミックになります.私は,新語によって人将来と点の物した旧トラブル係の青い真実が主な役目を「ジ
ョノ‐マッド」(遊牧民/ヨブNoma)と呼ぶことを現わす.ジョノ‐マドは,給料も良いが人生で働いている「お金
の鳥篭」に対する拒絶をします.下位ではないことは,占領にグァンヘソヌンですそして,グドルゲが,成功するよ
りも重要.です理由は私がそれができたら,それが広いフィールドの能力を磨くことによってその人の独創性の価
値のレベルをアップするからです,そして,それはそれを感じます.イルユモックミングループのファルドングヌン
速度をあげて,特徴のスタイルを整理する価値としての流動生活非常に来なければならない表面の知識経済社会
です,即興性は重要です.驚きべき一路,この新しい社会で進行中の見込みが見る時著者が「ただごと 」と言うの
があって罫線であるムルゴンインジルルを指示する間,それがそれでいるすべての日を働くようにする普通仕事
の大部分が 2010年まで消える時,私はそれを予知します.間隔は,200年に近いです; living-in-,痛みは働き口を
捜し出すためにパスします,そして,多くの若いと失業中の人々(ただごと)による滲まれるにも関係なく,住んで
ください; .あの時,人々に対して,存在が掻ハンセン病が言うために普通日課大概の考えが肯定してそれを変える
と予想した日が今年誌と言う疑いだと思います.問いと回答著者の返事は,特にこの本で面白い部分である最後の
ことの時です.ナゾザが予想どおりそれを指示したので将来が展開するかどうかに関係なく,シンウィフエがそこ
に向かって,そして,著者が 2020年に飛行機に行って,020で過去バルゾンイルウルロにもう年間とのガッゲを回
想して.グングゾックの夢にもかかわらず将来の誠実をするために人々だ言う将来を歓迎することによってそれを切るために

369 :いつか名無しさんが:2007/02/02(金) 08:41:21 ID:???
私は政治欄(常識)のために国民生活の国家静けさと平和を走らせる国の力を通して反対と
論争を調停します、そして、私が活動を新しく統一命令と限られた部品を作製すると定める
と考えられます。彼らは、支配と抵抗をする先例のない動揺活動と終りのない戦いによって
本質的に、彼らが左の社会以外の注意とマルクス主義の政策が面で高貴な現象によって政治
現象を観察するので、どちらが仕様ランクであるかという利益だけを保護して、再び左の社
会注意を維持するために州の活動の少しの権限を意味すると決めます。国の国家利益と利益
がとりわけ国の意志によって同意している交差している点マークの狙いを意味するならばた
とえ最も重要な政治行為が基本を置くとしても、多くの政治家が人々注射時間までにこの国
にいて、そして、国のための愛国心と国の意志が付随されそうである民主主義タイプ政治リ
ーダーがそれを実行するかどうかに関係なく、それは本当に本当にそうです、そして、いく
らがあります。世界10のサイズ主な経済大国に立っていてください;あなたを上回って、しか
し、傾くことができる政治観さえとグループがする利益の後さえの先進似合われた韓国が誇
張でないことで身も心もを持って、党、列竝び、イベント特徴、Populismを使うことをまっ
たく約束することができない、3種類と把握において公衆の目のままのときたとえ韓国政治が
言うとしても表面的な語、そして、変な政治は祈ります。あなたが母国の将来のために全ての
表面で今後姿を消さなければならないとき、それがそれであって、そして、Populismを煽動
することでの政治の弟子になった標準的な政治家、そして、そこにいたイベントに関するPo
pulismは政治家をPopulism.で包む、動揺政治のための国のたくさんを持つ2007年に選挙さ
れる新任の大統領に関しては、自惚れていない民主主義タイプの自然は、調べられるその高
さがとりわけ国内政治と国際的な政治学のために深い知識で選ばれると思います。

370 :いつか名無しさんが:2007/02/02(金) 11:50:49 ID:???
「私がこれを比較するのを明確に示すのをやめよう」子孫のものとしての私の名前に関する選挙区と賢人
Craraは下院の西部劇と彼らの名前における彼らの外国スタイルの話を代入して、明確にそれを引き止め
する軍隊の安らぎを機能させる、減少)。 先月(現地時間の)の31日の下院に一般的な6人の同僚の議員の署
名を提示して、解決を示すために受入れる、彼その後、継承は去年の9月にAパーキンソン病に悩んで、政
界に入って、年末になると、退職しました。 そして、「エヴァンスの努力の照明は、それが議員の後任と
なる前に光栄に思っていると思うところ」で説明される議員ホンダの解決、提出する、内容は、より強い
です。 議員。解決。分かってください。野蛮。行動してください。歴史。責任。慰めます。減少してくだ
さい。)承認してください。謝ってください。謝罪。必ず。日本。内閣総理大臣。公共。宣言。通ってくだ
さい。正式。してください。要求します。主張してください。議員。打たれるのを許容したがっていない
ものです。」議員。「それは強調の適当な状態で生きる女性と野蛮な残酷な行為の辛抱が正義のものを取
り戻すという同じ解決の目的です。」議員。議員が以下の日本でそれが説明するそれが出かけて、そこで
半面を導いている理由と下降の人を慰める、他方では、自分で告発する、日本の野蛮な行為の解決、受け
入れます。 それは、議員。それを「合衆国が1988年に市民の無料の法則を制定しました、そして、内部
の日本の子孫の合衆国の人々の合衆国はその家族(謝罪)のレベルの動作でしたか? 同じ解決は和解です。
そして、日本の目的が当時1941年に外部でカリフォルニア州での出生の議員を移すことである、「一族
の全体が両親によって明確に取られる、どこ」窓話してください。「空襲とカーテンが時にのためにカバ
ーの下に隠した車を使用することで脇へやって、プレーする真珠のポートを持っています。」それは留置
所とそれがリリースとして扱ったCorarod状態のいちごの農場でされた(さん)コネで一族を住ませました。
その後。前。科学的。教師。再び。公立の学校。責任。持っています。主要。下院。議員。初めて。
議員。達してください。日本。議員。戦争犯罪。謝罪。解決。議員。もの。要求します。議員。議員。
提出してください。議員。

371 :いつか名無しさんが:2007/02/02(金) 11:51:29 ID:???
それが,親切な事がなどです「均一な時,そして,悪臭を漂っているため,そこで本当に好きな方向に働きますか?」
追加で,それは上下がいないいっぱい待った作業旅程と会社等ですか?私たちは,喜びでそっちへ行って走って請
求書です.ドトの世界的なミライ学者グンドラが具体化するミスターについては,これは私たちの姿に長くない将
来の物でイルウルを現わします将来(日が眺める境目) なく,領域は消えます,そして,決して前に出なくて蟹,占領
係はダイナミックになります.私は,新語によって人将来と点の物した旧トラブル係の青い真実が主な役目を「ジ
ョノ‐マッド」(遊牧民/ヨブNoma)と呼ぶことを現わす.ジョノ‐マドは,給料も良いが人生で働いている「お金
の鳥篭」に対する拒絶をします.下位ではないことは,占領にグァンヘソヌンですそして,グドルゲが,成功するよ
りも重要.です理由は私がそれができたら,それが広いフィールドの能力を磨くことによってその人の独創性の価
値のレベルをアップするからです,そして,それはそれを感じます.イルユモックミングループのファルドングヌン
速度をあげて,特徴のスタイルを整理する価値としての流動生活非常に来なければならない表面の知識経済社会
です,即興性は重要です.驚きべき一路,この新しい社会で進行中の見込みが見る時著者が「ただごと 」と言うの
があって罫線であるムルゴンインジルルを指示する間,それがそれでいるすべての日を働くようにする普通仕事
の大部分が 2010年まで消える時,私はそれを予知します.間隔は,200年に近いです; living-in-,痛みは働き口を
捜し出すためにパスします,そして,多くの若いと失業中の人々(ただごと)による滲まれるにも関係なく,住んで
ください; .あの時,人々に対して,存在が掻ハンセン病が言うために普通日課大概の考えが肯定してそれを変える
と予想した日が今年誌と言う疑いだと思います.問いと回答著者の返事は,特にこの本で面白い部分である最後の
ことの時です.ナゾザが予想どおりそれを指示したので将来が展開するかどうかに関係なく,シンウィフエがそこ
に向かって,そして,著者が 2020年に飛行機に行って,020で過去バルゾンイルウルロにもう年間とのガッゲを回
想して.グングゾックの夢にもかかわらず将来の誠実をするために人々だ言う将来を歓迎することによってそれを切るために

372 :いつか名無しさんが:2007/02/02(金) 11:57:45 ID:???
31日、最高裁判所に分かって、して司法部の過去に事の処理した劣っている元があって
、1972年から1987年まで行われた時局の公安事件の判決のその中は不法に待つ再審する
理由の事件を堅苦しくなって拷問して、224件の事を選定した。聞くところによるとと
同時に、ここの1981年の珍しくて貴重な島の一族のスパイの団事件に対して、1983年の
漁師のスパイ事件、1982年の先生の1家のスパイの団事件など、主要なスパイ事件と多く
の時局事件の含むこと。最高裁判所、再審する対象事件の分類した224件に関してためで、
適切な機会の総括性は誤った事を承諾して、たとえ当事者達再審査請求がないとしても、
名誉もそれによって実現の方針を回復する。普通はもし今ならばを思って、再審して行う
中の一部の事件が上訴して報告する手続きを経って最高裁判所で高まって、()に文が変更
の前で取り調べる判決に加えることに判決を下して、国民は謝罪してこれらの事件の過去の
司法部の誤りに対して許可の内容を願い出る。最高裁判所の関係者、「のもし最近ならばを
説明して、再審する無罪の判決を言い渡された人民革命党が委員会事件を再建して最高裁判
所に報告されるため、()に文が関連過去の事の処理の司法部の見解の考慮に加えることに判
決を下すので、でも、検察の公訴があり得なくなったことを放棄するため」,しかし「を述
べて、もし人の皮革の党事件の遺族の損失はとその他のが更に審査して最高裁判所に報告さ
れることを願い出ることを弁償するならば、過去の事の処理に力を尽くす」。これ、正式の
再審する手続きを経らないことを釈明されて、あるのは捜査の過程の不法に逮捕することと
拷問の行為このような証拠で再び発見されるのではないか、その可能性の高い(高い)の事件の
中で、最高裁判所の事実上も承諾していった判決は謝罪する事のものがある。同時、第5共和
国の政権のその時を意味して、社会を呼んだ波紋は実際には維新の政権の大規模のスパイ事
件で、その時の中央の情報部と国家の安全な企画部、国家の軍隊の保安の司令部、治安の本
部は1つの根拠に対して室などを分けてtsuに寝てされた事をつくる。

373 :いつか名無しさんが:2007/02/02(金) 11:59:21 ID:???
違法な滞在の外国人が本当に雇用されて、働いたとき、それがそれが労働組合にした賃金労働者であったので、彼らの労働組合主流派の
応用が受け入れなければならない判断は現れました、そして、それは出会うことができました。スーツにその町会議長のムンチャクグイ
ード)、労働エージェンシーに対して始まる季節的に移動する労働組合第1の上で「キャンセル処分は、労働組合主流派の、そして、復
帰に申し込みを返しました」、私が1をひっくり返しました、そして、特別な第11部(判事ディレクタートウシトオルのお金)が、労働
組合側高等裁判所にケース判断を得ることを与えました。多くの不法入国者がいます、そして、91人の外国の賃金労働者にそれから成っ
た国内の最初の外国の労働組合であるこの労働組合において、私が加わるものは確かめられます、そして、最高裁判所が賃金労働者に彼
らを認めるかどうかに関係なく、判断は最後の注意をひきます。私は「Immigration Control Lawの支配は違法な滞在の外国人の雇用を
禁止しました、しかし、裁判部はこれまでにすでに結びついた外国人賃金労働者の仕事合意を無効にすることができません」と述べて、
それが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために難しかったです」という意見をはっき
りさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度
と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ「労働組合
側がこれを提出しなくて、労働組合主流派の報告を返して、帰ったために、私が装った法律に対してした」である。
労働エージェンシーは、「ビジネスまたはビジネス地面に従う名前」、「代表の名前」、季節的に移動する労働組合が2005年5月に労働
組合主流派の報告を提出した「協会のメンバーのリスト」を補うために、それを要求しました。労働組合が協会のメンバーのリストを補
って、それを提出しなかった限り、労働党エージェンシーは私が「労働組合としてこれの理由によって「労働組合と法」でメンバーと違
法な滞在のアルバイトをした労働組合を考慮することができます」という意見を示しました、そして、私は労働組合主流派の報告を返し
て、それを返しました。

374 :いつか名無しさんが:2007/02/02(金) 12:00:34 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、
そして、流行は90年代に開きます。

375 :いつか名無しさんが:2007/02/02(金) 15:29:41 ID:???
「私がこれを比較するのを明確に示すのをやめよう」子孫のものとしての私の名前に関する選挙区と賢人
Craraは下院の西部劇と彼らの名前における彼らの外国スタイルの話を代入して、明確にそれを引き止め
する軍隊の安らぎを機能させる、減少)。 先月(現地時間の)の31日の下院に一般的な6人の同僚の議員の署
名を提示して、解決を示すために受入れる、彼その後、継承は去年の9月にAパーキンソン病に悩んで、政
界に入って、年末になると、退職しました。 そして、「エヴァンスの努力の照明は、それが議員の後任と
なる前に光栄に思っていると思うところ」で説明される議員ホンダの解決、提出する、内容は、より強い
です。 議員。解決。分かってください。野蛮。行動してください。歴史。責任。慰めます。減少してくだ
さい。)承認してください。謝ってください。謝罪。必ず。日本。内閣総理大臣。公共。宣言。通ってくだ
さい。正式。してください。要求します。主張してください。議員。打たれるのを許容したがっていない
ものです。」議員。「それは強調の適当な状態で生きる女性と野蛮な残酷な行為の辛抱が正義のものを取
り戻すという同じ解決の目的です。」議員。議員が以下の日本でそれが説明するそれが出かけて、そこで
半面を導いている理由と下降の人を慰める、他方では、自分で告発する、日本の野蛮な行為の解決、受け
入れます。 それは、議員。それを「合衆国が1988年に市民の無料の法則を制定しました、そして、内部
の日本の子孫の合衆国の人々の合衆国はその家族(謝罪)のレベルの動作でしたか? 同じ解決は和解です。
そして、日本の目的が当時1941年に外部でカリフォルニア州での出生の議員を移すことである、「一族
の全体が両親によって明確に取られる、どこ」窓話してください。「空襲とカーテンが時にのためにカバ
ーの下に隠した車を使用することで脇へやって、プレーする真珠のポートを持っています。」それは留置
所とそれがリリースとして扱ったCorarod状態のいちごの農場でされた(さん)コネで一族を住ませました。
その後。前。科学的。教師。再び。公立の学校。責任。持っています。主要。下院。議員。初めて。
議員。達してください。日本。議員。戦争犯罪。謝罪。解決。議員。もの。要求します。議員。議員。
提出してください。議員。

376 :いつか名無しさんが:2007/02/02(金) 15:30:13 ID:???
違法な滞在の外国人が本当に雇用されて、働いたとき、それがそれが労働組合にした賃金労働者であったので、彼らの労働組合主流派の
応用が受け入れなければならない判断は現れました、そして、それは出会うことができました。スーツにその町会議長のムンチャクグイ
ード)、労働エージェンシーに対して始まる季節的に移動する労働組合第1の上で「キャンセル処分は、労働組合主流派の、そして、復
帰に申し込みを返しました」、私が1をひっくり返しました、そして、特別な第11部(判事ディレクタートウシトオルのお金)が、労働
組合側高等裁判所にケース判断を得ることを与えました。多くの不法入国者がいます、そして、91人の外国の賃金労働者にそれから成っ
た国内の最初の外国の労働組合であるこの労働組合において、私が加わるものは確かめられます、そして、最高裁判所が賃金労働者に彼
らを認めるかどうかに関係なく、判断は最後の注意をひきます。私は「Immigration Control Lawの支配は違法な滞在の外国人の雇用を
禁止しました、しかし、裁判部はこれまでにすでに結びついた外国人賃金労働者の仕事合意を無効にすることができません」と述べて、
それが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために難しかったです」という意見をはっき
りさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度
と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ「労働組合
側がこれを提出しなくて、労働組合主流派の報告を返して、帰ったために、私が装った法律に対してした」である。
労働エージェンシーは、「ビジネスまたはビジネス地面に従う名前」、「代表の名前」、季節的に移動する労働組合が2005年5月に労働
組合主流派の報告を提出した「協会のメンバーのリスト」を補うために、それを要求しました。労働組合が協会のメンバーのリストを補
って、それを提出しなかった限り、労働党エージェンシーは私が「労働組合としてこれの理由によって「労働組合と法」でメンバーと違
法な滞在のアルバイトをした労働組合を考慮することができます」という意見を示しました、そして、私は労働組合主流派の報告を返し
て、それを返しました。

377 :いつか名無しさんが:2007/02/02(金) 15:31:04 ID:???
音楽業界の骨を理解してください: パート1: 私はプレーヤー(市場動向とサービス正義Creating)を理解します、
そして、成功したモバイル音楽アプリケーションはハードウェアより多くのものをとります、そして、ソフトウェア
の間、公平な、Fromはラベル、クラス権利のポスト、問屋、小売業者と携帯電話会社に著者を満足させますと、それ
が音楽ビジネスに関連した参加者の複雑なネットの思う必要があります。このレポートは、目的地下室(音楽業界の
概要による開発者への音楽ビジネスの現実のための通察)を提供します;そして、掩護のビジネスと法的プロセス(主
にテクノロジー(市場動向)より)の目的で始めのことをするシリーズのために。それに関連した潜在性の音楽が
製品申し込みのより重要な構成要素へのそれであるアプリケーションの部分エリックスン、そして、音楽接続ののギ
ガは遅れずに熟したようになります、そして、そして、OSはミステリーでアプリケーションの基本をつくりました
再生リストが管理です、そして、私はまったく音楽を用いて同じことです、そして、私が移動音楽について直接信頼
することができるデジタル音楽プレーヤーとして確立される携帯電話付きのアプリケーションはエージェント,FMと
インターネットラジオ解決によってダウンロードと他のタイプのアプリケーションで影響を鳴らします。それはユニ
ークです、そして、それは夏、音楽業界とモバイル開発者コミュニティの間でコミュニケーションの機能を置かれま
す、そして、ソニーに関しては - エリックスン、十字のリレーションはともに機能します - ユニークな通察を私が
開発者コミュニティへ横切って渡ることができる音楽業界に対して提供してください - エリックスン。プレーヤー
参加者の感覚を含めてください;それのためにあります、そして、我々は創造から配達に歌の中でそれに代わります、
そして、構成構成概念が著作権の管理についてあります、そして、非常に、著作権使用料の配布、カバーします、そ
して、そして、それは背中の記事によって深いです、そして、我々に関しては、歌は方法が心からそれを聞くのを見
ます、そして、正確に現在ソングライターの人の耳にそれに着きます。

378 :いつか名無しさんが:2007/02/02(金) 15:31:56 ID:???
1ヵ月を超える以前の11月1日に、このケースが新しい1,000内部にあったとき、 - 「伊東敬文」のパターンの理想の請求は、
1,000の代わりに現れました - その時パターンであった請求を夢に見てください。私は、「パターンと要請が1950年1月の
(1950)、しかし、1,000に合うのを見ることができました - 偽造紙幣を示した円は、1年の4月でした」。お茶、1がケース
し、偽造紙幣は順番にそれの後、現れました。195年の間、「チーは、それが私が喜ばせる秋田であるという37の場合が
「1,000人の黄色のダンのあだ名によってそれを呼ぶ7月にいる - 顔が本当の黄色である、そして、31であったことが東京の
部分を発見したので、請求を夢に見ます」(昭和年)、そして、第26(1961)で発見しました第37です、そして、日本銀行
は12月7日にチー事件(1961)によって分かれます」。これらの37枚の偽造紙幣はかなり正確でした、そして、警察は再び
あらゆるありうる努力をしました。私は、私が3,000円(不正な要請探知器の有力な情報提供者)の感謝のために10,000円を
取り出すと発表しました。全国銀行協会は、私が1,000,000円の賞金に続いた妨害に放り込まれました。しかし、もしもが結
局犯人を捕えることができないので、それはそれです、Byはこんなに偶然起こります、私は「1,000を持ってくることになっ
ています - 「伊東敬文」に夢は私がそれをゆがめて、変えたことを広告して、新しいです」。私が類似していてそれに関連が
あったとき、お茶(処方)の37のケースに関しては、それは1973年に11月3日に作られました(1973)。5、100円メモで
広告しますと、10円の偽造紙幣の内部の(I)のコード番号に関しては「呂」(ろ)が注意します。
私は大きかったです、そして、「大きな国の方山」と「伊東敬文」とのどんな関係でもいいえのようだったが、韓国の新聞で
これらのうちの2つを報告しました。そして、私、「それを感じて、そして、あなたにそうそれをさせる1,000の円メモに、
ってそれをもつ韓国総督であったポジティブな方針の人の伊東敬文を突き殺すかもしれなかったと続けました。」それが「灰
方法のものの上で韓国の人々のすれられたという感情のためにそれを刺すためにそうだったことは、痛みました。

379 :いつか名無しさんが:2007/02/02(金) 15:32:59 ID:???
教育人的資源パート(教育省)は,それが一名(引き継ぐ)であったのかに関係なく,グループでこの 11月のグループ休日のために争って,
強制に国勢調査レジスターの移動を調査して,難しくて先生グループの不法行為動作をこなごなに壊す 28を一学校レーバーユニオン
(すべての宗教を分類します)のポストの現地スタップの 2,286人の先生のため,懲戒処置または管理の宣誓証言を行いました.
それをそれで見做している間,教育省の秘書と金銭Shinichi(金 Shin 日) 副首相が先生に着に関連があって,同じ日に彼「それを早く終
わらなかった先生に有利に判決を下すことを目的にする懲戒処置手順」(懲戒処置によって)を明白にさせて,私が国民的先生に送った
手紙で「すべての宗教の難しくて着になった先生 2,200以上は,私が教育政府の re-3の訴えに関心を持つ仕事なしに許可なしに学校
を発って,不法行為の集団行動に参加したグループ(引き継ぐ)でした」金銭副首相は「交渉に関する論議を通じて意見を記述した方法
は,教職グループの場合確立されました」と仮定して,私が「私がグループの勢力を借りて,違法した方向に自分の権利を終わらせる考
え(引き継ぐ)だった比較肉炙な行動を決して認めない」つもり(引き継ぐ)ヨッスブニダと言う警告をしました.
263は 4回上記の参加者の間に管理の宣誓証言の給料を減らしました,そして,奮闘する 3未満の時間の 1,850人の参加者(1,083の注
意,総体的な警告 419,文書警告 348)は非難と同じく小さな処分を受けました.そして,品物が何年や 00から休日の間教育省が 16の全
国地方のドギョユックチォングの懲戒処置現在の条件を締めたとその結果警告しなかったです.
上記の参加者の間で,私は処分が次のヶ月 5まで 4回に終わらせない 173人に対して懲戒処置委員会を開きます,そして,それは処分を
決める計画です.66は,給料縮小が非常に小さな処分の間で一番重い処分である 6個の月,記録が 132(非難のために 5を制限したので
あいさつ記録カード)まで昇進であるままで会った少しもオブジェクトではない警告を受け入れました.
私が給料縮小と警告を受け入れる時,校監と校長への昇進は任務評価によって「数」を受けることができないのために(のため) 難しく
なります

380 :いつか名無しさんが:2007/02/03(土) 08:01:41 ID:???
違法な滞在の外国人が本当に雇用されて、働いたとき、それがそれが労働組合にした賃金労働者であったので、彼らの労働組合主流派の
応用が受け入れなければならない判断は現れました、そして、それは出会うことができました。スーツにその町会議長のムンチャクグイ
ード)、労働エージェンシーに対して始まる季節的に移動する労働組合第1の上で「キャンセル処分は、労働組合主流派の、そして、復
帰に申し込みを返しました」、私が1をひっくり返しました、そして、特別な第11部(判事ディレクタートウシトオルのお金)が、労働
組合側高等裁判所にケース判断を得ることを与えました。多くの不法入国者がいます、そして、91人の外国の賃金労働者にそれから成っ
た国内の最初の外国の労働組合であるこの労働組合において、私が加わるものは確かめられます、そして、最高裁判所が賃金労働者に彼
らを認めるかどうかに関係なく、判断は最後の注意をひきます。私は「Immigration Control Lawの支配は違法な滞在の外国人の雇用を
禁止しました、しかし、裁判部はこれまでにすでに結びついた外国人賃金労働者の仕事合意を無効にすることができません」と述べて、
それが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために難しかったです」という意見をはっき
りさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度
と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ「労働組合
側がこれを提出しなくて、労働組合主流派の報告を返して、帰ったために、私が装った法律に対してした」である。
労働エージェンシーは、「ビジネスまたはビジネス地面に従う名前」、「代表の名前」、季節的に移動する労働組合が2005年5月に労働
組合主流派の報告を提出した「協会のメンバーのリスト」を補うために、それを要求しました。労働組合が協会のメンバーのリストを補
って、それを提出しなかった限り、労働党エージェンシーは私が「労働組合としてこれの理由によって「労働組合と法」でメンバーと違
法な滞在のアルバイトをした労働組合を考慮することができます」という意見を示しました、そして、私は労働組合主流派の報告を返し
て、それを返しました。

381 :いつか名無しさんが:2007/02/03(土) 08:05:05 ID:???
「私がこれを比較するのを明確に示すのをやめよう」子孫のものとしての私の名前に関する選挙区と賢人
Craraは下院の西部劇と彼らの名前における彼らの外国スタイルの話を代入して、明確にそれを引き止め
する軍隊の安らぎを機能させる、減少)。 先月(現地時間の)の31日の下院に一般的な6人の同僚の議員の署
名を提示して、解決を示すために受入れる、彼その後、継承は去年の9月にAパーキンソン病に悩んで、政
界に入って、年末になると、退職しました。 そして、「エヴァンスの努力の照明は、それが議員の後任と
なる前に光栄に思っていると思うところ」で説明される議員ホンダの解決、提出する、内容は、より強い
です。 議員。解決。分かってください。野蛮。行動してください。歴史。責任。慰めます。減少してくだ
さい。)承認してください。謝ってください。謝罪。必ず。日本。内閣総理大臣。公共。宣言。通ってくだ
さい。正式。してください。要求します。主張してください。議員。打たれるのを許容したがっていない
ものです。」議員。「それは強調の適当な状態で生きる女性と野蛮な残酷な行為の辛抱が正義のものを取
り戻すという同じ解決の目的です。」議員。議員が以下の日本でそれが説明するそれが出かけて、そこで
半面を導いている理由と下降の人を慰める、他方では、自分で告発する、日本の野蛮な行為の解決、受け
入れます。 それは、議員。それを「合衆国が1988年に市民の無料の法則を制定しました、そして、内部
の日本の子孫の合衆国の人々の合衆国はその家族(謝罪)のレベルの動作でしたか? 同じ解決は和解です。
そして、日本の目的が当時1941年に外部でカリフォルニア州での出生の議員を移すことである、「一族
の全体が両親によって明確に取られる、どこ」窓話してください。「空襲とカーテンが時にのためにカバ
ーの下に隠した車を使用することで脇へやって、プレーする真珠のポートを持っています。」それは留置
所とそれがリリースとして扱ったCorarod状態のいちごの農場でされた(さん)コネで一族を住ませました。
その後。前。科学的。教師。再び。公立の学校。責任。持っています。主要。下院。議員。初めて。
議員。達してください。日本。議員。戦争犯罪。謝罪。解決。議員。もの。要求します。議員。議員。
提出してください。議員。

382 :いつか名無しさんが:2007/02/03(土) 08:05:34 ID:???
1ヵ月を超える以前の11月1日に、このケースが新しい1,000内部にあったとき、 - 「伊東敬文」のパターンの理想の請求は、
1,000の代わりに現れました - その時パターンであった請求を夢に見てください。私は、「パターンと要請が1950年1月の
(1950)、しかし、1,000に合うのを見ることができました - 偽造紙幣を示した円は、1年の4月でした」。お茶、1がケース
し、偽造紙幣は順番にそれの後、現れました。195年の間、「チーは、それが私が喜ばせる秋田であるという37の場合が
「1,000人の黄色のダンのあだ名によってそれを呼ぶ7月にいる - 顔が本当の黄色である、そして、31であったことが東京の
部分を発見したので、請求を夢に見ます」(昭和年)、そして、第26(1961)で発見しました第37です、そして、日本銀行
は12月7日にチー事件(1961)によって分かれます」。これらの37枚の偽造紙幣はかなり正確でした、そして、警察は再び
あらゆるありうる努力をしました。私は、私が3,000円(不正な要請探知器の有力な情報提供者)の感謝のために10,000円を
取り出すと発表しました。全国銀行協会は、私が1,000,000円の賞金に続いた妨害に放り込まれました。しかし、もしもが結
局犯人を捕えることができないので、それはそれです、Byはこんなに偶然起こります、私は「1,000を持ってくることになっ
ています - 「伊東敬文」に夢は私がそれをゆがめて、変えたことを広告して、新しいです」。私が類似していてそれに関連が
あったとき、お茶(処方)の37のケースに関しては、それは1973年に11月3日に作られました(1973)。5、100円メモで
広告しますと、10円の偽造紙幣の内部の(I)のコード番号に関しては「呂」(ろ)が注意します。
私は大きかったです、そして、「大きな国の方山」と「伊東敬文」とのどんな関係でもいいえのようだったが、韓国の新聞で
これらのうちの2つを報告しました。そして、私、「それを感じて、そして、あなたにそうそれをさせる1,000の円メモに、
ってそれをもつ韓国総督であったポジティブな方針の人の伊東敬文を突き殺すかもしれなかったと続けました。」それが「灰
方法のものの上で韓国の人々のすれられたという感情のためにそれを刺すためにそうだったことは、痛みました。

383 :いつか名無しさんが:2007/02/03(土) 08:06:09 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、
そして、流行は90年代に開きます。

384 :いつか名無しさんが:2007/02/03(土) 08:06:48 ID:???
音楽業界の骨を理解してください: パート1: 私はプレーヤー(市場動向とサービス正義Creating)を理解します、
そして、成功したモバイル音楽アプリケーションはハードウェアより多くのものをとります、そして、ソフトウェア
の間、公平な、Fromはラベル、クラス権利のポスト、問屋、小売業者と携帯電話会社に著者を満足させますと、それ
が音楽ビジネスに関連した参加者の複雑なネットの思う必要があります。このレポートは、目的地下室(音楽業界の
概要による開発者への音楽ビジネスの現実のための通察)を提供します;そして、掩護のビジネスと法的プロセス(主
にテクノロジー(市場動向)より)の目的で始めのことをするシリーズのために。それに関連した潜在性の音楽が
製品申し込みのより重要な構成要素へのそれであるアプリケーションの部分エリックスン、そして、音楽接続ののギ
ガは遅れずに熟したようになります、そして、そして、OSはミステリーでアプリケーションの基本をつくりました
再生リストが管理です、そして、私はまったく音楽を用いて同じことです、そして、私が移動音楽について直接信頼
することができるデジタル音楽プレーヤーとして確立される携帯電話付きのアプリケーションはエージェント,FMと
インターネットラジオ解決によってダウンロードと他のタイプのアプリケーションで影響を鳴らします。それはユニ
ークです、そして、それは夏、音楽業界とモバイル開発者コミュニティの間でコミュニケーションの機能を置かれま
す、そして、ソニーに関しては - エリックスン、十字のリレーションはともに機能します - ユニークな通察を私が
開発者コミュニティへ横切って渡ることができる音楽業界に対して提供してください - エリックスン。プレーヤー
参加者の感覚を含めてください;それのためにあります、そして、我々は創造から配達に歌の中でそれに代わります、
そして、構成構成概念が著作権の管理についてあります、そして、非常に、著作権使用料の配布、カバーします、そ
して、そして、それは背中の記事によって深いです、そして、我々に関しては、歌は方法が心からそれを聞くのを見
ます、そして、正確に現在ソングライターの人の耳にそれに着きます。

385 :いつか名無しさんが:2007/02/03(土) 10:46:20 ID:???
1ヵ月を超える以前の11月1日に、このケースが新しい1,000内部にあったとき、 - 「伊東敬文」のパターンの理想の請求は、
1,000の代わりに現れました - その時パターンであった請求を夢に見てください。私は、「パターンと要請が1950年1月の
(1950)、しかし、1,000に合うのを見ることができました - 偽造紙幣を示した円は、1年の4月でした」。お茶、1がケース
し、偽造紙幣は順番にそれの後、現れました。195年の間、「チーは、それが私が喜ばせる秋田であるという37の場合が
「1,000人の黄色のダンのあだ名によってそれを呼ぶ7月にいる - 顔が本当の黄色である、そして、31であったことが東京の
部分を発見したので、請求を夢に見ます」(昭和年)、そして、第26(1961)で発見しました第37です、そして、日本銀行
は12月7日にチー事件(1961)によって分かれます」。これらの37枚の偽造紙幣はかなり正確でした、そして、警察は再び
あらゆるありうる努力をしました。私は、私が3,000円(不正な要請探知器の有力な情報提供者)の感謝のために10,000円を
取り出すと発表しました。全国銀行協会は、私が1,000,000円の賞金に続いた妨害に放り込まれました。しかし、もしもが結
局犯人を捕えることができないので、それはそれです、Byはこんなに偶然起こります、私は「1,000を持ってくることになっ
ています - 「伊東敬文」に夢は私がそれをゆがめて、変えたことを広告して、新しいです」。私が類似していてそれに関連が
あったとき、お茶(処方)の37のケースに関しては、それは1973年に11月3日に作られました(1973)。5、100円メモで
広告しますと、10円の偽造紙幣の内部の(I)のコード番号に関しては「呂」(ろ)が注意します。
私は大きかったです、そして、「大きな国の方山」と「伊東敬文」とのどんな関係でもいいえのようだったが、韓国の新聞で
これらのうちの2つを報告しました。そして、私、「それを感じて、そして、あなたにそうそれをさせる1,000の円メモに、
ってそれをもつ韓国総督であったポジティブな方針の人の伊東敬文を突き殺すかもしれなかったと続けました。」それが「灰
方法のものの上で韓国の人々のすれられたという感情のためにそれを刺すためにそうだったことは、痛みました。

386 :いつか名無しさんが:2007/02/03(土) 10:51:47 ID:???
違法な滞在の外国人が本当に雇用されて、働いたとき、それがそれが労働組合にした賃金労働者であったので、彼らの労働組合主流派の
応用が受け入れなければならない判断は現れました、そして、それは出会うことができました。スーツにその町会議長のムンチャクグイ
ード)、労働エージェンシーに対して始まる季節的に移動する労働組合第1の上で「キャンセル処分は、労働組合主流派の、そして、復
帰に申し込みを返しました」、私が1をひっくり返しました、そして、特別な第11部(判事ディレクタートウシトオルのお金)が、労働
組合側高等裁判所にケース判断を得ることを与えました。多くの不法入国者がいます、そして、91人の外国の賃金労働者にそれから成っ
た国内の最初の外国の労働組合であるこの労働組合において、私が加わるものは確かめられます、そして、最高裁判所が賃金労働者に彼
らを認めるかどうかに関係なく、判断は最後の注意をひきます。私は「Immigration Control Lawの支配は違法な滞在の外国人の雇用を
禁止しました、しかし、裁判部はこれまでにすでに結びついた外国人賃金労働者の仕事合意を無効にすることができません」と述べて、
それが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために難しかったです」という意見をはっき
りさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度
と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ「労働組合
側がこれを提出しなくて、労働組合主流派の報告を返して、帰ったために、私が装った法律に対してした」である。
労働エージェンシーは、「ビジネスまたはビジネス地面に従う名前」、「代表の名前」、季節的に移動する労働組合が2005年5月に労働
組合主流派の報告を提出した「協会のメンバーのリスト」を補うために、それを要求しました。労働組合が協会のメンバーのリストを補
って、それを提出しなかった限り、労働党エージェンシーは私が「労働組合としてこれの理由によって「労働組合と法」でメンバーと違
法な滞在のアルバイトをした労働組合を考慮することができます」という意見を示しました、そして、私は労働組合主流派の報告を返し
て、それを返しました。

387 :いつか名無しさんが:2007/02/03(土) 10:54:29 ID:???
「私がこれを比較するのを明確に示すのをやめよう」子孫のものとしての私の名前に関する選挙区と賢人
Craraは下院の西部劇と彼らの名前における彼らの外国スタイルの話を代入して、明確にそれを引き止め
する軍隊の安らぎを機能させる、減少)。 先月(現地時間の)の31日の下院に一般的な6人の同僚の議員の署
名を提示して、解決を示すために受入れる、彼その後、継承は去年の9月にAパーキンソン病に悩んで、政
界に入って、年末になると、退職しました。 そして、「エヴァンスの努力の照明は、それが議員の後任と
なる前に光栄に思っていると思うところ」で説明される議員ホンダの解決、提出する、内容は、より強い
です。 議員。解決。分かってください。野蛮。行動してください。歴史。責任。慰めます。減少してくだ
さい。)承認してください。謝ってください。謝罪。必ず。日本。内閣総理大臣。公共。宣言。通ってくだ
さい。正式。してください。要求します。主張してください。議員。打たれるのを許容したがっていない
ものです。」議員。「それは強調の適当な状態で生きる女性と野蛮な残酷な行為の辛抱が正義のものを取
り戻すという同じ解決の目的です。」議員。議員が以下の日本でそれが説明するそれが出かけて、そこで
半面を導いている理由と下降の人を慰める、他方では、自分で告発する、日本の野蛮な行為の解決、受け
入れます。 それは、議員。それを「合衆国が1988年に市民の無料の法則を制定しました、そして、内部
の日本の子孫の合衆国の人々の合衆国はその家族(謝罪)のレベルの動作でしたか? 同じ解決は和解です。
そして、日本の目的が当時1941年に外部でカリフォルニア州での出生の議員を移すことである、「一族
の全体が両親によって明確に取られる、どこ」窓話してください。「空襲とカーテンが時にのためにカバ
ーの下に隠した車を使用することで脇へやって、プレーする真珠のポートを持っています。」それは留置
所とそれがリリースとして扱ったCorarod状態のいちごの農場でされた(さん)コネで一族を住ませました。
その後。前。科学的。教師。再び。公立の学校。責任。持っています。主要。下院。議員。初めて。
議員。達してください。日本。議員。戦争犯罪。謝罪。解決。議員。もの。要求します。議員。議員。
提出してください。議員。

388 :いつか名無しさんが:2007/02/03(土) 10:55:14 ID:???
それが,親切な事がなどです「均一な時,そして,悪臭を漂っているため,そこで本当に好きな方向に働きますか?」
追加で,それは上下がいないいっぱい待った作業旅程と会社等ですか?私たちは,喜びでそっちへ行って走って請
求書です.ドトの世界的なミライ学者グンドラが具体化するミスターについては,これは私たちの姿に長くない将
来の物でイルウルを現わします将来(日が眺める境目) なく,領域は消えます,そして,決して前に出なくて蟹,占領
係はダイナミックになります.私は,新語によって人将来と点の物した旧トラブル係の青い真実が主な役目を「ジ
ョノ‐マッド」(遊牧民/ヨブNoma)と呼ぶことを現わす.ジョノ‐マドは,給料も良いが人生で働いている「お金
の鳥篭」に対する拒絶をします.下位ではないことは,占領にグァンヘソヌンですそして,グドルゲが,成功するよ
りも重要.です理由は私がそれができたら,それが広いフィールドの能力を磨くことによってその人の独創性の価
値のレベルをアップするからです,そして,それはそれを感じます.イルユモックミングループのファルドングヌン
速度をあげて,特徴のスタイルを整理する価値としての流動生活非常に来なければならない表面の知識経済社会
です,即興性は重要です.驚きべき一路,この新しい社会で進行中の見込みが見る時著者が「ただごと 」と言うの
があって罫線であるムルゴンインジルルを指示する間,それがそれでいるすべての日を働くようにする普通仕事
の大部分が 2010年まで消える時,私はそれを予知します.間隔は,200年に近いです; living-in-,痛みは働き口を
捜し出すためにパスします,そして,多くの若いと失業中の人々(ただごと)による滲まれるにも関係なく,住んで
ください; .あの時,人々に対して,存在が掻ハンセン病が言うために普通日課大概の考えが肯定してそれを変える
と予想した日が今年誌と言う疑いだと思います.問いと回答著者の返事は,特にこの本で面白い部分である最後の
ことの時です.ナゾザが予想どおりそれを指示したので将来が展開するかどうかに関係なく,シンウィフエがそこ
に向かって,そして,著者が 2020年に飛行機に行って,020で過去バルゾンイルウルロにもう年間とのガッゲを回
想して.グングゾックの夢にもかかわらず将来の誠実をするために人々だ言う将来を歓迎することによってそれを切るために

389 :いつか名無しさんが:2007/02/03(土) 11:17:56 ID:???
教育人的資源パート(教育省)は,それが一名(引き継ぐ)であったのかに関係なく,グループでこの 11月のグループ休日のために争って,
強制に国勢調査レジスターの移動を調査して,難しくて先生グループの不法行為動作をこなごなに壊す 28を一学校レーバーユニオン
(すべての宗教を分類します)のポストの現地スタップの 2,286人の先生のため,懲戒処置または管理の宣誓証言を行いました.
それをそれで見做している間,教育省の秘書と金銭Shinichi(金 Shin 日) 副首相が先生に着に関連があって,同じ日に彼「それを早く終
わらなかった先生に有利に判決を下すことを目的にする懲戒処置手順」(懲戒処置によって)を明白にさせて,私が国民的先生に送った
手紙で「すべての宗教の難しくて着になった先生 2,200以上は,私が教育政府の re-3の訴えに関心を持つ仕事なしに許可なしに学校
を発って,不法行為の集団行動に参加したグループ(引き継ぐ)でした」金銭副首相は「交渉に関する論議を通じて意見を記述した方法
は,教職グループの場合確立されました」と仮定して,私が「私がグループの勢力を借りて,違法した方向に自分の権利を終わらせる考
え(引き継ぐ)だった比較肉炙な行動を決して認めない」つもり(引き継ぐ)ヨッスブニダと言う警告をしました.
263は 4回上記の参加者の間に管理の宣誓証言の給料を減らしました,そして,奮闘する 3未満の時間の 1,850人の参加者(1,083の注
意,総体的な警告 419,文書警告 348)は非難と同じく小さな処分を受けました.そして,品物が何年や 00から休日の間教育省が 16の全
国地方のドギョユックチォングの懲戒処置現在の条件を締めたとその結果警告しなかったです.
上記の参加者の間で,私は処分が次のヶ月 5まで 4回に終わらせない 173人に対して懲戒処置委員会を開きます,そして,それは処分を
決める計画です.66は,給料縮小が非常に小さな処分の間で一番重い処分である 6個の月,記録が 132(非難のために 5を制限したので
あいさつ記録カード)まで昇進であるままで会った少しもオブジェクトではない警告を受け入れました.
私が給料縮小と警告を受け入れる時,校監と校長への昇進は任務評価によって「数」を受けることができないのために(のため) 難しく
なります

390 :いつか名無しさんが:2007/02/03(土) 15:27:28 ID:???
違法な滞在の外国人が本当に雇用されて、働いたとき、それがそれが労働組合にした賃金労働者であったので、彼らの労働組合主流派の
応用が受け入れなければならない判断は現れました、そして、それは出会うことができました。スーツにその町会議長のムンチャクグイ
ード)、労働エージェンシーに対して始まる季節的に移動する労働組合第1の上で「キャンセル処分は、労働組合主流派の、そして、復
帰に申し込みを返しました」、私が1をひっくり返しました、そして、特別な第11部(判事ディレクタートウシトオルのお金)が、労働
組合側高等裁判所にケース判断を得ることを与えました。多くの不法入国者がいます、そして、91人の外国の賃金労働者にそれから成っ
た国内の最初の外国の労働組合であるこの労働組合において、私が加わるものは確かめられます、そして、最高裁判所が賃金労働者に彼
らを認めるかどうかに関係なく、判断は最後の注意をひきます。私は「Immigration Control Lawの支配は違法な滞在の外国人の雇用を
禁止しました、しかし、裁判部はこれまでにすでに結びついた外国人賃金労働者の仕事合意を無効にすることができません」と述べて、
それが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために難しかったです」という意見をはっき
りさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度
と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ「労働組合
側がこれを提出しなくて、労働組合主流派の報告を返して、帰ったために、私が装った法律に対してした」である。
労働エージェンシーは、「ビジネスまたはビジネス地面に従う名前」、「代表の名前」、季節的に移動する労働組合が2005年5月に労働
組合主流派の報告を提出した「協会のメンバーのリスト」を補うために、それを要求しました。労働組合が協会のメンバーのリストを補
って、それを提出しなかった限り、労働党エージェンシーは私が「労働組合としてこれの理由によって「労働組合と法」でメンバーと違
法な滞在のアルバイトをした労働組合を考慮することができます」という意見を示しました、そして、私は労働組合主流派の報告を返し
て、それを返しました。

391 :いつか名無しさんが:2007/02/03(土) 16:56:30 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、
そして、流行は90年代に開きます。

392 :いつか名無しさんが:2007/02/03(土) 16:57:02 ID:???
「私がこれを比較するのを明確に示すのをやめよう」子孫のものとしての私の名前に関する選挙区と賢人
Craraは下院の西部劇と彼らの名前における彼らの外国スタイルの話を代入して、明確にそれを引き止め
する軍隊の安らぎを機能させる、減少)。 先月(現地時間の)の31日の下院に一般的な6人の同僚の議員の署
名を提示して、解決を示すために受入れる、彼その後、継承は去年の9月にAパーキンソン病に悩んで、政
界に入って、年末になると、退職しました。 そして、「エヴァンスの努力の照明は、それが議員の後任と
なる前に光栄に思っていると思うところ」で説明される議員ホンダの解決、提出する、内容は、より強い
です。 議員。解決。分かってください。野蛮。行動してください。歴史。責任。慰めます。減少してくだ
さい。)承認してください。謝ってください。謝罪。必ず。日本。内閣総理大臣。公共。宣言。通ってくだ
さい。正式。してください。要求します。主張してください。議員。打たれるのを許容したがっていない
ものです。」議員。「それは強調の適当な状態で生きる女性と野蛮な残酷な行為の辛抱が正義のものを取
り戻すという同じ解決の目的です。」議員。議員が以下の日本でそれが説明するそれが出かけて、そこで
半面を導いている理由と下降の人を慰める、他方では、自分で告発する、日本の野蛮な行為の解決、受け
入れます。 それは、議員。それを「合衆国が1988年に市民の無料の法則を制定しました、そして、内部
の日本の子孫の合衆国の人々の合衆国はその家族(謝罪)のレベルの動作でしたか? 同じ解決は和解です。
そして、日本の目的が当時1941年に外部でカリフォルニア州での出生の議員を移すことである、「一族
の全体が両親によって明確に取られる、どこ」窓話してください。「空襲とカーテンが時にのためにカバ
ーの下に隠した車を使用することで脇へやって、プレーする真珠のポートを持っています。」それは留置
所とそれがリリースとして扱ったCorarod状態のいちごの農場でされた(さん)コネで一族を住ませました。
その後。前。科学的。教師。再び。公立の学校。責任。持っています。主要。下院。議員。初めて。
議員。達してください。日本。議員。戦争犯罪。謝罪。解決。議員。もの。要求します。議員。議員。
提出してください。議員。

393 :いつか名無しさんが:2007/02/03(土) 16:57:44 ID:???
それが,親切な事がなどです「均一な時,そして,悪臭を漂っているため,そこで本当に好きな方向に働きますか?」
追加で,それは上下がいないいっぱい待った作業旅程と会社等ですか?私たちは,喜びでそっちへ行って走って請
求書です.ドトの世界的なミライ学者グンドラが具体化するミスターについては,これは私たちの姿に長くない将
来の物でイルウルを現わします将来(日が眺める境目) なく,領域は消えます,そして,決して前に出なくて蟹,占領
係はダイナミックになります.私は,新語によって人将来と点の物した旧トラブル係の青い真実が主な役目を「ジ
ョノ‐マッド」(遊牧民/ヨブNoma)と呼ぶことを現わす.ジョノ‐マドは,給料も良いが人生で働いている「お金
の鳥篭」に対する拒絶をします.下位ではないことは,占領にグァンヘソヌンですそして,グドルゲが,成功するよ
りも重要.です理由は私がそれができたら,それが広いフィールドの能力を磨くことによってその人の独創性の価
値のレベルをアップするからです,そして,それはそれを感じます.イルユモックミングループのファルドングヌン
速度をあげて,特徴のスタイルを整理する価値としての流動生活非常に来なければならない表面の知識経済社会
です,即興性は重要です.驚きべき一路,この新しい社会で進行中の見込みが見る時著者が「ただごと 」と言うの
があって罫線であるムルゴンインジルルを指示する間,それがそれでいるすべての日を働くようにする普通仕事
の大部分が 2010年まで消える時,私はそれを予知します.間隔は,200年に近いです; living-in-,痛みは働き口を
捜し出すためにパスします,そして,多くの若いと失業中の人々(ただごと)による滲まれるにも関係なく,住んで
ください; .あの時,人々に対して,存在が掻ハンセン病が言うために普通日課大概の考えが肯定してそれを変える
と予想した日が今年誌と言う疑いだと思います.問いと回答著者の返事は,特にこの本で面白い部分である最後の
ことの時です.ナゾザが予想どおりそれを指示したので将来が展開するかどうかに関係なく,シンウィフエがそこ
に向かって,そして,著者が 2020年に飛行機に行って,020で過去バルゾンイルウルロにもう年間とのガッゲを回
想して.グングゾックの夢にもかかわらず将来の誠実をするために人々だ言う将来を歓迎することによってそれを切るために

394 :いつか名無しさんが:2007/02/03(土) 16:58:44 ID:???
違法な滞在の外国人が本当に雇用されて、働いたとき、それがそれが労働組合にした賃金労働者であったので、彼らの労働組合主流派の
応用が受け入れなければならない判断は現れました、そして、それは出会うことができました。スーツにその町会議長のムンチャクグイ
ード)、労働エージェンシーに対して始まる季節的に移動する労働組合第1の上で「キャンセル処分は、労働組合主流派の、そして、復
帰に申し込みを返しました」、私が1をひっくり返しました、そして、特別な第11部(判事ディレクタートウシトオルのお金)が、労働
組合側高等裁判所にケース判断を得ることを与えました。多くの不法入国者がいます、そして、91人の外国の賃金労働者にそれから成っ
た国内の最初の外国の労働組合であるこの労働組合において、私が加わるものは確かめられます、そして、最高裁判所が賃金労働者に彼
らを認めるかどうかに関係なく、判断は最後の注意をひきます。私は「Immigration Control Lawの支配は違法な滞在の外国人の雇用を
禁止しました、しかし、裁判部はこれまでにすでに結びついた外国人賃金労働者の仕事合意を無効にすることができません」と述べて、
それが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために難しかったです」という意見をはっき
りさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度
と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ「労働組合
側がこれを提出しなくて、労働組合主流派の報告を返して、帰ったために、私が装った法律に対してした」である。
労働エージェンシーは、「ビジネスまたはビジネス地面に従う名前」、「代表の名前」、季節的に移動する労働組合が2005年5月に労働
組合主流派の報告を提出した「協会のメンバーのリスト」を補うために、それを要求しました。労働組合が協会のメンバーのリストを補
って、それを提出しなかった限り、労働党エージェンシーは私が「労働組合としてこれの理由によって「労働組合と法」でメンバーと違
法な滞在のアルバイトをした労働組合を考慮することができます」という意見を示しました、そして、私は労働組合主流派の報告を返し
て、それを返しました。

395 :いつか名無しさんが:2007/02/04(日) 06:33:00 ID:???
違法な滞在の外国人が本当に雇用されて、働いたとき、それがそれが労働組合にした賃金労働者であったので、彼らの労働組合主流派の
応用が受け入れなければならない判断は現れました、そして、それは出会うことができました。スーツにその町会議長のムンチャクグイ
ード)、労働エージェンシーに対して始まる季節的に移動する労働組合第1の上で「キャンセル処分は、労働組合主流派の、そして、復
帰に申し込みを返しました」、私が1をひっくり返しました、そして、特別な第11部(判事ディレクタートウシトオルのお金)が、労働
組合側高等裁判所にケース判断を得ることを与えました。多くの不法入国者がいます、そして、91人の外国の賃金労働者にそれから成っ
た国内の最初の外国の労働組合であるこの労働組合において、私が加わるものは確かめられます、そして、最高裁判所が賃金労働者に彼
らを認めるかどうかに関係なく、判断は最後の注意をひきます。私は「Immigration Control Lawの支配は違法な滞在の外国人の雇用を
禁止しました、しかし、裁判部はこれまでにすでに結びついた外国人賃金労働者の仕事合意を無効にすることができません」と述べて、
それが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために難しかったです」という意見をはっき
りさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度
と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ「労働組合
側がこれを提出しなくて、労働組合主流派の報告を返して、帰ったために、私が装った法律に対してした」である。
労働エージェンシーは、「ビジネスまたはビジネス地面に従う名前」、「代表の名前」、季節的に移動する労働組合が2005年5月に労働
組合主流派の報告を提出した「協会のメンバーのリスト」を補うために、それを要求しました。労働組合が協会のメンバーのリストを補
って、それを提出しなかった限り、労働党エージェンシーは私が「労働組合としてこれの理由によって「労働組合と法」でメンバーと違
法な滞在のアルバイトをした労働組合を考慮することができます」という意見を示しました、そして、私は労働組合主流派の報告を返し
て、それを返しました。

396 :いつか名無しさんが:2007/02/04(日) 06:33:39 ID:???
それが,親切な事がなどです「均一な時,そして,悪臭を漂っているため,そこで本当に好きな方向に働きますか?」
追加で,それは上下がいないいっぱい待った作業旅程と会社等ですか?私たちは,喜びでそっちへ行って走って請
求書です.ドトの世界的なミライ学者グンドラが具体化するミスターについては,これは私たちの姿に長くない将
来の物でイルウルを現わします将来(日が眺める境目) なく,領域は消えます,そして,決して前に出なくて蟹,占領
係はダイナミックになります.私は,新語によって人将来と点の物した旧トラブル係の青い真実が主な役目を「ジ
ョノ‐マッド」(遊牧民/ヨブNoma)と呼ぶことを現わす.ジョノ‐マドは,給料も良いが人生で働いている「お金
の鳥篭」に対する拒絶をします.下位ではないことは,占領にグァンヘソヌンですそして,グドルゲが,成功するよ
りも重要.です理由は私がそれができたら,それが広いフィールドの能力を磨くことによってその人の独創性の価
値のレベルをアップするからです,そして,それはそれを感じます.イルユモックミングループのファルドングヌン
速度をあげて,特徴のスタイルを整理する価値としての流動生活非常に来なければならない表面の知識経済社会
です,即興性は重要です.驚きべき一路,この新しい社会で進行中の見込みが見る時著者が「ただごと 」と言うの
があって罫線であるムルゴンインジルルを指示する間,それがそれでいるすべての日を働くようにする普通仕事
の大部分が 2010年まで消える時,私はそれを予知します.間隔は,200年に近いです; living-in-,痛みは働き口を
捜し出すためにパスします,そして,多くの若いと失業中の人々(ただごと)による滲まれるにも関係なく,住んで
ください; .あの時,人々に対して,存在が掻ハンセン病が言うために普通日課大概の考えが肯定してそれを変える
と予想した日が今年誌と言う疑いだと思います.問いと回答著者の返事は,特にこの本で面白い部分である最後の
ことの時です.ナゾザが予想どおりそれを指示したので将来が展開するかどうかに関係なく,シンウィフエがそこ
に向かって,そして,著者が 2020年に飛行機に行って,020で過去バルゾンイルウルロにもう年間とのガッゲを回
想して.グングゾックの夢にもかかわらず将来の誠実をするために人々だ言う将来を歓迎することによってそれを切るために

397 :いつか名無しさんが:2007/02/04(日) 06:34:24 ID:???
「私がこれを比較するのを明確に示すのをやめよう」子孫のものとしての私の名前に関する選挙区と賢人
Craraは下院の西部劇と彼らの名前における彼らの外国スタイルの話を代入して、明確にそれを引き止め
する軍隊の安らぎを機能させる、減少)。 先月(現地時間の)の31日の下院に一般的な6人の同僚の議員の署
名を提示して、解決を示すために受入れる、彼その後、継承は去年の9月にAパーキンソン病に悩んで、政
界に入って、年末になると、退職しました。 そして、「エヴァンスの努力の照明は、それが議員の後任と
なる前に光栄に思っていると思うところ」で説明される議員ホンダの解決、提出する、内容は、より強い
です。 議員。解決。分かってください。野蛮。行動してください。歴史。責任。慰めます。減少してくだ
さい。)承認してください。謝ってください。謝罪。必ず。日本。内閣総理大臣。公共。宣言。通ってくだ
さい。正式。してください。要求します。主張してください。議員。打たれるのを許容したがっていない
ものです。」議員。「それは強調の適当な状態で生きる女性と野蛮な残酷な行為の辛抱が正義のものを取
り戻すという同じ解決の目的です。」議員。議員が以下の日本でそれが説明するそれが出かけて、そこで
半面を導いている理由と下降の人を慰める、他方では、自分で告発する、日本の野蛮な行為の解決、受け
入れます。 それは、議員。それを「合衆国が1988年に市民の無料の法則を制定しました、そして、内部
の日本の子孫の合衆国の人々の合衆国はその家族(謝罪)のレベルの動作でしたか? 同じ解決は和解です。
そして、日本の目的が当時1941年に外部でカリフォルニア州での出生の議員を移すことである、「一族
の全体が両親によって明確に取られる、どこ」窓話してください。「空襲とカーテンが時にのためにカバ
ーの下に隠した車を使用することで脇へやって、プレーする真珠のポートを持っています。」それは留置
所とそれがリリースとして扱ったCorarod状態のいちごの農場でされた(さん)コネで一族を住ませました。
その後。前。科学的。教師。再び。公立の学校。責任。持っています。主要。下院。議員。初めて。
議員。達してください。日本。議員。戦争犯罪。謝罪。解決。議員。もの。要求します。議員。議員。
提出してください。議員。

398 :いつか名無しさんが:2007/02/04(日) 06:35:15 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、
そして、流行は90年代に開きます。

399 :いつか名無しさんが:2007/02/04(日) 06:35:53 ID:???
1ヵ月を超える以前の11月1日に、このケースが新しい1,000内部にあったとき、 - 「伊東敬文」のパターンの理想の請求は、
1,000の代わりに現れました - その時パターンであった請求を夢に見てください。私は、「パターンと要請が1950年1月の
(1950)、しかし、1,000に合うのを見ることができました - 偽造紙幣を示した円は、1年の4月でした」。お茶、1がケース
し、偽造紙幣は順番にそれの後、現れました。195年の間、「チーは、それが私が喜ばせる秋田であるという37の場合が
「1,000人の黄色のダンのあだ名によってそれを呼ぶ7月にいる - 顔が本当の黄色である、そして、31であったことが東京の
部分を発見したので、請求を夢に見ます」(昭和年)、そして、第26(1961)で発見しました第37です、そして、日本銀行
は12月7日にチー事件(1961)によって分かれます」。これらの37枚の偽造紙幣はかなり正確でした、そして、警察は再び
あらゆるありうる努力をしました。私は、私が3,000円(不正な要請探知器の有力な情報提供者)の感謝のために10,000円を
取り出すと発表しました。全国銀行協会は、私が1,000,000円の賞金に続いた妨害に放り込まれました。しかし、もしもが結
局犯人を捕えることができないので、それはそれです、Byはこんなに偶然起こります、私は「1,000を持ってくることになっ
ています - 「伊東敬文」に夢は私がそれをゆがめて、変えたことを広告して、新しいです」。私が類似していてそれに関連が
あったとき、お茶(処方)の37のケースに関しては、それは1973年に11月3日に作られました(1973)。5、100円メモで
広告しますと、10円の偽造紙幣の内部の(I)のコード番号に関しては「呂」(ろ)が注意します。
私は大きかったです、そして、「大きな国の方山」と「伊東敬文」とのどんな関係でもいいえのようだったが、韓国の新聞で
これらのうちの2つを報告しました。そして、私、「それを感じて、そして、あなたにそうそれをさせる1,000の円メモに、
ってそれをもつ韓国総督であったポジティブな方針の人の伊東敬文を突き殺すかもしれなかったと続けました。」それが「灰
方法のものの上で韓国の人々のすれられたという感情のためにそれを刺すためにそうだったことは、痛みました。

400 :いつか名無しさんが:2007/02/04(日) 20:40:57 ID:SdzzF2Rx
レッスン生、必死だなwwwwww


401 :いつか名無しさんが:2007/02/05(月) 04:23:12 ID:???
それが,親切な事がなどです「均一な時,そして,悪臭を漂っているため,そこで本当に好きな方向に働きますか?」
追加で,それは上下がいないいっぱい待った作業旅程と会社等ですか?私たちは,喜びでそっちへ行って走って請
求書です.ドトの世界的なミライ学者グンドラが具体化するミスターについては,これは私たちの姿に長くない将
来の物でイルウルを現わします将来(日が眺める境目) なく,領域は消えます,そして,決して前に出なくて蟹,占領
係はダイナミックになります.私は,新語によって人将来と点の物した旧トラブル係の青い真実が主な役目を「ジ
ョノ‐マッド」(遊牧民/ヨブNoma)と呼ぶことを現わす.ジョノ‐マドは,給料も良いが人生で働いている「お金
の鳥篭」に対する拒絶をします.下位ではないことは,占領にグァンヘソヌンですそして,グドルゲが,成功するよ
りも重要.です理由は私がそれができたら,それが広いフィールドの能力を磨くことによってその人の独創性の価
値のレベルをアップするからです,そして,それはそれを感じます.イルユモックミングループのファルドングヌン
速度をあげて,特徴のスタイルを整理する価値としての流動生活非常に来なければならない表面の知識経済社会
です,即興性は重要です.驚きべき一路,この新しい社会で進行中の見込みが見る時著者が「ただごと 」と言うの
があって罫線であるムルゴンインジルルを指示する間,それがそれでいるすべての日を働くようにする普通仕事
の大部分が 2010年まで消える時,私はそれを予知します.間隔は,200年に近いです; living-in-,痛みは働き口を
捜し出すためにパスします,そして,多くの若いと失業中の人々(ただごと)による滲まれるにも関係なく,住んで
ください; .あの時,人々に対して,存在が掻ハンセン病が言うために普通日課大概の考えが肯定してそれを変える
と予想した日が今年誌と言う疑いだと思います.問いと回答著者の返事は,特にこの本で面白い部分である最後の
ことの時です.ナゾザが予想どおりそれを指示したので将来が展開するかどうかに関係なく,シンウィフエがそこ
に向かって,そして,著者が 2020年に飛行機に行って,020で過去バルゾンイルウルロにもう年間とのガッゲを回
想して.グングゾックの夢にもかかわらず将来の誠実をするために人々だ言う将来を歓迎することによってそれを切るために

402 :いつか名無しさんが:2007/02/05(月) 04:23:54 ID:???
違法な滞在の外国人が本当に雇用されて、働いたとき、それがそれが労働組合にした賃金労働者であったので、彼らの労働組合主流派の
応用が受け入れなければならない判断は現れました、そして、それは出会うことができました。スーツにその町会議長のムンチャクグイ
ード)、労働エージェンシーに対して始まる季節的に移動する労働組合第1の上で「キャンセル処分は、労働組合主流派の、そして、復
帰に申し込みを返しました」、私が1をひっくり返しました、そして、特別な第11部(判事ディレクタートウシトオルのお金)が、労働
組合側高等裁判所にケース判断を得ることを与えました。多くの不法入国者がいます、そして、91人の外国の賃金労働者にそれから成っ
た国内の最初の外国の労働組合であるこの労働組合において、私が加わるものは確かめられます、そして、最高裁判所が賃金労働者に彼
らを認めるかどうかに関係なく、判断は最後の注意をひきます。私は「Immigration Control Lawの支配は違法な滞在の外国人の雇用を
禁止しました、しかし、裁判部はこれまでにすでに結びついた外国人賃金労働者の仕事合意を無効にすることができません」と述べて、
それが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために難しかったです」という意見をはっき
りさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度
と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ「労働組合
側がこれを提出しなくて、労働組合主流派の報告を返して、帰ったために、私が装った法律に対してした」である。
労働エージェンシーは、「ビジネスまたはビジネス地面に従う名前」、「代表の名前」、季節的に移動する労働組合が2005年5月に労働
組合主流派の報告を提出した「協会のメンバーのリスト」を補うために、それを要求しました。労働組合が協会のメンバーのリストを補
って、それを提出しなかった限り、労働党エージェンシーは私が「労働組合としてこれの理由によって「労働組合と法」でメンバーと違
法な滞在のアルバイトをした労働組合を考慮することができます」という意見を示しました、そして、私は労働組合主流派の報告を返し
て、それを返しました。

403 :いつか名無しさんが:2007/02/05(月) 04:24:31 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、
そして、流行は90年代に開きます。

404 :いつか名無しさんが:2007/02/05(月) 04:27:21 ID:???
教育人的資源パート(教育省)は,それが一名(引き継ぐ)であったのかに関係なく,グループでこの 11月のグループ休日のために争って,
強制に国勢調査レジスターの移動を調査して,難しくて先生グループの不法行為動作をこなごなに壊す 28を一学校レーバーユニオン
(すべての宗教を分類します)のポストの現地スタップの 2,286人の先生のため,懲戒処置または管理の宣誓証言を行いました.
それをそれで見做している間,教育省の秘書と金銭Shinichi(金 Shin 日) 副首相が先生に着に関連があって,同じ日に彼「それを早く終
わらなかった先生に有利に判決を下すことを目的にする懲戒処置手順」(懲戒処置によって)を明白にさせて,私が国民的先生に送った
手紙で「すべての宗教の難しくて着になった先生 2,200以上は,私が教育政府の re-3の訴えに関心を持つ仕事なしに許可なしに学校
を発って,不法行為の集団行動に参加したグループ(引き継ぐ)でした」金銭副首相は「交渉に関する論議を通じて意見を記述した方法
は,教職グループの場合確立されました」と仮定して,私が「私がグループの勢力を借りて,違法した方向に自分の権利を終わらせる考
え(引き継ぐ)だった比較肉炙な行動を決して認めない」つもり(引き継ぐ)ヨッスブニダと言う警告をしました.
263は 4回上記の参加者の間に管理の宣誓証言の給料を減らしました,そして,奮闘する 3未満の時間の 1,850人の参加者(1,083の注
意,総体的な警告 419,文書警告 348)は非難と同じく小さな処分を受けました.そして,品物が何年や 00から休日の間教育省が 16の全
国地方のドギョユックチォングの懲戒処置現在の条件を締めたとその結果警告しなかったです.
上記の参加者の間で,私は処分が次のヶ月 5まで 4回に終わらせない 173人に対して懲戒処置委員会を開きます,そして,それは処分を
決める計画です.66は,給料縮小が非常に小さな処分の間で一番重い処分である 6個の月,記録が 132(非難のために 5を制限したので
あいさつ記録カード)まで昇進であるままで会った少しもオブジェクトではない警告を受け入れました.
私が給料縮小と警告を受け入れる時,校監と校長への昇進は任務評価によって「数」を受けることができないのために(のため) 難しく
なります

405 :いつか名無しさんが:2007/02/05(月) 04:28:04 ID:???
1ヵ月を超える以前の11月1日に、このケースが新しい1,000内部にあったとき、 - 「伊東敬文」のパターンの理想の請求は、
1,000の代わりに現れました - その時パターンであった請求を夢に見てください。私は、「パターンと要請が1950年1月の
(1950)、しかし、1,000に合うのを見ることができました - 偽造紙幣を示した円は、1年の4月でした」。お茶、1がケース
し、偽造紙幣は順番にそれの後、現れました。195年の間、「チーは、それが私が喜ばせる秋田であるという37の場合が
「1,000人の黄色のダンのあだ名によってそれを呼ぶ7月にいる - 顔が本当の黄色である、そして、31であったことが東京の
部分を発見したので、請求を夢に見ます」(昭和年)、そして、第26(1961)で発見しました第37です、そして、日本銀行
は12月7日にチー事件(1961)によって分かれます」。これらの37枚の偽造紙幣はかなり正確でした、そして、警察は再び
あらゆるありうる努力をしました。私は、私が3,000円(不正な要請探知器の有力な情報提供者)の感謝のために10,000円を
取り出すと発表しました。全国銀行協会は、私が1,000,000円の賞金に続いた妨害に放り込まれました。しかし、もしもが結
局犯人を捕えることができないので、それはそれです、Byはこんなに偶然起こります、私は「1,000を持ってくることになっ
ています - 「伊東敬文」に夢は私がそれをゆがめて、変えたことを広告して、新しいです」。私が類似していてそれに関連が
あったとき、お茶(処方)の37のケースに関しては、それは1973年に11月3日に作られました(1973)。5、100円メモで
広告しますと、10円の偽造紙幣の内部の(I)のコード番号に関しては「呂」(ろ)が注意します。
私は大きかったです、そして、「大きな国の方山」と「伊東敬文」とのどんな関係でもいいえのようだったが、韓国の新聞で
これらのうちの2つを報告しました。そして、私、「それを感じて、そして、あなたにそうそれをさせる1,000の円メモに、
ってそれをもつ韓国総督であったポジティブな方針の人の伊東敬文を突き殺すかもしれなかったと続けました。」それが「灰
方法のものの上で韓国の人々のすれられたという感情のためにそれを刺すためにそうだったことは、痛みました。

406 :いつか名無しさんが:2007/02/05(月) 11:48:41 ID:???
5人の人のアニメーションの生産のチームの「来たので芸能人によって歓迎された地球の中にそれはあり」Fiveの々と
「同期構成の芸術大学チョン学年それ、Hyocgn(チョンGehyoc)、Shidorac(量のSanshic)、Shicman(量のSanshic)、
およびヘッドのsatanと97Kewon(チャンSoccho)バンド(チョンSammin)」メンバー。 アウトレットとカタルシに関し
て、私は、兵役問題と家父長制をこれで材料と乱用の日常生活で複雑にさせるのである単語に関する荒いなどあるこ
が好きです。 2002年に始動したそれらの作品は、Bクラス文化と呼ばれて、韓国の全体の文化的なインターネトに拡
散しました。 現状通り、400が生産されましたが、残りのためのフラッシュを入手した経験と論争はこれまでンター
ットの全体の文化的な問題を示しました。 「そして、それは」 自由などの真実、害と知的所有権の文化がそれのめ光
栄に思われるために言い表すと思ったクラス、および「それがDecanからConeを貫く材料がした議論で経験さた日報
人の余地のどんな控除も仕事の武力のトレーニングの目的地に本部を置かれて、ベースと東がアジア(Ton'a)でったな
だれのものにできたかが本部を置かれているということでないこと」からするようにRecentlyと漫画をした男に会い
した。 」 (日本人は'三流'でそれを意図します。)決定して、文化は逸脱するべきです。 「目的と呼んで、それら、それ
それ、およびサム、材料が動かす表現の文化へのクラスのリードへのその入っている光、および私たち。 . 」 …当っ
ください。 こぶし。 音。 破裂音。 神秘的。 それはそれにマスクをかけます。 誤用。 それには、それがあります人。
それは、それが快過ぎる材料でなく、spread.Itが可能であると思うのを置きます。 他のチャンSocchoフッシュはそ
が素晴らしいウサギのマシュマロの少女Pcaのように中国で商品でよく販売した1などに適していました。しかしなが
通常、私たちは私たちの環境で見られたキャラクタを作りたかったです。 私たちの乱用は大きかったでチャンとエコ
ー。 乱用がその時それを想像することができないので、フラッシュは入力されます。 それは、ほとんど話されないで
混ぜられている間、乱用は使用されるかもしれません。 私は日常生活の濾過なしでそれを示したかったです。

407 :いつか名無しさんが:2007/02/05(月) 11:56:11 ID:???
そして、タバコを吸い続けていたタフなカウボーイは馬に属しました。 それがボスですが、単に1に関するメッセージが
放り出されるとき、合衆国の中の広告野原は50年間放り出され過ぎます。それは、上記で、「喫煙家は素晴らしいこと」。
「現在、世界各地の喫煙人口はおよそ13億人の人です。」 ハイレベルな商品は人の口によって消費されます、そして、
そのような鼻が役に立つ状態で分かる記事が全くありません。 しかしながら、それは、さまざまなシンボルとして扱われ
た病気と原因でした。 貧乏人は今日死にます。…Itはタバコです。 猿が加えられている状態で広告看板がたいへん言った
ので、合衆国の高速道路へのタバコは立ちます。 「素直に、ざんげしましょう。 硬化剤、口臭、たん…Because、および
タバコは吸われます、そして、Itの癌は恥ずかしいです。 愛煙家に関して、この本は見られます、そして、喜びの叫び声
は心を見ます。 文化は、環境で真っすぐになるときのこの本で変化を取って、時代にレース、文学、および芸術を取りま
す。どう歴史的に喫煙するか… 薬かアメリカの大陸のエチケットに使用されるタバコと世界中に広がるルートの新大陸の
発見の後に、コロンブスという原住民はいて、それは追求されます。 各国。 タバコ。 社会的意味。 喫煙。 世界征服。
歴史。 それを処理してください。 それは16世紀にsee.Ifと共に喫煙する事実イギリスにうれしいかもしれません。愛煙家
のための「処理のシンボル。」 イギリスのトーマスという科学者はタバコを話します、そして、「胃のヘッドであり、腸
の、そして、不正直なKiと汚い体液は彼の身体、および煙を保護した神によって浄化されます」。 「各分野の専門家であ
る33人の作者で煙る比喩は芸術を解決しました、人類学、音楽、そして、映画の歴史などはおもしろい芸術によるいずれ
でもあります。」 それは考えました。 それは興奮について考えます、そして、世界のように大部分によるすべての男性観
衆のスクリーンの上の喫煙家に対する成功のたいへん一部です。 タバコはマルレーヌと脚の線の美にうんざりするように
思えるキャラクタに使用されます。 オリジナルと、外れるのは、そうです。ポイントが英語版の韓国の喫煙小説を含むの
において、うれしいです。

408 :いつか名無しさんが:2007/02/05(月) 12:01:38 ID:???
それはパーティー前進と兆候を示します。 遅らせられて、それがそうであり、もっとも、政界再編のバンが熱意である
かもしれないという、ことです。 国民生活問題が国会の国民生活に関係づけた請求書の処理がピンクの山であったので、
それはそれを受けます。 会議を開催する政府政府が五番目にそれが政府ですが、短縮問題によって幹部社員レベルにおけ
る軍事力プレスと共にサービスの一区切りを話しに「人の現在ケん。 付着してください。通知。もう少し。無力にします。
終わってください。パーティーへ行ってください。あらかじめ。オフィス。終身在職権。今週。議長。議長。アセンブリ。
政審。代表する。適切。方針。調整。議長。終わってください。持っています。先月。去ってください。最近。政審。活動。
パーティーへ行ってください。複雑。党内。事情。 Matsrigotototono二世議長であったRine議員は、4日に「政審の経営の
ためにまだインディケータを受け取っていませんでした」と仮定して、「会議に出席するべきです。」と話しました。
aは政府与党がグループによって維持された党大会のために現実的に一時的な国に集結されます。 したがって、それと独占
は、家の個人的なロットに従って費用の始まりを主に置くことによって政府の不動産測定を擾乱して、会社の費用がアプリ
ケーションのために受け取られる投資合走ッ年金。 方法。 十分な議論。 ダイエットしてください。 承認。 不透明。 それは
見られます。 一時、目標へのパーティーの方針機能のまひが以下の党議の長さのための規則が14日に後継者の政審の議長を
任命して、決めなかったパーティーの改正にもかかわらず、多くのItから始ュ府はパーティーへ行きます。 出来事。 中国。
正月。 安定化に値を付けてください。 測定。 それはそれについて議論します。 開いてください。 政府。 人。 通ってく
ださい。 それはそれはそれが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために
難しかったです」という意見をはっきりさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な
滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出
を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ。

409 :いつか名無しさんが:2007/02/05(月) 12:06:10 ID:???
それが,親切な事がなどです「均一な時,そして,悪臭を漂っているため,そこで本当に好きな方向に働きますか?」
追加で,それは上下がいないいっぱい待った作業旅程と会社等ですか?私たちは,喜びでそっちへ行って走って請
求書です.ドトの世界的なミライ学者グンドラが具体化するミスターについては,これは私たちの姿に長くない将
来の物でイルウルを現わします将来(日が眺める境目) なく,領域は消えます,そして,決して前に出なくて蟹,占領
係はダイナミックになります.私は,新語によって人将来と点の物した旧トラブル係の青い真実が主な役目を「ジ
ョノ‐マッド」(遊牧民/ヨブNoma)と呼ぶことを現わす.ジョノ‐マドは,給料も良いが人生で働いている「お金
の鳥篭」に対する拒絶をします.下位ではないことは,占領にグァンヘソヌンですそして,グドルゲが,成功するよ
りも重要.です理由は私がそれができたら,それが広いフィールドの能力を磨くことによってその人の独創性の価
値のレベルをアップするからです,そして,それはそれを感じます.イルユモックミングループのファルドングヌン
速度をあげて,特徴のスタイルを整理する価値としての流動生活非常に来なければならない表面の知識経済社会
です,即興性は重要です.驚きべき一路,この新しい社会で進行中の見込みが見る時著者が「ただごと 」と言うの
があって罫線であるムルゴンインジルルを指示する間,それがそれでいるすべての日を働くようにする普通仕事
の大部分が 2010年まで消える時,私はそれを予知します.間隔は,200年に近いです; living-in-,痛みは働き口を
捜し出すためにパスします,そして,多くの若いと失業中の人々(ただごと)による滲まれるにも関係なく,住んで
ください; .あの時,人々に対して,存在が掻ハンセン病が言うために普通日課大概の考えが肯定してそれを変える
と予想した日が今年誌と言う疑いだと思います.問いと回答著者の返事は,特にこの本で面白い部分である最後の
ことの時です.ナゾザが予想どおりそれを指示したので将来が展開するかどうかに関係なく,シンウィフエがそこ
に向かって,そして,著者が 2020年に飛行機に行って,020で過去バルゾンイルウルロにもう年間とのガッゲを回
想して.グングゾックの夢にもかかわらず将来の誠実をするために人々だ言う将来を歓迎することによってそれを切るために

410 :いつか名無しさんが:2007/02/05(月) 12:06:45 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、
そして、流行は90年代に開きます。

411 :いつか名無しさんが:2007/02/05(月) 15:45:04 ID:???
5人の人のアニメーションの生産のチームの「来たので芸能人によって歓迎された地球の中にそれはあり」Fiveの々と
「同期構成の芸術大学チョン学年それ、Hyocgn(チョンGehyoc)、Shidorac(量のSanshic)、Shicman(量のSanshic)、
およびヘッドのsatanと97Kewon(チャンSoccho)バンド(チョンSammin)」メンバー。 アウトレットとカタルシに関し
て、私は、兵役問題と家父長制をこれで材料と乱用の日常生活で複雑にさせるのである単語に関する荒いなどあるこ
が好きです。 2002年に始動したそれらの作品は、Bクラス文化と呼ばれて、韓国の全体の文化的なインターネトに拡
散しました。 現状通り、400が生産されましたが、残りのためのフラッシュを入手した経験と論争はこれまでンター
ットの全体の文化的な問題を示しました。 「そして、それは」 自由などの真実、害と知的所有権の文化がそれのめ光
栄に思われるために言い表すと思ったクラス、および「それがDecanからConeを貫く材料がした議論で経験さた日報
人の余地のどんな控除も仕事の武力のトレーニングの目的地に本部を置かれて、ベースと東がアジア(Ton'a)でったな
だれのものにできたかが本部を置かれているということでないこと」からするようにRecentlyと漫画をした男に会い
した。 」 (日本人は'三流'でそれを意図します。)決定して、文化は逸脱するべきです。 「目的と呼んで、それら、それ
それ、およびサム、材料が動かす表現の文化へのクラスのリードへのその入っている光、および私たち。 . 」 …当っ
ください。 こぶし。 音。 破裂音。 神秘的。 それはそれにマスクをかけます。 誤用。 それには、それがあります人。
それは、それが快過ぎる材料でなく、spread.Itが可能であると思うのを置きます。 他のチャンSocchoフッシュはそ
が素晴らしいウサギのマシュマロの少女Pcaのように中国で商品でよく販売した1などに適していました。しかしなが
通常、私たちは私たちの環境で見られたキャラクタを作りたかったです。 私たちの乱用は大きかったでチャンとエコ
ー。 乱用がその時それを想像することができないので、フラッシュは入力されます。 それは、ほとんど話されないで
混ぜられている間、乱用は使用されるかもしれません。 私は日常生活の濾過なしでそれを示したかったです。

412 :いつか名無しさんが:2007/02/05(月) 15:45:39 ID:???
それはパーティー前進と兆候を示します。 遅らせられて、それがそうであり、もっとも、政界再編のバンが熱意である
かもしれないという、ことです。 国民生活問題が国会の国民生活に関係づけた請求書の処理がピンクの山であったので、
それはそれを受けます。 会議を開催する政府政府が五番目にそれが政府ですが、短縮問題によって幹部社員レベルにおけ
る軍事力プレスと共にサービスの一区切りを話しに「人の現在ケん。 付着してください。通知。もう少し。無力にします。
終わってください。パーティーへ行ってください。あらかじめ。オフィス。終身在職権。今週。議長。議長。アセンブリ。
政審。代表する。適切。方針。調整。議長。終わってください。持っています。先月。去ってください。最近。政審。活動。
パーティーへ行ってください。複雑。党内。事情。 Matsrigotototono二世議長であったRine議員は、4日に「政審の経営の
ためにまだインディケータを受け取っていませんでした」と仮定して、「会議に出席するべきです。」と話しました。
aは政府与党がグループによって維持された党大会のために現実的に一時的な国に集結されます。 したがって、それと独占
は、家の個人的なロットに従って費用の始まりを主に置くことによって政府の不動産測定を擾乱して、会社の費用がアプリ
ケーションのために受け取られる投資合走ッ年金。 方法。 十分な議論。 ダイエットしてください。 承認。 不透明。 それは
見られます。 一時、目標へのパーティーの方針機能のまひが以下の党議の長さのための規則が14日に後継者の政審の議長を
任命して、決めなかったパーティーの改正にもかかわらず、多くのItから始ュ府はパーティーへ行きます。 出来事。 中国。
正月。 安定化に値を付けてください。 測定。 それはそれについて議論します。 開いてください。 政府。 人。 通ってく
ださい。 それはそれはそれが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために
難しかったです」という意見をはっきりさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な
滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出
を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ。

413 :いつか名無しさんが:2007/02/05(月) 15:46:24 ID:???
そして、タバコを吸い続けていたタフなカウボーイは馬に属しました。 それがボスですが、単に1に関するメッセージが
放り出されるとき、合衆国の中の広告野原は50年間放り出され過ぎます。それは、上記で、「喫煙家は素晴らしいこと」。
「現在、世界各地の喫煙人口はおよそ13億人の人です。」 ハイレベルな商品は人の口によって消費されます、そして、
そのような鼻が役に立つ状態で分かる記事が全くありません。 しかしながら、それは、さまざまなシンボルとして扱われ
た病気と原因でした。 貧乏人は今日死にます。…Itはタバコです。 猿が加えられている状態で広告看板がたいへん言った
ので、合衆国の高速道路へのタバコは立ちます。 「素直に、ざんげしましょう。 硬化剤、口臭、たん…Because、および
タバコは吸われます、そして、Itの癌は恥ずかしいです。 愛煙家に関して、この本は見られます、そして、喜びの叫び声
は心を見ます。 文化は、環境で真っすぐになるときのこの本で変化を取って、時代にレース、文学、および芸術を取りま
す。どう歴史的に喫煙するか… 薬かアメリカの大陸のエチケットに使用されるタバコと世界中に広がるルートの新大陸の
発見の後に、コロンブスという原住民はいて、それは追求されます。 各国。 タバコ。 社会的意味。 喫煙。 世界征服。
歴史。 それを処理してください。 それは16世紀にsee.Ifと共に喫煙する事実イギリスにうれしいかもしれません。愛煙家
のための「処理のシンボル。」 イギリスのトーマスという科学者はタバコを話します、そして、「胃のヘッドであり、腸
の、そして、不正直なKiと汚い体液は彼の身体、および煙を保護した神によって浄化されます」。 「各分野の専門家であ
る33人の作者で煙る比喩は芸術を解決しました、人類学、音楽、そして、映画の歴史などはおもしろい芸術によるいずれ
でもあります。」 それは考えました。 それは興奮について考えます、そして、世界のように大部分によるすべての男性観
衆のスクリーンの上の喫煙家に対する成功のたいへん一部です。 タバコはマルレーヌと脚の線の美にうんざりするように
思えるキャラクタに使用されます。 オリジナルと、外れるのは、そうです。ポイントが英語版の韓国の喫煙小説を含むの
において、うれしいです。

414 :いつか名無しさんが:2007/02/05(月) 15:52:17 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、
そして、流行は90年代に開きます。

415 :いつか名無しさんが:2007/02/05(月) 15:53:02 ID:???
それが,親切な事がなどです「均一な時,そして,悪臭を漂っているため,そこで本当に好きな方向に働きますか?」
追加で,それは上下がいないいっぱい待った作業旅程と会社等ですか?私たちは,喜びでそっちへ行って走って請
求書です.ドトの世界的なミライ学者グンドラが具体化するミスターについては,これは私たちの姿に長くない将
来の物でイルウルを現わします将来(日が眺める境目) なく,領域は消えます,そして,決して前に出なくて蟹,占領
係はダイナミックになります.私は,新語によって人将来と点の物した旧トラブル係の青い真実が主な役目を「ジ
ョノ‐マッド」(遊牧民/ヨブNoma)と呼ぶことを現わす.ジョノ‐マドは,給料も良いが人生で働いている「お金
の鳥篭」に対する拒絶をします.下位ではないことは,占領にグァンヘソヌンですそして,グドルゲが,成功するよ
りも重要.です理由は私がそれができたら,それが広いフィールドの能力を磨くことによってその人の独創性の価
値のレベルをアップするからです,そして,それはそれを感じます.イルユモックミングループのファルドングヌン
速度をあげて,特徴のスタイルを整理する価値としての流動生活非常に来なければならない表面の知識経済社会
です,即興性は重要です.驚きべき一路,この新しい社会で進行中の見込みが見る時著者が「ただごと 」と言うの
があって罫線であるムルゴンインジルルを指示する間,それがそれでいるすべての日を働くようにする普通仕事
の大部分が 2010年まで消える時,私はそれを予知します.間隔は,200年に近いです; living-in-,痛みは働き口を
捜し出すためにパスします,そして,多くの若いと失業中の人々(ただごと)による滲まれるにも関係なく,住んで
ください; .あの時,人々に対して,存在が掻ハンセン病が言うために普通日課大概の考えが肯定してそれを変える
と予想した日が今年誌と言う疑いだと思います.問いと回答著者の返事は,特にこの本で面白い部分である最後の
ことの時です.ナゾザが予想どおりそれを指示したので将来が展開するかどうかに関係なく,シンウィフエがそこ
に向かって,そして,著者が 2020年に飛行機に行って,020で過去バルゾンイルウルロにもう年間とのガッゲを回
想して.グングゾックの夢にもかかわらず将来の誠実をするために人々だ言う将来を歓迎することによってそれを切るために

416 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 06:55:40 ID:???
それはパーティー前進と兆候を示します。 遅らせられて、それがそうであり、もっとも、政界再編のバンが熱意である
かもしれないという、ことです。 国民生活問題が国会の国民生活に関係づけた請求書の処理がピンクの山であったので、
それはそれを受けます。 会議を開催する政府政府が五番目にそれが政府ですが、短縮問題によって幹部社員レベルにおけ
る軍事力プレスと共にサービスの一区切りを話しに「人の現在ケん。 付着してください。通知。もう少し。無力にします。
終わってください。パーティーへ行ってください。あらかじめ。オフィス。終身在職権。今週。議長。議長。アセンブリ。
政審。代表する。適切。方針。調整。議長。終わってください。持っています。先月。去ってください。最近。政審。活動。
パーティーへ行ってください。複雑。党内。事情。 Matsrigotototono二世議長であったRine議員は、4日に「政審の経営の
ためにまだインディケータを受け取っていませんでした」と仮定して、「会議に出席するべきです。」と話しました。
aは政府与党がグループによって維持された党大会のために現実的に一時的な国に集結されます。 したがって、それと独占
は、家の個人的なロットに従って費用の始まりを主に置くことによって政府の不動産測定を擾乱して、会社の費用がアプリ
ケーションのために受け取られる投資合走ッ年金。 方法。 十分な議論。 ダイエットしてください。 承認。 不透明。 それは
見られます。 一時、目標へのパーティーの方針機能のまひが以下の党議の長さのための規則が14日に後継者の政審の議長を
任命して、決めなかったパーティーの改正にもかかわらず、多くのItから始ュ府はパーティーへ行きます。 出来事。 中国。
正月。 安定化に値を付けてください。 測定。 それはそれについて議論します。 開いてください。 政府。 人。 通ってく
ださい。 それはそれはそれが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために
難しかったです」という意見をはっきりさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な
滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出
を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ。

417 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 06:56:30 ID:???
5人の人のアニメーションの生産のチームの「来たので芸能人によって歓迎された地球の中にそれはあり」Fiveの々と
「同期構成の芸術大学チョン学年それ、Hyocgn(チョンGehyoc)、Shidorac(量のSanshic)、Shicman(量のSanshic)、
およびヘッドのsatanと97Kewon(チャンSoccho)バンド(チョンSammin)」メンバー。 アウトレットとカタルシに関し
て、私は、兵役問題と家父長制をこれで材料と乱用の日常生活で複雑にさせるのである単語に関する荒いなどあるこ
が好きです。 2002年に始動したそれらの作品は、Bクラス文化と呼ばれて、韓国の全体の文化的なインターネトに拡
散しました。 現状通り、400が生産されましたが、残りのためのフラッシュを入手した経験と論争はこれまでンター
ットの全体の文化的な問題を示しました。 「そして、それは」 自由などの真実、害と知的所有権の文化がそれのめ光
栄に思われるために言い表すと思ったクラス、および「それがDecanからConeを貫く材料がした議論で経験さた日報
人の余地のどんな控除も仕事の武力のトレーニングの目的地に本部を置かれて、ベースと東がアジア(Ton'a)でったな
だれのものにできたかが本部を置かれているということでないこと」からするようにRecentlyと漫画をした男に会い
した。 」 (日本人は'三流'でそれを意図します。)決定して、文化は逸脱するべきです。 「目的と呼んで、それら、それ
それ、およびサム、材料が動かす表現の文化へのクラスのリードへのその入っている光、および私たち。 . 」 …当っ
ください。 こぶし。 音。 破裂音。 神秘的。 それはそれにマスクをかけます。 誤用。 それには、それがあります人。
それは、それが快過ぎる材料でなく、spread.Itが可能であると思うのを置きます。 他のチャンSocchoフッシュはそ
が素晴らしいウサギのマシュマロの少女Pcaのように中国で商品でよく販売した1などに適していました。しかしなが
通常、私たちは私たちの環境で見られたキャラクタを作りたかったです。 私たちの乱用は大きかったでチャンとエコ
ー。 乱用がその時それを想像することができないので、フラッシュは入力されます。 それは、ほとんど話されないで
混ぜられている間、乱用は使用されるかもしれません。 私は日常生活の濾過なしでそれを示したかったです。

418 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 06:57:14 ID:???
そして、タバコを吸い続けていたタフなカウボーイは馬に属しました。 それがボスですが、単に1に関するメッセージが
放り出されるとき、合衆国の中の広告野原は50年間放り出され過ぎます。それは、上記で、「喫煙家は素晴らしいこと」。
「現在、世界各地の喫煙人口はおよそ13億人の人です。」 ハイレベルな商品は人の口によって消費されます、そして、
そのような鼻が役に立つ状態で分かる記事が全くありません。 しかしながら、それは、さまざまなシンボルとして扱われ
た病気と原因でした。 貧乏人は今日死にます。…Itはタバコです。 猿が加えられている状態で広告看板がたいへん言った
ので、合衆国の高速道路へのタバコは立ちます。 「素直に、ざんげしましょう。 硬化剤、口臭、たん…Because、および
タバコは吸われます、そして、Itの癌は恥ずかしいです。 愛煙家に関して、この本は見られます、そして、喜びの叫び声
は心を見ます。 文化は、環境で真っすぐになるときのこの本で変化を取って、時代にレース、文学、および芸術を取りま
す。どう歴史的に喫煙するか… 薬かアメリカの大陸のエチケットに使用されるタバコと世界中に広がるルートの新大陸の
発見の後に、コロンブスという原住民はいて、それは追求されます。 各国。 タバコ。 社会的意味。 喫煙。 世界征服。
歴史。 それを処理してください。 それは16世紀にsee.Ifと共に喫煙する事実イギリスにうれしいかもしれません。愛煙家
のための「処理のシンボル。」 イギリスのトーマスという科学者はタバコを話します、そして、「胃のヘッドであり、腸
の、そして、不正直なKiと汚い体液は彼の身体、および煙を保護した神によって浄化されます」。 「各分野の専門家であ
る33人の作者で煙る比喩は芸術を解決しました、人類学、音楽、そして、映画の歴史などはおもしろい芸術によるいずれ
でもあります。」 それは考えました。 それは興奮について考えます、そして、世界のように大部分によるすべての男性観
衆のスクリーンの上の喫煙家に対する成功のたいへん一部です。 タバコはマルレーヌと脚の線の美にうんざりするように
思えるキャラクタに使用されます。 オリジナルと、外れるのは、そうです。ポイントが英語版の韓国の喫煙小説を含むの
において、うれしいです。

419 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 06:57:55 ID:???
5人の人のアニメーションの生産のチームの「来たので芸能人によって歓迎された地球の中にそれはあり」Fiveの々と
「同期構成の芸術大学チョン学年それ、Hyocgn(チョンGehyoc)、Shidorac(量のSanshic)、Shicman(量のSanshic)、
およびヘッドのsatanと97Kewon(チャンSoccho)バンド(チョンSammin)」メンバー。 アウトレットとカタルシに関し
て、私は、兵役問題と家父長制をこれで材料と乱用の日常生活で複雑にさせるのである単語に関する荒いなどあるこ
が好きです。 2002年に始動したそれらの作品は、Bクラス文化と呼ばれて、韓国の全体の文化的なインターネトに拡
散しました。 現状通り、400が生産されましたが、残りのためのフラッシュを入手した経験と論争はこれまでンター
ットの全体の文化的な問題を示しました。 「そして、それは」 自由などの真実、害と知的所有権の文化がそれのめ光
栄に思われるために言い表すと思ったクラス、および「それがDecanからConeを貫く材料がした議論で経験さた日報
人の余地のどんな控除も仕事の武力のトレーニングの目的地に本部を置かれて、ベースと東がアジア(Ton'a)でったな
だれのものにできたかが本部を置かれているということでないこと」からするようにRecentlyと漫画をした男に会い
した。 」 (日本人は'三流'でそれを意図します。)決定して、文化は逸脱するべきです。 「目的と呼んで、それら、それ
それ、およびサム、材料が動かす表現の文化へのクラスのリードへのその入っている光、および私たち。 . 」 …当っ
ください。 こぶし。 音。 破裂音。 神秘的。 それはそれにマスクをかけます。 誤用。 それには、それがあります人。
それは、それが快過ぎる材料でなく、spread.Itが可能であると思うのを置きます。 他のチャンSocchoフッシュはそ
が素晴らしいウサギのマシュマロの少女Pcaのように中国で商品でよく販売した1などに適していました。しかしなが
通常、私たちは私たちの環境で見られたキャラクタを作りたかったです。 私たちの乱用は大きかったでチャンとエコ
ー。 乱用がその時それを想像することができないので、フラッシュは入力されます。 それは、ほとんど話されないで
混ぜられている間、乱用は使用されるかもしれません。 私は日常生活の濾過なしでそれを示したかったです。

420 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 06:58:35 ID:???
それが,親切な事がなどです「均一な時,そして,悪臭を漂っているため,そこで本当に好きな方向に働きますか?」
追加で,それは上下がいないいっぱい待った作業旅程と会社等ですか?私たちは,喜びでそっちへ行って走って請
求書です.ドトの世界的なミライ学者グンドラが具体化するミスターについては,これは私たちの姿に長くない将
来の物でイルウルを現わします将来(日が眺める境目) なく,領域は消えます,そして,決して前に出なくて蟹,占領
係はダイナミックになります.私は,新語によって人将来と点の物した旧トラブル係の青い真実が主な役目を「ジ
ョノ‐マッド」(遊牧民/ヨブNoma)と呼ぶことを現わす.ジョノ‐マドは,給料も良いが人生で働いている「お金
の鳥篭」に対する拒絶をします.下位ではないことは,占領にグァンヘソヌンですそして,グドルゲが,成功するよ
りも重要.です理由は私がそれができたら,それが広いフィールドの能力を磨くことによってその人の独創性の価
値のレベルをアップするからです,そして,それはそれを感じます.イルユモックミングループのファルドングヌン
速度をあげて,特徴のスタイルを整理する価値としての流動生活非常に来なければならない表面の知識経済社会
です,即興性は重要です.驚きべき一路,この新しい社会で進行中の見込みが見る時著者が「ただごと 」と言うの
があって罫線であるムルゴンインジルルを指示する間,それがそれでいるすべての日を働くようにする普通仕事
の大部分が 2010年まで消える時,私はそれを予知します.間隔は,200年に近いです; living-in-,痛みは働き口を
捜し出すためにパスします,そして,多くの若いと失業中の人々(ただごと)による滲まれるにも関係なく,住んで
ください; .あの時,人々に対して,存在が掻ハンセン病が言うために普通日課大概の考えが肯定してそれを変える
と予想した日が今年誌と言う疑いだと思います.問いと回答著者の返事は,特にこの本で面白い部分である最後の
ことの時です.ナゾザが予想どおりそれを指示したので将来が展開するかどうかに関係なく,シンウィフエがそこ
に向かって,そして,著者が 2020年に飛行機に行って,020で過去バルゾンイルウルロにもう年間とのガッゲを回
想して.グングゾックの夢にもかかわらず将来の誠実をするために人々だ言う将来を歓迎することによってそれを切るために

421 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 10:25:04 ID:???
そして、タバコを吸い続けていたタフなカウボーイは馬に属しました。 それがボスですが、単に1に関するメッセージが
放り出されるとき、合衆国の中の広告野原は50年間放り出され過ぎます。それは、上記で、「喫煙家は素晴らしいこと」。
「現在、世界各地の喫煙人口はおよそ13億人の人です。」 ハイレベルな商品は人の口によって消費されます、そして、
そのような鼻が役に立つ状態で分かる記事が全くありません。 しかしながら、それは、さまざまなシンボルとして扱われ
た病気と原因でした。 貧乏人は今日死にます。…Itはタバコです。 猿が加えられている状態で広告看板がたいへん言った
ので、合衆国の高速道路へのタバコは立ちます。 「素直に、ざんげしましょう。 硬化剤、口臭、たん…Because、および
タバコは吸われます、そして、Itの癌は恥ずかしいです。 愛煙家に関して、この本は見られます、そして、喜びの叫び声
は心を見ます。 文化は、環境で真っすぐになるときのこの本で変化を取って、時代にレース、文学、および芸術を取りま
す。どう歴史的に喫煙するか… 薬かアメリカの大陸のエチケットに使用されるタバコと世界中に広がるルートの新大陸の
発見の後に、コロンブスという原住民はいて、それは追求されます。 各国。 タバコ。 社会的意味。 喫煙。 世界征服。
歴史。 それを処理してください。 それは16世紀にsee.Ifと共に喫煙する事実イギリスにうれしいかもしれません。愛煙家
のための「処理のシンボル。」 イギリスのトーマスという科学者はタバコを話します、そして、「胃のヘッドであり、腸
の、そして、不正直なKiと汚い体液は彼の身体、および煙を保護した神によって浄化されます」。 「各分野の専門家であ
る33人の作者で煙る比喩は芸術を解決しました、人類学、音楽、そして、映画の歴史などはおもしろい芸術によるいずれ
でもあります。」 それは考えました。 それは興奮について考えます、そして、世界のように大部分によるすべての男性観
衆のスクリーンの上の喫煙家に対する成功のたいへん一部です。 タバコはマルレーヌと脚の線の美にうんざりするように
思えるキャラクタに使用されます。 オリジナルと、外れるのは、そうです。ポイントが英語版の韓国の喫煙小説を含むの
において、うれしいです。

422 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 10:25:40 ID:???
そして、タバコを吸い続けていたタフなカウボーイは馬に属しました。 それがボスですが、単に1に関するメッセージが
放り出されるとき、合衆国の中の広告野原は50年間放り出され過ぎます。それは、上記で、「喫煙家は素晴らしいこと」。
「現在、世界各地の喫煙人口はおよそ13億人の人です。」 ハイレベルな商品は人の口によって消費されます、そして、
そのような鼻が役に立つ状態で分かる記事が全くありません。 しかしながら、それは、さまざまなシンボルとして扱われ
た病気と原因でした。 貧乏人は今日死にます。…Itはタバコです。 猿が加えられている状態で広告看板がたいへん言った
ので、合衆国の高速道路へのタバコは立ちます。 「素直に、ざんげしましょう。 硬化剤、口臭、たん…Because、および
タバコは吸われます、そして、Itの癌は恥ずかしいです。 愛煙家に関して、この本は見られます、そして、喜びの叫び声
は心を見ます。 文化は、環境で真っすぐになるときのこの本で変化を取って、時代にレース、文学、および芸術を取りま
す。どう歴史的に喫煙するか… 薬かアメリカの大陸のエチケットに使用されるタバコと世界中に広がるルートの新大陸の
発見の後に、コロンブスという原住民はいて、それは追求されます。 各国。 タバコ。 社会的意味。 喫煙。 世界征服。
歴史。 それを処理してください。 それは16世紀にsee.Ifと共に喫煙する事実イギリスにうれしいかもしれません。愛煙家
のための「処理のシンボル。」 イギリスのトーマスという科学者はタバコを話します、そして、「胃のヘッドであり、腸
の、そして、不正直なKiと汚い体液は彼の身体、および煙を保護した神によって浄化されます」。 「各分野の専門家であ
る33人の作者で煙る比喩は芸術を解決しました、人類学、音楽、そして、映画の歴史などはおもしろい芸術によるいずれ
でもあります。」 それは考えました。 それは興奮について考えます、そして、世界のように大部分によるすべての男性観
衆のスクリーンの上の喫煙家に対する成功のたいへん一部です。 タバコはマルレーヌと脚の線の美にうんざりするように
思えるキャラクタに使用されます。 オリジナルと、外れるのは、そうです。ポイントが英語版の韓国の喫煙小説を含むの
において、うれしいです。

423 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 10:26:19 ID:???
5人の人のアニメーションの生産のチームの「来たので芸能人によって歓迎された地球の中にそれはあり」Fiveの々と
「同期構成の芸術大学チョン学年それ、Hyocgn(チョンGehyoc)、Shidorac(量のSanshic)、Shicman(量のSanshic)、
およびヘッドのsatanと97Kewon(チャンSoccho)バンド(チョンSammin)」メンバー。 アウトレットとカタルシに関し
て、私は、兵役問題と家父長制をこれで材料と乱用の日常生活で複雑にさせるのである単語に関する荒いなどあるこ
が好きです。 2002年に始動したそれらの作品は、Bクラス文化と呼ばれて、韓国の全体の文化的なインターネトに拡
散しました。 現状通り、400が生産されましたが、残りのためのフラッシュを入手した経験と論争はこれまでンター
ットの全体の文化的な問題を示しました。 「そして、それは」 自由などの真実、害と知的所有権の文化がそれのめ光
栄に思われるために言い表すと思ったクラス、および「それがDecanからConeを貫く材料がした議論で経験さた日報
人の余地のどんな控除も仕事の武力のトレーニングの目的地に本部を置かれて、ベースと東がアジア(Ton'a)でったな
だれのものにできたかが本部を置かれているということでないこと」からするようにRecentlyと漫画をした男に会い
した。 」 (日本人は'三流'でそれを意図します。)決定して、文化は逸脱するべきです。 「目的と呼んで、それら、それ
それ、およびサム、材料が動かす表現の文化へのクラスのリードへのその入っている光、および私たち。 . 」 …当っ
ください。 こぶし。 音。 破裂音。 神秘的。 それはそれにマスクをかけます。 誤用。 それには、それがあります人。
それは、それが快過ぎる材料でなく、spread.Itが可能であると思うのを置きます。 他のチャンSocchoフッシュはそ
が素晴らしいウサギのマシュマロの少女Pcaのように中国で商品でよく販売した1などに適していました。しかしなが
通常、私たちは私たちの環境で見られたキャラクタを作りたかったです。 私たちの乱用は大きかったでチャンとエコ
ー。 乱用がその時それを想像することができないので、フラッシュは入力されます。 それは、ほとんど話されないで
混ぜられている間、乱用は使用されるかもしれません。 私は日常生活の濾過なしでそれを示したかったです。

424 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 10:27:06 ID:???
教育人的資源パート(教育省)は,それが一名(引き継ぐ)であったのかに関係なく,グループでこの 11月のグループ休日のために争って,
強制に国勢調査レジスターの移動を調査して,難しくて先生グループの不法行為動作をこなごなに壊す 28を一学校レーバーユニオン
(すべての宗教を分類します)のポストの現地スタップの 2,286人の先生のため,懲戒処置または管理の宣誓証言を行いました.
それをそれで見做している間,教育省の秘書と金銭Shinichi(金 Shin 日) 副首相が先生に着に関連があって,同じ日に彼「それを早く終
わらなかった先生に有利に判決を下すことを目的にする懲戒処置手順」(懲戒処置によって)を明白にさせて,私が国民的先生に送った
手紙で「すべての宗教の難しくて着になった先生 2,200以上は,私が教育政府の re-3の訴えに関心を持つ仕事なしに許可なしに学校
を発って,不法行為の集団行動に参加したグループ(引き継ぐ)でした」金銭副首相は「交渉に関する論議を通じて意見を記述した方法
は,教職グループの場合確立されました」と仮定して,私が「私がグループの勢力を借りて,違法した方向に自分の権利を終わらせる考
え(引き継ぐ)だった比較肉炙な行動を決して認めない」つもり(引き継ぐ)ヨッスブニダと言う警告をしました.
263は 4回上記の参加者の間に管理の宣誓証言の給料を減らしました,そして,奮闘する 3未満の時間の 1,850人の参加者(1,083の注
意,総体的な警告 419,文書警告 348)は非難と同じく小さな処分を受けました.そして,品物が何年や 00から休日の間教育省が 16の全
国地方のドギョユックチォングの懲戒処置現在の条件を締めたとその結果警告しなかったです.
上記の参加者の間で,私は処分が次のヶ月 5まで 4回に終わらせない 173人に対して懲戒処置委員会を開きます,そして,それは処分を
決める計画です.66は,給料縮小が非常に小さな処分の間で一番重い処分である 6個の月,記録が 132(非難のために 5を制限したので
あいさつ記録カード)まで昇進であるままで会った少しもオブジェクトではない警告を受け入れました.
私が給料縮小と警告を受け入れる時,校監と校長への昇進は任務評価によって「数」を受けることができないのために(のため) 難しく
なります

425 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 10:27:40 ID:???
それが,親切な事がなどです「均一な時,そして,悪臭を漂っているため,そこで本当に好きな方向に働きますか?」
追加で,それは上下がいないいっぱい待った作業旅程と会社等ですか?私たちは,喜びでそっちへ行って走って請
求書です.ドトの世界的なミライ学者グンドラが具体化するミスターについては,これは私たちの姿に長くない将
来の物でイルウルを現わします将来(日が眺める境目) なく,領域は消えます,そして,決して前に出なくて蟹,占領
係はダイナミックになります.私は,新語によって人将来と点の物した旧トラブル係の青い真実が主な役目を「ジ
ョノ‐マッド」(遊牧民/ヨブNoma)と呼ぶことを現わす.ジョノ‐マドは,給料も良いが人生で働いている「お金
の鳥篭」に対する拒絶をします.下位ではないことは,占領にグァンヘソヌンですそして,グドルゲが,成功するよ
りも重要.です理由は私がそれができたら,それが広いフィールドの能力を磨くことによってその人の独創性の価
値のレベルをアップするからです,そして,それはそれを感じます.イルユモックミングループのファルドングヌン
速度をあげて,特徴のスタイルを整理する価値としての流動生活非常に来なければならない表面の知識経済社会
です,即興性は重要です.驚きべき一路,この新しい社会で進行中の見込みが見る時著者が「ただごと 」と言うの
があって罫線であるムルゴンインジルルを指示する間,それがそれでいるすべての日を働くようにする普通仕事
の大部分が 2010年まで消える時,私はそれを予知します.間隔は,200年に近いです; living-in-,痛みは働き口を
捜し出すためにパスします,そして,多くの若いと失業中の人々(ただごと)による滲まれるにも関係なく,住んで
ください; .あの時,人々に対して,存在が掻ハンセン病が言うために普通日課大概の考えが肯定してそれを変える
と予想した日が今年誌と言う疑いだと思います.問いと回答著者の返事は,特にこの本で面白い部分である最後の
ことの時です.ナゾザが予想どおりそれを指示したので将来が展開するかどうかに関係なく,シンウィフエがそこ
に向かって,そして,著者が 2020年に飛行機に行って,020で過去バルゾンイルウルロにもう年間とのガッゲを回
想して.グングゾックの夢にもかかわらず将来の誠実をするために人々だ言う将来を歓迎することによってそれを切るために

426 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 16:10:58 ID:???
5人の人のアニメーションの生産のチームの「来たので芸能人によって歓迎された地球の中にそれはあり」Fiveの々と
「同期構成の芸術大学チョン学年それ、Hyocgn(チョンGehyoc)、Shidorac(量のSanshic)、Shicman(量のSanshic)、
およびヘッドのsatanと97Kewon(チャンSoccho)バンド(チョンSammin)」メンバー。 アウトレットとカタルシに関し
て、私は、兵役問題と家父長制をこれで材料と乱用の日常生活で複雑にさせるのである単語に関する荒いなどあるこ
が好きです。 2002年に始動したそれらの作品は、Bクラス文化と呼ばれて、韓国の全体の文化的なインターネトに拡
散しました。 現状通り、400が生産されましたが、残りのためのフラッシュを入手した経験と論争はこれまでンター
ットの全体の文化的な問題を示しました。 「そして、それは」 自由などの真実、害と知的所有権の文化がそれのめ光
栄に思われるために言い表すと思ったクラス、および「それがDecanからConeを貫く材料がした議論で経験さた日報
人の余地のどんな控除も仕事の武力のトレーニングの目的地に本部を置かれて、ベースと東がアジア(Ton'a)でったな
だれのものにできたかが本部を置かれているということでないこと」からするようにRecentlyと漫画をした男に会い
した。 」 (日本人は'三流'でそれを意図します。)決定して、文化は逸脱するべきです。 「目的と呼んで、それら、それ
それ、およびサム、材料が動かす表現の文化へのクラスのリードへのその入っている光、および私たち。 . 」 …当っ
ください。 こぶし。 音。 破裂音。 神秘的。 それはそれにマスクをかけます。 誤用。 それには、それがあります人。
それは、それが快過ぎる材料でなく、spread.Itが可能であると思うのを置きます。 他のチャンSocchoフッシュはそ
が素晴らしいウサギのマシュマロの少女Pcaのように中国で商品でよく販売した1などに適していました。しかしなが
通常、私たちは私たちの環境で見られたキャラクタを作りたかったです。 私たちの乱用は大きかったでチャンとエコ
ー。 乱用がその時それを想像することができないので、フラッシュは入力されます。 それは、ほとんど話されないで
混ぜられている間、乱用は使用されるかもしれません。 私は日常生活の濾過なしでそれを示したかったです。

427 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 16:11:33 ID:???
それはパーティー前進と兆候を示します。 遅らせられて、それがそうであり、もっとも、政界再編のバンが熱意である
かもしれないという、ことです。 国民生活問題が国会の国民生活に関係づけた請求書の処理がピンクの山であったので、
それはそれを受けます。 会議を開催する政府政府が五番目にそれが政府ですが、短縮問題によって幹部社員レベルにおけ
る軍事力プレスと共にサービスの一区切りを話しに「人の現在ケん。 付着してください。通知。もう少し。無力にします。
終わってください。パーティーへ行ってください。あらかじめ。オフィス。終身在職権。今週。議長。議長。アセンブリ。
政審。代表する。適切。方針。調整。議長。終わってください。持っています。先月。去ってください。最近。政審。活動。
パーティーへ行ってください。複雑。党内。事情。 Matsrigotototono二世議長であったRine議員は、4日に「政審の経営の
ためにまだインディケータを受け取っていませんでした」と仮定して、「会議に出席するべきです。」と話しました。
aは政府与党がグループによって維持された党大会のために現実的に一時的な国に集結されます。 したがって、それと独占
は、家の個人的なロットに従って費用の始まりを主に置くことによって政府の不動産測定を擾乱して、会社の費用がアプリ
ケーションのために受け取られる投資合走ッ年金。 方法。 十分な議論。 ダイエットしてください。 承認。 不透明。 それは
見られます。 一時、目標へのパーティーの方針機能のまひが以下の党議の長さのための規則が14日に後継者の政審の議長を
任命して、決めなかったパーティーの改正にもかかわらず、多くのItから始ュ府はパーティーへ行きます。 出来事。 中国。
正月。 安定化に値を付けてください。 測定。 それはそれについて議論します。 開いてください。 政府。 人。 通ってく
ださい。 それはそれはそれが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために
難しかったです」という意見をはっきりさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な
滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出
を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ。

428 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 16:13:19 ID:???
教育人的資源パート(教育省)は,それが一名(引き継ぐ)であったのかに関係なく,グループでこの 11月のグループ休日のために争って,
強制に国勢調査レジスターの移動を調査して,難しくて先生グループの不法行為動作をこなごなに壊す 28を一学校レーバーユニオン
(すべての宗教を分類します)のポストの現地スタップの 2,286人の先生のため,懲戒処置または管理の宣誓証言を行いました.
それをそれで見做している間,教育省の秘書と金銭Shinichi(金 Shin 日) 副首相が先生に着に関連があって,同じ日に彼「それを早く終
わらなかった先生に有利に判決を下すことを目的にする懲戒処置手順」(懲戒処置によって)を明白にさせて,私が国民的先生に送った
手紙で「すべての宗教の難しくて着になった先生 2,200以上は,私が教育政府の re-3の訴えに関心を持つ仕事なしに許可なしに学校
を発って,不法行為の集団行動に参加したグループ(引き継ぐ)でした」金銭副首相は「交渉に関する論議を通じて意見を記述した方法
は,教職グループの場合確立されました」と仮定して,私が「私がグループの勢力を借りて,違法した方向に自分の権利を終わらせる考
え(引き継ぐ)だった比較肉炙な行動を決して認めない」つもり(引き継ぐ)ヨッスブニダと言う警告をしました.
263は 4回上記の参加者の間に管理の宣誓証言の給料を減らしました,そして,奮闘する 3未満の時間の 1,850人の参加者(1,083の注
意,総体的な警告 419,文書警告 348)は非難と同じく小さな処分を受けました.そして,品物が何年や 00から休日の間教育省が 16の全
国地方のドギョユックチォングの懲戒処置現在の条件を締めたとその結果警告しなかったです.
上記の参加者の間で,私は処分が次のヶ月 5まで 4回に終わらせない 173人に対して懲戒処置委員会を開きます,そして,それは処分を
決める計画です.66は,給料縮小が非常に小さな処分の間で一番重い処分である 6個の月,記録が 132(非難のために 5を制限したので
あいさつ記録カード)まで昇進であるままで会った少しもオブジェクトではない警告を受け入れました.
私が給料縮小と警告を受け入れる時,校監と校長への昇進は任務評価によって「数」を受けることができないのために(のため) 難しく
なります

429 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 16:14:12 ID:???
そして、タバコを吸い続けていたタフなカウボーイは馬に属しました。 それがボスですが、単に1に関するメッセージが
放り出されるとき、合衆国の中の広告野原は50年間放り出され過ぎます。それは、上記で、「喫煙家は素晴らしいこと」。
「現在、世界各地の喫煙人口はおよそ13億人の人です。」 ハイレベルな商品は人の口によって消費されます、そして、
そのような鼻が役に立つ状態で分かる記事が全くありません。 しかしながら、それは、さまざまなシンボルとして扱われ
た病気と原因でした。 貧乏人は今日死にます。…Itはタバコです。 猿が加えられている状態で広告看板がたいへん言った
ので、合衆国の高速道路へのタバコは立ちます。 「素直に、ざんげしましょう。 硬化剤、口臭、たん…Because、および
タバコは吸われます、そして、Itの癌は恥ずかしいです。 愛煙家に関して、この本は見られます、そして、喜びの叫び声
は心を見ます。 文化は、環境で真っすぐになるときのこの本で変化を取って、時代にレース、文学、および芸術を取りま
す。どう歴史的に喫煙するか… 薬かアメリカの大陸のエチケットに使用されるタバコと世界中に広がるルートの新大陸の
発見の後に、コロンブスという原住民はいて、それは追求されます。 各国。 タバコ。 社会的意味。 喫煙。 世界征服。
歴史。 それを処理してください。 それは16世紀にsee.Ifと共に喫煙する事実イギリスにうれしいかもしれません。愛煙家
のための「処理のシンボル。」 イギリスのトーマスという科学者はタバコを話します、そして、「胃のヘッドであり、腸
の、そして、不正直なKiと汚い体液は彼の身体、および煙を保護した神によって浄化されます」。 「各分野の専門家であ
る33人の作者で煙る比喩は芸術を解決しました、人類学、音楽、そして、映画の歴史などはおもしろい芸術によるいずれ
でもあります。」 それは考えました。 それは興奮について考えます、そして、世界のように大部分によるすべての男性観
衆のスクリーンの上の喫煙家に対する成功のたいへん一部です。 タバコはマルレーヌと脚の線の美にうんざりするように
思えるキャラクタに使用されます。 オリジナルと、外れるのは、そうです。ポイントが英語版の韓国の喫煙小説を含むの
において、うれしいです。

430 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 16:14:52 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、
そして、流行は90年代に開きます。

431 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 19:42:01 ID:???
それはパーティー前進と兆候を示します。 遅らせられて、それがそうであり、もっとも、政界再編のバンが熱意である
かもしれないという、ことです。 国民生活問題が国会の国民生活に関係づけた請求書の処理がピンクの山であったので、
それはそれを受けます。 会議を開催する政府政府が五番目にそれが政府ですが、短縮問題によって幹部社員レベルにおけ
る軍事力プレスと共にサービスの一区切りを話しに「人の現在ケん。 付着してください。通知。もう少し。無力にします。
終わってください。パーティーへ行ってください。あらかじめ。オフィス。終身在職権。今週。議長。議長。アセンブリ。
政審。代表する。適切。方針。調整。議長。終わってください。持っています。先月。去ってください。最近。政審。活動。
パーティーへ行ってください。複雑。党内。事情。 Matsrigotototono二世議長であったRine議員は、4日に「政審の経営の
ためにまだインディケータを受け取っていませんでした」と仮定して、「会議に出席するべきです。」と話しました。
aは政府与党がグループによって維持された党大会のために現実的に一時的な国に集結されます。 したがって、それと独占
は、家の個人的なロットに従って費用の始まりを主に置くことによって政府の不動産測定を擾乱して、会社の費用がアプリ
ケーションのために受け取られる投資合走ッ年金。 方法。 十分な議論。 ダイエットしてください。 承認。 不透明。 それは
見られます。 一時、目標へのパーティーの方針機能のまひが以下の党議の長さのための規則が14日に後継者の政審の議長を
任命して、決めなかったパーティーの改正にもかかわらず、多くのItから始ュ府はパーティーへ行きます。 出来事。 中国。
正月。 安定化に値を付けてください。 測定。 それはそれについて議論します。 開いてください。 政府。 人。 通ってく
ださい。 それはそれはそれが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために
難しかったです」という意見をはっきりさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な
滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出
を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ。

432 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 19:43:36 ID:???
5人の人のアニメーションの生産のチームの「来たので芸能人によって歓迎された地球の中にそれはあり」Fiveの々と
「同期構成の芸術大学チョン学年それ、Hyocgn(チョンGehyoc)、Shidorac(量のSanshic)、Shicman(量のSanshic)、
およびヘッドのsatanと97Kewon(チャンSoccho)バンド(チョンSammin)」メンバー。 アウトレットとカタルシに関し
て、私は、兵役問題と家父長制をこれで材料と乱用の日常生活で複雑にさせるのである単語に関する荒いなどあるこ
が好きです。 2002年に始動したそれらの作品は、Bクラス文化と呼ばれて、韓国の全体の文化的なインターネトに拡
散しました。 現状通り、400が生産されましたが、残りのためのフラッシュを入手した経験と論争はこれまでンター
ットの全体の文化的な問題を示しました。 「そして、それは」 自由などの真実、害と知的所有権の文化がそれのめ光
栄に思われるために言い表すと思ったクラス、および「それがDecanからConeを貫く材料がした議論で経験さた日報
人の余地のどんな控除も仕事の武力のトレーニングの目的地に本部を置かれて、ベースと東がアジア(Ton'a)でったな
だれのものにできたかが本部を置かれているということでないこと」からするようにRecentlyと漫画をした男に会い
した。 」 (日本人は'三流'でそれを意図します。)決定して、文化は逸脱するべきです。 「目的と呼んで、それら、それ
それ、およびサム、材料が動かす表現の文化へのクラスのリードへのその入っている光、および私たち。 . 」 …当っ
ください。 こぶし。 音。 破裂音。 神秘的。 それはそれにマスクをかけます。 誤用。 それには、それがあります人。
それは、それが快過ぎる材料でなく、spread.Itが可能であると思うのを置きます。 他のチャンSocchoフッシュはそ
が素晴らしいウサギのマシュマロの少女Pcaのように中国で商品でよく販売した1などに適していました。しかしなが
通常、私たちは私たちの環境で見られたキャラクタを作りたかったです。 私たちの乱用は大きかったでチャンとエコ
ー。 乱用がその時それを想像することができないので、フラッシュは入力されます。 それは、ほとんど話されないで
混ぜられている間、乱用は使用されるかもしれません。 私は日常生活の濾過なしでそれを示したかったです。

433 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 19:46:55 ID:???
5人の人のアニメーションの生産のチームの「来たので芸能人によって歓迎された地球の中にそれはあり」Fiveの々と
「同期構成の芸術大学チョン学年それ、Hyocgn(チョンGehyoc)、Shidorac(量のSanshic)、Shicman(量のSanshic)、
およびヘッドのsatanと97Kewon(チャンSoccho)バンド(チョンSammin)」メンバー。 アウトレットとカタルシに関し
て、私は、兵役問題と家父長制をこれで材料と乱用の日常生活で複雑にさせるのである単語に関する荒いなどあるこ
が好きです。 2002年に始動したそれらの作品は、Bクラス文化と呼ばれて、韓国の全体の文化的なインターネトに拡
散しました。 現状通り、400が生産されましたが、残りのためのフラッシュを入手した経験と論争はこれまでンター
ットの全体の文化的な問題を示しました。 「そして、それは」 自由などの真実、害と知的所有権の文化がそれのめ光
栄に思われるために言い表すと思ったクラス、および「それがDecanからConeを貫く材料がした議論で経験さた日報
人の余地のどんな控除も仕事の武力のトレーニングの目的地に本部を置かれて、ベースと東がアジア(Ton'a)でったな
だれのものにできたかが本部を置かれているということでないこと」からするようにRecentlyと漫画をした男に会い
した。 」 (日本人は'三流'でそれを意図します。)決定して、文化は逸脱するべきです。 「目的と呼んで、それら、それ
それ、およびサム、材料が動かす表現の文化へのクラスのリードへのその入っている光、および私たち。 . 」 …当っ
ください。 こぶし。 音。 破裂音。 神秘的。 それはそれにマスクをかけます。 誤用。 それには、それがあります人。
それは、それが快過ぎる材料でなく、spread.Itが可能であると思うのを置きます。 他のチャンSocchoフッシュはそ
が素晴らしいウサギのマシュマロの少女Pcaのように中国で商品でよく販売した1などに適していました。しかしなが
通常、私たちは私たちの環境で見られたキャラクタを作りたかったです。 私たちの乱用は大きかったでチャンとエコ
ー。 乱用がその時それを想像することができないので、フラッシュは入力されます。 それは、ほとんど話されないで
混ぜられている間、乱用は使用されるかもしれません。 私は日常生活の濾過なしでそれを示したかったです。

434 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 19:47:33 ID:???
それはパーティー前進と兆候を示します。 遅らせられて、それがそうであり、もっとも、政界再編のバンが熱意である
かもしれないという、ことです。 国民生活問題が国会の国民生活に関係づけた請求書の処理がピンクの山であったので、
それはそれを受けます。 会議を開催する政府政府が五番目にそれが政府ですが、短縮問題によって幹部社員レベルにおけ
る軍事力プレスと共にサービスの一区切りを話しに「人の現在ケん。 付着してください。通知。もう少し。無力にします。
終わってください。パーティーへ行ってください。あらかじめ。オフィス。終身在職権。今週。議長。議長。アセンブリ。
政審。代表する。適切。方針。調整。議長。終わってください。持っています。先月。去ってください。最近。政審。活動。
パーティーへ行ってください。複雑。党内。事情。 Matsrigotototono二世議長であったRine議員は、4日に「政審の経営の
ためにまだインディケータを受け取っていませんでした」と仮定して、「会議に出席するべきです。」と話しました。
aは政府与党がグループによって維持された党大会のために現実的に一時的な国に集結されます。 したがって、それと独占
は、家の個人的なロットに従って費用の始まりを主に置くことによって政府の不動産測定を擾乱して、会社の費用がアプリ
ケーションのために受け取られる投資合走ッ年金。 方法。 十分な議論。 ダイエットしてください。 承認。 不透明。 それは
見られます。 一時、目標へのパーティーの方針機能のまひが以下の党議の長さのための規則が14日に後継者の政審の議長を
任命して、決めなかったパーティーの改正にもかかわらず、多くのItから始ュ府はパーティーへ行きます。 出来事。 中国。
正月。 安定化に値を付けてください。 測定。 それはそれについて議論します。 開いてください。 政府。 人。 通ってく
ださい。 それはそれはそれが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために
難しかったです」という意見をはっきりさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な
滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出
を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ。

435 :いつか名無しさんが:2007/02/06(火) 19:48:17 ID:???
1ヵ月を超える以前の11月1日に、このケースが新しい1,000内部にあったとき、 - 「伊東敬文」のパターンの理想の請求は、
1,000の代わりに現れました - その時パターンであった請求を夢に見てください。私は、「パターンと要請が1950年1月の
(1950)、しかし、1,000に合うのを見ることができました - 偽造紙幣を示した円は、1年の4月でした」。お茶、1がケース
し、偽造紙幣は順番にそれの後、現れました。195年の間、「チーは、それが私が喜ばせる秋田であるという37の場合が
「1,000人の黄色のダンのあだ名によってそれを呼ぶ7月にいる - 顔が本当の黄色である、そして、31であったことが東京の
部分を発見したので、請求を夢に見ます」(昭和年)、そして、第26(1961)で発見しました第37です、そして、日本銀行
は12月7日にチー事件(1961)によって分かれます」。これらの37枚の偽造紙幣はかなり正確でした、そして、警察は再び
あらゆるありうる努力をしました。私は、私が3,000円(不正な要請探知器の有力な情報提供者)の感謝のために10,000円を
取り出すと発表しました。全国銀行協会は、私が1,000,000円の賞金に続いた妨害に放り込まれました。しかし、もしもが結
局犯人を捕えることができないので、それはそれです、Byはこんなに偶然起こります、私は「1,000を持ってくることになっ
ています - 「伊東敬文」に夢は私がそれをゆがめて、変えたことを広告して、新しいです」。私が類似していてそれに関連が
あったとき、お茶(処方)の37のケースに関しては、それは1973年に11月3日に作られました(1973)。5、100円メモで
広告しますと、10円の偽造紙幣の内部の(I)のコード番号に関しては「呂」(ろ)が注意します。
私は大きかったです、そして、「大きな国の方山」と「伊東敬文」とのどんな関係でもいいえのようだったが、韓国の新聞で
これらのうちの2つを報告しました。そして、私、「それを感じて、そして、あなたにそうそれをさせる1,000の円メモに、
ってそれをもつ韓国総督であったポジティブな方針の人の伊東敬文を突き殺すかもしれなかったと続けました。」それが「灰
方法のものの上で韓国の人々のすれられたという感情のためにそれを刺すためにそうだったことは、痛みました。

436 :いつか名無しさんが:2007/02/07(水) 01:49:22 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、
そして、流行は90年代に開きます。

437 :いつか名無しさんが:2007/02/07(水) 01:50:41 ID:???
5人の人のアニメーションの生産のチームの「来たので芸能人によって歓迎された地球の中にそれはあり」Fiveの々と
「同期構成の芸術大学チョン学年それ、Hyocgn(チョンGehyoc)、Shidorac(量のSanshic)、Shicman(量のSanshic)、
およびヘッドのsatanと97Kewon(チャンSoccho)バンド(チョンSammin)」メンバー。 アウトレットとカタルシに関し
て、私は、兵役問題と家父長制をこれで材料と乱用の日常生活で複雑にさせるのである単語に関する荒いなどあるこ
が好きです。 2002年に始動したそれらの作品は、Bクラス文化と呼ばれて、韓国の全体の文化的なインターネトに拡
散しました。 現状通り、400が生産されましたが、残りのためのフラッシュを入手した経験と論争はこれまでンター
ットの全体の文化的な問題を示しました。 「そして、それは」 自由などの真実、害と知的所有権の文化がそれのめ光
栄に思われるために言い表すと思ったクラス、および「それがDecanからConeを貫く材料がした議論で経験さた日報
人の余地のどんな控除も仕事の武力のトレーニングの目的地に本部を置かれて、ベースと東がアジア(Ton'a)でったな
だれのものにできたかが本部を置かれているということでないこと」からするようにRecentlyと漫画をした男に会い
した。 」 (日本人は'三流'でそれを意図します。)決定して、文化は逸脱するべきです。 「目的と呼んで、それら、それ
それ、およびサム、材料が動かす表現の文化へのクラスのリードへのその入っている光、および私たち。 . 」 …当っ
ください。 こぶし。 音。 破裂音。 神秘的。 それはそれにマスクをかけます。 誤用。 それには、それがあります人。
それは、それが快過ぎる材料でなく、spread.Itが可能であると思うのを置きます。 他のチャンSocchoフッシュはそ
が素晴らしいウサギのマシュマロの少女Pcaのように中国で商品でよく販売した1などに適していました。しかしなが
通常、私たちは私たちの環境で見られたキャラクタを作りたかったです。 私たちの乱用は大きかったでチャンとエコ
ー。 乱用がその時それを想像することができないので、フラッシュは入力されます。 それは、ほとんど話されないで
混ぜられている間、乱用は使用されるかもしれません。 私は日常生活の濾過なしでそれを示したかったです。

438 :いつか名無しさんが:2007/02/07(水) 01:52:06 ID:???
そして、タバコを吸い続けていたタフなカウボーイは馬に属しました。 それがボスですが、単に1に関するメッセージが
放り出されるとき、合衆国の中の広告野原は50年間放り出され過ぎます。それは、上記で、「喫煙家は素晴らしいこと」。
「現在、世界各地の喫煙人口はおよそ13億人の人です。」 ハイレベルな商品は人の口によって消費されます、そして、
そのような鼻が役に立つ状態で分かる記事が全くありません。 しかしながら、それは、さまざまなシンボルとして扱われ
た病気と原因でした。 貧乏人は今日死にます。…Itはタバコです。 猿が加えられている状態で広告看板がたいへん言った
ので、合衆国の高速道路へのタバコは立ちます。 「素直に、ざんげしましょう。 硬化剤、口臭、たん…Because、および
タバコは吸われます、そして、Itの癌は恥ずかしいです。 愛煙家に関して、この本は見られます、そして、喜びの叫び声
は心を見ます。 文化は、環境で真っすぐになるときのこの本で変化を取って、時代にレース、文学、および芸術を取りま
す。どう歴史的に喫煙するか… 薬かアメリカの大陸のエチケットに使用されるタバコと世界中に広がるルートの新大陸の
発見の後に、コロンブスという原住民はいて、それは追求されます。 各国。 タバコ。 社会的意味。 喫煙。 世界征服。
歴史。 それを処理してください。 それは16世紀にsee.Ifと共に喫煙する事実イギリスにうれしいかもしれません。愛煙家
のための「処理のシンボル。」 イギリスのトーマスという科学者はタバコを話します、そして、「胃のヘッドであり、腸
の、そして、不正直なKiと汚い体液は彼の身体、および煙を保護した神によって浄化されます」。 「各分野の専門家であ
る33人の作者で煙る比喩は芸術を解決しました、人類学、音楽、そして、映画の歴史などはおもしろい芸術によるいずれ
でもあります。」 それは考えました。 それは興奮について考えます、そして、世界のように大部分によるすべての男性観
衆のスクリーンの上の喫煙家に対する成功のたいへん一部です。 タバコはマルレーヌと脚の線の美にうんざりするように
思えるキャラクタに使用されます。 オリジナルと、外れるのは、そうです。ポイントが英語版の韓国の喫煙小説を含むの
において、うれしいです。

439 :いつか名無しさんが:2007/02/07(水) 01:54:16 ID:???
それはパーティー前進と兆候を示します。 遅らせられて、それがそうであり、もっとも、政界再編のバンが熱意である
かもしれないという、ことです。 国民生活問題が国会の国民生活に関係づけた請求書の処理がピンクの山であったので、
それはそれを受けます。 会議を開催する政府政府が五番目にそれが政府ですが、短縮問題によって幹部社員レベルにおけ
る軍事力プレスと共にサービスの一区切りを話しに「人の現在ケん。 付着してください。通知。もう少し。無力にします。
終わってください。パーティーへ行ってください。あらかじめ。オフィス。終身在職権。今週。議長。議長。アセンブリ。
政審。代表する。適切。方針。調整。議長。終わってください。持っています。先月。去ってください。最近。政審。活動。
パーティーへ行ってください。複雑。党内。事情。 Matsrigotototono二世議長であったRine議員は、4日に「政審の経営の
ためにまだインディケータを受け取っていませんでした」と仮定して、「会議に出席するべきです。」と話しました。
aは政府与党がグループによって維持された党大会のために現実的に一時的な国に集結されます。 したがって、それと独占
は、家の個人的なロットに従って費用の始まりを主に置くことによって政府の不動産測定を擾乱して、会社の費用がアプリ
ケーションのために受け取られる投資合走ッ年金。 方法。 十分な議論。 ダイエットしてください。 承認。 不透明。 それは
見られます。 一時、目標へのパーティーの方針機能のまひが以下の党議の長さのための規則が14日に後継者の政審の議長を
任命して、決めなかったパーティーの改正にもかかわらず、多くのItから始ュ府はパーティーへ行きます。 出来事。 中国。
正月。 安定化に値を付けてください。 測定。 それはそれについて議論します。 開いてください。 政府。 人。 通ってく
ださい。 それはそれはそれが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために
難しかったです」という意見をはっきりさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な
滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出
を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ。

440 :いつか名無しさんが:2007/02/07(水) 01:55:13 ID:???
1ヵ月を超える以前の11月1日に、このケースが新しい1,000内部にあったとき、 - 「伊東敬文」のパターンの理想の請求は、
1,000の代わりに現れました - その時パターンであった請求を夢に見てください。私は、「パターンと要請が1950年1月の
(1950)、しかし、1,000に合うのを見ることができました - 偽造紙幣を示した円は、1年の4月でした」。お茶、1がケース
し、偽造紙幣は順番にそれの後、現れました。195年の間、「チーは、それが私が喜ばせる秋田であるという37の場合が
「1,000人の黄色のダンのあだ名によってそれを呼ぶ7月にいる - 顔が本当の黄色である、そして、31であったことが東京の
部分を発見したので、請求を夢に見ます」(昭和年)、そして、第26(1961)で発見しました第37です、そして、日本銀行
は12月7日にチー事件(1961)によって分かれます」。これらの37枚の偽造紙幣はかなり正確でした、そして、警察は再び
あらゆるありうる努力をしました。私は、私が3,000円(不正な要請探知器の有力な情報提供者)の感謝のために10,000円を
取り出すと発表しました。全国銀行協会は、私が1,000,000円の賞金に続いた妨害に放り込まれました。しかし、もしもが結
局犯人を捕えることができないので、それはそれです、Byはこんなに偶然起こります、私は「1,000を持ってくることになっ
ています - 「伊東敬文」に夢は私がそれをゆがめて、変えたことを広告して、新しいです」。私が類似していてそれに関連が
あったとき、お茶(処方)の37のケースに関しては、それは1973年に11月3日に作られました(1973)。5、100円メモで
広告しますと、10円の偽造紙幣の内部の(I)のコード番号に関しては「呂」(ろ)が注意します。
私は大きかったです、そして、「大きな国の方山」と「伊東敬文」とのどんな関係でもいいえのようだったが、韓国の新聞で
これらのうちの2つを報告しました。そして、私、「それを感じて、そして、あなたにそうそれをさせる1,000の円メモに、
ってそれをもつ韓国総督であったポジティブな方針の人の伊東敬文を突き殺すかもしれなかったと続けました。」それが「灰
方法のものの上で韓国の人々のすれられたという感情のためにそれを刺すためにそうだったことは、痛みました。

441 :いつか名無しさんが:2007/02/07(水) 05:15:46 ID:???
そして、タバコを吸い続けていたタフなカウボーイは馬に属しました。 それがボスですが、単に1に関するメッセージが
放り出されるとき、合衆国の中の広告野原は50年間放り出され過ぎます。それは、上記で、「喫煙家は素晴らしいこと」。
「現在、世界各地の喫煙人口はおよそ13億人の人です。」 ハイレベルな商品は人の口によって消費されます、そして、
そのような鼻が役に立つ状態で分かる記事が全くありません。 しかしながら、それは、さまざまなシンボルとして扱われ
た病気と原因でした。 貧乏人は今日死にます。…Itはタバコです。 猿が加えられている状態で広告看板がたいへん言った
ので、合衆国の高速道路へのタバコは立ちます。 「素直に、ざんげしましょう。 硬化剤、口臭、たん…Because、および
タバコは吸われます、そして、Itの癌は恥ずかしいです。 愛煙家に関して、この本は見られます、そして、喜びの叫び声
は心を見ます。 文化は、環境で真っすぐになるときのこの本で変化を取って、時代にレース、文学、および芸術を取りま
す。どう歴史的に喫煙するか… 薬かアメリカの大陸のエチケットに使用されるタバコと世界中に広がるルートの新大陸の
発見の後に、コロンブスという原住民はいて、それは追求されます。 各国。 タバコ。 社会的意味。 喫煙。 世界征服。
歴史。 それを処理してください。 それは16世紀にsee.Ifと共に喫煙する事実イギリスにうれしいかもしれません。愛煙家
のための「処理のシンボル。」 イギリスのトーマスという科学者はタバコを話します、そして、「胃のヘッドであり、腸
の、そして、不正直なKiと汚い体液は彼の身体、および煙を保護した神によって浄化されます」。 「各分野の専門家であ
る33人の作者で煙る比喩は芸術を解決しました、人類学、音楽、そして、映画の歴史などはおもしろい芸術によるいずれ
でもあります。」 それは考えました。 それは興奮について考えます、そして、世界のように大部分によるすべての男性観
衆のスクリーンの上の喫煙家に対する成功のたいへん一部です。 タバコはマルレーヌと脚の線の美にうんざりするように
思えるキャラクタに使用されます。 オリジナルと、外れるのは、そうです。ポイントが英語版の韓国の喫煙小説を含むの
において、うれしいです。

442 :いつか名無しさんが:2007/02/07(水) 05:16:38 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、
そして、流行は90年代に開きます。

443 :いつか名無しさんが:2007/02/07(水) 05:17:26 ID:???
それはパーティー前進と兆候を示します。 遅らせられて、それがそうであり、もっとも、政界再編のバンが熱意である
かもしれないという、ことです。 国民生活問題が国会の国民生活に関係づけた請求書の処理がピンクの山であったので、
それはそれを受けます。 会議を開催する政府政府が五番目にそれが政府ですが、短縮問題によって幹部社員レベルにおけ
る軍事力プレスと共にサービスの一区切りを話しに「人の現在ケん。 付着してください。通知。もう少し。無力にします。
終わってください。パーティーへ行ってください。あらかじめ。オフィス。終身在職権。今週。議長。議長。アセンブリ。
政審。代表する。適切。方針。調整。議長。終わってください。持っています。先月。去ってください。最近。政審。活動。
パーティーへ行ってください。複雑。党内。事情。 Matsrigotototono二世議長であったRine議員は、4日に「政審の経営の
ためにまだインディケータを受け取っていませんでした」と仮定して、「会議に出席するべきです。」と話しました。
aは政府与党がグループによって維持された党大会のために現実的に一時的な国に集結されます。 したがって、それと独占
は、家の個人的なロットに従って費用の始まりを主に置くことによって政府の不動産測定を擾乱して、会社の費用がアプリ
ケーションのために受け取られる投資合走ッ年金。 方法。 十分な議論。 ダイエットしてください。 承認。 不透明。 それは
見られます。 一時、目標へのパーティーの方針機能のまひが以下の党議の長さのための規則が14日に後継者の政審の議長を
任命して、決めなかったパーティーの改正にもかかわらず、多くのItから始ュ府はパーティーへ行きます。 出来事。 中国。
正月。 安定化に値を付けてください。 測定。 それはそれについて議論します。 開いてください。 政府。 人。 通ってく
ださい。 それはそれはそれが「彼らの賃金労働者グループの組織を禁止しているこの支配においてそれを考慮するために
難しかったです」という意見をはっきりさせました。裁判部は「労働エージェンシーは、労働組合のメンバーの合法的な
滞在資格取得を調べる権限がなかったけれども、二度と試験のために法律からそこになかった協会リストのメンバーの提出
を要求しました」と仮定して、それを説明しましたそれ。

444 :いつか名無しさんが:2007/02/07(水) 05:17:59 ID:???
5人の人のアニメーションの生産のチームの「来たので芸能人によって歓迎された地球の中にそれはあり」Fiveの々と
「同期構成の芸術大学チョン学年それ、Hyocgn(チョンGehyoc)、Shidorac(量のSanshic)、Shicman(量のSanshic)、
およびヘッドのsatanと97Kewon(チャンSoccho)バンド(チョンSammin)」メンバー。 アウトレットとカタルシに関し
て、私は、兵役問題と家父長制をこれで材料と乱用の日常生活で複雑にさせるのである単語に関する荒いなどあるこ
が好きです。 2002年に始動したそれらの作品は、Bクラス文化と呼ばれて、韓国の全体の文化的なインターネトに拡
散しました。 現状通り、400が生産されましたが、残りのためのフラッシュを入手した経験と論争はこれまでンター
ットの全体の文化的な問題を示しました。 「そして、それは」 自由などの真実、害と知的所有権の文化がそれのめ光
栄に思われるために言い表すと思ったクラス、および「それがDecanからConeを貫く材料がした議論で経験さた日報
人の余地のどんな控除も仕事の武力のトレーニングの目的地に本部を置かれて、ベースと東がアジア(Ton'a)でったな
だれのものにできたかが本部を置かれているということでないこと」からするようにRecentlyと漫画をした男に会い
した。 」 (日本人は'三流'でそれを意図します。)決定して、文化は逸脱するべきです。 「目的と呼んで、それら、それ
それ、およびサム、材料が動かす表現の文化へのクラスのリードへのその入っている光、および私たち。 . 」 …当っ
ください。 こぶし。 音。 破裂音。 神秘的。 それはそれにマスクをかけます。 誤用。 それには、それがあります人。
それは、それが快過ぎる材料でなく、spread.Itが可能であると思うのを置きます。 他のチャンSocchoフッシュはそ
が素晴らしいウサギのマシュマロの少女Pcaのように中国で商品でよく販売した1などに適していました。しかしなが
通常、私たちは私たちの環境で見られたキャラクタを作りたかったです。 私たちの乱用は大きかったでチャンとエコ
ー。 乱用がその時それを想像することができないので、フラッシュは入力されます。 それは、ほとんど話されないで
混ぜられている間、乱用は使用されるかもしれません。 私は日常生活の濾過なしでそれを示したかったです。

445 :いつか名無しさんが:2007/02/07(水) 05:18:30 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、
そして、流行は90年代に開きます。

446 :いつか名無しさんが:2007/02/07(水) 11:43:33 ID:???
5人の人のアニメーションの生産のチームの「来たので芸能人によって歓迎された地球の中にそれはあり」Fiveの々と
「同期構成の芸術大学チョン学年それ、Hyocgn(チョンGehyoc)、Shidorac(量のSanshic)、Shicman(量のSanshic)、
およびヘッドのsatanと97Kewon(チャンSoccho)バンド(チョンSammin)」メンバー。 アウトレットとカタルシに関し
て、私は、兵役問題と家父長制をこれで材料と乱用の日常生活で複雑にさせるのである単語に関する荒いなどあるこ
が好きです。 2002年に始動したそれらの作品は、Bクラス文化と呼ばれて、韓国の全体の文化的なインターネトに拡
散しました。 現状通り、400が生産されましたが、残りのためのフラッシュを入手した経験と論争はこれまでンター
ットの全体の文化的な問題を示しました。 「そして、それは」 自由などの真実、害と知的所有権の文化がそれのめ光
栄に思われるために言い表すと思ったクラス、および「それがDecanからConeを貫く材料がした議論で経験さた日報
人の余地のどんな控除も仕事の武力のトレーニングの目的地に本部を置かれて、ベースと東がアジア(Ton'a)でったな
だれのものにできたかが本部を置かれているということでないこと」からするようにRecentlyと漫画をした男に会い
した。 」 (日本人は'三流'でそれを意図します。)決定して、文化は逸脱するべきです。 「目的と呼んで、それら、それ
それ、およびサム、材料が動かす表現の文化へのクラスのリードへのその入っている光、および私たち。 . 」 …当っ
ください。 こぶし。 音。 破裂音。 神秘的。 それはそれにマスクをかけます。 誤用。 それには、それがあります人。
それは、それが快過ぎる材料でなく、spread.Itが可能であると思うのを置きます。 他のチャンSocchoフッシュはそ
が素晴らしいウサギのマシュマロの少女Pcaのように中国で商品でよく販売した1などに適していました。しかしなが
通常、私たちは私たちの環境で見られたキャラクタを作りたかったです。 私たちの乱用は大きかったでチャンとエコ
ー。 乱用がその時それを想像することができないので、フラッシュは入力されます。 それは、ほとんど話されないで
混ぜられている間、乱用は使用されるかもしれません。 私は日常生活の濾過なしでそれを示したかったです。

447 :いつか名無しさんが:2007/02/07(水) 11:44:15 ID:???
5人の人のアニメーションの生産のチームの「来たので芸能人によって歓迎された地球の中にそれはあり」Fiveの々と
「同期構成の芸術大学チョン学年それ、Hyocgn(チョンGehyoc)、Shidorac(量のSanshic)、Shicman(量のSanshic)、
およびヘッドのsatanと97Kewon(チャンSoccho)バンド(チョンSammin)」メンバー。 アウトレットとカタルシに関し
て、私は、兵役問題と家父長制をこれで材料と乱用の日常生活で複雑にさせるのである単語に関する荒いなどあるこ
が好きです。 2002年に始動したそれらの作品は、Bクラス文化と呼ばれて、韓国の全体の文化的なインターネトに拡
散しました。 現状通り、400が生産されましたが、残りのためのフラッシュを入手した経験と論争はこれまでンター
ットの全体の文化的な問題を示しました。 「そして、それは」 自由などの真実、害と知的所有権の文化がそれのめ光
栄に思われるために言い表すと思ったクラス、および「それがDecanからConeを貫く材料がした議論で経験さた日報
人の余地のどんな控除も仕事の武力のトレーニングの目的地に本部を置かれて、ベースと東がアジア(Ton'a)でったな
だれのものにできたかが本部を置かれているということでないこと」からするようにRecentlyと漫画をした男に会い
した。 」 (日本人は'三流'でそれを意図します。)決定して、文化は逸脱するべきです。 「目的と呼んで、それら、それ
それ、およびサム、材料が動かす表現の文化へのクラスのリードへのその入っている光、および私たち。 . 」 …当っ
ください。 こぶし。 音。 破裂音。 神秘的。 それはそれにマスクをかけます。 誤用。 それには、それがあります人。
それは、それが快過ぎる材料でなく、spread.Itが可能であると思うのを置きます。 他のチャンSocchoフッシュはそ
が素晴らしいウサギのマシュマロの少女Pcaのように中国で商品でよく販売した1などに適していました。しかしなが
通常、私たちは私たちの環境で見られたキャラクタを作りたかったです。 私たちの乱用は大きかったでチャンとエコ
ー。 乱用がその時それを想像することができないので、フラッシュは入力されます。 それは、ほとんど話されないで
混ぜられている間、乱用は使用されるかもしれません。 私は日常生活の濾過なしでそれを示したかったです。

448 :いつか名無しさんが:2007/02/07(水) 11:45:10 ID:???
そして、タバコを吸い続けていたタフなカウボーイは馬に属しました。 それがボスですが、単に1に関するメッセージが
放り出されるとき、合衆国の中の広告野原は50年間放り出され過ぎます。それは、上記で、「喫煙家は素晴らしいこと」。
「現在、世界各地の喫煙人口はおよそ13億人の人です。」 ハイレベルな商品は人の口によって消費されます、そして、
そのような鼻が役に立つ状態で分かる記事が全くありません。 しかしながら、それは、さまざまなシンボルとして扱われ
た病気と原因でした。 貧乏人は今日死にます。…Itはタバコです。 猿が加えられている状態で広告看板がたいへん言った
ので、合衆国の高速道路へのタバコは立ちます。 「素直に、ざんげしましょう。 硬化剤、口臭、たん…Because、および
タバコは吸われます、そして、Itの癌は恥ずかしいです。 愛煙家に関して、この本は見られます、そして、喜びの叫び声
は心を見ます。 文化は、環境で真っすぐになるときのこの本で変化を取って、時代にレース、文学、および芸術を取りま
す。どう歴史的に喫煙するか… 薬かアメリカの大陸のエチケットに使用されるタバコと世界中に広がるルートの新大陸の
発見の後に、コロンブスという原住民はいて、それは追求されます。 各国。 タバコ。 社会的意味。 喫煙。 世界征服。
歴史。 それを処理してください。 それは16世紀にsee.Ifと共に喫煙する事実イギリスにうれしいかもしれません。愛煙家
のための「処理のシンボル。」 イギリスのトーマスという科学者はタバコを話します、そして、「胃のヘッドであり、腸
の、そして、不正直なKiと汚い体液は彼の身体、および煙を保護した神によって浄化されます」。 「各分野の専門家であ
る33人の作者で煙る比喩は芸術を解決しました、人類学、音楽、そして、映画の歴史などはおもしろい芸術によるいずれ
でもあります。」 それは考えました。 それは興奮について考えます、そして、世界のように大部分によるすべての男性観
衆のスクリーンの上の喫煙家に対する成功のたいへん一部です。 タバコはマルレーヌと脚の線の美にうんざりするように
思えるキャラクタに使用されます。 オリジナルと、外れるのは、そうです。ポイントが英語版の韓国の喫煙小説を含むの
において、うれしいです。

449 :いつか名無しさんが:2007/02/07(水) 11:45:40 ID:???
その背中を載せる熱とはしかである伝記病気は突然蔓延します、そして、私はそれを強制して、通ります、そして、
住民が恐れる痛みしんいるは困難に震えます。東部地方のアジア(トンア)日刊紙と接触した全ての北朝鮮の人々は、
それが「中で流行で大きくなられて、平壤(平壌)と地区は、医薬品が不足するために処置を拡散防止にゆずった状況で
当局以外でした」ということであったことは明らかにしました。
最も勝っている流行は最近首高さの痛みを伴って熱を出します、そして、それが頭の先から爪の先まで発疹で可能である
その背中を載せること全ての病院は患者を受け入れました」と話される全国に広がるHamgyeong Bug Do Chongjin
都市(ハムギョンブクドチョンジンシ)に住んで塔塔uドシンィジュ)でそれを口にしました。
ペニシリンには病院以外は医療がないことに思いつくならば、その背中を載せるルージュ熱は治療される病気でした、
そして、それは私が熱くゆでた処方だけを始めるために、それを共有しましたまじめに、そして、飲物に水。さらにまた、
私は中国で作られる間違った医療に市場に現れます、そして、死者は増加えいるかりだです。
その背中を載せるルージュ熱が起こる間、私は学校と仕事場を閉めました、そして、北朝鮮は期間の間面積からの離脱に
おいて電車のドライブをキャンセルして、交通の中止を行いました。その背中を載せるルージュ熱についての住民教育関
連のビジネスは行きました、しかし、医療がありません、そして、そのようなステップが全てのををするというわけでは
ありません。流行が勝つ基本的な原因は使い古した水と汚水のシステムと電気が不足しています、そして、国の予防医学
システムの崩壊は与えられます。最初は、首都の大部分のバスルームは、始まりとit-typeから北朝鮮の農場村を引き上げ
ます;それを植えてください、そして、ところで、私(川給水まメンテナンスへのいろいろな不潔な水正当な流れ)。
電力不足によってポンプを動かすことができないことは水サービスの供給に打ち切られます、そして、そのような状況では、
用途住民ちはは飲料水として川水を汚染しました。さらに、ばまで周期的線っ予防接種はキャンセルされた状況、
そして、流行は90年代に開きます。

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)