2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

モーツァルトの室内楽曲

1 :名無しの笛の踊り:2006/11/20(月) 16:20:44 ID:6R3FpqgY
クラリネット五重奏、弦楽四重奏、ヴァイオリンソナタなどの室内楽曲
について語りましょう。

2 :名無しの笛の踊り:2006/11/20(月) 16:23:10 ID:FBKgmJy5
クラリネット五重奏曲は神

3 :名無しの笛の踊り:2006/11/20(月) 18:01:16 ID:xtuDvmDk
ピアノ三重奏曲はみんな(・∀・)イイ!

4 :名無しの笛の踊り:2006/11/20(月) 18:04:07 ID:FyqQBdPy
弦楽五重奏曲と、管が絡む室内楽曲(すれ違いだが協奏曲も)は、まずだいたい偉大な作品だぁね。

5 :名無しの笛の踊り:2006/11/20(月) 18:55:00 ID:u22xavlM
最近ピアノソナタの良さや、ヴァイオリンソナタの魅力にはまるようになった俺も、
このジャンルはピアノ四重奏曲やクラリネット五重奏曲くらい。
是非このスレを参考にしたい。

6 :名無しの笛の踊り:2006/11/20(月) 19:06:50 ID:FyqQBdPy
ホルン五重奏......第二楽章......これは人間に書ける音楽ではない!

7 :名無しの笛の踊り:2006/11/20(月) 19:49:19 ID:UVXGksCS
オーボエ四重奏曲もいいが、
何より好きなのはホルン五重奏曲。

8 :名無しの笛の踊り:2006/11/20(月) 23:05:55 ID:0Pt8xEF0
グラスハーモニカのためのアダージョとロンドか
楽器演奏上の制約を、かえって感動的な表現として生かしているところなど天才的だ



9 :名無しの笛の踊り:2006/11/21(火) 09:56:32 ID:bQf0fBK0
モーツァルトの中では、むしろ室内楽が1番充実してるジャンルだと言ってもいいよね。
>>1-7の人は少なくともモーツァルトイヤーとかがきっかけの「にわかファン」では
ないとお見受けします。

10 :名無しの笛の踊り:2006/11/21(火) 10:45:49 ID:PyOkx7dg
「レプティリアン」でググるととんでもない陰謀に気づいてしまう罠

11 :名無しの笛の踊り:2006/11/21(火) 12:19:18 ID:3fvWHbHc
ピアノ四重奏曲の変ホ長調のが好きだ。

12 :名無しの笛の踊り:2006/11/21(火) 12:23:15 ID:PyOkx7dg
弦楽トリオK563のお薦め演奏はどれでしょうか?

13 :名無しの笛の踊り:2006/11/21(火) 12:25:33 ID:Rz6qo+4o
フルート四重奏曲ニ長調っていいよなあ。有田のフルートではまった!!超楽しげな音楽♪

14 :名無しの笛の踊り:2006/11/21(火) 13:04:27 ID:4UFGIOXC
>>13
あれはいい演奏だと思う。手元に置いて時々聴くなぁ。

>>12
グリュミオーのトリオなんてどうかな。

>>9さんが言うように曲が充実しているから、
どれもなかなか捨てがたいが、
ヴァイオリン・ソナタ25番KV301ト長調かな。
でもケーゲルシュタット・トリオやピアノトリオもいい。

バソンとチェロのための二重奏KV292もあまりメジャーではないけど
いい曲だから聴いてみて。

15 :名無しの笛の踊り:2006/11/21(火) 13:54:06 ID:PyOkx7dg
>>14

> >>12
> グリュミオーのトリオなんてどうかな。
ヴァイオリンの美音を楽しめますよね。ウィーン風の名演ってないかな?

> バソンとチェロのための二重奏KV292もあまりメジャーではないけど
> いい曲だから聴いてみて。
これってバソンのために書いたの? ファゴットじゃなくて? パリ時代なのか。

16 :14:2006/11/21(火) 14:25:16 ID:epRRN7Ss
IDが違うかもしれないけど、14です。

>>15
KV563について
ウィーン・ムジークフェライン四重奏団のメンバーでキュッヒルらの演奏があるみたいです。
レーベルはDG。
聴いたことはないので何ともコメントできないんですが。

KV292について
よく聴いている盤がバソンだっただけで、もともとはファゴットみたいですね。
トゥルコヴィッチのカメラータ盤はファゴットです
ファゴット2本のための曲という話もあるみたい。
トゥルコヴィッチのカメラータ盤ではファゴットとチェロのパートを一部入れ替えて演奏してます。
デュルニッツ男爵に作った曲のようです。
1775年初め頃、場所はミュンヘンだとか。


17 :15:2006/11/21(火) 15:50:57 ID:PyOkx7dg
>>16
> IDが違うかもしれないけど、14です。
レスありがとうございます。

> >>15
> KV563について
> ウィーン・ムジークフェライン四重奏団のメンバーでキュッヒルらの演奏があるみたいです。
> レーベルはDG。
> 聴いたことはないので何ともコメントできないんですが。
ムジークフェラインSQメンバならウィーン風でしょうね。聴いてみたいなあ。

> KV292について
> よく聴いている盤がバソンだっただけで、もともとはファゴットみたいですね。
了解です。

> ファゴット2本のための曲という話もあるみたい。
私の持っている楽譜(USの出版社)には For: Two Bassons とあります。
私の持っているCDも2本のファゴットです。Gode とHeardという人でした。
これって意外にCD出てないんですよね。チェロとコンバスのデュオなんてのは
結構ある。

18 :名無しの笛の踊り:2006/11/21(火) 16:38:38 ID:qNeaLdjL
ピアノ、クラリネット、ビオラのための三重奏曲が好き。ぜんぶ速くも遅くもない楽章で構成されているのもユニークだし。
編成も面白い。演奏したら楽しいだろうなあ、って思える曲。

ファゴットとチェロのためのソナタ、良いですよね。

19 :14:2006/11/22(水) 10:58:44 ID:SLBFyjoz
>>17
クラリネットやトランペット2本なんていう編曲もあったような。<KV292

>>18
KV292好きに賛同してくれる人がいて嬉しいです。

20 :名無しの笛の踊り:2006/11/22(水) 14:29:20 ID:7XTaS5xA
>>19
でもあまりCDがないような・・・K292。

21 :名無しの笛の踊り:2006/11/22(水) 15:03:12 ID:GUnq2BuR
K.292は曲の性格からしてファゴット・ソナタと呼ぶべきと思う。
それと、この曲の最初の部分はファゴット協奏曲の出だしとなんとなく似てる気がする。

22 :14:2006/11/22(水) 16:01:05 ID:uAwEpch0
>>20
確かに。探すのに結構苦労しますね。
結果1枚もののマイナーレーベルのCDを買うと高いんですよね。
ブリリアントの全集にも入ってないし。
iTunesにはあった気がする。

>>21
ファゴットがメインなので、そう呼ぶのがふさわしいかもしれないですね。
家に帰ったらファゴット協奏曲と聴き比べてみようっと。

23 :名無しの笛の踊り:2006/11/22(水) 18:45:52 ID:7XTaS5xA
ファゴットとチェロのためのソナタ で、なんかお薦めCDってあるのかな〜。
モーツァルトの室内楽の中で、なぜかこの曲だけが録音が少ないし、知名度も低い気がするんだけど・・・・。

24 :名無しの笛の踊り:2006/11/22(水) 19:02:01 ID:OcmAt+i1
弦楽五重奏のお勧めあったらおしえて
アルバンベルクにするかな〜と

25 :名無しの笛の踊り:2006/11/23(木) 02:48:16 ID:xGRudvFl
>24
私も知りたい、っていうかあまり気に入る演奏がないのですが、
よくあるK515とK516のセット(ABQもこれですよね)ですと
アルティス四重奏団+シュニッツラーというのが気に入っています。
ABQも立派ですけど少しくどいかな、と。
この2曲はケッヘル番号500番台(なの)であこぎに演奏するとちょっとくどくなっちゃう。

26 :名無しの笛の踊り:2006/11/23(木) 09:52:02 ID:Fkc7hgc4
>よくあるK515とK516のセット

世間一般では、この2曲がダントツで有名なんだけど、私個人的には
K.593とK.614のほうが好きです。


27 :名無しの笛の踊り:2006/11/23(木) 23:24:38 ID:vjWauExw
ホルン五重奏曲を買ってきた。これから聴きこむ。

>>26
K,593好き。

28 :14:2006/11/24(金) 09:11:25 ID:Nsiokgaj
>>23
KV292のお薦め
http://www.hmv.co.jp/product/detail/728738
バソンでの演奏。演奏者のMillardカナダバンクーバー響の首席(だった?)だそうです。
あまりクセのない演奏です。録音は今ひとつか。変わった曲が入っています。

国内盤ならこれかな。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1831278
ウイーンフィルにいた人で、DGにも録音があるようですが廃盤なので。
ただ、一部チェロとの楽譜を入れ替えていて、私はそこが不満。

iTunesではトゥーネマン(フィリップス)とHaase(ヘンスラー)が手に入るようです。

29 :名無しの笛の踊り:2006/11/24(金) 14:31:55 ID:VBclIgo4
上のバソンじゃないでしょ。

30 :名無しの笛の踊り:2006/11/24(金) 14:59:11 ID:4RagGGju
フィルハーモニア・カルテット ベルリン
http://noah-co.com/details/phq/2007tour.html

モーツァルト/弦楽四重奏曲第18番イ長調KV464

東京、奈良、岐阜公演で。

31 :名無しの笛の踊り:2006/11/24(金) 16:12:20 ID:Clefy9Y5
>>28
バソンでの演奏!
と色めき立ったが、バスーン、だよね・・・

32 :14:2006/11/24(金) 17:22:43 ID:VMHFu9J0
家に帰ってCDを見てみたところ、
私の>>28のレスのバソンのところが間違っていました。
皆さんご指摘のとおり演奏者のところに「Bassoon」とありました。
脳内変換していたんでしょうか、お騒がせしました。

ちなみに、みなさんBasson(バソン)でのKV292のCDってご存じないですか?
あったらご教授願いたいです。

33 :名無しの笛の踊り:2006/11/24(金) 17:43:28 ID:4tK9UUkv
K.292のオーセンティックな演奏は(古楽器使用という意味ではなく)これだと思う。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0002B57BO/sr=11-1/qid=1164357469/ref=sr_11_1/503-4583033-3600701

さすがにこのCDに収録されている他の曲は今となっては古臭い演奏に感じられるが、
K.292に関しては一番お気に入りの演奏です。

34 :33:2006/11/24(金) 17:47:59 ID:4tK9UUkv
こちらだと試聴できる。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1859804


35 :sage:2006/11/25(土) 21:56:59 ID:TVZY9PWO
>24
古楽器による演奏ですが、クイケン四重奏団と寺神戸亮の全集がお薦めです。
有名なK.515とK.516の演奏はもちろん、なんといってもK.593とK.614が素晴らしいです。
透明感のある演奏で、曲のもつ構造がクリアに浮かび上がってくる感じがします。
これらの曲やハイドンセット以降の弦楽四重奏曲を聴くと、モーツァルトにも
「後期」と呼べるような作曲様式の一層の深まりがあったんじゃないかと思えてきます。

ちなみに、クイケン盤では初期のK.174もいいですよ。

36 :名無しの笛の踊り:2006/11/26(日) 04:22:20 ID:cbsUqLaZ
>>35
私はそのクイケン盤も持っていますが、それよりモニカ・ハジェットや
パヴロ・べズノシウクらのハウスムジークの演奏のほうが好きです。
伸びやかで軽快な演奏です。
K515、516、593、614がヴァージンから2枚組(輸入盤)で出ています。
K.515とK.516の演奏は国内盤のソニーから出ているビルスマらの
ラルキブデッリも素晴らしい。
いずれもクイケン盤はちょっと丁寧すぎというか、
多少型にはまりすぎて堅苦しさを感じてしまいます。






37 :35:2006/11/26(日) 16:09:14 ID:TliaEeSl
>>36
その録音は知りませんでした。今度聴いてみようと思います。
ありがとうございました。


38 :名無しの笛の踊り:2006/11/26(日) 22:41:14 ID:O0PNfpmY
>36
私はハウスムジークよかクイケンらのほうが好きですね。
ハウスムジークは確かに達者なんですがねえ。クイケンたちのほうが味わい深いかなあ、と。
私が最近個人的にクイケンファミリーの価値を再認識してる、ってのもあるんですが。

39 :名無しの笛の踊り:2006/11/27(月) 10:03:58 ID:lp/Nsrzv
演奏とは関係ない話ですが、クイケンのは最後の2曲(K.593,614)が別CDに
なっているのが気に食わないです。
K174とK614のCD
K406とK.593のCD  という収録順になってる。

その点ハウスムジークは続けて同じCDにカップリングされてるので聴きやすい。
この2曲を続けて聴きたいんですよね。

変な拘りですかね?


40 :名無しの笛の踊り:2006/12/01(金) 06:21:47 ID:b0qnURGA
セレナード系、ディヴェルティメント系、ドイツ舞曲系
は、けっこう有名なのが多いけど・・・

カッサシオン系、コントルダンス系、などで有名のないかな

41 :名無しの笛の踊り:2006/12/02(土) 02:51:40 ID:B/dvATcX
K.593が好きだな。
現在のマイブームは遅まきながらヴァイオリンソナタだけど。

42 :名無しの笛の踊り:2006/12/03(日) 00:04:15 ID:sLkbfmNx
オーボエ四重奏曲最高。
協奏曲より さらに魅力的。

43 :名無しの笛の踊り:2006/12/03(日) 00:10:12 ID:UApRUHM+
>>12
K563はBell'Arte-Ensemble(Lautenbacher、Koch、Ostertag)とか
いうやつが神

44 :名無しの笛の踊り:2006/12/04(月) 00:15:03 ID:EYuzMLTZ
K304が好き。
なぜか雪が降ると聴きたくなる。

45 :名無しの笛の踊り:2006/12/04(月) 02:54:57 ID:kcnoWSvd
弦楽三重奏ディヴェルティメントにハマってる

モーツァルト・トリオの(デンオン)と、
クレーメル/キム・カシュカシアン/ヨーヨー・マのの(ソニー)二枚持ってるけど、
どっちも好き

ヘッドホンで聞くと、三種類の弦の聞き分けが容易で楽しい

46 :名無しの笛の踊り:2006/12/04(月) 08:39:29 ID:FItt1Les
>>45
とくに、最初の三つの楽章は、
「ディヴェルティメント」という名前が似合わないほどに
音楽に深みがありますな。

47 :名無しの笛の踊り:2006/12/04(月) 20:49:09 ID:kcnoWSvd
第2楽章の弦のやりとりがたまらねっす。本当に面白い

48 :名無しの笛の踊り:2006/12/04(月) 22:25:08 ID:pFWL+sNN
>>8
kv617今日の毎日mozartでやってました 617aも少し
没後200年でNHKFMの丸一日特集で聴いて以来好きな曲です

49 :名無しの笛の踊り:2006/12/04(月) 23:06:07 ID:IL8z+P4B
残念ながらピアノによる演奏だったね。。。チェレスタならまだしも

50 :名無しの笛の踊り:2006/12/05(火) 23:13:37 ID:WjjrFR2b
ハイドン・セットのCD買ったよ(ジュリアード/1977)
すごいな、モーツァルトって人は・・・よくこんな曲を書けるものだと驚嘆

51 :名無しの笛の踊り:2006/12/12(火) 00:05:27 ID:JZq6X7jR
>>50
そのうち何番が特に気に入った?

自分は現在k563を聴いている。
>>43のも探してみようかな。

52 :名無しの笛の踊り:2006/12/12(火) 01:04:59 ID:K6DKzkzh
弦楽五重奏6曲は驚嘆すべき傑作なのに
CDとなると驚くほど種類が少ない

三大交響曲とかもういいからこっちを出してくれ

53 :名無しの笛の踊り:2006/12/12(火) 14:25:49 ID:41eWZFrn
>>52
弦楽四重奏に、ヴィオラの1名を加える(誰か連れてくる)のが
ネックになってるんじゃない?


54 :名無しの笛の踊り:2006/12/12(火) 16:15:19 ID:ZEv3OEtg
明日のジョー2(TV)で白木葉子が正月でオープンリールデッキで聴いてたのが
クラリネット5重奏だと2ちゃんで見て、ハーゲン四重奏団のCDを買って聴いて
みた。 ジョー2は観てなかったから分からんが、カップリングのディベルティメ
ント1〜3も良かった。
弦楽四重奏で演奏するディベルティメントNO.1は初めてだったがすばらしかった。
ハーゲン四重奏団も好きになったのでハイドンセットなども探してみたい。

55 :名無しの笛の踊り:2006/12/12(火) 19:59:56 ID:kptW04h2
>>52
ブダペストSQなんか4回も録音してるけどCD化されてるのは2種類だけだよね。
全部CD化してほしい。

56 :名無しの笛の踊り:2006/12/13(水) 00:42:14 ID:8w6kTF5V
>>51
15番と不協和音が気に入りました
15番は暗くて美しい、実に素敵な曲であります
不協和音は出だしがたまりません

57 :名無しの笛の踊り:2006/12/13(水) 01:01:04 ID:8w6kTF5V
ハーゲンSQって、確か弦楽四重奏曲全集出してますね

モーツァルトのなら全集買っても、多分満足できそうな予感
ハーゲンの全集にするか、アマデウスのにするか悩み中

58 :名無しの笛の踊り:2006/12/13(水) 11:22:49 ID:avQ1fhiV
ホルン五重奏曲のCDが店頭に見当たらないな。
アマデウスは録音年がかなり古いのではないか?


59 :名無しの笛の踊り:2006/12/13(水) 15:36:07 ID:2LCvoASc
>>57
全集じゃないけどズスケも良いぞ。

60 :名無しの笛の踊り:2006/12/13(水) 16:45:22 ID:57CNdkee
>>57
アマデウスに特別な思い入れがあるのでなければ、ハーゲンにするが吉

61 :名無しの笛の踊り:2006/12/14(木) 11:50:11 ID:11g6vdka
>ジュリアード/1977
15番いいね。ゴリゴリ感が。ABQ旧番よりよかった。
K.464もジュリアードのほうがいい。

62 :名無しの笛の踊り:2006/12/14(木) 19:31:56 ID:SXhI31UK
教会ソナタいいですね。
これもマイナーな曲の部類でしょう。

63 :名無しの笛の踊り:2006/12/14(木) 19:59:30 ID:5qr2Dj+Z
ハイドンセット アルバンベルクは大丈夫?

64 :名無しの笛の踊り:2006/12/14(木) 21:38:29 ID:N6KncpYF
旧盤(テルデック)はそれほどメカニックじゃない。結構流麗。K.428がよかった。
EMIの新盤は聴いてない。

65 :名無しの笛の踊り:2006/12/14(木) 22:32:13 ID:oKxY6h8V
>57
あんまりいろいろ聴いているわけではないけど、
ハーゲンのプロシア王セットは良かったよ。
演奏のことはそれほど評価するだけの経験がないけど、録音が良かった。
スマソ。ピュア板住民なんで。

66 :名無しの笛の踊り:2006/12/14(木) 22:41:09 ID:9p+dVqSe
>>62
ハ長調のモーツァルトらしい曲があったな

67 :名無しの笛の踊り:2006/12/14(木) 22:44:57 ID:QY8YwtqL
>>63
安いから心配、という意味なら(演奏内容は)大丈夫だがw


68 :名無しの笛の踊り:2006/12/14(木) 22:51:42 ID:KYHPL3J4
テルデック期のABQではプロシア王の3曲がお気に入り。
ニ長調のK499にしろハイドンセット6曲にしろ、この時期の
モーツァルトはスタンダードな名演と思う。

EMIのは一度聞いたきり棚の奥で埃かぶってますがw

69 :名無しの笛の踊り:2006/12/14(木) 22:58:10 ID:oKxY6h8V
>63
まぁまぁかな。でも録音はイマイチ。
いろいろあたれば、きっともっといいやつがあると思う。
スマソ。ピュア板住民なもんで。

70 :名無しの笛の踊り:2006/12/14(木) 23:51:53 ID:KYHPL3J4
>>43
ベルアルテのK.563は古いVoxのLPもってて一時期愛聴してた。
神、とまでは思わないけど自分も好きだった。いぶし銀のような地味さがむしろ心地よい。
1973年10月録音と記載されてる割には録音が今ひとつ冴えないのが惜しいけど。

71 :名無しの笛の踊り:2006/12/15(金) 00:41:35 ID:UFXvdt+Q
>>42の書き込みを見てオーボエ四重奏曲を聴こうと、ブリリアントのCDを
注文してみました。楽しみ

72 :名無しの笛の踊り:2006/12/15(金) 20:23:41 ID:/YnV4hwC
Vn.ソナタ全集は誰のを聴いてる?
自分はスズケ。すっきりしてる。ピアノの音は大きいとこもある。

73 :名無しの笛の踊り:2006/12/15(金) 20:33:00 ID:3kkx8pnj
Vnソナタはいろいろ聴いたけど、結局はゴールドベルクのものがいい。
ルプーとのデッカ盤。 クラウスとのSP録音も含めて。
次点はハスキル/グリュミオーか。

74 :名無しの笛の踊り:2006/12/15(金) 20:46:52 ID:YErlDjhm
本当にお前らは、まるで避けてるみたいにピリオド系を聴かないんだな。
古楽器ばかりというのもつまらないが、モダンと古楽器両方聴いてみる
楽しさもあるんだよ。
それとも全く受け付けない古楽器アレルギーなのか?

75 :名無しの笛の踊り:2006/12/15(金) 21:06:45 ID:CKGcmV2+
TOCC0002モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第18番, 第24番, 第27番(チェロ編曲)(クニャーゼフ)
というのを聞いていて、こういう発想は古楽器にはないわけだ。
なんつうか、ベートーヴェンの初期のチェロソナタのように響くなんとも
不思議な室内楽。モーツアルトがオリジナルのチェロソナタを遺してくれなかった
のに腹が立つ!怒りだ!バルトークとモーツアルトはチェリストの敵だよ全く。

76 :名無しの笛の踊り:2006/12/15(金) 21:37:40 ID:ZPx/mMoA
>>74
ヒロ・クロサキがなかなか安くなんないからな。避けてはいない。
90年代は古楽器マンセーだった。オケも。

77 :名無しの笛の踊り:2006/12/15(金) 21:56:54 ID:bh4qSJbf
ブダペストSQの弦楽五重奏曲全集、とってもいい。3枚組2,980円。
モーツァルトの弦楽曲は最高だ

78 :名無しの笛の踊り:2006/12/15(金) 22:50:38 ID:8oIysVdd
>>73
ゴールドベルク/クラウスはPearl?あれ4曲しかないよね。
復刻具合はどう?

79 :名無しの笛の踊り:2006/12/15(金) 22:56:48 ID:3kkx8pnj
>>78
俺が聴いたのは東芝EMI
K.296, K.377, K.378, k.379, K.380, K.481, K.404 の7曲。
復刻はかなりよかったと思う。

80 :78:2006/12/15(金) 23:26:59 ID:SybDq0fh
>>79
サンクス

81 :名無しの笛の踊り:2006/12/15(金) 23:33:20 ID:IfoWhteh
俺はフィリップスから出てるグリュミオー/クリーンのやつを良く聴く。

82 :名無しの笛の踊り:2006/12/16(土) 04:27:13 ID:9PoY9aYD
今までは、モーツァルトは「お上品な作曲家」ってイメージだったが、
弦の曲聴いたら考え方が180度変わった・・・
彼がいかに優れた芸術家であったか思い知った気がする

83 :名無しの笛の踊り:2006/12/16(土) 13:43:08 ID:hPz+U3vu
>>81
同じく。
グリュミオーってモツの定番の扱いがされているから却って避けていたんだけど、
やはりすごいと思った。

84 :名無しの笛の踊り:2006/12/16(土) 13:53:16 ID:EIDAzxue
      r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
.      〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
       i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
.      ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ
      l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、 ここはお前の日記帳じゃねえんだ
        レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト
       ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ  チラシの裏にでも書いてろ
:ーゝヽ、     !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ
::::::::::::::::ヽ.-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ    
::::::::::::::::::::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,  な!
:::::::::::::::::::::::::N. ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::::! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /


85 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 22:32:14 ID:PaThr7lj
>>52
弦楽五重奏曲はどれも素敵デスね

86 :名無しの笛の踊り:2006/12/18(月) 10:41:16 ID:L/e/Buev
>>73 デュメイはどうですか

87 :名無しの笛の踊り:2006/12/18(月) 19:58:14 ID:Rk7oEdKI
K.379でこれ!という演奏はどれ?
グリュミオー/ハスキルばかりだとわからなかった・・

88 :名無しの笛の踊り:2006/12/18(月) 22:30:31 ID:IqqJmvCd
>>70
つまり、>>43は大法螺吹きってことだな。

89 :名無しの笛の踊り:2006/12/19(火) 01:16:49 ID:GkIx9gIP
ども43です
確かに神は言い過ぎかもしれないが、ホントいい演奏だよ

ちなみに>>70氏の言ってるVox盤はチェロがThomas Blees氏の
別演奏ではないだろうか?
自分が持ってるCDは85年?録音で、音が冴えないっていう感じでは
ないと思う

あいにくVox盤は聞いた事がないので、どっちの演奏がいいとかの
比較ができないのが残念

90 :70:2006/12/19(火) 12:04:24 ID:mq68410M
>>88
どう読めばそう取れるのか??? 
ベルアルテは好きな演奏で愛聴してたって書いてるのに・・。

>>89
確かにチェロはトーマス・ブリースです。
なるほど、自分のは旧録音だったか。今度新盤も探してみよう。

ほかにK.563の古い演奏だと、パスキエ・トリオをいまも時々聴きますね。

91 :名無しの笛の踊り:2006/12/19(火) 19:54:58 ID:WeiKmHAH
ハーゲンSQの弦楽四重奏曲全集を注文しますた
早く届かないかな〜 楽しみ

92 :名無しの笛の踊り:2006/12/21(木) 23:13:16 ID:Ep4/Juvl
563も593もどっちも好きだ。

今はプロシヤ王セットにはまっている所。

93 :名無しの笛の踊り:2006/12/22(金) 17:56:16 ID:t2qqX8YM
孤立した作品であるK.499も大好き。
みんなも忘れないでね。

94 :名無しの笛の踊り:2006/12/22(金) 19:54:50 ID:U5kHNxRi
久しぶりにK.502とK.548のピアノトリオ聞きました。
演奏はシモン・ゴールドベルク(Vn)、ジョアナ・グラウダン(P)、ニコライ・グラウダン(Vc)
の米デッカ録音。いつもながらゴールドベルクのモーツァルトは本当に素晴らしいね。

95 :名無しの笛の踊り:2006/12/22(金) 23:33:13 ID:oAqT/XEW
ラルキブデッリのK515とK516は名演ですね。特に両曲の終楽章が素晴らしい。

モザイクカルテットの後期弦楽四重奏曲集もイイ。古楽器では一番気に入っている。

96 :名無しの笛の踊り:2006/12/23(土) 14:33:09 ID:f3YWVBkE
>>95
ラルキブデッリは弦楽三重奏のK.563も名演ですね。

97 :名無しの笛の踊り:2006/12/24(日) 22:34:23 ID:xgL5c/R5
弦楽五重奏曲第1番てすごくいい曲だ
聞いていると落ち着く

98 :名無しの笛の踊り:2006/12/25(月) 01:13:11 ID:Q9JVufHU
K498以降K500番台の室内楽はどうも苦手だ。
なんか技巧に走っていて悪意みたいなの(?)が見え隠れする感じ。
ケーゲルシュタットトリオ、K526、K563、プロシア王セット...
それまではもっと天衣無縫な感じだったのに。
K600あたりを超えるとまた純粋な感じに戻ってるんだけど。

99 :名無しの笛の踊り:2006/12/25(月) 05:39:48 ID:Q+xf5lln
>>93
いい曲ですね。ザロモン四重奏団のしか持ってないけれど、気に入っています。

100 :名無しの笛の踊り:2006/12/25(月) 05:42:00 ID:Q+xf5lln
>>98
自分はK563は特に好きだけど、98さんの言ってること分かる気がします。

101 :名無しの笛の踊り:2006/12/25(月) 18:51:35 ID:mpZRK43k
独ハルモニアムンディのモーツァルト・エディションVol5ってのを買ってみたんですが、
これが結構いける。ハ短調の弦楽五重奏曲とかクイケンのヤツよりイイかもしれない。
アンドレアス・シュタイアーがフォルテ・ピアノを弾いてる2曲のピアノ四重奏曲も
大変良い。かなりお買い得な3枚組みでした。

≫97
全然目立たないけど、イイ曲ですよね。同時期のウィーン四重奏曲と
比べてはるかに充実した曲だと思います。第2楽章が特にイイ感じです。

≫98
言いたいこと、なんとなく分かりますよ。技巧に走ってるというか、なんか濃厚なんですよね、色んな意味で。
僕はそういうモーツァルトも個人的に大好きです。陰りが濃い表現や複雑な対位法等がこの時期の魅力でしょうかね。
そういえば、ハイドンやベートーヴェンも中期から後期にかけての時期には同じような現象が起きてますね。

102 :名無しの笛の踊り:2006/12/25(月) 19:55:51 ID:tP3FXyLa
>>101
そのセットは3枚とも良い演奏ですね。
その中でも、私はオーボエ四重奏曲が一番好きです。
というか同曲の中で一番好きな演奏かも。

103 :名無しの笛の踊り:2006/12/26(火) 00:52:16 ID:Li/r0b9j
≫102
オーボエ四重奏曲もイイですね。
僕はフルート四重奏曲第1番が印象的でした。これは出だしからハマりました。

実はこのシリーズのVol7(宗教音楽集)も持ってるんですが、こっちも悪くないですよ。
・クイケン指揮の「悔悟するダヴィデ」K469&アヴェ・ヴェルム・コルプスK618
・コレギウム・アウレウムによるミサ・ブレヴィス集
ミサに関してはペーター・ノイマンの選集の方が良いですが、普通に聞く分にはこちらでも問題なしです。
他の巻はよく知らないのですが、このシリーズは全体的に一聴の価値がありそうな予感がします。
…っていうかスレ違いスマソm(__)m つい語ってしまいました。

104 :名無しの笛の踊り:2006/12/26(火) 01:03:03 ID:JAetLLKo
>>98
そうかー

オレは500番台は好きな曲が多い
それまでとは違う境地を開拓している印象

105 :98:2006/12/26(火) 01:33:34 ID:3cwVf4/c
好悪はどうあれなんとなくわかってもらえてうれしいです。
確かに"濃い"ですよね。なんというのかな、マニエリスムみたいな感じなんです。
同時期の交響曲なんかも技巧的ですが、そういう暗部を感じさせるのは室内楽なんだなと。

106 :名無しの笛の踊り:2006/12/26(火) 02:16:48 ID:U8rN3ehn
>>16
KV563について
ウィーン・ムジークフェライン四重奏団のメンバーでキュッヒルらの演奏があるみたいです。
レーベルはDG。

う〜んと,このディスクは,LPで持っています。20年前はよく聴きました。
最近は聴いていないので,当時の印象を記憶から掘り起こしつつコメントします。

キュッヘルのリードする演奏は,基本的にはウィーン風のものです。
しかし,キリリと引き締まった節度のある歌い方をします。
この演奏でとくに私が好きだったのは,第5楽章のメヌエットの歌わせ方です。
実にしなやか,かつ,優美なアーティキュレーションで歌うキュッヘルの
趣味のよさが光ります。フィナーレのロンドも軽快でよかった。
他方,ビオラが若干弱いと感じました。そのため第4楽章はちょっともの足りない
と感じるかもしれない。

ともかく,K. 563 のファンなら,一度は聴いてみる価値のある演奏です。

107 :106:2006/12/26(火) 02:19:28 ID:U8rN3ehn
訂正。
> この演奏でとくに私が好きだったのは,第5楽章のメヌエットの歌わせ方です。
実にしなやか,かつ,優美なアーティキュレーションで歌うキュッヘルの
趣味のよさが光ります。

×メヌエット
◎トリオ

108 :名無しの笛の踊り:2006/12/26(火) 02:59:22 ID:JAetLLKo
これか

POCL-4254

ウィーン・ムジークフェライン四重奏団 Musikverein Quartet Vienna
キュッヒル Rainer Kuchl (vn), シュタール Josef Staar (va), バルトロマイ Franz Bartolomey (vc)
1979年2月、ウィーン
CD [POCL-4254] t=42'35

109 :名無しの笛の踊り:2006/12/26(火) 05:49:57 ID:nFYpnHz7
>>98
500台も好きな曲多いけど、
こういう意見も面白いな

110 :名無しの笛の踊り:2006/12/26(火) 06:00:08 ID:OIinV/kD
弦楽五重奏曲は、スメタナ+スークとブダペスト+トランプラーの両方があれば
それで満足。
弦楽四重奏曲は、全集はイタリアSQを最もよく聴くが、スメタナのハイドンセットや
ズスケのウィーンセットもそれぞれ性格が違うので よく聴く。


111 :名無しの笛の踊り:2006/12/29(金) 21:57:19 ID:IzDVi3HT
>110
弦楽五重奏は納得いく演奏がすくないですよねえ。
K515をウィーン室内合奏団が弾いたのがおっとりしたウィーン風(?)で好きですね。
弦楽四重奏もウィーンカルテットのが好きですね。単にウィーン好きなのかも

112 :名無しの笛の踊り:2006/12/30(土) 15:24:12 ID:uSgn44tk
今夜だよ
・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうアマデウス!これからもモーツァルト!
チャンネル :BShi
放送日 :2006年12月30日(土)
放送時間 :午後9:00〜午後11:00(120分)

113 :名無しの笛の踊り:2007/01/01(月) 11:26:27 ID:VZzHRatg
ハイドンセットの15番でお勧めディスクありませんか?演奏も録音も。
手持ちは2枚。EMIのアルバンベルクは、録音がもう一つすっきりしない。
ハーゲンはかなり期待して買ったが、録音はとても良いが、少しスローじゃない?
ハーゲンは昔は速いという批判も聞くぐらいだったのに。
テンポだけじゃないかもしれんが、第1楽章11:27だぜ。
ショップでエマーソンQとか、ウィーンQとか見かけるが。

114 :名無しの笛の踊り:2007/01/03(水) 14:18:16 ID:UzA27/cP
ハーゲンSQの全集届いター
これから聞く

115 :113:2007/01/05(金) 21:09:12 ID:Eod1aWjV
15番今日3枚買ってきた。合計5枚。他にそういう買い方をした曲はない。
アルバンベルクの別のやつと、スメタナQ、ウィーンなんとかハウスQ。
どれも録音が満足できない。
結局ハーゲンか。録音はダントツで、弦が弦らしい音色で豊かに鳴る。
DGだが、同じDGのハーゲンQプロシア王セットも録音は良かった。
DGだからいいのか、ハーゲンだからいいのか。

116 :名無しの笛の踊り:2007/01/05(金) 23:17:30 ID:nddfM7fL
ジュリアードはどうでしょうかな
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1367684

このハイドンセットはどれも良いと思う
ゆったりと流れる水のような演奏
15番はt=31'02

117 :名無しの笛の踊り:2007/01/06(土) 01:48:21 ID:ZrMw0ZsG
ジュリアードとハーゲンの第15番聞き比べたけど、かなり違う
とくに第4楽章が全然違う。
ハーゲンは音の強弱やテンポの変化をつけてる
キビキビした演奏という感じ

ジュリアードは…とにかく美しいの一言に尽きる
自分はこれ聞いて、モツの凄さと弦楽四重奏というジャンルの面白さを知ったから
どうしてもジュリアードマンセーになる

ちなみに、2種類しか持ってません

118 :名無しの笛の踊り:2007/01/06(土) 03:52:19 ID:n7dSIOai
≫115
モザイクカルテットのはどうですか?
古楽器ですが…。

119 :名無しの笛の踊り:2007/01/06(土) 12:29:42 ID:yazttoQo
Mozart Complete Edition
http://decca.ddd.de/

120 :名無しの笛の踊り:2007/01/06(土) 12:57:36 ID:bZX2qySG
オーボエ4重奏曲の話が出てたけど、
俺を信じて、本間を聴いてみるべし。
他の収録曲も素晴らしい。

121 :名無しの笛の踊り:2007/01/06(土) 16:15:49 ID:9Ur1yFbB
オーケストラを伴う曲は指揮者の特徴などが出て、好き嫌いが出てくるが、
相当古い録音は別にして室内楽は大体が素晴らしい演奏(CD)だと思うけど。

122 :名無しの笛の踊り:2007/01/06(土) 19:14:17 ID:ZrMw0ZsG
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1918625
モザイクカルテット(゚∀゚)

123 :名無しの笛の踊り:2007/01/06(土) 20:44:37 ID:CQeLl1wE
モノだから録音は良くないが(マスタリングは良好)ヴェーグの15番は鄙びた雰囲気が良し。
現代的でメカニックな演奏はちょっと、という時に聴いてる。

ジュリアードの日本盤は80年代のマスタリングだから録音年以上に古く感じる。

124 :115:2007/01/06(土) 20:59:43 ID:BVRd2qDg
皆さん情報どうも。
よく見たらウィーンSQの15番持ってた。。。計6枚か。
これも満足できない。
ジュリアード興味あるな。
クイケンってどうですかね。ハイドンの五度や皇帝は良かったが。
古楽器って何が違うのかよくわからない。モザイクもですか。
素人質問ですみません。。。

125 :115:2007/01/06(土) 21:10:03 ID:BVRd2qDg
連投ごぶれぃ。

>121
交響曲だと、曲ごとにずらっとディスクが並ぶから、違いが大きいのかしら。
でも、室内楽もかなり違う。演奏もだけど、録音状態も。

最初に聴いたやつの影響が大きいよね。
最初のやつが気に入って愛聴盤になれば、それが幸せか。
ドボのアメリカは今も愛聴盤だが、最初にカルミナ聴いたから、イメージが強烈過ぎて
他のが(といっても他はヤナーチェクだけ)聴けなくなってしまった。
ハイドンなんかは、最初にクイケン聴いたからか、後から聴いたカルミナのは
少しやり過ぎじゃないかと思うのにね。

126 :名無しの笛の踊り:2007/01/07(日) 14:20:46 ID:9Y9nv4Af
弦楽五重奏曲第2番に影響されてセレナード第12番聴いてみた
いい曲ですた

127 :名無しの笛の踊り:2007/01/09(火) 22:19:11 ID:oCxLYW55
スミソニアンSQの5枚組(Virgin classics 00946 372778 2 9)の演奏がとても気に入りました。
ハイドンセット6曲に加えて2曲の弦楽五重奏曲、弦楽三重奏曲K563、オーボエ四重奏曲K.370も入っていてとてもお得。
古楽器が苦手という方もぜひ聴いてほしい。


128 :115:2007/01/10(水) 22:24:36 ID:E6CRgQS0
15番ふぇち報告。
クイケンとジュリアード買ってきたけど、両方とも満足できなかった。
クイケンは、まぁこんなもんかなって思うけど、ハイドンならともかく、
モーツァルトはもう少し響きのある方がいいな。
ジュリアードはファンも多いようなのでいいにくいが、録音が糞。
ビオラがあんなにでっぱったディスクは初めて。またその音色が異様に変。
8枚買ったんで、もう諦めます。

129 :名無しの笛の踊り:2007/01/11(木) 04:12:23 ID:pIrilxhE
8枚も買って全部ダメとか、どんだけ神経質なんだよ
単に曲が好みじゃないだけじゃないの

130 :名無しの笛の踊り:2007/01/11(木) 08:44:55 ID:KxHqHVcb
>>ハイドンならともかく、モーツァルトはもう少し響きのある方がいいな。

ハイドンとモーツァルトで演奏方法が違うわけ?
古楽器が嫌いなだけっていう感じだね。



131 :名無しの笛の踊り:2007/01/11(木) 16:49:50 ID:CEgCUIR9
>>130
15番は、ハイドンとモーツアルトの個性の違いが一番出てる曲なんじゃ
ないかしらん。「やわらか悲しい」というか。
逆にハイドンの「7つの言葉」なんて神々しくて、モツには書けない。
13番では、それほどハイドンと距離がないのに。

132 :名無しの笛の踊り:2007/01/11(木) 21:07:15 ID:sMDnVU2P
「十字架上の七つの言葉」は、オリジナルの管弦楽曲版が好きだなあ。

133 :115:2007/01/11(木) 21:31:04 ID:7kDT86nR
>129
いえ、15番を愛してるのです。オーオタの端くれなんで、選択肢がせばまるのかも。

>130 古楽器が嫌いなだけっていう感じだね。
上にも書いたと思うけど、五度や皇帝は3枚ぐらいの中で、クイケンが良かった。
ハイドンの曲は、変な響きや個性をつけず、淡々とスコアをこなしてもらうのが良くね?
まぁ、単なる好みの問題といえば、その通り。

>131,132
その曲聴いていない。今度聴いてみます。

134 :名無しの笛の踊り:2007/01/12(金) 01:02:10 ID:4hSQA+p5
≫133
モザイク四重奏団のを激しくオススメします。
同じ古楽器でもクイケンとはエラい違い。
バラで買うより14〜23番がセットになった箱物で買う方がお得。

135 :名無しの笛の踊り:2007/01/12(金) 02:57:27 ID:igPnKm6f
>>128
録音が糞とか言われると、薦めた俺がバカみたいだな
もうちょっと言葉選べよ

136 :名無しの笛の踊り:2007/01/12(金) 03:41:16 ID:VppPQoVW
まあ、ハンパなオーヲタはタチが悪い、っつーのはあるかも。
録音の悪いディスクなんてない、悪いシステムがあるだけだ!
くらいの境地にならんとw

137 :115:2007/01/12(金) 07:24:48 ID:ovICqEiK
>134
そう遠くないうちに、いってみることにします。
でもこの間買いあさったので、15とペアのやつほとんど聴いていないし。。。

>135
すんません

>136
ピュア板、なんか昨日から全部過去ログ落っこちてます。どうしたんでしょう?

138 :名無しの笛の踊り:2007/01/12(金) 08:03:46 ID:ovICqEiK
ところで、これまであまり考えたことなかったけど、
クラ板の人って、どんなメディア、システムで音楽聴いてんですか?
やっぱCDの人が多いんですよね?
システムはipod〜ミニコンポ〜ハイエンドですか??

139 :名無しの笛の踊り:2007/01/12(金) 16:15:57 ID:9MT7M9Zj
ハイエンドに何とか引っかかるかな、位のシステムで聴いてます。
ハーゲンは確かに録音いいね。
前方5mあたりに奥行きをもってピシリと定位する感じ。
体の動きもわかるみたいだ。
14番の4楽章が特にお気に入り。

140 :名無しの笛の踊り:2007/01/12(金) 22:44:21 ID:igPnKm6f
第14番第1楽章は最高だ(´ー`)y─┛~~

141 :名無しの笛の踊り:2007/01/13(土) 11:01:35 ID:N5v/NPsb
18番の第1楽章のほうが良くね?

142 :名無しの笛の踊り:2007/01/13(土) 11:34:29 ID:Rg4JisBP
ディヴェルティメントっぽいけど、ミラノ四重奏曲いいな。

143 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 20:57:13 ID:GOpcqpCp
>139
主だったとこで。全部でおいくら?
300万ぐらい?もっと??

144 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 22:20:36 ID:XS0cwYrJ
不協和音の出だしは本当にすごい
ショパンの別れの曲なみの美しさ

145 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 22:57:54 ID:glq145oI
>>143
オーディオ機器のグレードのやり取りは他でどうぞ。
興味がないから知らないけど、たぶんそんなスレがあると思うよ。

146 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 22:59:41 ID:HSgnmoPA
>>143
139ですが、オーディオは門外漢なのですが、購入して目移りしないよう、
ちょっと奮発してタンノイ、マッキンなどでそろえました。
定価で600万位。

147 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 23:01:05 ID:HSgnmoPA
>>145
失礼しました。もう消えます。

148 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 23:56:23 ID:glq145oI
>>147の2分前に>>146でちょと自慢するなんて可愛いね。

149 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 20:46:13 ID:TjLcQSvJ
残念ながらハーゲンSQの演奏は自分には合わなかった
あと、紙ケースが窮屈すぎてCD出しづらいのが困る

150 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 22:34:23 ID:R+akJrSe
>139
600万かぁ。ちょっと負けたか。
おら、200万だ。だいぶか。。。
でも、オーヲタ度は少し勝ってるかな。


151 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 23:07:40 ID:ZiIn/Tdr
バリリのが復活ですね〜 前から聞いてみたかった演奏の一つ
初期作品中心だが個人的にはおk
ハイドンセットは最近食傷気味なので
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2514279


152 :名無しの笛の踊り:2007/01/20(土) 02:54:13 ID:4IBOvpLE
バリリのは、(ベートーヴェンも)いつまで経っても高いですね。
高くても売れるってことなんでしょうね。l

153 :名無しの笛の踊り:2007/01/24(水) 02:24:43 ID:XwLiNIRf
K563は何回聴いても最高だぜ

154 :名無しの笛の踊り:2007/01/24(水) 21:40:18 ID:Gvw+TtDC
パスキエ・トリオ買いそびれた

155 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 08:33:34 ID:W8DPD8wH
>>153
今入手できるK563のお奨めを教えてください。

156 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 21:26:20 ID:W+uP8ZkD
一枚だけポツリと出たベルチャSQって聴いた人いますか?

157 :115:2007/01/28(日) 20:10:27 ID:edhna3On
ハーゲンの17番が愛聴番になりました。たくさん買った甲斐があった?
17番は第1楽章がポピュラーすぎて、あまり好きになれなかったが、
やっぱり録音が良いし、第2楽章など、他の楽章も素晴らしい。
でも、第1バイオリンはハーゲンよりアルバンベルグの方が上手。

158 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 21:12:06 ID:7Pv2DrpE
>>155
クレーメル、カシュカシアン、ヨーヨー・マの演奏
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1810467
これは愛聴盤

あとアマデウスのもある
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1440684
持ってないけど

159 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 21:28:08 ID:7Pv2DrpE
SQ第13番はなかなかいい曲だ

160 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/01/28(日) 21:35:55 ID:+Tjf2FtX
ほかに番号の小さい弦楽四重奏でなかなかいいってないですか?

161 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 21:46:59 ID:7Pv2DrpE
第1番がいいよ これはなぜか4楽章ある

162 :名無しの笛の踊り:2007/01/29(月) 05:13:29 ID:5zl7Fpq8
ハーゲンSQのをヘヴィーローテで聴いていたら、だんだん気に入ってきた
ベト後期のセットでないかな〜

163 :名無しの笛の踊り:2007/01/29(月) 10:37:50 ID:V0DPFUFz
オーボエ四重奏曲っていい曲だな。
とくに、終楽章の甘美な主題が最高。

164 :名無しの笛の踊り:2007/01/29(月) 10:38:20 ID:iMaJ0Vs7
SQの若い番号の曲はイタリアSQがのびやかでいい。
もちろんハイドンセットもお気に入りだが。


165 :名無しの笛の踊り:2007/01/29(月) 14:48:40 ID:SeNUTIeU
ここの皆さんは、ヴァイオリンソナタでは何番が好きなんだろう?
自分は25番と35番。(ト長調ばっかw)

166 :名無しの笛の踊り:2007/01/29(月) 15:43:24 ID:4Avpxpvz
>35番ト長調
同意。
アダージョから突然短調のアレグロに入るところは何度聴いてもゾクゾクする。

25番もいいけど。グリュミオー(pfハスキル)ではこれが一番好き。

167 :名無しの笛の踊り:2007/01/30(火) 20:20:25 ID:qFrBd9Jj
ヴァイオリンソナタは、グリュミオー・ハスキルの1枚しか持っていないのだけで、
もっと他の曲を聴きたい。お奨めがありますか。


168 :名無しの笛の踊り:2007/01/30(火) 20:21:37 ID:qFrBd9Jj
↑「持っていないのだけで」⇒「持っていないのだけれど」に訂正。

169 :名無しの笛の踊り:2007/01/30(火) 20:30:27 ID:zb4eOA7V
>>167
ゴールドベルク/ルプーのがいいと思う

170 :名無しの笛の踊り:2007/01/30(火) 21:05:52 ID:Hxpz0SWZ
>>157
第15番で良いのは見つかったかい?

171 :115:2007/01/30(火) 22:02:21 ID:AhN6ItRH
>170 第15番で良いのは見つかったかい?

うんにゃ。あの後は買っていない。モザイクは遠からず買ってみるけど。
オーヲタのわらしは、録音の良いハーゲンの15を好きになろうとよく聴いているのだが、
ハーゲンが演奏うまいっすかぁ?
17番第1楽章の第1バイオリンはアマチュア並みでね?速いところ乱れまくりじゃん。

自分の15番Bestは、今のところ、最初に買ったやっすいEMIのアルバンベルグか。
最近聴いてないけど。

172 :名無しの笛の踊り:2007/01/30(火) 22:39:47 ID:Hxpz0SWZ
本当に極端なこと言うね、あなたは

173 :名無しの笛の踊り:2007/01/30(火) 23:47:09 ID:m43Me/0U
>>167
グリュミオー&クリーンのが気に入ってたりするんだが・・・
あといっそオイストラッフ

174 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 00:27:46 ID:c4P52Sak
シェリング&へブラーとズスケ&オルベルツも魅力あり

175 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 00:37:00 ID:+qxdZYxx
>>174
これですな http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=323528
第37番〜39番も入っているのが良い

176 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 06:04:56 ID:+qxdZYxx
>>171
ABQのセットって、弦楽五重奏曲も入ってるやつかい?

177 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 21:02:49 ID:yEbsRnDE
167です。
みなさん、有難うございます。
今は、演奏者の違いより、ヴァイオリンソナタの曲数を増やしたいので
曲目を参考にして選びます。

178 :115:2007/01/31(水) 23:05:00 ID:rXvvMNwt
>176 ABQのセットって、弦楽五重奏曲も入ってるやつかい?

ちゃう。14&15、16&17、18&19で3枚出てるやつ。これの14&15。
ジャケットは同じ4人の顔が並んでるやつ。
ABQは、もう1枚持っているけど(15&16&20)、録音時期は10年ぐらい違うんだけっかな。
ABQの演奏は、他より少し速い。しかし、破綻はない。


179 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 23:25:59 ID:BLBtHmkn
>>177
ヴァイオリン奏者により違いって面白いもんな。
俺も最近モツのヴァイオリンソナタに凝っている所です。
いい曲が多いのは知っているんだけど、
なにせモツは各ジャンルに名曲が多く、それぞれ長く愛着を抱いてしまい
ようやく最近凝りだした。


180 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 23:30:17 ID:BUfbFCqG
弦楽四重奏曲は何か足りないっていうか、手抜きに聞こえる。
弦楽五重奏曲はいいけど、どうして弦楽六重奏曲を書かなかった?
楽勝で弦楽五重奏曲以上の名曲を書けただろう。

181 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 23:35:58 ID:6DKx68sh
俺もヴァイオリン・ソナタ、いい演奏がないかと思い、
ゴルトベルク&ルプー、シェリング&ヘブラー、ズスケ&オルベルツ
などいろいろ聴いてみた(どれも悪くない)が、
今のところ、一番気に入っているのは、デュメイ&ピリス(DG)。
でも出てるのは一枚だけ。なぜ続編が出ないのか、不思議。

182 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 23:39:20 ID:NyNlNfkl
>>180
そら需要が無かったから

183 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 10:14:59 ID:bFHn2Xbo
弦楽六重奏曲か…ブラームスしか思いつかないな

184 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 10:16:53 ID:mk9c4xxH
セックステット

185 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 10:24:23 ID:qFH+vnOj
>>180
その論法でいくと、弦楽三重奏はもっと手抜きってことになるなw
K563を聞けば、楽器の数は本質的じゃないことがよく分かるね

>>181
デュメイ&ピリスはいいね。曲が重なってるせいか聴いてるとグリュミオー&ハスキル
の名演を強く思い出す。あれをさらにきめ細やかに現代的にブラッシュアップした印象。

186 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 10:52:05 ID:UZf83bDW
じゃあ、バッハの無伴奏はもっと手抜き?
冗談はこれくらいで、
弦楽四重奏は第1、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロと
弦楽合奏の基本を最小限に切り詰めた各パート1人という内容の濃い編成だと思いますよ。
・・・と個人的に解釈してます。
音楽の学問的な知識は無いので間違っていたら教えてください。

187 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 10:59:08 ID:bFHn2Xbo
ハイドンセットも第20番以降も聞きまくったんで、今は前期を聴いてます

188 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 18:47:59 ID:mdsCvrCq
≫180
ハイドンセット以降の10曲までもが手抜きに聴こえるのなら、それはちょっと問題有りかと…。
ちなみにヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲なんてのもあるけど、これも充実した作品ですよ。

189 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 19:22:28 ID:Zk5Lrk07
2曲あるヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲の後の方の変ロ長調K.424は
アダージョの序奏がついた堂々たる作品。
2つの楽器でこんなにも広がりを感じさせるのはさすがモーツァルト。

190 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 19:57:03 ID:Ysru091K
バッハは一挺の楽器で宇宙を創ったけどな

191 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 20:02:35 ID:7aTa9QJa
>>183
P・チャイコフスキーのことも、ほんの一瞬でいいので思い出してあげてください。
ってスレ違いスマソ

192 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 20:52:51 ID:vrA0s4G6
オーボエ、クラリネット、ファゴットのための三重奏曲はいいよな。


193 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 21:10:11 ID:UZf83bDW
>>192
マジレスなのか釣りなのか・・・・

194 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 22:09:49 ID:Zk5Lrk07
>>192
そんな曲はないよって、つっこもうか

195 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 22:16:55 ID:vrA0s4G6
いや、あるって。この前実演で聴いたもん。

196 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 22:32:34 ID:hwxuSoVr
ケッヘル番号は?

197 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 22:34:37 ID:RPPYF2it
多分、セレナーデ、クラ3重奏の編曲とかじゃね?

198 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 22:40:53 ID:bFHn2Xbo
久しぶりにクラリネット五重奏曲を聴いている

199 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 23:54:59 ID:nJenmlXO
そう言えばクラリネット五重奏曲がモツを好きになるきっかけだったな

200 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 01:25:57 ID:WvJMIj5Z
最近久しぶりにW・マイヤーのクラリネットとモザイク四重奏団のCDで
聴いてみたけど、やっぱり傑作だなあ。
この演奏、知名度低いけど名盤だと思うのはオレだけ?

201 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 02:00:04 ID:CpNHBij+
名盤ですよ
妹と比べたことないけど

202 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 03:27:24 ID:1QFNLBzb
え〜あの演奏はちょっといただけないなー

203 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 04:33:53 ID:vEgHEY6v
ヴァイオリンソナタはポッジャーとかハーンのはダメなの?

204 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 06:29:39 ID:HpzoGl/a
ポッジャーいいですねえ。SACDだし。

205 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 19:20:52 ID:3xqrtGsU
>>192
新全集での「3本のバセットホルンのための5つのディヴェルティメント ヘ長調 K.439b」を
編曲したものではないでしょうか。(ピエルロ、ランスロ、オンニュの演奏が有名)
旧全集では Cl2,Fg1 変ロ長調となってました。この編成の方が録音も多いようです。

この曲の初版では「第6番」として他人が編曲したオペラ(フィガロ、ドン・ジョヴァンニ)のアリア5曲が追加されたそうで、
ザビーネ・マイヤーらで編成された「トリオ・ディ・クラローネ」のCDで聴くことができます。



206 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 22:02:01 ID:P2UI5PnJ
>>205 乙。

ところで、ピアノと管楽器の五重奏曲でこれ!という演奏は?
とりあえずアシュケナージとブライマー達のを挙げとく。

207 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 22:12:32 ID:3xqrtGsU
グルダとウィーン・フィルの管楽器奏者達

208 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 22:27:00 ID:788b4vYT
>>206
K452ならインマゼール&オクトフォロス最高です
ベトの同編成Op16も収録

209 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 22:31:50 ID:43RE9++O
モーツァルトはツマンナイ、なんてえらそうなことを言っていたものの
昨年のモーツァルト攻めで、いまさらながらモーツに開眼…
ジュピターが素晴らしくて、泣いちゃったなんて、子供のようなことを言ってる私です。

210 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 22:38:10 ID:pU4kfjPG
てんでようち

211 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 22:38:59 ID:84MtfB/b
>>206
月並みかもしれないけど、やはりブレンデル、ホリガーらのフィリップス盤を
推したいですね。たとえば第三楽章の冒頭主題を、ブレンデルとホリガーの
ような調子のいい唄いまわしで楽しく聴かせてくれる演奏は他になかなかない。
個々の楽器の音色などの好みで言えば、他にもっと好きな演奏もあるけどね。

212 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 22:59:04 ID:788b4vYT
インマゼール&オクトフォロスを聞き返してみたら
ホルンのドンブレヒトが外しまくっていて萎えた・・・
この爺さんシャンゼリゼオケでも足引っ張っていたな

でも味わいはあるけどね

213 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 23:07:21 ID:jeaceEHi
オクトフォルスのクラのシュミットは、K452で、シフ、ホリガー、
トゥーネマン、ヴラドコヴィッツとも録音してるのね。
古楽器のK452は、18cオケメンバーの録音が圧倒的に面白い。

214 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 01:22:12 ID:KTlCNlgs
>>206
グルダ盤にもう1票。
際立っている、と思ったな。

215 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 02:24:13 ID:PYUSG2rZ
>>206 レヴァイン+アンサンブル・ウィーン=ベルリン 盤(DG)に一票。

あのピシッと決まった(と俺の耳には聞こえる)アンサンブルは他では得がたい。

他では,ペライア+イギリス室内管弦楽団メンバー (CBS)も好きだが,
第1楽章はもう少し速い方が俺の好み。

俺はホリガーのファンでもあるのだが,どういうわけか,彼が参加した
ブレンデル盤もシフ盤も「まじめ」にやりすぎているような気がする。
KV452は,「まじめさ」と「遊び」のバランスをとるのが難しい曲なの
だろう……。

216 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 02:27:03 ID:Uzisq58Z
セレナーデとディヴェルティメントをコンプしようと思ってるんだが
フィリップスのセットは詳しく曲目を確かめられなくて困る

217 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 06:25:38 ID:35pXeg5d
>>206
古楽器ならロバート・レヴィン盤。
安定したアンサンブルで古楽器の音色が味わえる。
でも輸入、国内盤ともに入手困難になりつつあるみたいですね。
このCDもベトの同編成の曲も収録。

218 :206:2007/02/03(土) 06:58:36 ID:ZOio/C3C
みなさんどうも。
古楽器の演奏は聴いたことがないので買おうかな。
久々にブレンデル他を聴きました。浮き立つようでホリガーがやはり目立ってますね。

219 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 09:15:07 ID:BSsdnq6z
タワレコの企画で、ウィーン・ムジークフェライン弦楽四重奏団の、
モーツァルト弦楽四重奏曲選集が発売になりました。(一部ハイドン、シューベルト含む)
予約しておいてのが今日届く予定。楽しみ(^_^)v

220 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 14:09:30 ID:iR1DHkPW
インマゼールのフォルテピアノの音って>>206のK.452を初め、他の録音も
チェンバロっぽい音色で嫌いです。
これは個人的な好みだとは思いますが。
フォルテピアノでも、レヴィンなど他の人のは好きなんだけどね。


221 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 16:09:34 ID:NCgNeSWr
>>206
コッホ、ライスターらのベルリン・フィル木管ゾリステンと
コンタルスキーの81年日本ライブ盤。
暖かい音色と気持ちの良い音楽の流れ。

もうひとつ、ベルリン・フィル木管五重奏団とハフのも良い。

222 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 16:32:49 ID:Uzisq58Z
>>219
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1406361&GOODS_SORT_CD=102
これだな。聴いたら感想ヨロシク!

223 :219:2007/02/03(土) 18:57:06 ID:4r38iA9m
昼頃届いて、取りあえず何曲か聴きました。録音はちょっと残響が強すぎ、音が細すぎるような
感じがしたけど、それ以外はおおむね期待通りの、いわゆるウィーン的な演奏です。
特に四曲入ってる、ハイドンの作品の演奏が結構いいかも。

224 :名無しの笛の踊り:2007/02/04(日) 00:39:14 ID:AmkfroaG


今、ハーゲンの前期SQを聴いているがとても良い

225 :名無しの笛の踊り:2007/02/04(日) 18:29:59 ID:kEPASuWL
>>209
前からモツが好きな自分も、
前はいいと思ってなかったモツの曲や、ジャンルが好きになる
ということを繰り返しているからな。
モーツァルトの曲は名曲がいっぱいで好きになる甲斐がありますw

226 :名無しの笛の踊り:2007/02/04(日) 19:15:45 ID:xfb3MarY
今日の芸術劇場ハーゲンやるね。

227 :名無しの笛の踊り:2007/02/04(日) 19:40:40 ID:rcXwccbQ
K.421の終楽章は(も)ちょっと凄いよ。同音反復が神懸ってる。

228 :名無しの笛の踊り:2007/02/04(日) 23:40:01 ID:KolJ7yim
ハーゲンはじめて聴いたけど、うめーなこいつら。
古楽オタの俺でも余裕で聴ける。
というか普通に感動したよ。

229 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 03:26:38 ID:luRuELrJ
見逃した…再放送を激しく希望…しても無駄だよな くそう

230 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 03:30:19 ID:IGzrRfDX
はーげんQも初期の頃はすごいと思ったけどね。
その後古楽器にかぶれてシマんなくなっちゃったねえ。

231 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 11:05:21 ID:QVhRvPJJ
ハーゲンは妙にねちゃねちゃとした演奏するから
私は好きじゃないな。
モツの弦四ならやはり端正なズスケ、それに自由自在な
スメタナ。

232 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 11:28:26 ID:luRuELrJ
>>223
ホスマイスターとプロシャ王セットはどうでしたか?
現在、好みに会うのを物色中

233 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 11:49:09 ID:z+uql4uT
>>228
だってハーゲンのひき方は、いかにも古楽好きの人にうけそうなひきかただもの。
確かに、技術的にすごくうまいのはだれもが認めるところだと思うけどね。
昔ながらの、アマデウスとかスメタナとかアルバンベルグ、
それにウィーンフィル系四重奏団の演奏などを高く評価する人には、
あまり好まれないんじゃないかな。

234 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 11:57:23 ID:z+uql4uT
>>232
私は、プロシャ王セットに関しては、東京SQの演奏をいちばん愛聴してます。
三曲セットの一枚もので、多分今は輸入盤しか出ていないと思いますが。
特に第23番第一楽章の、愉悦感といかにモーツァルトっぽい艶がなんともいい。

235 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 12:31:09 ID:i7IrcUyY
東京SQとプロシャというと、ハイドンのプロシャ四重奏曲集がすごくよかった。
モーツァルトは聞いてないんで今度探してみるかな

昨夜のハーゲンSQだけど、視覚的要素が加わると四重奏曲も一層面白いね。
やっぱりライブはいいな

236 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 12:37:07 ID:luRuELrJ
演奏とは関係ないけど、ハーゲンSQの第1Vnの人は俳優みたいでカッコイイ

237 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 21:22:15 ID:xx3eNrmg
>>231
>ハーゲンは妙にねちゃねちゃとした演奏する
同意。聴いてて肩が凝る。
いい意味で、もっと気楽に演奏して欲しいもんだ。

238 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 22:27:36 ID:BHAYGcE1
>>230
>>231
>>237は昨日の放送を見てない

239 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 23:11:30 ID:luRuELrJ
クラリネット協奏曲の第2楽章は良い…

240 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 23:15:24 ID:T56NQGjC
クラ協は第2楽章が有名だけど、
他の二つの楽章もなんとも言えない味わいがあって
凄くいいと思うのだが。

241 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 23:21:36 ID:i7IrcUyY
ん? スレ的にはクラ五重奏曲でプリーズ
ま、どっちも屈指の名作なのは確か

242 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 23:50:17 ID:OcJu4dEL
クラリネット五重奏曲は、前半の二楽章が大傑作。
後半の二楽章はちょっと落ちるかな。

243 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 23:51:13 ID:3TeJ/cuk
>>238
ハーゲンは、不必要に凝ってる感じがするんだよ。
モーツァルトには合ってない。

244 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 23:51:22 ID:4IiDmypZ
そういう意味ではブラームスのもそうだ>クラ5

245 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 23:52:09 ID:vn2C9QFY
>>233
そうだったんだ。
世の中には(個人的に)上手い奴がいるもんだと思った。
テンション高い系、フレーズを長く取る系が好きな人は
確かに好きになれないだろーね。

246 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 00:10:48 ID:PP646AJc
K136-138と、第13番まではハーゲンSQは格好良い演奏ですよ
ハイドンセット以降はクセが強い気がする

247 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 00:57:46 ID:BQFUEisK
>>243
つまり予想通り実際には日曜の放送をみてないのに
以前の印象だけで貶してたわけね

自分もハーゲンは苦手で当然放送も見てないが、
日曜放送の演奏が良かったという話なんだから
見てない人間が割って入るのは無粋だと思うよ

248 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 03:33:00 ID:s6u+Oqqy
クラ5はプリンツ&ウィーン室内合奏団の演奏が、
繊細で好きだ。
皆さんのおすすめはありますか?

249 :231:2007/02/06(火) 06:16:01 ID:AoYfxJkI
>>238
この前の放送を録画して見た上で言ってるんだが。


250 :237:2007/02/06(火) 06:17:12 ID:AoYfxJkI
>>249
231じゃなくて237だった

251 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 10:00:20 ID:EPG6YOO9
>>248
モノですがやはりウラッハ。しみじみとした演奏です。

252 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 11:18:56 ID:25JQFEAw
ウラッハ好き

253 :243:2007/02/06(火) 21:02:20 ID:HOhYBvbG
>>247
おれは見て言ってるんだぞ。
見てないきみがつべこべ言うな。

254 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 21:56:08 ID:d1HnXJiF
漏れはみてないけど最近ハーゲンQは終わったと思ってた。
特にモーツァルトの録音には落胆しきり。TVはよかったですかそうですか

255 :自分は:2007/02/06(火) 22:36:39 ID:d7i2OpUF
音程がおかしな箇所がいくつかあったし、ルバートの多用もいかかがなものかと思ったけどね
人それぞれだな

256 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 23:32:58 ID:PP646AJc
SQの第8〜13番もいいなあ

257 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 03:21:07 ID:odCunIhE
>>186さん、遅レスですいません。

しっかりと和声を感じ取れる最小構成が4声ということのようです。
3声だと、個々の音として感得される度合いが強くなるそうです。

3重奏と4重奏ではずいぶん音楽のテクスチャーが違いますよね。

258 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 03:31:50 ID:u5mtEMMp
≫242
後半の二楽章は演奏によってものすごく差が出そうですよね。

259 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 15:25:53 ID:UG+7r62Q
去年の11月、モザイクSQの実演。
大阪のメインプロはブラームスのクラ五(cl=マイヤ)だったんだけど
アンコール、clをバセット系にわざわざ持ち替えて K.581の二楽章だけ演ってくれた。
昨年の私的best1コンサートっす。
その一ヶ月ほど前、タカーチSQのK.428も良かった(特に二楽章)。

でもどちらも入りは寂しい限り、それについてはただ昔日の感のみ。

260 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 02:17:29 ID:fIPrHt35
弦楽五重奏曲第4番の第3楽章はいい

261 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 03:31:59 ID:pgq/zGJr
↑同意。第3番の第2楽章もいいよ。最近強くそう思うようになった。

262 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 09:10:29 ID:0EkCJw1u
>>261
第3番の第2楽章って、
緩徐楽章だったりメヌエットだったりするけど、
結局どっちが本当なの?

263 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 12:23:52 ID:loXCpyS2
>>262
その2つの説があるということで、作曲者がどういった順番にしたかは
いまだに分からないんでしょ?
国内盤のCDの解説に大体その辺の内容が書いてあるでしょ。

264 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 15:32:10 ID:3XU/FoTQ
俺は、メヌエットが先に来るほうが好き。
理屈じゃなくて好みだけど。

265 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 19:45:17 ID:VDRvc2dL
緩徐楽章ってなんて読むんだ?
ゆっくりした曲って意味?
ググッてもなんかアニメの話しか出てこないorz

266 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 19:49:58 ID:VDRvc2dL
自己レス
かんじょ楽章でいいんだね。
変換できないから間違ってるかと思た。

267 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 20:44:10 ID:PRqpK81r
だいぶ辞書が充実した現代のワープロでも、意外に変換できない言葉ってあるんだよね。


268 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 21:13:13 ID:5ro3pL+o
ト短調五重奏曲第4楽章のアダージョの序奏は、今にも息絶えてしまいそうな音楽だ。
魂はまだ希望を捨てずにいるのだが、心臓の鼓動(チェロのピチカート)はだんだん弱くなり、
アレグロの手前で息絶えてしまう。
御霊を天に誘うト長調のアレグロは、哀しみを通りこして妙に晴れ晴れとしている。
ドン・ジョバンニが地獄に落ちた後のフィナーレにも似たもの感じる。

269 :261:2007/02/08(木) 23:49:35 ID:pgq/zGJr
>>262
そうですね、ごめんなさい。僕が言ったのはアンダンテのほうです。
バイオリンとビオラの対話による、溢れるような歌心に満ちた音楽。

K515とK516、内緒ですがK550とK551より好きです。

>>268
僕も似たような印象を持ってます。1〜3楽章で、さんざん深淵を連れまわした
あとで、4楽章で僕らを現世に還してくれるような。なにか徐々に覚醒させら
れていくような感覚を感じます。K516の最終章を駄作とする説もあるのですが
そんなことないよね。

270 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 06:26:54 ID:r71dOa6v
苦悩(深淵)から歓喜だね <K516の最終章

271 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 08:45:50 ID:c6BMmc72
弦五、みなさんどこので聞いてます?
スメタナ、ハンガリー、ABQあたりがメジャーかな

272 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 08:56:41 ID:aFiYW0VW
アマデウスSQを忘れちゃ困る。今はグラモフォンから、二枚組に六曲つめこんだ
お買い得な全集がでてるぜ。

273 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 09:02:42 ID:c6BMmc72
ハンガリーじゃなかった。。。ブダペストだ

274 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 10:52:34 ID:oT+x7hjI
>>271
こと弦五に関してなら、スメタナとブダペストで十二分。
他のは必要なし。

275 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 11:12:23 ID:iYt3FIkE
>>271
エステルハージQにハーヴェが加わった演奏が面白かった。
オリジナル楽器使用ノン・ビブラート演奏の初期のもの。
吉田秀和氏がモーツァルト全曲放送の五重奏曲で使ったのがこの演奏。

ヤープ・シュレーダーが1stを弾くエステルハージQの録音は去年
ハイドンセットがが再発されたけど五重奏曲共々一度聞いてみて欲しい。
好みは分かれそうだが、ホグウッドの交響曲が好きな人ならきっと気に入ると思う。

276 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 14:28:37 ID:GVdi3TnQ
>>274
同感。柔と剛の名演。

277 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 21:27:01 ID:T5uGa7kv
僕はABQで聴いてますが、3番4番のカップリングしかないみたいです。
5番6番はないのかな? 知ってる人います?

278 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 23:48:36 ID:mHHtqFOW
>275-276
あちゃーこれはひどい


279 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 03:16:02 ID:BA7HtZqC
ABQは第3番・4番だけなのか
グリュミオートリオ+アルパド・ゲーレツ+マックス・レズュールのはどうかな
聴いてみたい

280 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 10:14:18 ID:ZR7VI5+d
グリュミュオー達の演奏、僕はかなり好きだよ。
特にモツ室内楽の初心者にはよく奨める。
ただ、他の演奏に比べて、どうしてもグリュミュオーの
ヴァイオリンの音色の美しさだけに耳が奪われがちで
作品の構造美に注意が向きにくいという難点はあるかも。

281 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 13:00:00 ID:SsQHqbNS
たしかブタペストのロイスマンだったと思うが、こんなことをいってたね。

モツ:一人でパート練すると簡単だが、合わせると難しい。
シューベルト:一人で弾くと難しいが、合わせると簡単。
ベト:どっちも難しい。

なるほどと思った。

282 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 17:49:12 ID:ghd2pVOY
>>272
それは買いだな

283 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 17:50:59 ID:iCPz0p2k
>>278
何が言いたいのですか?

284 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 23:30:08 ID:V5wcu9H2
割と最近モツの弦楽四重奏曲を聴くようになったけど、
標題のついてない、15番や16番が聴き易かった。

285 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 02:47:51 ID:v4VtPQC8
俺も最初に親しんだハイドンセットは15番。
現在一番好きなのは19番だが。

ここでオーボエ四重奏曲をプッシュしている人がいるので今度聴いてみる。

286 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 15:53:02 ID:t1napoFk
ヴァイオリンとヴィオラの二重奏曲はなかなか面白い

287 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 16:13:24 ID:Kwy1H2Sr
俺も15番が始めから一番しっくり来たクチ。
で、今は18番。第2楽章の変奏曲、なんか最近やたら浸みる。
LVBのop.127に通じるものが。

288 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 16:33:58 ID:t1napoFk
第18番の第3楽章はチェロが活躍するね

289 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 16:59:46 ID:080gYBKH
>>284
モーツァルトの短調の作品の場合、短調であるということ自体が
ある種の標題みたいな役割を果たしているよね。「ト短調交響曲」
という言い方がそのよい例だ。

290 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 17:10:45 ID:t1napoFk
そうですなー
交響曲第40番、ピアノソナタの2曲、ピアノ協奏曲第20番、セレナード第12番…

291 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 18:20:40 ID:1yEsXZG7
>>287
18番第3楽章の変奏曲ね。
アルバンベルク旧盤ではそれほどとは思わなかったけど
ジュリアードで良さがわかった。ヴェーグのもいい。
ベートーベンが好んだ曲…


292 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 18:29:41 ID:xwTeweBg
ところでジュリアードSQのハイドンセット、今出てるのは70年代の再録音だよね。
最初の録音って今手にはいるのかなあ、CD化はされていたっけ?

293 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 18:44:45 ID:+VB4dBly
福島本ですまんが62年盤中古LPゲットと書いてあったから
CD化してないんじゃ?(未確認)

294 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 18:48:32 ID:xwTeweBg
>>292
自己レスです。
調べたらCDは出てたようですね。SRCR1827-9だから国内盤かな。
実家に親父のLPがあって子供の頃聞いてたのが62年録音でした。
それで耳馴染んでるせいか新録音にちょっと違和感あるんですね。
バルトークやベートーヴェンもそうだけど、ジュリアードは50年代〜
60年代前半くらいがやっぱり一番面白いと思う。中古屋探してみるか。。

295 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 18:54:53 ID:t1napoFk
ジュリアードには、是非とも第20〜23番をやってほしかった

296 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 19:00:22 ID:xwTeweBg
>>295
20〜23番も録音してるようですよ。それも2回。
最初が53年にモノーラル、2回目は74年。CD化されてるかは分かりません。
自分もぜひ聴いてみたいなあ

297 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 10:13:29 ID:12aRymBL
ピアノ四重奏曲の第1番て短調なんだな

298 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 10:13:31 ID:Va8sXT2v
ジュリアードQと言えば五重奏曲も全曲録音してるね。(もう一人のヴィオラはグラハム)
1978年録音で、演奏の大まかな印象は前年のハイドンセットとよく似てる。
あれの五重奏曲版という感じ。輸入盤で昔出てたけど最近は見かけないな〜
同じレーベルにブダペストQの定番があるせいで割を食ってると言えるかも。

299 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 15:35:52 ID:2f1c8ArM
ピアノ四重奏曲第1番ト短調K.478第1楽章の始まりが交響曲第25番と第40番の出だしを
合わせたような音の動きになっていて、同じ調性の曲同士の類似性を感じる。

普段は、プレヴィン&ウィーン・ムジークフェラインSQを聴いているが、
他にオススメの演奏はないものだろうか?

300 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 15:53:17 ID:h8XYVBEe
12のデュエット KV487
・二本のホルンのための
・二本のバセットホルンのための
・ヴァイオリンとヴィオラのための

どれが本当なんですか?
自分はフレンチホルン二本のCDで聴いています

301 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 20:34:50 ID:12aRymBL
>>300
これだと、ホルンになってます
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1415426

手元にある古い音楽事典によれば、「2パセットホルンまたはホルン?」と書いてある

302 :名無しの笛の踊り:2007/02/13(火) 00:12:07 ID:yJgd5J4W
ボーリング大会(?)して負けた方が上のパートを吹く罰ゲーム。

というウワサを耳にした。

303 :名無しの笛の踊り:2007/02/13(火) 00:59:09 ID:m0AZKTcg
>>301
>>302
ありがとう。罰ゲームてさすがモーツァルトだね。
バセットホルンで聴いてみたいな

304 :302:2007/02/13(火) 01:28:47 ID:yJgd5J4W
>>303
因みに302はホルンの説ね。
下のパートが完全にナチュラルホルンで吹く様に書かれてるから、
ホルンのためで間違いないと思うよ。

上が高すぎるから、バセットホルンでは?という意見もあったけど、
罰ゲームだと思うと、納得する所も有る。

305 :名無しの笛の踊り:2007/02/13(火) 08:09:27 ID:bV2ZtbJ6
ホルンの為の曲だとすると、奏者の一人はやはり例のロイトゲープを想定してたのかな。

306 :名無しの笛の踊り:2007/02/13(火) 09:13:43 ID:bGdJxm7O
>>303
バセットホルン版は、プリンツ&シュミードルの演奏があります。
5つのディヴェルティメントK.439bも入ってますが、クラリネット2・ファゴット1の編成です。

307 :名無しの笛の踊り:2007/02/13(火) 18:08:25 ID:E8ft/fyv
>>296
録音はあるのかー。聴きたいです <ジュリアードの20〜23番

308 :名無しの笛の踊り:2007/02/13(火) 19:27:25 ID:YAqPOftq
>>306
その演奏のCD、是非手に入れたいと思って、アマゾンで検索してみたら、
少なくとも国内盤は最後に出たのがもうかなり前で、在庫切れのようですね。
輸入盤なら、まだ手に入るのかしら?

309 :名無しの笛の踊り:2007/02/15(木) 17:21:18 ID:UQ2MB52d
アマデウスのK563聴きました
演奏は無難な感じ、クレーメル+カシュカシアン+ヨーヨー・マのと似ている
82年録音、DDDなので音質良好

310 :名無しの笛の踊り:2007/02/15(木) 20:46:12 ID:X2B/ES8V
>>308
ユニバーサルミュージックの大全集〜第11巻:管楽のための室内楽曲全集(6枚組全28曲)に収録されてるようですが…

311 :名無しの笛の踊り:2007/02/15(木) 21:39:48 ID:s+Gzbccx
>>310
情報ありがとうございます。ユニバーサルの全集は、
新モーツァルト全集の判断にもとづく楽器編成を重んじていると
思い込んでいたので、すっかり見逃していました。

312 :115:2007/02/15(木) 22:38:58 ID:NxysIXuD
エマーソンの15番を購入。よせばいいのに。。。
はずれ。9枚目。
しかし、録音の良いハーゲンのハイドンセットを聴いてから、
演奏的には気に入っているEMIアルバンベルクが聴けなくなってしまった。
録音の良いカルテットが聴きたい。

313 :名無しの笛の踊り:2007/02/15(木) 22:48:50 ID:aIz1GeFa
録音美人を求めるようになってはダメ

314 :115:2007/02/15(木) 22:52:11 ID:NxysIXuD
っーと、根性・気合・投資で鳴らすんすかぁ。オーヲタとしては。
きりがねぇからなぁ、そっちも。

315 :名無しの笛の踊り:2007/02/16(金) 01:26:26 ID:jw7/ryU6
>>312
エマーソンのは恣意的な解釈で悪く言うと独特だけど、ひとつの演奏として
はそこそこ楽しめて、そんなに悪いとは思わなかった。

316 :名無しの笛の踊り:2007/02/16(金) 01:44:00 ID:BjFMQsjz
アマデウスのK.546(アダージョとフーガ)がとても良かった
こうなると全集が欲しくなる

317 :名無しの笛の踊り:2007/02/16(金) 04:13:25 ID:z5xJoDTc
変ホ長調のほうのピアノ四重奏曲が好きなのここまででは俺だけかorz

318 :名無しの笛の踊り:2007/02/16(金) 09:48:44 ID:cO6SXqwf
アダージョとフーガ(K.546)といえば、今でも不思議に思ってるんだけど、
没後200年のときのあのフィリップスの大全集、あれほど完璧に小品や断片まで
収録しておきながら、なぜかこの曲だけ抜けてるんですよね。当時、イタリアSQも
アマデウスSQもすでにこの曲の録音をしていたはずだし、マリナー=アカデミーの
弦楽合奏版だってあったずなのに、なぜ収録されなかったんだろう。
単なる製作側のミスなのかなあ。

319 :名無しの笛の踊り:2007/02/16(金) 09:53:06 ID:jw7/ryU6
↑いや、そんなことないよ。ハイドンセット以降の室内楽ってみんな良く
て、そういうなにげな曲も、注意して聴くとやっぱりすごくいいと思う。

320 :名無しの笛の踊り:2007/02/16(金) 10:26:27 ID:BjFMQsjz
>>318
Wolfgang Amadeus Mozart - Litaneien; Vespern; Oratorien; Kantaten; Freimaurermusik (Vol. 11) (CD)
http://www.klassikakzente.de/CDA.jsp?objectId=4543&productContainerId=3846#002894648702

なぜだか分からないけど、ここに紛れ込んでますな

321 :名無しの笛の踊り:2007/02/16(金) 11:29:39 ID:BjFMQsjz
あ、没後200年のときのですか、それは分からない

1788年6月26日が、交響曲第39番K.543、アダージョとフーガK.546、ピアノソナタK.545の誕生日か
クラシック史上、歴史的な1日だ

>K.544は『小行進曲ニ長調』という曲だったようだけど、
>今では冒頭の4小節以外は紛失してしまい、その姿を知る由もない。

どういう曲だったのだろう…

322 :318:2007/02/16(金) 14:12:35 ID:cO6SXqwf
>>320
あっ、なるほど!たしかにその巻にはいっていますね。これは私の不注意だった。情報どうも有り難うございました。
フリーメイスンの為の作品に分類されてたんですねえ。そういえば以前愛聴していたLPで(今は輸入盤ならCDでもでてるはず)
ペーター・マーク指揮ウィーン・フォルクスオーパー他の演奏による『フリーメーソンのための作品集』という二枚組のものがあり、
そこには狭い意味でのフリーメイスンの為の作品以外に、このK.546や、グラスハーモニカ五重奏曲、アヴェ・ヴェルム・コルプスなども収録されてました。
確かK.546に関しては、メースンのロッジでも好んで演奏されていた可能性が高い、みたいな解説がついていたように記憶しています。


323 :名無しの笛の踊り:2007/02/16(金) 15:48:59 ID:BjFMQsjz
そんなマイナーな説を採用するあたり、編集した人の性格が伺えますな

324 :名無しの笛の踊り:2007/02/16(金) 17:21:52 ID:cO6SXqwf
まあ、どうしても色々入れて、二枚組に仕立て上げたかったんでしょうが…。
その無理やりな製作のおかげで、グラスハーモニカ五重奏曲みたいな、当時
他にあまり録音のなかった晩年の傑作にめぐり合うことができたので、感謝してます。
ちなみにこのセットの演奏ではマーク自身がチェレスタを弾いてグラスハーモニカの
代用をしているので、オリジナルな編成による演奏よりもずっと早いテンポで
旋律線がはっきりしており、この曲の透明な哀しさが際立っていて、今でもこの演奏は
大好きです。各パートの奏者は、決してそれほどうまいわけではないけれどね。

325 :名無しの笛の踊り:2007/02/16(金) 17:27:21 ID:cO6SXqwf
もし興味を持った方のために、CD番号かいときますね。
VoxBoxというシリーズの、CDX 5055です。
タイトルはThe Complete Masonic Musicです。

326 :名無しの笛の踊り:2007/02/16(金) 19:17:50 ID:BjFMQsjz
>>324
323はフィリップス全集の編集者に向けた言葉です
K.546がこんな所にあるなんて普通は思いつかないですからね
素直に、弦楽四重奏曲のカテゴリに入れればいいのに
恥ずかしながら、今日まで「フリーメイスン」という言葉自体知りませんでした

327 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 00:37:32 ID:tRecaoSt
>326
フリーメイスンはモーツァルトを語る上でかかせないキーワードですけどね

328 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 00:45:24 ID:k1uqcWPY
俺もフリーメイソンに入りたい
イニシエーションしたい!

329 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 00:51:05 ID:sU0OxiTK
真面目でなかったモーツァルトがフリーメイソンの葬送音楽はめっぽう真剣に書いた。
レクイエムぐらい真剣に書いた感じ。
フリーメイソンがモーツァルトのアイデンティティの大きな部分だったと思う。

330 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 01:38:58 ID:9sQu7WS9
逆に自分は、モーツァルトにとってのフリーメーソンの存在を
あまり大きく捉えない方だな。
モーツァルトのその時の意図云々とは別に、
音楽家としてのモーツァルトの個性の方が圧倒的に大きい。
そんなにメーソンの影響が大きいのであれば、
魔笛だってもっと一貫性のある内容になっていたことだろう。


331 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 02:31:32 ID:tRecaoSt
>330
うーん。まあそれはそうだけど契機としてのフリーメイソンの存在は大きいよね

332 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 06:52:47 ID:8EAQq8lJ
当時の文化人や著名人の交流の場みたいな感じなんですかね?
まあ、フリーメーソンがきっかけになっての作曲も多いのは確かですね。

333 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 06:57:55 ID:PZZJVzt2
セレナードやデヴェルティメント、カッサシオンは室内音楽と言えるのかな
これらはモツ本スレで話すべきなのか、ここでしても良いのか

334 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 10:04:22 ID:qkThnjbK
モーツァルトの作風の大きな変化(発展というべきか)は、母の死・フリーメイスン入会・父の死
という三つの出来事に多大な影響を受けていると思わざるを得ない。結婚や子供の誕生・社会的地位の変化なんて、
それらに比べればほとんど影響は与えていないといえる。フリーメイスンに関して言えば、
ピアノ協奏曲19番と20番の間に、メイスンへの入会という出来事があったことを指摘するだけでも
充分だろう。

335 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 10:12:57 ID:k6Ik5XKo
ヴァイオリンソナタ、あまり有名ではないけれど、カガンとリヒテル盤があまりにもいいのに驚いた。とても親密で繊細な表現です。
KV378、KV379。ほかにも録音はあるのだろうか。

336 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 10:31:27 ID:PZZJVzt2
SQ第13番だけ、他のウィーン四重奏曲となんか違うと思ったら
これ短調だったんだな

337 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 11:21:30 ID:3/rnkT3M
モツのピアノトリオ、初めて聴き始めたけど、ぱっとしないね。
500番台でこれかよ。

338 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 13:20:48 ID:+tYF0Hq2
ピアノトリオは500番台の器楽曲のなかでは結構数が多い。たぶん知り合いの
貴族の家庭ででも演奏するために書いたのかな?

アンリ・ゲオンなんかはそこそこ評価してるね。

339 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 13:46:33 ID:XRLaaXfi
>>337
その500番台のピアノ三重奏曲は、たしかに知名度が低い感じがするけど名作じゃん。
私は大好き。
この曲に限ったことではないが、演奏によっても相当印象が変わるよ。


340 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 14:23:55 ID:PZZJVzt2
KV563って、対位法とか和声法とかの観点から見るとどうなっているんだろう
弦楽四重奏曲や五重奏曲と同じ知識と手法でこの曲が作れるとは思えない
なにか独特の知識・手法を用いている気がする

341 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 18:42:08 ID:f9gbvoXp
>ピアノ三重奏曲
へんに凝ってないところがいい。
ボ・ザール・トリオはね。

342 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 20:44:09 ID:lA+0wUmg
500番台ピアノトリオは、たいていセンチメンタルな泣かせるところがあっ
て、五重奏・シンフォニーなんかとはだいぶ趣が違う。

肩肘張らずに聴くことをお勧めです。

343 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 20:52:54 ID:XRLaaXfi
>>たいていセンチメンタルな泣かせるところがあって

そうそう!そうなんですよね。
あまり速ぎる演奏はこれらの曲には向いてない感じがします。
(あるんですよ。そういうのが・・・)

三大交響曲の頃に作られただけあって、単なる軽い曲ではないですね。


344 :342:2007/02/17(土) 22:45:21 ID:lA+0wUmg
>>343 どもです。
それでなんとなくある特定の人の嗜好を意識したんじゃって思ってるんです
けどね。

ハイドンセットや五重奏がちょっとくどいと思うような気分のときには、こ
ういう曲がいいですね。癒されます。それでいて決して軽いだけの曲じゃな
いってのも同意です。

345 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 11:44:57 ID:YJGBjlfQ
ベトベンのOp.3弦楽三重奏セレナード、K.563と調性が同じだ

346 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 11:56:25 ID:YJGBjlfQ
間違えた、Op.3はセレナードじゃなくて純粋な弦楽三重奏曲か
変ホ長調って調性は興味深い。ベトが好んだとされるSQ第18番も変ホ長調

347 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 12:15:10 ID:DeiARzBk
ベトベンの類似曲で調性が同じなのは、ピアノと木管5重奏だね。これも変ホ。

モーツァルトの場合、変ホは明くてわりと穏やかな曲が多いね。

348 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 12:56:59 ID:kX/m31bP
ピアノと管楽のためのやつ?
あれは木管5重奏じゃないよ。フルート無い。

変ホ長調って、ホルンが吹きやすい調性っていうのがでかいと思う。
モーツァルトの協奏曲(一曲を除いて)、5重奏曲とも変ホ。

349 :347:2007/02/18(日) 13:53:58 ID:DeiARzBk
ああ、すまん。言い方悪かった。
ピアノと木管のための五重奏曲です。K452ね。

350 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 16:34:54 ID:8ykNmfIW
K.563は聴いていて楽しくなるね

351 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 17:02:14 ID:YJGBjlfQ
すまねっす、SQ第18番はイ長調でした。変ホ長調なのは第16番だ

352 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 20:17:31 ID:OrwaLY3N
第18番イ長調の第1楽章は、モーツァルトの弦楽四重奏曲の最高傑作。

353 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 20:21:05 ID:YJGBjlfQ
K.563の第2楽章はクラシック音楽史上最高の芸術作品

354 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 21:20:28 ID:v7bGuQSp
思い違いもほどほどに

355 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 21:48:40 ID:zaCUQz7+
まあ人それぞれだから
自分にとってK.563は、特に第2楽章は楽しいどころか緊張を強いられる感じがするなあ



356 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 21:59:09 ID:DeiARzBk
>>355
それよくわかる。あの曲って全体的には楽しさ基調だと思うけど、なにげに
すごいところがある。

357 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 22:03:49 ID:JbHV9OgQ
>>206
亀だけど。。。

バレンボイム、シカゴ&ベルリンフィルメンバーのは絶対やめとけw
ホルン、まるでマーラーでも吹くかのようなやかましさw

358 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 23:15:42 ID:YJGBjlfQ
K.525の第2楽章は春で、K.563の第2楽章は秋です

359 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 00:47:13 ID:90HPqTam
>357
聴くまでもなく駄目そうですね

360 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 02:05:03 ID:rrkEMXgR
>>357
同意

この演奏は、バレンボイムのピアノ演奏の手抜き具合もすごいw

361 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 09:42:21 ID:KwWzFed9
KV99のカッサシオン、何回聴いてもいいなー
これ大好きです

362 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 13:33:27 ID:JdXLdSrv
K.99第5楽章Andanteト短調の第14小節から第16小節を聴くたびに、魂が宙に浮かぶような感覚を覚える。
また、第15小節でDとEsの半音をぶつけた響きからは、祝典的な機会音楽とはかけ離れたものを感じる。
13歳のモーツァルトの心は何を見ていたのだろうか。

363 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 21:17:03 ID:GRJTg1Sh
やや逆説的に、創造の自由に抵抗する外的制約というものは、芸術家にとって
無意味なものではないと思う。彼らの音楽が揺ぎ無いと感じる深い理由がそこ
にある気がする。

364 :363:2007/02/19(月) 21:41:34 ID:GRJTg1Sh
すまん。他スレに書こうとしてここに書いてしまった。スルーしてください。

365 :名無しの笛の踊り:2007/02/20(火) 00:02:44 ID:KwWzFed9
>>362
13歳か…まだ小僧じゃないか。信じられない

366 :名無しの笛の踊り:2007/02/20(火) 00:38:37 ID:m3/FK3T2
弦楽三重奏曲の後にSQ聞くと、四重奏の表現力の豊かさに驚く
弦楽トリオがあまり流行らなかったのも分かる

367 :名無しの笛の踊り:2007/02/20(火) 18:33:22 ID:E73xjZ45
モツはあまり好きではありませんが
弦楽3重奏曲
ピアノ4重奏曲第1番
弦楽5重奏曲第4番
とりあえず上記の3曲だけは大好きで聴きます。

368 :名無しの笛の踊り:2007/02/20(火) 23:09:54 ID:e/IkaYAt
日本人ってやっぱ短調の方が素晴らしいと思い易い傾向があるんだろうか

369 :名無しの笛の踊り:2007/02/20(火) 23:15:37 ID:ipkauywU
>368
「日本人って」みたいなくくりやめような

370 :名無しの笛の踊り:2007/02/20(火) 23:27:12 ID:06WMSACX
>>368
なんかそれあるよね。長い音楽の伝統がないせいか長調の曲がふつうに楽し
めない、みたいな。

特に日本のクラオタはロマン主義の残滓を引きずり過ぎって気はするな。

371 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 00:24:05 ID:U2ZLE8Ex
おいらはどうも、変ホ長調を好む傾向にあるようだ

372 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 00:46:23 ID:igTXSZpZ
>368 >370
自分がそうだからといって「日本人が」って一般化するのやめような。
自分は違うっていうならなおさらだ


373 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 01:17:56 ID:WZek4JMb
>>368>>370
同意。すべての人がそうというわけではないが、
やはり特徴的というか、暗いものや情念的なものや
深刻そうなものを「立派」と捉える傾向がある面を感じる時もある。


374 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 01:29:30 ID:WZek4JMb
言っとくけど俺も短調の曲にも好きな曲が多い。
だが短調や深刻なの=深い、充実した内容と評価するような風潮、
或いは必ずしも暗いとか短調でなくとも、>>370の指摘するロマン派の影響の大きさが、
モツ苦手派の背景となっているケースも少なくない気がするんだな。
それで「モーツァルトの曲は浅い」とか「インパクトに乏しい」「単純」
とされたりする。

375 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 01:49:01 ID:t8q3+84H
向こうの人にとって音楽って楽しさ基本のものだと思うんだよね。それに合わせて
歌ったり踊ったり。ガキのころから普通にまちのオペラハウスに連れていかれて、
がやがやしながら開演を待って、序曲が鳴り出すと楽しくて…

そんなの俺たちにはないじゃないか。あるとき突然ベートーベンなんかを神として、
歴史もなにもなく一度に全てを受け入れて…

このスレで、K563やピアノトリオがいいなんて言ってる連中は、しっかり楽しんでると
思うけどね。


376 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 13:47:58 ID:YFn96Pah
楽しんでるかどうかなんてお前に判断されることじゃないから。

377 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 14:32:57 ID:z66vO4kt
スレ違いな上に、卑近な話で恐縮ながら。
もっと単純に、古くは東京オリンピックのファンファーレとか
今のGT(競馬)レースのファンファーレ(関東)とか・・・
そう云えば前のダイエーホークスの応援歌も短調だった(聞いて笑っちまったけど)。
こんな曲でも「なぜか」短調を選んでしまうメンタリティって、確かにある。
これ、やっぱし日本独特だと思うんだよな。
・・・もちろん個々人の話じゃないよ。

378 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 17:55:04 ID:U2ZLE8Ex
K.404aってのもなかなかいい

379 :名無しの笛の踊り:2007/02/22(木) 11:32:46 ID:ywl7j7Nl
SQ第15番の第3楽章ってピチカートあるよね
モーツァルトの弦楽曲でピチカートがあるのは珍しいな

380 :名無しの笛の踊り:2007/02/22(木) 14:59:13 ID:MharKkF7
>>379
アイネ・クライネ・ナハトムジーク
フルート四重奏曲
など、ピツィカートの使い方が上手い作曲家なんだけど・・・
初心者でも、上の2曲くらいは知ってるだろ!?



381 :名無しの笛の踊り:2007/02/22(木) 21:38:19 ID:5I542MUL
ピアノ協奏曲27番の第1楽章にも印象的なピツィカートがあるね。

382 :名無しの笛の踊り:2007/02/23(金) 00:05:42 ID:ywl7j7Nl
>>380
K.525ってピツィカートある? 第何楽章?

92 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)