2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

[シェーンベルク]新ウィーン楽派2[webern berg]

1 :名無しの笛の踊り:2006/11/20(月) 23:59:32 ID:cAhRDKI2
新ウィーン楽派専用スレッド
前スレ
[シェーンベルク]新ウィーン楽派[webern berg]
http://music6.2ch.net/test/read.cgi/classical/1126854386/

関連スレ
ウェーベルン^点描主義
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1124552545/

2 :名無しの笛の踊り:2006/11/21(火) 07:13:12 ID:wfVs2TcY
2ゲト

3 :名無しの笛の踊り:2006/11/21(火) 22:09:24 ID:7L0+eHbK
>>1


前スレ、多分しばらく埋まらないと思うが
こっちが即死してもナニなのでカキコ

4 :名無しの笛の踊り:2006/11/21(火) 23:38:11 ID:LYU0H3SK
即死回避のカキコ

新ウィーン楽派に影響を受けたフランスの作曲家とかどんな人がいますか?
ブーレーズを除いて。

5 :名無しの笛の踊り:2006/11/22(水) 01:16:19 ID:SXfBDSPp
>4
ラヴェルはピエロに影響受けてマダカスカル土人書いたんじゃないの?
メシアンやデュティユーにはヴェーベルンの影響感じるよね。

6 :名無しの笛の踊り:2006/11/22(水) 01:17:15 ID:SXfBDSPp
あーブーレーズを忘れちゃいけないね。モロだ。


7 :名無しの笛の踊り:2006/11/22(水) 01:56:16 ID:DXBV4wPE
ラヴェルがピエロに影響受けたってのは「マラルメの3つの詩」だろ。実際には
そんなに直接的な影響じゃなかったって話もあるようだが。

>>6
>>4はブーレーズを除くって言ってるじゃん。
もう一人のモロはジャン・バラケ。

8 :名無しの笛の踊り:2006/11/22(水) 01:57:34 ID:DXBV4wPE
↑ageちった。スマソ

9 :名無しの笛の踊り:2006/11/22(水) 07:27:40 ID:5O7lnB4W
>>4,7
レスサンクス。
デュティユーはなんだかんだでちゃんと聴いたことがないんで、
これを機に聴いてみようかな。
ジャン・バラケは正直知らなかった。
シェフネールはラヴェルの「マラルメの3つの詩」がピエロに影響を受けたってのを否定してたね。


10 :9:2006/11/22(水) 07:28:35 ID:5O7lnB4W
>>4じゃなくて>>5だった。スマソ

11 :前スレ933:2006/11/22(水) 23:25:18 ID:/QXcfczl
ラヴェルを出すならドビュッシーも出さないとw
チェロソナタの第二楽章は通称「月と仲たがいしたピエロ」でしたね。
反発するという形で影響を受けたと思います。

シェーンベルクの方は、私的演奏協会でドビュッシーをたくさん取り上げるなど、
新しい音楽の担い手の中の超大物として彼を意識していたのではないでしょうか。
でも、意地があって、「真に新しい音楽を作るのは俺様だ!」と、
そこの部分は絶対に譲りたくなかったように見えます。
ドビュッシーはサラリと無視する構えをとっていたようですね。

12 :前スレ933:2006/11/23(木) 15:21:49 ID:iS3QyRy2
12ゲトー

新ウィーン学派と親交のあったフランスの作曲家としては、ダリウス・ミヨーも挙げないと。
「ピエロ」のフランス語初演をしたのはミヨーですし。

アルマ・マーラーの家で、本家ドイツ語版と、フランス語版の比較演奏をするという、
素晴らしい試みも行われています。
最初、エルヴィン・シュタインの指揮でエリカ・ヴァーグナーが「語り」、
次にミヨーの指揮でマールヤ・フロイントが「歌った」そうな。
その場にいて聞いた人々は、ミヨーの解釈の方が気に入ったらしい。

戦後の若手作曲家はみんな12音技法を学んだろうから、
フランス系にとどまらず、影響は広範囲に渡るでしょう。
今は不人気?w

13 :名無しの笛の踊り:2006/11/26(日) 20:56:33 ID:5U/aIVVb
影響という意味では役目が終わったのか?
あとは、残された名曲をひたすら聴こう。

14 :名無しの笛の踊り:2006/11/26(日) 21:26:38 ID:wz7/hi3F
お断りだ。

15 :名無しの笛の踊り:2006/11/28(火) 03:47:56 ID:kotZwZQT
前スレがようやく埋められたのでage

16 :名無しの笛の踊り:2006/11/28(火) 19:57:11 ID:V/Z2xPax
ところで、レーグナーの振った室内交響曲第1番はop.9bなんだね。

17 :名無しの笛の踊り:2006/11/28(火) 20:04:22 ID:/917GyAk
>>13
というより古典と化して影響云々の次元ではなくなった

18 :名無しの笛の踊り:2006/11/28(火) 20:09:24 ID:T95N44fg
>>16
アバドもあるよ

19 :12:2006/11/28(火) 20:36:26 ID:aEc/sdNd
今日NHK-FMでフリードリヒ・チェルハの曲を聴いたら、
ずっと新ウィーン楽派の影響濃厚な曲を作り続けているのでビクーリ

op,9bは、聞き易い反面、毒も魅力も後退しているような希ガス
弦楽四重奏曲2番の合奏版はとてもよいと思ふ

20 :名無しの笛の踊り:2006/11/28(火) 21:15:30 ID:V/Z2xPax
>>18
アバドのはop.9bじゃなくってop.9の弦増強版では?
あとop.9bはインバルだと思うが。

21 :名無しの笛の踊り:2006/11/28(火) 23:59:53 ID:WjtWsSqF
むかし池袋の山野楽器のクラコーナーがせまい頃に、ワゴン投売りでアバド/COE
のシェーンベルク売ってたんだけど、手持ちが無くて明日買おうっと、と思ってたら
次の日売り切れてた、という俺のトラウマを呼び起こしたな

22 :名無しの笛の踊り:2006/11/29(水) 01:10:51 ID:0/dTxLRY
あのワゴンは美味しかったな〜
いろんなお宝を掘ったもんだ
アバドは併録のシャリーノがむしろ良かったよ

23 :名無しの笛の踊り:2006/12/04(月) 02:11:46 ID:sUAbm2z8
シェーンベルクとユダヤ的なるものについて語って欲しい。

24 :名無しの笛の踊り:2006/12/04(月) 03:34:47 ID:dERhvqs6
それより四人の裸体の処女について語ろう

25 :名無しの笛の踊り:2006/12/05(火) 13:15:36 ID:TDCyWQ6b
犬、本日の特価

俺は全集とベームのオペラ、輸入盤あるからいらないけど

26 :名無しの笛の踊り:2006/12/05(火) 16:51:51 ID:WVWf3KYR
欲しいッス。でも、輸入版のが安い。でも、歌詞がわからん。

27 :名無しの笛の踊り:2006/12/06(水) 19:27:15 ID:6csKJo9p
本日の特価、終わってしもた。

28 :名無しの笛の踊り:2006/12/06(水) 19:34:12 ID:VhNAHXXp
ウェーベルンのパッサカリア、お薦めの演奏教えて栗

29 :名無しの笛の踊り:2006/12/06(水) 20:20:37 ID:wAktk1HE
カラヤンで決まり

30 :名無しの笛の踊り:2006/12/06(水) 20:36:42 ID:cUvpqMui
ケーゲルだろ

31 :12:2006/12/06(水) 20:45:57 ID:jQr/otlW
ブレズも悪くないと思う。
ケーゲルのは熱い演奏だけど、うなり声も凄いかも。

32 :名無しの笛の踊り:2006/12/06(水) 21:06:23 ID:5it25wdl
意外なんだが、アバド&VPOが良かったような記憶がある。

33 :名無しの笛の踊り:2006/12/07(木) 02:54:23 ID:s87GPdeI
>30-32
ケーゲルいい! LP3枚CD1枚SACD1枚持ってる。

スワロフスキー+チェコフィル
ドホナーニ+クリーブランドo
なんてのもいいと思います。
ブーレーズ新盤もなかなか。アバドのもけっこう好き。

34 :名無しの笛の踊り:2006/12/07(木) 22:28:25 ID:u/i2OPsg
ブーレーズとシェファーのピエロ、大好き。グールドのより好きだ。
だけど、カラヤンの買っちゃった。楽しみ。
次は、ルル、欲しい!

ちなみに、ケーゲル、聴いたことないけど、名前と顔が暗そう。

35 :名無しの笛の踊り:2006/12/07(木) 23:39:23 ID:RltbcTEQ
馬鹿?

36 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 08:52:13 ID:GvWg/0bE
ヴァカ

37 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 23:33:15 ID:AiY1di5A
Schonebergって訳すと「美山」になる?

38 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 01:43:46 ID:qADDC0qH
そう。俺は昔美山というHNを使ったことがある。
それから何年も経ってから同じHNを使っているシェーンベルク好きを発見
したこともある。

39 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 08:01:40 ID:bY0X+OK2
ベルクって日本で言えば山?
すごい平凡な苗字だな
まあ山さんってのはあまりいないから、山田くらいの位置づけか

40 :12:2006/12/10(日) 22:08:32 ID:SFXkgw4u
>>38
それ、私かもしれませんw

N響アワーで久しぶりにベルクのヴァイオリン協奏曲を聴いた。
いい演奏でした。
ところで、第2楽章のソロの入りの部分とカデンツァの部分は、
異なったメロディーがあるようなのだが、(多分二種類)
一体どうなっているのだろう?

41 :38:2006/12/12(火) 02:05:36 ID:8KlyPDaz
>>40
ひょっとしてオフで会ってるかな?
俺の想定してる人なら、サイト復活きぼん


42 :12:2006/12/14(木) 23:59:53 ID:j1ZVkINi
>>41
以前お世話になった方たちには申し訳ないと思いつつ、
貧乏暇なしでサイト作る余裕もないのですよ…orz
CDも最近はあまり買ってないですし。
浄夜ばかり増えていくのがつまらないということもあります。

43 :名無しの笛の踊り:2006/12/15(金) 00:58:50 ID:4EWcXzX2
たしかに新ヴィーン楽派は新譜CDの話で盛り上がるのは不可能だなぁ

44 :12:2006/12/15(金) 21:40:55 ID:Kataeueu
>>43
うーん、最近ではナクソスの「モーゼとアロン」と、
ウィーン木管ゾリステンの、木管五重奏曲のCD化がよかったですよ。
木管のは、LPで聴いていたのだけれど、こんなに凄い演奏だったかと改めて驚いた。
もう少し前だと、ストローブ=ユイレの映画のDVDが二本も出たのが嬉しかったですね。

45 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 05:36:17 ID:IieC3qHD
ヘレヴェッヘの「月に憑かれたピエロ」ってどう?

46 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 11:06:05 ID:GW9Q5oC/
>>44
ナクソスの「モーゼ〜」はクラフトですか?

47 :三浦圧死 ◆J7GjrFrt2A :2006/12/17(日) 21:35:09 ID:IFb7LCua
モーゼとアロンですか〜。
ロスバウトのが欲しいですね。

48 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 21:39:03 ID:N1tHT7BI
>>45
ロリ声が良いよ

49 :名無しの笛の踊り:2006/12/18(月) 00:06:22 ID:thjNMuoV
>>47
ロスバウトのモーゼなんて出てたの?

50 :名無しの笛の踊り:2006/12/18(月) 00:20:36 ID:x3deGQCZ
初録音がロスバウトじゃなかった?
CD化されたかどうかは知らんけど。

51 :名無しの笛の踊り:2006/12/19(火) 07:48:50 ID:50g2i1F/
自分スクリャービンとシェーンベルクが好きなんだけど、
私的演奏会でスクリャービンをシュトイアーマンに演奏させてたと聞いて嬉しくなった。

シェーンベルクはスクリャービンをどう思ってたんですかね?

52 :名無しの笛の踊り:2006/12/21(木) 01:09:00 ID:vXS8qx0K
ヴォツェックの映画?
ttp://stage6.divx.com/members/126925/videos/1049669

53 :名無しの笛の踊り:2006/12/21(木) 20:21:28 ID:Fzt3XvbJ
>>52
DVDをそのままコピーして上げてるっぽいね。
さすがにこれはまずいだろ。

54 :名無しの笛の踊り:2006/12/22(金) 11:57:13 ID:HwCNtOJp
>>52
最初の数分だけ見たけど、俺が持ってるDVDと同じものだな。

55 :12:2006/12/25(月) 11:01:31 ID:MrHzkdwU
大分下がったので燃料投下。
>>45
再生装置に手を加えて音が良くなったので、前スレでも話題に出ていた、
ヘレヴェッヘの「月に憑かれたピエロ」を聴き返してみました。
この演奏は、録音が良く、語り手も聞きやすい美声でとてもいい声です。
奏者も上手な人達をそろえています。
にもかかわらず、前半はとにかくまったく心に響かない演奏です。
語り手は、いい声でそれなりに表現を工夫して語っていますが、アンサンブルと一向に馴染みません。
アンサンブルの方は、上手だけど気持ちの入っていない表面的な演奏をしています。
第6曲も全然凄みがなく、第2部の途中までは激しい曲もダメダメです。
転機が訪れるのは、第2部の最後の14曲目です。
ここで語り手がそれまでにない本当の本気の凄みのある語りを聴かせ、
それに呼応するようにアンサンブルにもやっと熱が入ってきます。
第3部になると、アンサンブルはノリノリになって積極的な演奏を繰り広げ、
語り手とアンサンブルの呼吸もピタリと合って曲の楽しさを存分に引き出しています。
スタジオ録音なのに、全曲を演奏する間にこんな変化があるなんて…!
生演奏を聞いたようなドラマを感じて感動してしまいました。
ヴェーベルン編曲版の室内交響曲は、ピエロ後半の勢いで?wノリノリの演奏となっています。

56 :12:2006/12/25(月) 11:03:52 ID:MrHzkdwU
>>46
ナクソスの「モーゼ〜」はロラント・クルティッヒの指揮です。
技術的に粗はあるが、スタッフ一同全力投球の快演と思います。
>>49-50
ブーレーズ盤のLPの解説で、林光氏が(ブーレーズ盤の解説なのに)ロスバウト盤を
褒めまくっていたのが可笑しかったですね。
CDは出てないのでしょうか。
StradivariusというレーベルのSTR 10008というCDで、
第1幕第1場だけ聞けます。
>>51
シェーンベルクは、スクリャービンについては、
「自分はドビュッシーもスクリャービンも真似してないよ。」
というような否定的な発言しかしてないようですorz
しかし、私的演奏協会の第1回演奏会で、第4番と第7番のソナタを演奏させたのだから、
重視していたことは間違いないでしょうね。
シュトイアーマンの演奏の録音が残っていないのは残念ですね。

57 :三浦圧死 ◆J7GjrFrt2A :2006/12/28(木) 21:53:34 ID:9TxngJt1
>>56
そのロスバウト盤の第1幕第1場のLPを持っています。
SONYの「これがシェーンベルクだ」という企画物2枚組です。
今から考えると、クラフトの旧盤のピエロやワルソーが入っていて貴重なんですけどね。w

今月のNAXOS新譜はブラームス〜シェーンベルクですね。
旧盤との比較が楽しみです。

58 :名無しの笛の踊り:2006/12/29(金) 00:24:01 ID:FH4PM9qB
つい去年までは古典派とロマン派しか聞く気が起こらなかったのにのに、最近シェーファーの
ピエロとルル、>>52のヴォツェックと立て続けにDVDを見て以来、すっかり新ウィーン楽派に
はまってしまいました。

http://www.nbs.or.jp/berlin2007/
このモーゼとアロン、もし見逃したら日本で実演で見るチャンスはもう巡ってこないでしょうか?
F券買えたらうれしいんですが、いかんせん高くて。。。

59 :名無しの笛の踊り:2006/12/29(金) 21:56:35 ID:PR3kna5W
う〜む、高いねぇ

60 :名無しの笛の踊り:2006/12/30(土) 17:00:57 ID:P6jnvP+U
うん、高い
見たいけど・・

61 :名無しの笛の踊り:2006/12/30(土) 17:02:08 ID:QtJwr6iJ
キャノンに友達いたら、安く売ってもらえそう…

62 :名無しの笛の踊り:2006/12/31(日) 01:24:26 ID:cfTjuE/f
すみません、モーゼとアロンの楽譜を探していたら、
http://www.sheetmusicplus.com/store/smp_detail.html?cart=123004025923&type=rec&item=4547
http://www.sheetmusicplus.com/store/smp_detail.html?cart=123004025923&type=rec&item=6019471
の2種類ありました。

下の方は「Arranged by Christian Martin Schmidt」と書いてありますが、
シェーンベルクの作品をシュミットという人が編曲し直した版があるんですか?
あるいは、オケと声楽のフルスコアじゃなくて、シュミットさんがオケ部分をピアノに
編曲したピアノ・ヴォーカルスコアという意味なんでしょうか?

63 :名無しの笛の踊り:2007/01/04(木) 15:21:54 ID:VoUcgTgP
それ両方ともこれっぽいね。
ttp://www.schott-international.com/shop/php/Proxy.php?purl=/essh/1/show,47618.html
米アマで安かったよ。

64 :名無しの笛の踊り:2007/01/07(日) 11:22:52 ID:EQBfR8Fh
----------------------------------------
          ケーシー高峰の音楽講座
  ∧◎∧
  ( ´Д` ) 新ウィーン楽派と印象派
_(l\Ω/lっ/_________ □||□ __
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

ベルクが、予告なくラヴェル宅を訪れた。
「こんばんは」
ラヴェルは驚いたが、おどけた調子で歓迎した。
「君は『夜のガスパール』だね」
それに対して
「いいえ、『ある晩、ベルク』です」

65 :名無しの笛の踊り:2007/01/07(日) 11:57:19 ID:yaAh8oeE
夜のバスガール

66 :名無しの笛の踊り:2007/01/08(月) 17:06:31 ID:WZtVYgGT
はい、大尉どの。

67 :名無しの笛の踊り:2007/01/09(火) 00:12:20 ID:W53zdjGQ
ガスパールだね
いいえラポルタです

68 :名無しの笛の踊り:2007/01/10(水) 14:20:40 ID:PnUxMB2R
A,デイヴィスのルルってどうですか?

69 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 14:42:46 ID:u1CkWp9s
はい、大尉どの。



70 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 14:47:22 ID:wVqw+/nQ
マジで知りたいんです。買おうか迷ってるので。
お願いします。

71 :名無しの笛の踊り :2007/01/15(月) 15:11:09 ID:ZNyPjqTE
やめなさい

72 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 19:11:50 ID:P2eNhQWj
>>70

このへんにしときなさい
http://www.hmv.co.jp/product/detail/175262

73 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 21:12:26 ID:NNc+keCA
>>72
こんな糞中の糞盤を薦めるとはwww

74 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 08:19:31 ID:q5PsNBOj
はい、大尉どの。


75 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 21:37:37 ID:NmTKnfs3
>>70
ドホナーニにしときなさい

76 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 22:10:47 ID:x6u8N85K
ドホオナニ

77 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 07:46:19 ID:DJ4Ij8JW
はい、大尉どの。

78 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 10:06:23 ID:5tzDA1DR
屈従の動機ですな

79 :名無しの笛の踊り:2007/01/20(土) 20:24:52 ID:BAaNG/8n
続けて!続けて!

80 :名無しの笛の踊り:2007/01/25(木) 23:13:00 ID:9hxpVNeB
ローテンベルガーがタイトルロールの『ルル』ってCDになってるんだっけ?
ハンブルクでL・ルートヴィヒが指揮したやつ

81 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 10:22:22 ID:0NJgSPci
メータの「清められた夜」新盤が演奏録音ともにいいですねえ。
SACDでリリースされてるの知らずに普通のCD買っちゃった。買い換えようかな

82 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 11:08:45 ID:tammab1U
ドラティのルル組曲ってどう?

83 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 20:53:44 ID:cWuII+wS
シェーンベルクとガーシュウィンが親友だった
ということにもの凄く驚いた


84 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 21:01:56 ID:9pcP6Kce
テニス友達ね

85 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 21:10:01 ID:Iok7MNvG
シェーンベルクはヨハン・シュトラウスも評価してたようなひとだから。
皆が皆冒険する必要はない、アレはアレでいいんだと。

86 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 10:54:33 ID:OsP8vVpI
F券入手は失敗しましたが、モーゼ初日のE券ゲット
できますたあ。今から楽しみ。ハアハア

87 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 14:38:40 ID:lfveZUa4
おめでと。俺最初から諦めちまった^^;

88 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 03:18:02 ID:MsUuXfxh
バレンボイムのマーラー9番を聴いてしまった被害者の俺が言うのもなんだが、
彼の『モーゼ』にぜっっっっっっったい肩透かしをくらうと思う。悪い意味で。

89 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 07:16:23 ID:bGZkbAoQ
『モーゼ』に行くぜ!


90 :12:2007/02/11(日) 22:52:58 ID:mricUWSP
こんなモーゼだったら観てみたいw
http://www.youtube.com/watch?v=_kLFz5b13RU

91 :名無しの笛の踊り:2007/02/16(金) 03:04:26 ID:hCZffWsB
3人を比較するには何がいい?
弦楽四重奏ぐらいしかない?

92 :12:2007/02/17(土) 00:39:39 ID:ucNUEuSl
一曲ずつで比較するのは相当難題だね。
ディースカウが昔録音した新ヴィーン学派の歌曲集は三人の個性を比較するのに良かったよ。
新録音もあったと思うが、旧録音の方が演奏が良かったように思う。

93 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 01:35:06 ID:8xrLWaCN
同編成で比較しようとすると弦楽四重奏とピアノソロ、それに歌曲だな。
編成はどうでも、3人の曲それぞれ数曲聴けば個性の違いは明らか。
何かもっと細かい技術でも比較しようとしてるのかな?

94 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 12:15:40 ID:HkMS9uKz
アバド/LSOのルル組曲を聴いた。
ルル組曲を聴くこと自体が初めてだったせいか、
曲自体が良いからなのか演奏が素晴らしいのかいまいちピンと来ない。
他の演奏も聴いてみたいんだけど、誰の演奏が良いかな?

95 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 12:37:32 ID:5vJbg3VF
マエストロ、でも今はモーゼです。

96 :12:2007/02/18(日) 13:03:45 ID:YJyhYvjH
>>94
ブーレーズのを勧めます。

97 :12:2007/02/21(水) 20:52:19 ID:LJLjbyet
マデルナが指揮をした「ヴォツェック」の映画のDVDを買った。
演奏も映像も良くて結構はまった。おすすめだ。

ところで、この映画で鼓手長の役をやっているのがリチャード・カッシリーという人で、
ブーレーズ・BBC盤の「モーゼとアロン」でアロンを歌っている人と同じ人だ。
(そちらではキャシリーという表記だが)
アロン役ではやや軽めの声で、いかにもずるそうに歌っているので、
やや細身の人を想像していたのだが、全然違った。
まさに鼓手長にピッタリの堂々とした体躯の大男だった。
不思議なことに声も、アロンのときよりも太く、逞しい声だ。
役作りに妥協しない人だったのだろう。
指揮者同様、既に故人。惜しい人を亡くしたものだ。合掌。

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)