2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アナトリー・ヴェデルニコフ

1 :名無しの笛の踊り:2006/12/21(木) 16:22:23 ID:6NqdFdIL
「月光」、「テンペスト」、ドビュッシー、フランクなど。

2 :名無しの笛の踊り:2006/12/21(木) 16:48:08 ID:AVagaGYM
ハンマークラヴィーアソナタ神

3 :名無しの笛の踊り:2006/12/21(木) 18:40:05 ID:FlDOLI1m
うわ、またスレ立ってるw

ベートーヴェン「自作の主題による変奏曲WoO.80」も神

4 :名無しの笛の踊り:2006/12/22(金) 00:56:18 ID:ZzFeqQ8u
リストのエステ荘の噴水もすばらしい
音が透きとおって実に美しい
こんな録音初めて聴いた
あとフランクも神

5 :名無しの笛の踊り:2006/12/22(金) 01:10:44 ID:1O2BRzVa
フランクは神だな。
ただ、そもそも録音自体が少ないからなあ、この人。

6 :名無しの笛の踊り:2006/12/23(土) 15:29:37 ID:ZlooZkBK
テイチクからリリースされたピンネベルク・ライヴは、
ヤフオクに出品されるたびに1万円くらいの値段がつくね。

最後の演奏会のライヴ録音を持っているけど
(ヴェデルニコフへのオマージュ)、
シューベルトの即興曲、シューマンのアラベスクは、
涙なしには聴けない。

7 :名無しの笛の踊り:2006/12/23(土) 16:24:04 ID:UycBzhSG
His judgement cometh and that right soon

結婚を迷っている男性諸君、結婚すると不幸になる。女は外面は綺麗で清潔、内面はずるくて汚いため、口も悪くなる
今の女は「どうやって男にたかるか」を必死に考えている。騙されるな。家事は極めて軽労働になった
コンビニやPC、風俗関係も、「嫁いらず」に拍車をかける。今の女は「人生の不良債権」
社会的に男女は対等で平等です。男が女を養う必要はない
女は社会的優遇、過剰な法的保護、仕事と家庭の二束のわらじを得て、もはや女尊男卑〜結婚しようとするあなたを彼女は陰で小馬鹿にしている事でしょう〜

★☆★よほどの事が無い限り結婚は保留し、たくさんの女性と自由に恋愛(セックス)を楽しもう♪★☆★ 避妊(ピル等)は忘れずにねd(^−^
★☆★捨てた女は優しい真面目男が結婚(残飯処理)してくれるさw★☆★

それでも結婚するあなたへ[夫婦財産契約登記]
これはある意味では男性の『究極の護身法』と言えるかも知れません
夫婦の財産についての法律です。夫婦財産契約により契約財産制となり、自分の稼いだ財産はすべて自分のものとなります
離婚時に財産の半分を配偶者に取られない

・弱い者いじめは最低と言いつつ、赤ちゃんを殺す母親(そして無罪判決(笑
・狙撃は女子のほうが強い。男は、ノイローゼになってやめてしまうが
女は何人殺してもノイローゼにならない。そして、骨盤が安定しているため

・ナチスの拷問で、女の拷問の残虐非道さを見て、拷問をしていた男達もひいたという
拷問しながら楽しそうに笑みをうかべていたそうだ。罪悪感や引け目が無い

・有史以前が女尊男卑の時代だったことを指摘したのは、スイスの学者バッハオーフィン
アマゾン女族の女王は、法律を定め、女には従軍させ、男たちには卑しい奴隷の仕事を課した
男児が生まれたら、脚と腕を不自由にして、戦えなくした
・王位継承権が女性にだけあったという事実だけから考えて、古代エジプトでは女性権力が非常に大きかった
男女平等どころか、かなり女性上位の社会であった
・日本国でも卑弥呼が女王
・昆虫などにいたっては、オスカマキリはメスに食われてしまう

女は虐げられてきた?父系社会など人類の歴史から見ればほんのわずかな期間に過ぎない。むしろ・・・

8 :名無しの笛の踊り:2006/12/23(土) 17:48:21 ID:FvbUQezc
全然盛り上がんないね、知ってる人が少ないのかな?
どう評価されるのか興味があるんだけど・・・

9 :名無しの笛の踊り:2006/12/24(日) 02:36:34 ID:G6plF+9w
ヴェデルニコフ愛好者は多いよ。でも寡黙なんだね。
じつは、1万人くらい静かにロムってる。

10 :名無しの笛の踊り:2006/12/24(日) 12:04:05 ID:4QiBlzEa
ヤフオクは盛り上がるけどね

11 :名無しの笛の踊り:2006/12/25(月) 09:14:04 ID:M2ehviAv
スレが立ってるの、皆、知らないんじゃないの?
しばらく上に上げておくべし

12 :名無しの笛の踊り:2006/12/26(火) 23:36:09 ID:5LralINT
晩秋の寒い夜空を、ひとりぼっちで仰いでいた。
誰もが寝静まって、耳を澄ましても、
冷たい微風のさやぎしか聞こえない。
この夜空には、たくさんの夢が生まれ、漂い、
そして跡形もなく消えていく。
あるとき、ある夢と、もう一つの夢とが溶け合い、
音楽が生まれ、この大地にこだました。
それは、子守唄のようで、挽歌のようでもあった。
どこかで聞いたことのある、懐かしい音楽。
ああ、それはヴェデルニコフの月光だった。
私は、その響きに身を任せ、まぶたを閉じた。
そしたら、少年時代の記憶が、鮮やかに蘇った。
音信が途絶えて久しい、昔の仲間たち。
もう何年も前に亡くなった父と母。
いつの日か、私もまた、ヴェデルニコフの調べに送られて、
黄泉の国へ旅立つときがくるのだろう。
でも、私のことを思い出してくれる人が、いるのだろうか?

13 :名無しの笛の踊り:2006/12/27(水) 08:35:45 ID:qjqm/loc
うわ、詩人さん久々ですね。
ご来場ありがとうございます。

14 :名無しの笛の踊り:2006/12/27(水) 09:10:31 ID:PWPNpbEo
おいおい君達忘れるなよ。
ヴェデルニコフ先生といったらなんてたってスクリャービンだろう。

15 :名無しの笛の踊り:2006/12/27(水) 17:09:10 ID:ifYGv2Tv
言われてみればそうでしたね。
ヴェデルニコフは、苦手なものがなかったのかな?

16 :名無しの笛の踊り:2006/12/27(水) 19:19:40 ID:LXGWmrMv
ヴェデルニコフってラフマニノフは弾いてないよね?

17 :名無しの笛の踊り:2006/12/27(水) 19:30:18 ID:NPbh4XrM
あんな二流作曲家の曲は弾かなくてよろしい。

18 :名無しの笛の踊り:2006/12/27(水) 21:15:38 ID:PWPNpbEo
同感だ。

19 :名無しの笛の踊り:2006/12/28(木) 09:07:51 ID:qCFx3EEg
つーか、ピアノ協奏曲の録音、ほとんど残ってないよね?
ラフ3とかグリーグとかモツ20とか皇帝とか、聴きたかったよね・・・

20 :名無しの笛の踊り:2006/12/28(木) 10:05:16 ID:JJBWpMav
プロコフィエフのピアノ協奏曲の録音はあるよ。2か4だったと思う。

21 :名無しの笛の踊り:2006/12/28(木) 10:42:20 ID:iepusrjw
2と4では全然違う

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)