2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

オペラDVD:おすすめタイトル

1 :名無しの笛の踊り:2007/01/01(月) 11:07:52 ID:6+dujXsM
オペラDVDについて語りましょう。あくまでも素人の立場から自由に♪
同じ演目でも、出演者や演出によって見所や好き嫌いは様々。自分の主観で語りましょう。
国内リリースされているDVDには限りがあるので、以下を提案。

1)DVDだけでなく、TV放送で見たものも含む。
2)オペラ上演後、CD版としてリリースされたものも含む。
3)店の情報交換もしましょう。例えば、海外ネット通販を通して
  買ってみたら、海賊版のクズだったとか。

2 :名無しの笛の踊り:2007/01/01(月) 11:10:31 ID:fqVZRgYS
この時期はこうもり辺りが話のメインになるのかねぇ

3 : 【だん吉】 【931円】 :2007/01/01(月) 11:23:33 ID:O70DOzjE
ArteHausから年末に出した9990円のリング。
値段の割りに意外や高クオリティ、最近の撮り下ろしだけあって
映像音質ともにクリアだし、日本語訳も読みやすい。

4 :名無しの笛の踊り:2007/01/01(月) 13:55:51 ID:uxwAcKm+
ラモー『遍歴騎士』クリスティ&レザール・フロリサン Opus Arte
ポップな色使いの舞台美術、衣装、CG映像を駆使した斬新な演出
全裸の男女ダンサー他多種多様なダンス・パフォーマンス

5 :名無しの笛の踊り:2007/01/01(月) 20:19:35 ID:L5DyAMVt
>>4のように演出まで詳しく述べてくれるととても嬉しい

6 :名無しの笛の踊り:2007/01/02(火) 10:30:31 ID:aP4CW5l2
オベールの「黒いドミノ」1995年、演出ピエール・ジュルダンが良かった(TV放送を見ました)。
最初から終わりまで、はっきりとした、しかもリズムの良い曲がぎっしり詰まって
いて、息もつかせぬくらいのスピードで進行する。ところどころ台詞が入る
ので、そこで一息つかせてもらうという感じ。
ストーリーは19世紀スペイン貴族社会の男女の恋愛を扱ったもの。女性はスペイン王妃
の従姉妹であり公爵令嬢であり、しかも王立修道院の院長になる予定の身の上
に対し、男性は一文無しの貴族。身分の違いや障害が最後には解決されてしまう。
台詞だけでなく歌も言葉が聞き取りやすく、また作品の出来上がりは、
いかにもフランスの洗練され且つユーモアある楽しいものとなってる。

7 :名無しの笛の踊り:2007/01/02(火) 13:17:04 ID:2vGI2Oxv
>>2
クライバー盤はCDやレコードでいうと、フルヴェン・バイロイトの「第9」が良いよ、
というようなもんで、今さら薦めるのも気が引ける存在だが、ベームの映画版がなかなかのもん。
キャスト豪華。愛想のないベームも曲自体をゆっくり楽しめる。
演出オットー・シェンクはたぶん映画初挑戦なのでカメラワークを楽しんでいる感じがある。


8 :名無しの笛の踊り:2007/01/03(水) 10:48:19 ID:2lvGhWJd
マリア・ユーイング演じるカルメンは最低だったな。声量が無いとかの以前に
そもそもオペラ歌手としてのノドを持ってないんじゃなかろうか。
ミカエラは初々しくて好感度高し。ホセは及第点。
しかし、エスカミーリョがめっちゃ格好良くて、自分がホセ役だったら
「そりゃないぜ!」と抗議したくなるほど一人勝ちして目立ってた。「白鳥の湖」
で言えば、既に恋に陥ってる王子の心をあえて奪うには黒鳥の踊りのほうがハデで
魅力的でなければならないのと似てる。

9 :名無しの笛の踊り:2007/01/03(水) 12:14:28 ID:/KI7d4aP
>>8
>既に恋に陥ってる王子の心をあえて奪うには黒鳥の踊りのほうがハデで
>魅力的でなければならないのと似てる。

うまい。

10 :名無しの笛の踊り:2007/01/03(水) 14:47:01 ID:aq6ybIyE
これってどうなの

小学館のDVDつき「魅惑のオペラ」
ttp://www.shogakukan.co.jp/operadvd/


11 :名無しの笛の踊り:2007/01/04(木) 13:21:03 ID:5sWf0Ao6
>>10
第1巻を買ったけど、ハイティンクのフィガロなら単体で今はもう少し
安く買える。解説本はショボい。こういうの、全巻モニターの横に並べて
みたいという方には薦めておく。

12 :名無しの笛の踊り:2007/01/04(木) 18:47:58 ID:63MKL0lK
>>11
私は10さんではないけど、情報ありがとう。オペラ関係のDVDやCDって高いから
少しでもこうゆう情報をもとにお金節約して、何度も聞きたくなるような良い
ものに使いたい。

13 :名無しの笛の踊り:2007/01/04(木) 20:49:45 ID:R1w9Z1Mx
>>10-12
>これってどうなの
と尋ねる層には、悪くない企画だと思うよ。

超定番の作品が、無理矢理にでも定期的に届くわけだし、内容も
バッタもんじゃなくメジャーレーベルの定評がある演奏だし。

14 :名無しの笛の踊り:2007/01/04(木) 21:40:13 ID:63MKL0lK
13さんへ、12より

アドバイス有難うございます。私は実際に購入するのは、今のところ自分が
ファンの歌手が出るものに集中しています。その方が自然に何度も聞きたくなるから。
でも、テレビでは与えられるがままに何でも見ています。
今この時間、シアターテレビジョンで、これ↓を見ているところです。印象は
何だか一辺どおりで、特にドン・ジョヴァンニの癖の強さに欠けている感じです。
こういうのは購入からはずします。

「ドン・ジョヴァンニ」2002年アルジェンティーナ劇場 (ローマ)
指揮:ミヒャエル・ハラース/演出・舞台・衣裳:エンリーコ・カスティリオーネ
出演:レナート・ブルゾン、ニコライ・ビコフ、アンナ・ラウラ・ロンゴ、
ルーカ・カノーニチ、アマリッリ・ニッツァ、ステーファノ・デ・ペッポ、
アレッサンドロ・バッティアート、ロッサーナ・ポテンツァ 他


15 :名無しの笛の踊り:2007/01/06(土) 12:51:59 ID:Ff5v42fL
サン=サーンス「ヘンリー8世」、主演フィリップ・ルイヨン(B)、ミシェル・コマン(S)、
リュシュール・ヴィニョン(MS)、アラン・ガブリエル(T)

今までに見たヘンリー8世関係のオペラでは最高の作品。ストーリー的にも音楽的にも
非常によく構成されています。バックボーンには、非情な王と明日は我が身に
降りかかるかもしれない宮廷の陰謀への恐怖や、後にアンの命取りとなるゴメス
に宛てた恋文の存在があり、暗雲のようにのしかかります。
アンが英国の宮廷に登場してから王の愛人となり遂に結婚にこぎつけるまでには
(実際には)かなりの年数がかかっていますが、その間、ヘンリー、キャサリン王妃、
アンとスペイン大使ゴメス伯爵(実話で仲を裂かれたのはノーサンバランド伯爵の
嫡男ヘンリー・パーシー)の激しい葛藤が展開されます。そのようないきさつの後で、
死期の迫ったキャサリンから王に宛てた誕生日の祝辞をゴメスが伝えるときのメロディーは、
貞淑に生きた元王妃の心の平和と悲しみを象徴するかのようで、さすがのヘンリーも
一瞬だけシュンとしてしまいます。
キャスティングは実年齢っぽい人達が主役の4人をつとめ、高い演技力と豪華衣装と
相俟って、とても説得力があります。


16 :名無しの笛の踊り:2007/01/08(月) 20:35:21 ID:VgVBkjW0
スレ違いのような質問で申し訳ないのですが、以前から疑問に思っていること
があります。オペラのDVDを見ていると、歌手の息継ぎやステージの床板がきしむ音
まで聞こえるようなものもあれば、オーケストラ伴奏の壁の向こうで歌っている声
があまり聞こえないものがあったりします。オペラ歌手ってマイクをどこかに
隠して付けていることがあるのでしょうか?変な質問でスマソ!

17 :名無しの笛の踊り:2007/01/08(月) 21:35:22 ID:SM0TharP
>>15
>今までに見たヘンリー8世関係のオペラでは最高の作品。

ちなみにヘンリー8世関係の他のオペラを教えてくれ。
10本ほどでいいからなwww

18 :名無しの笛の踊り:2007/01/08(月) 23:31:42 ID:nl+01kka
>>16
最近は信じられないほどの集音力持つマイクもあるから、直に装着してなくてもそれぐらいは拾えると思う。
野外オペラとか一部のオペレッタ(セリフは声量がどうしても小さくなるので)は歌手がマイクを装着することもある。
ただ、見た限りでは隠さずにつけているけど。



19 :名無しの笛の踊り:2007/01/09(火) 00:11:04 ID:WUIK/nV9
>>18
そう言われて自分の持っているDVDを振り返ると、息継ぎなどが聞こえてくる
のはオペレッタ(=ブッファ?)です。
吹っ切れた気分です。有難うございました。

20 :名無しの笛の踊り:2007/01/09(火) 04:55:38 ID:+YuJLpj2
中島康晴出演のビゼー「真珠とり」買ったのだけど、歌と字幕がズレてるw
歌より字幕が1テンポ(1切替わり分)早く表示されるのw
こういうのどうしようも無いの?

21 :名無しの笛の踊り:2007/01/09(火) 18:07:51 ID:32mIQnTV
名演7選
ttp://wmv2.gallant-do.com/sample/osk-001.wmv
ttp://wmv2.gallant-do.com/sample/osk-002.wmv
ttp://wmv2.gallant-do.com/sample/osk-003.wmv
ttp://wmv2.gallant-do.com/sample/osk-004.wmv
ttp://wmv2.gallant-do.com/sample/osk-005.wmv
ttp://wmv2.gallant-do.com/sample/osk-006.wmv
ttp://wmv2.gallant-do.com/sample/osk-007.wmv


22 :名無しの笛の踊り:2007/01/09(火) 18:24:16 ID:zbmo47+X
>>21
削除依頼出して来いよ朝鮮人

23 :名無しの笛の踊り:2007/01/09(火) 19:45:48 ID:WUIK/nV9
>>20
>歌より字幕が1テンポ(1切替わり分)早く表示される

それはストレスですね。タワーレコードのサイトで見ると、それ「輸入盤」と
なってるから、レーベル元のDYNAMIC Italiaに苦情言うしかないんでは?ただし、
こういうのって1バッチ生産したらそれきりで、完売になろうとも追加生産しない
ような気がするから、どこまで救済を期待できるか。でも将来日本のテレビ局が
放送しようにもそのままじゃ不都合だろうし、ボランティアだと思って会社に
情報提供してあげれば喜ばれるかも。

24 :名無しの笛の踊り:2007/01/09(火) 21:41:51 ID:5OkuiT7T
トゥーランドット

25 :名無しの笛の踊り:2007/01/10(水) 18:40:41 ID:ZqFWdW88
DYNAMICのクオリティの低さはガチ
CDも音悪いの多いし
特に姉妹レーベルのヒストリカル専門のなんて不良品ざら

26 :名無しの笛の踊り:2007/01/10(水) 22:18:37 ID:npd4iIUI
>>16
画面をよく見ると、舞台の最前列の縁のところに何本もマイクが見えるものもあります。
最近TDKから出た、ボリショイの「エフゲニー・オネーギン」は、よっぽど機材が無かったのか
スタンドマイクらしきものが、ステージ前に林立してますw よほどマスターが悪かったんだか
弱音になるたびにノイズまで急に小さくなったりして、受信状態の悪いFM状態。

クライバーの「カルメン」は、カメラワークの関係もあるのか、吊りマイクのワイヤーが画面を
堂々と横切ってます。

メットあたりの巨大な舞台だと、さすがに歌い手もマイクつけてるかなぁ・・と思うけどどうかな。

27 :名無しの笛の踊り:2007/01/10(水) 23:16:15 ID:dSHTtmWl
>>25
エッ、DYNAMICってそうなのかー。「マリア・ストゥアルダ」の欲しいものがあって
チラチラ見てたんだけど、やめとくわ。

最近、米国の「House of Opera」というところからDVDを2枚買ったら、両方
とも明らかな違法コピーで、見られたもんじゃなかった。オペラが始まる前
に東西線沿線の観光スポットのコマーシャルが入ってたりするし、映像は
ボケてるわノイズは入っているわ。いかにもテレビでビデオ録画したものを元に
DVDに焼き付けたって感じ。むろん、これはDYNAMICのとは違うレベルの問題だけど。



28 :16:2007/01/12(金) 21:08:48 ID:bZATJfIj
>>26
そこまで気をつけて画面を見たことはなかったので、この週末手元のDVDを
いくつか見てみようと思います。クライバーの「カルメン」ってドミンゴの
ですよね。買いたいなと思っているものの一つです。若い頃なら声も張りがありそう。
「エフゲニー・オネーギン」は、(昔の)ソ連が国家プロジェクトとして作成した一連の
映画版で見ました。野外の景色はすばらしいものの、俳優と歌手は別で皆口パクでした。
私は雑音が入っても劇場収録のドン臭さが好きです。
有難うございました。

29 :名無しの笛の踊り:2007/01/12(金) 22:34:11 ID:qseTRuy6
>>16ほかマイク関連

先月号のレコ芸術でArteHausのインタビュー記事で見たんだけど、
最新の録音技術だと超極細のマイクを髪の毛の色に染めて頭髪に
混ぜるので、マイクが全く外見からは見えないようにできるとか。

9,990円リングがこの手法で録画されてるけどクリアな音質だよ。
カメラワークも舞台をカメラが追い回しているようなものでなく、
映画見ているみたいにダイナミックな感じでオススメ。

30 :16:2007/01/12(金) 23:26:59 ID:bZATJfIj
>>29
今、1本見終わって一息ついているところです。週末はこれだから天国。
その「リング」よさげですね。永久保存版的な高品質のリングは欲しかった
ので、ゲットしてみます。正月にクラシカジャパンでやってたリングはオケしか
聞こえなかった。そんなハイテク技術があるなら、状況によっては活用した方が
素晴しいものを残せていいのに。有難うございました。

31 :16:2007/01/13(土) 00:31:52 ID:Ez6qokVO
>>29
すみません、それ、どこの店ですか?
カシャカシャ検索したのですが見つかりません。 m(_._)m

32 :名無しの笛の踊り:2007/01/13(土) 01:48:45 ID:7GP860Ug
>>16
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1000068&GOODS_SORT_CD=103

これです。
塔の店頭では少なくとも年明けにはまだ9,990円の黄色いシールで
特価販売してましたよ。この価格でDTSサラウンド仕様、日本語
字幕までついてます。

33 :名無しの笛の踊り:2007/01/13(土) 03:49:41 ID:ABmxgNI5
Dynamic のDVDの歌と字幕のズレについては、「真珠採り」も「マリア・ストゥアルダ」も
HMVのユーザーレビューでとうの昔に指摘されてるけどね。HMVとか見ないんですかね?

>>27
>エッ、DYNAMICってそうなのかー。「マリア・ストゥアルダ」の欲しいものがあって
>チラチラ見てたんだけど、やめとくわ。

チラチラどこ見てたんでしょうか?

34 :16:2007/01/13(土) 08:57:40 ID:Ez6qokVO
>>32
感謝、感謝!

35 :名無しの笛の踊り:2007/01/13(土) 13:05:23 ID:nNN/3WDc
>>32
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1001744&GOODS_SORT_CD=103

↑1万以下ならこっちの事だろ。
リセウオペラのは、

>英・仏・独・西・カタルーニャ・伊語字幕付き/16:9 Anamorphic/DTSサラウンド(5.1)、LPCMステレオ/片面一&二層ディスク/15時間49分

↑となってるぞ。

36 :名無しの笛の踊り:2007/01/13(土) 15:54:02 ID:bUHKNhPP
豚切スマソ。

一昨年頃にNHK−BS2で深夜に放送されたR・シュトラウス「サロメ」。
気に入ったのに録画してなかったので、DVDが欲しいと思っているのだけど…
キャサリン・マルフィターノとブリン・ターフェルだったので、ユニヴァーサルから出てる
97年のコヴェントガーデン・ロイヤルオペラのライヴ収録、ていう版でいいのだろうか?

37 :HOO:2007/01/13(土) 23:00:28 ID:oW0zsdVU
>>36
そうだと思います。
最近サロメの全曲音源(映像)は、目っきり少ないようですが、
マルフィターノは3種類あって、指揮はシノーポリとドホナーニが
振っており、コヴェントガーデン以外はVPOとベルリンドイツですから、
97年のものはDECCAのものだと思います。
キャスティングは・・・、
サロメ:マルフィターノ
ヘロデ:リーゲル
ヘロディアス:シリヤ
ヨハナーン:ターフェル
ドホナーニ指揮/コヴェントガーデン・ロイヤル
97年ライブ収録で5、6年前に発売になっています。

38 :名無しの笛の踊り:2007/01/13(土) 23:20:26 ID:2oDnk1zw
俺ドヴォラーだけどルネ・フレミング、パリオペラ座のルサルカが気に入ってる。
アルミダとかディミートリーなどのDVD出ないかなぁ〜


39 :名無しの笛の踊り:2007/01/13(土) 23:47:47 ID:OtOtft5w
>>27
そこはそう言うものを商ってるところじゃ。
ソフトが発売されていないものだけにしといたほうがいい。
そう言うものが欲しい向きにはありがたい。

40 :名無しの笛の踊り:2007/01/14(日) 00:26:10 ID:ECpYW6OF
>>33
チラチラ見てたのは、ここ↓。当該演目のいきさつについて詳しく述べてある。
女性歌手は他の演目で見たけど、二人とも安心して聞いていられる。
C:\Documents and Settings\Owner\My Documents\Maria Stuarda - Donizetti - Dynamic.htm

>>39
ハイ、教祖様わかりますた。自分が買った演目も廃盤になったものですた。

41 :名無しの笛の踊り:2007/01/14(日) 05:17:56 ID:4d+ByNmP
>>37
シノーポリ盤の脱ぎっぷりが良かったのでドホナーニ盤も期待して
見ていたら、ちっとも脱がなくてがっくし、てゆうのはウソで、
本心ではちっとも見たくもない裸だ。ただシノーポリ盤の鬼気狂気
あふれたサロメは夜中にトイレいけなくなるほど怖かった。

42 :名無しの笛の踊り:2007/01/14(日) 07:34:27 ID:rh0Qw+1X
廉価版で出ている、L・ルートヴィヒ/ハンブルクPOのシリーズってどうでしょうか?
「魔弾の射手」に特に興味があります。

43 :名無しの笛の踊り:2007/01/14(日) 08:12:27 ID:Nvm51Siy
>>41
たしかにLDが最初出たときは、脱いだの脱いでないのと話題になったw
しかし、シノーポリ盤の本当のみどころは「ヴェールの踊り」が終わってから
幕切れまでなんだよね。

ヘロデに「首を首を」と迫るあたりや、首を手に入れて恍惚とするあたりは
本当に正気じゃないんじゃないかこのひと・・・って思うほど。
ネタバレしたくないけど、あのサロメの死にっぷりも見事だと思う。

44 :名無しの笛の踊り:2007/01/14(日) 08:19:19 ID:Nvm51Siy
「正気じゃない」といえば、グラインドボーン音楽祭の「スペードの女王」
あれもDVDで出して欲しい(LDだと妙なところでとぎれる仕様なので)

ゲルマン役の歌いっぷりも正気じゃないし、ヴィック演出のセットが
常に斜めになった箱の中みたいな空間で、見てる方も正気じゃなくなる。

45 :名無しの笛の踊り:2007/01/14(日) 08:49:35 ID:uAcrwfNk
DJ OZMAはオペラの衣装監督として余生を過ごすべきだな。

46 :名無しの笛の踊り:2007/01/14(日) 12:48:40 ID:p316QFhx
「サロメ」のDVDはメトのが出るらしいな。
カリタ・マッティラのヌードはあんま見たくないが声はいいだろう。
ただブリン・ターフェルがヨカナーンなんだよな。
彼はCDやDVDでもヨカナーン歌いまくってるが声もルックスもミスキャストだろ。
ターフェルは声量あるが俗っぽい声で預言者らしくない。

47 :名無しの笛の踊り:2007/01/14(日) 14:50:26 ID:34++2gFZ
>>37さん
ありがとうございます!

>>41さん43さん
…するとTVで観たのはもしかして、シノーポリ版だったのかな。
終盤のアリア、青白い照明の中のた打ち回るように悶える様はまさに「鬼気狂気」って感じだった。
それともシノーポリ版はドホナーニ版よりさらにすごいのだろうか…

48 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 01:10:32 ID:80XF0rff
>>47
>それともシノーポリ版はドホナーニ版よりさらにすごいのだろうか…

良くも悪しくも別次元と思ってください。(サロメも同じ人とは思えない)
もの凄い感動するかもしれないし、もの凄いトラウマになるかもしれません。
ちなみに、オペラはあまり見ない友人に、いきなりこれを見せたら

 「サロメはもういい・・」 という返事が返ってきました。

49 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 02:05:50 ID:E9Z73WqG
キャサリンの裸よりもなかなかに
脱がぬテレサがいろっぽい


50 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 02:19:49 ID:80XF0rff
>>49
ベルガンサ?

51 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 12:45:59 ID:6bXfg4Rq
ストラータス

52 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 13:21:38 ID:on17CMfp
>>51
便乗スレでスマソ。
若きテレサ・ストラータスほどの美人が裸で踊るなら許せると思って
ググッたけど、廃盤?唯一、尼で中古品が14,800円で出されているだけorz
他のサイトでは、何年か前に特別セールで3,000円で売ってたのを見ると悔しいぜ。

53 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 18:40:09 ID:E9Z73WqG
いや、だからカメラでごまかして裸にならないってば。
彼女の体が見たいなら「ジュディッタ」のほうがいい。
水着に近い格好で踊る。



54 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 20:23:49 ID:sGejgaW2
ラッパライネンのサロメを早くDVDに!

55 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 21:46:10 ID:Fi+G/exq
>>54
あれは確かに凄かった。

56 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 23:30:10 ID:ul/EXZC4
おい!!ここのラッパライネンのヌード写真がうpされてるぞ!!誰かが客席で隠し撮り
したらしい。
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Keyboard/4234/gallery.html

57 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 23:45:06 ID:G2GoWh+l
>>56
さっそく一発抜いてしまいました

58 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 00:09:19 ID:OTw5PgZ+
じゃ、ブリトニー・スピアーズの隠し撮り写真でもどぞ。
ttp://media.uselessjunk.com/images/stories/spears_upskirt_large_9.jpg


59 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 11:00:06 ID:AxZhw8dG
>>56
なんであれが元ミス・カリフォルニアなんだ?
カリフォルニアでは垂れ乳デブが美人なのか?

60 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 11:36:30 ID:RHr1zOdn
あくまで「元」です。
彼女は声の為にその見事なプロポーションを犠牲にしたのです。
「ミス○○」の体で声は出ないでしょう。

61 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 11:50:32 ID:OB0O0Vx8
話の流れ豚切ってスマンが、数年前にテレビで見た「ラ・ペリコール」は
良かった。かなり大胆に現代解釈されていて、ペリコールの恋人ピキーヨが
エルビス・プレスリーの格好をして登場し、一部プレスリーの曲が入ってたような。
ミュージカルを見ているようなテンポで進んだが、出演者の名前を見逃して
しまった。
今、フランスではオッフェンバックを見直す動きがあるようだが、ラ・ペリコール
のDVDは選択肢さえろくにない。フランスの尼でさえも。

62 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 15:29:07 ID:iJXsNAgJ
>>59
垂れ乳でも乳は乳。

63 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 18:03:49 ID:OO1FZZBs
>>61
>今、フランスではオッフェンバックを見直す動きがあるようだが、ラ・ペリコール
>のDVDは選択肢さえろくにない。フランスの尼でさえも。

オッフェンバックってオペレッタなのにかなり難しいからね歌もオケも。
安手のドタバタコメディだと思われてたのはちゃんと演奏出来る連中はフランスオペレッタなんてやらなかったからだろう。
ミンコフスキあたりで聞くとこんなスゴイ傑作だったのかってビックリする。
オッフェンバックはロッシーニ並に再評価されると思うな。
ロッシーニも昔はセビリャやチェネレントラ位しか演奏されない軽い作曲家の扱いだった。
なんつってホフマン物語の作曲家だしね。

64 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 18:10:59 ID:piqVYVU4
>>59
その垂れ具合がたまらん

65 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 18:50:57 ID:LenjPkbk
オレもイーグレンの乳では良く抜いたものだよ。

66 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 18:55:40 ID:U/1mhYrd
ホフマン物語、といえばプレートル盤の「ジュリエッタの場」で、ほぼ裸で
絡んでる若い男女がいるんだけれども、全裸に見えて隠すとこは隠してたw

同じコヴェントガーデンでも、その後の「イーゴリ公」「リゴレット」なんかからすると、まだご開帳には厳しかったんだろか

67 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 19:01:44 ID:nxg9zpyF
>>56
おみごと
完敗

68 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 19:02:11 ID:Nki7JuCM
>>54
月刊京都のホームページにラッパライネン嬢の写真が出てるのでこれで我慢。
http://www.gekkan-kyoto.net/salome_end.html

69 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 20:58:26 ID:vQFRFDWR
>>63
ドイツでは昔からマッテスとかアラースとかが優れた演奏を録音(録画もある)してたのに
これに目を向けなかったフランス人が悪い。まあ自国語オリジナル作品の訳語版はふつう聴かないだろうけど。
というより、大々的に話題にならなかっただけでマルケヴィッチとかプラッソンがしっかりした仕事してるよ。

70 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 21:04:49 ID:JCkz/0ez
>>56
うぉ〜〜〜!!!

71 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 23:57:48 ID:Xz/3Dtxs
>>55
ヤパーリ ヘアは金髪ですか?

72 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 00:25:25 ID:2lsW9gmt
ドイツ語オッフェンバックは確かにこの百年の主流だったし、独自の魅力はあるが、
ウィンナオペレッタ亜種という感じで(フェルゼンシュタインのは少し違うが)また別の世界だな。
プラッソンのアプローチもまたミンコフスキー流オーセンティック・オッフェンバックとは少し違う。
何通りも楽しめていいじゃない。



73 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 00:25:36 ID:U0ZtAyAM
もちろん髪の毛ほど金髪じゃないけど
茶色は茶色、黒ではない

74 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 00:31:55 ID:F9hp4FdY
もうラッパライネンねたはいいんじゃない?w >>54-56

75 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 06:59:37 ID:M6DWe0yT
>>72
異国ネタの多いオッフェンバック随一のご当地もの「パリの生活」
(しかも一応スウェーデン人という設定だが明らかにドイツ人バカにしまくりの内容)
が昔からドイツ圏で一番人気という不思議。
ケルン人オッフェンバック自身の自虐に共鳴するところ大なのか?
ドイツEMIは二回も全曲スタジオセッションを行い、ヴェヒターやらデラ・カーザやらローテンベルガーやら
オールスターを総動員している。
プラッソンも捨てがたいが、このドイツ語パリジャンたちがドイツ人をこけにする異常な世界も捨てがたい。
映像ではメルビッシュ音楽祭のが面白いんだが、DVD化されてないみたいだなあ。


76 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 19:22:03 ID:iJ51Y5AM
>ドイツ語パリジャンたちがドイツ人をこけにする異常な世界

日本でいえば、日本人が「ミカド」を日本語で演じるようなものですかね。
これは明治政府ならずとも想像し難いですけど。
「パリの生活」は人によっては、オッフェンバックの最高の作品と評価する
ものもあるようですが、見たことないので残念です。

77 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 23:07:52 ID:iJ51Y5AM
さっきイギリスのオッフェンバック評を見てたら書いてあったんですけど、
オッフェンバックって、両親はドイツにやって来たユダヤ人移民だったみたい
ですね。父親がコロン(=ケルン?)のユダヤ人街で音楽の先生をして生計を立てて、
彼自身は幼少のころから兄弟の中で唯一才能を発揮し、10才位のときにパリへ音楽の
勉強で送られたのだそうです。それでもかなりひどい訛のフランス語だったとは。

78 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 00:20:17 ID:804BjDDs
オッフェンバックの家はユダヤ教徒だけど累代ドイツ人のはずだよ。



79 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 05:16:42 ID:804BjDDs
オッフェンバック自身はケルン生まれ
父親が近郊都市のオッフェンバック・アム・マイン生まれなので筆名はこれにちなんでいる。
パリに移ったのは10歳でなく14歳。
その後も一時ドイツに戻っていたことがある。



80 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 21:22:24 ID:sEDai7jI
オッフェンバックで盛り上がってるところ恐縮だが、
是非国内盤DVDで復活して欲しい映像(LDあり)

・モーツァルト「フィガロの結婚」 1991年、ウィーン芸術週間のライヴ
・チャイコフスキー「スペードの女王」 グラインドボーン音楽祭 ヴィック演出
・サン=サーンス「サムソンとダリラ」 サンフランシスコオペラ
 (輸入盤DVDは出たが、画質・音質とも散々なうえ、英語字幕&妙なアナウンス入り)
・ワーグナー「タンホイザー」 バイロイト音楽祭、G・フリードリヒの名演出
・プッチーニ「ボエーム」 シドニーオペラ
・マスカーニ「カヴァレリア」 シエナ音楽祭
・ヴェルディ「アイーダ」 マゼール&スカラ座
・ヴェルディ「マクベス」 シノーポリ&ドイツオペラ(出たかな?)

LDがいつまで見られるのかわからんし・・・

81 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 22:44:33 ID:JAI5jK9F
シドニーオペラって、侮れないですよね。私は決してジョーン・サザーランド
のファンではないのですが、シドニーオペラの「メリー・ウィドウ」や「ミカド」など
を見て(一時テレビで特集組んでた)感激しました。特に、ミカドでサザーランドが
結婚願望の権化のような宮廷女官に扮して、「もう独り身はウンザリダアー!」という
趣旨の独唱(あえてアリアとは言いません)を長々と披露したときは、ため息をつきました。

82 :名無しの笛の踊り:2007/01/20(土) 04:43:11 ID:E/0us0jR
「ミカド」はともかく、ウィンナオペレッタの英訳版だけは勘弁して欲しい。

83 :名無しの笛の踊り:2007/01/20(土) 14:16:10 ID:E/dPDpeg
>>40ってギャグ?

84 :名無しの笛の踊り:2007/01/20(土) 23:03:12 ID:S04Alny9
>>81
シドニーの「ボエーム」DVD(リージョン1だけど)届いたので、早速鑑賞。
BSで見たとおりで、ほんとに懐かしい映像だし改めて感動した。

主役級に若手をズラリと並べて、特にミミ&ロドルフォはハリウッド映画
か何かから出てきたような美男美女。 ロドルフォのホブソンはもしかして
ミュージカルかポップスの歌手かも、という感じの声で声楽的には確かに
物足りないけど、革ジャンの似合う8等身のイケメンロドルフォだっていいじゃない。

今回改めて見て、幕切れでびっくりした。
ロドルフォの嗚咽で終わるのだけども、嗚咽というより「号泣」照明が落ちても
ロドルフォが泣きじゃくる声が止まらない。カーテンコールでも本当に泣いてる。
(最後にロドルフォがミミの所まで行かないので、不思議に思ったのだけども
 どうやら「行けない状態になってしまった」のではないかと推察)
正直、ここで見てる方も泣いてしまった・・・・こんなこともあるんですね

演出は舞台を戦後に移した「読み替え」ものだけども、決して悪趣味じゃない、
決して「オーソドックス」じゃないんだけど感動した、久々に映像で泣いた・・・・

85 :名無しの笛の踊り:2007/01/21(日) 00:59:41 ID:OiUerCc/
>>83
スマン!後で気付いたんだけど、放置してた。↓ここで「マリア・ストゥアルダ」
の上演された背景が書かれていたのを自分用にコピーしてたんだわ。

http://www.forumopera.com/critiques/maria_stuarda.htm

今日はDVD2本見て、目が痛い。もう寝るわ。


86 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 15:12:28 ID:fe3gzaAM
>>77
>>78
>>79
人種としての流れはとっくに崩壊してるのに、未だにあたかも外国人のように「ユダヤ人」と特記されるのは
ドイツ人とロシア人が多い気がする。
ショルティをハンガリー人と区別したり、モントゥーをフランス人じゃないような書き方はあんまり見ないもんね。


87 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 18:29:09 ID:rtmkO1Ma
>>86
>人種としての流れはとっくに崩壊してるのに、未だにあたかも外国人のように「ユダヤ人」と特記されるのは

無知な奴だな。
あたかもじゃなくて当時のユダヤ人はドイツ人でもフランス人でもない。
差別うんぬんでなく人種的にも宗教的にも文化的にも別な民族だ。
中欧ユダヤ人は言語すらイディッシュ語という別の言葉で生活していた。

>ショルティをハンガリー人と区別したり、モントゥーをフランス人じゃないような書き方はあんまり見ないもんね。

普通に書かれているが?w

88 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 20:26:03 ID:MSaAO/Qr
ヤンソンスのショスタコ「マクベス夫人」のDVDはどうですか?
エロい場面はちゃんとしていますか?

89 :81:2007/01/22(月) 20:49:01 ID:tO6Qfegt
>>84
シドニーの「ボエーム」って、米アマゾンで随分高い評価を受けていますね。
6人書き込んでいる中の5人が満点の5つ星を付けている。唯一3つ星を付けた人の
理由は、音楽面の難点で、特にホブソンのテノールの声が軽い(thin)というもの。
その人曰く、プッチーニのような19世紀のベリズモ・オペラを歌うには声が軽すぎとのこと。
しかし、ボエームは英雄ものストーリーではなく、ひそやかに生きた恋人達の
私的な話なのだから、むしろ(換言して)ソフトなテノールの方が合っているはず。
当時のトレンドをボエームにも当てはめようとするほうが間違ってると思う。
私自身の好みはソフトなテノール声なので、これはむしろセールス・ポイントです。
ところで、リージョン1のDVDを買って日本で見ることができるとは知りませんでした。
今まで米尼からはリージョン・フリーの映画しか買ったことなかったもので。
私はパソコンで観るので大丈夫そうですね。

90 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 21:01:46 ID:fe3gzaAM
>>87
それはナチス思想だよ。
千年以上も混血を重ねて、人種としてのユダヤ人は完全に無くなっている。
そもそもその千年以上前の先祖というのが本当にヘブライ人であったのかさえ判然としないし
(古代末期にトルコ民族のユダヤ王国もあったといわれる)
どちらにせよ血は多くて数十分の一しか残っていない。
イスラエルの移民法でも「ユダヤ人とはユダヤ教徒およびこれを母親に持つ者」と明記されている。
中国人のユダヤ人、エチオピア人のユダヤ人、日本人のユダヤ人もちゃんと存在するし
彼らがれっきとした中国人、エチオピア人、日本人であることとユダヤ人であることは何ら矛盾しない。
ユダヤ人独自の肉体的特徴というのが虚妄であるというのは何回も調査で証明されている。
混血についても、ユダヤ教徒の2/3がキリスト教徒と結婚していたいう20世紀初めのドイツの統計がある。
もっとも、人種的ユダヤ人という迷信に固執するのはあなたやヒトラーだけではなくて、こんなトンデモ説を読んだことがある。
その人は、ゲットーが存在した時代・地区ですら、外部との婚姻が盛んだったことを認めたうえで
「被差別集団と外部との間に生まれた子は被差別集団を離脱するのが古今の通例である、ユダヤ集団の純粋性は損なわれない」
として
「アメリカでも黒人と白人の混血はずっと白人として遇されてきた」
と頭が痛くなる論まで展開している。
ユダヤ人がユダヤ人でなくなるかどうかは、あくまで棄教の問題。


91 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 22:55:19 ID:TF3G6RQl
>>89
リージョンの規制はパソコンでも同じですよ。
パソコンの場合は数回切り替えができるかもしれませんが
最終的には一つのリージョンしか使えなくなるようになってます。
パソコンで問題ないってのはPAL方式、NTSC方式(テレビの規格)のどちらでも
見ることが出来るってことです。

リージョンフリー(どのリージョンでも見れるって意味)でPAL変換が出来るプレイヤーを
買うと幸せになれます。


92 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 23:42:53 ID:NrnwJ0LF
アキハバラのあやしげなところには普通に売ってますね。
リージョンフリーのプレーヤー。
安いところで新品3,980円なんてのも。

93 :81:2007/01/22(月) 23:59:15 ID:tO6Qfegt
>>91, 92
そうなんですか。その辺のことになるともう、拒絶反応でわかりません。
ちなみに、米尼でラ・ボエームには以下の情報が記載されています。

Format: NTSC、 Region: 1

フォーマットがNTSCということは、私のパソコンで見ることができ、かつ
英・仏尼で買ったリージョン2のも見続けることができるということですね?
無知でスミマセン!

94 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 00:09:00 ID:3OkKnBMz
>>93
ヤマハのリージョンフリーDVDプレーヤーがあるよ
http://www.rakuten.co.jp/aikyoku/556981/556984/558034/657425/#646535

95 :93:2007/01/23(火) 00:12:42 ID:S0nJGLf2
>>94
有難うございます。重い腰を上げてチト調べてみます。

96 :84:2007/01/23(火) 20:27:12 ID:YCkdssUz
>>89
レビューから勝手に抜粋ですが
>Of all the times I have watched this scene, not a single time was I not in tears.
>She and David Hobson make a very good match, between them the chemistry is convincing,
>which makes their parting all the more heartbreaking.

>Seldom did I see vocalist acting with such depth and sincerity.
>He put himself so deep into the character that at the curtain calls he is still in tears.

他にもホブソンへの賛辞が多いですね。
確かにベルゴンツィ、パヴァロッティ、ドミンゴなんかと比較できる声ではないのだけれども、
容姿といい、演技といい映像なんだからこういうロドルフォが出てきてくれてよかったと思う。
”at the curtain calls he is still in tears. ”とあるけれども、ホブソンだけじゃなく他の歌手も
カーテンコールでは、役から抜けきれないような悲痛な表情のまま。

オペラにしては、相当に動きの激しい「芝居」を要求される舞台なので、ある意味BW的とも
言えるけれども、個人的にはここまでやってくれて、視覚的にもそれぞれのキャラクターに
マッチした映像というのは、そうそう出来ない(しかもライヴ)のじゃないかと思う。

映像も綺麗なので、リージョンの問題はありますが(画像信号はNTSCなので無問題)
なんとか頑張って(?)見ていただきたいです。

97 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 01:12:18 ID:RN4IudXO
保守

98 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 20:42:49 ID:LPZ7QSy7
k(ry から出てる「サムソンとダリラ」買ったら

英語字幕が消せないうえに、幕切れに被さって余計なナレーションが入る・・・_| ̄|○

99 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 20:58:29 ID:2OHiGySl
え、どこから出てるやつ?
英語の台本、or フランス語?

100 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 00:16:24 ID:gAtJRQ5H
クライバノオテロ日本版いつ出るの

101 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 05:48:28 ID:wk/XsnL7
>>99
KUL(ry

上演はもちろんフランス語なんだけれども、英語の字幕が出っぱなし。
(昔の国内盤同様、字幕のON/OFFができない) その上、元々が
放送用の映像だったものをそのままDVDにしたような感じで、演奏が
終わるやいなやナレーションがかぶさって、余韻も台無しw

102 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 09:03:00 ID:eNDo6scw
>>94
> >>93
> ヤマハのリージョンフリーDVDプレーヤーがあるよ
> http://www.rakuten.co.jp/aikyoku/556981/556984/558034/657425/#646535

これ画質どうなの?

103 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 09:15:05 ID:bMPPiTF+
ネトレプコ&ヴィラゾン 愛の妙薬

104 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 09:15:48 ID:SUrdSYqu
死ね

105 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 09:19:23 ID:a3xuHB7n
>>102
94さんではありませんが、
東京にお住まいの場合、手持ちのDVDを持参してビ○グカ○ラなどへ行って色々な機種を
デモしてもらったら一番確実なのでは?その際、最新のデジタル映像のような
優れたものと、昔の映像の両方を持って行って見比べましょう。(私は古いのだけ
を持って行ったので、あまり感動しなかったのです。そのうちまた行きます。)
値段は大体15,000円位でした。

106 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 15:35:29 ID:VPavuKY1
>>91
>>93
パソコンのDVDドライブはどんなリージョンでも再生OK。
というか、いざとなったらリッピングしてリージョン書き変えたDVDを焼けばよい。

107 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 19:11:42 ID:/K8Nog+J
age

108 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 19:34:40 ID:a3xuHB7n
>>106
>>パソコンのDVDドライブはどんなリージョンでも再生OK。

アメリカのサイトで、↑こういう表現を見たことはあったのですが、それで
いいのですか。有難うございます。これでテレビの買い替えをまた延期できます。

109 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 22:06:16 ID:mSH4VP2r
PC用ドライブが全てリージョンフリーということじゃないみたいだよ
http://www.dvd.co.jp/situ/situ_worlddvd.htm?gclid=CNuM1_HSgIoCFQSCbgodfmawQw#h6
2.リージョンコード変更
パソコンのDVDドライブや一部のDVDプレーヤーでは、リージョンコードを変更することは
可能です。しかしながらリージョンコードを変更できる回数は制限されており、何度でも自由
に変更することはできません。おおよそ5回までで変更することは出来なくなってしまう物が
多いようです。残り変更回数が0回になってしまうと、日本のリージョン2に戻すことができなく
なり、日本のDVDソフトが再生不能になってしまいます

うちのpc用ドライブも5回になってる

その他
http://e-words.jp/w/DVDE38389E383A9E382A4E38396.html
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%EA%A1%BC%A5%B8%A5%E7%A5%F3
http://e-words.jp/w/E383AAE383BCE382B8E383A7E383B3E382B3E383BCE38389.html
参照

110 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 00:16:04 ID:xoJbywd4
>>109
最近は国内盤がほとんど「リージョンALL」だから、一度「1」にセットしても
滅多に問題発生することはないんじゃないかなぁ・・・・(クラシックでは)

111 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 09:44:26 ID:9t4Tu0Rx
ところで、フェリシティ・ロットが元帥夫人を演じる「ばらの騎士」を以前
タワレコ店で3,000以内で売ってたのですが、これを鑑賞したことある方
いらっしゃったら、ご感想お願いします。
今日の夕方にその店の近くで用事があるので、買いたい気持もあります。

112 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 18:12:28 ID:xoJbywd4
>>111
>フェリシティ・ロットが元帥夫人を演じる「ばらの騎士」

クアイバー&ウィーン かな?
だったら迷わず「買い」ですが。

113 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 20:35:41 ID:9t4Tu0Rx
>>112
オオッ!そうなのですか。
さっさと用をたして帰ってきましたが、2.3日中にまた行かなければならないので、
そのときにはきっと買います。有難うございました。

114 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 20:47:13 ID:k8IQ0xQm
ばらの騎士ならビシュコフ盤を買わなきゃ

115 :113:2007/01/29(月) 17:37:53 ID:EPHGUser
>>114
そうなのですか。
いずれにせよ、今日そのタワレコ店(池袋)に電話したら、2,890円のは年末の
クリアランス・セールで無くなったとのことorz(そう言えばカバーが古くて
汚れてた)。週末に新宿店または渋谷店まで行ってみます。こちらの方が遥かに
品揃えが良いそうですし、また電話で話した新宿店のクラシック担当者は、
池袋とは大違いで、知識豊富な人でした。到底同じ会社とは思えませんでした。

116 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 14:21:17 ID:y2IPPUlL
今、シアターテレビジョンで「ラクメ」が始まった。見よう。(これぞ在宅仕事の
醍醐味。低収入だけど、こころはリッチな気分。)オジー・オペラでジョーン・
サザーランドがラクメ役。ウーン、17・8歳の娘には、キツイな。相手役はイモだし。

シアテレの2月は、フランス・オペラ特集で、「ホフマン物語」も入ってる。
2日前に塔でドミンゴのホフマン注文したばかりだけど、シアテレのは2004年
ので、デジレ・ランカトーレも出る(たぶんオランピア?)。何か、得した気分。

117 : :2007/02/02(金) 22:42:49 ID:D+LE72wH
クラシカ 以前はいまいちパッとしなかったが、
何げに すごくなっている。
とりあえず、入ってみた。

http://www.classica-jp.com/opera/index.html

118 :116:2007/02/02(金) 22:59:48 ID:qNgGa4aK
ドミンゴの「ホフマン物語」は感動。声楽的にあれだけのキャストを超えるものを
作るのは困難なのでは。おまけに演技力は高いし、衣装も舞台装置も金を惜しまず
工夫を凝らしてあるし。コベント・ガーデンがあんなに金をかけるとは。
これとの比較ではシアターテレビジョンでやってたのは学芸会みたいに
見えて来た(失礼)。

ドミンゴの気合の入れようもすごくて、第2幕の娼婦ジュリエッタの館での
場面なんて、「エルナーニ」のようなイタリアオペラを想像させる。
また、プロローグの学生達がささやくように歌う場面や第2幕の「美しい夜...」の
音響効果が抜群で、滑らかな絹のベールが垂れているような心地よさ。
(フランス語の発音がぎこちないのを気にしなければ)是非お薦め!

119 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 00:07:30 ID:6J/QFOhM
>>118
コトルバシュのアントニアの絶唱も素晴らしいよね。
LDの画像・音声は酷かったんだけどDVDでいくらか改善されたかな?

120 :116:2007/02/03(土) 00:46:40 ID:jdxTsPRv
コトルバスのアントニアは表情が素晴しい。いかにも繊細な箱入り娘。対して
バルツアのジュリエッタの妖艶さや蛇のような怖さは際立っている。私的には
「美しい夜....」もあって、第2幕を何度でも見たい。あの素晴しい曲の間に
何であんな退廃的・卑猥な光景が目の前に広がるのか....とも思う。
画像・音声も抜群。元々、塔でオンラインセールやってたので買ったけど、
「エレーヌ」や「ジェロルスタン」とは同一の作曲家とは思えないほど作風が
違う。私にとっては永久保存版です。

121 :名無しの笛の踊り:2007/02/04(日) 12:14:23 ID:PVeWmvqz
>>117
クラシカで「連隊の娘」が23:45時から始まるよ。これって、テノール役が
9回もハイCを出したとかで話題になったやつだよね。

122 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 05:36:14 ID:wZ6wXBML
>>112
日本じゃ、あれが名演の評価受けてるのですか? 
あのクライバー新盤だけは、英グラモフォン誌でもほかでも結構酷評されてるんだけど。
ものすごく冷たい、燃えない演奏でしょ。
>>118
実演をみたせいかもしれないけど、個人的にはパリのバスティーユでの演奏(DVD)が好きです。
舞台の設定をドンジョバンニの演奏されている劇場としてあるので、
1幕はドンジョバン二の舞台の裏からみたもう一つの出来事の設定の作り>マドンナのようなかっこをした結構下品なオランピア
2幕は、オーケストラピットから舞台を見上げた設定>客席からみるとオーケストラは二つ指揮者も二人になる。舞台上のオペラ座のユウレイがアントニアに歌うことを強制する
3幕は、舞台を客席からみた格好になっていて、客席と同じいすが並んでいる>しかも舟歌にあわせてその客席がなみのように左右に動く
といったような作りになっています。ちなみにオペラの最初と最後は、劇場のバーがあるフォワイエーに設定されてます。

>>109
うちでは、PC に DVD を2台入れていて、(一つは読み取り専用、もう一つは書き込みできるやつ)
片方をリージョン1そしてもう一つは2にしてます。
それに据え置きのDVDプレイヤーでもほとんどのものが、原則的に2.3分でリージョンフリーに改造できます。
電気技師のいるお店で聞いてみてください。

123 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 09:31:10 ID:i2a9HZgG
>>122
> 日本じゃ、あれが名演の評価受けてるのですか?
> あのクライバー新盤だけは、英グラモフォン誌でもほかでも結構酷評されてるんだけど。
> ものすごく冷たい、燃えない演奏でしょ。

生意気にだれかれ構わず突っかかるな厨。
外国の音楽雑誌の評価を絶対視してる時点で馬鹿丸出し。
イギリスの音楽批評家なんて自国の音楽家はベタホメする馬鹿ばっかなのは常識だぞ。
大体誰と比べて「冷たい」んだよ。
イタリアオペラじゃあるまいしシュトラウスのオペラ掴まえて「冷たい」って的外れにも程がある・・・w

> それに据え置きのDVDプレイヤーでもほとんどのものが、原則的に2.3分でリージョンフリーに改造できます。

知ったかするなよドアホウ。
日本製で簡単にリージョンフリーに出来るプレーヤーなど売ってない。
出来るのはチャンコロのバッタモンプレーヤーだけだ。

124 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 09:47:27 ID:PPOmWUtz
> 日本製で簡単にリージョンフリーに出来るプレーヤーなど売ってない。
 でかい口たたく前に>>94見ろ。

125 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 11:58:43 ID:pw5XIOya
モーツァルトのオペラでお薦めのDVD教えて!

126 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 13:46:29 ID:2+x6opo1
>>125
個人的には「魔笛」が一番好きですが、DVD買いたくても欲しいバージョンがない。
数年前にテレビで見たのを非常に気に入ったけど、出演者の名前を控えていなかったし
尼も含めていろんなサイトを見ても、DVDリリースされていないよう。パパゲーノと
パパゲーナのやりとりが抜群だったので、他のは欲しくないほど。また夜の女王と娘の場面もよかった。
オペラって、本当に演出、伴奏、出演者によって好みが割れますね。「ミトリダーテ王」
の素晴しいバリトンをやはりテレビでみたことありますが、DVD買えない。

127 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 15:19:26 ID:HYQXMIva
>>125
カラヤン&ザルツブルグ音楽祭の「ドン・ジョヴァンニ」なんかどうでしょう。
(日本語字幕が不要なら、US輸入盤は安いし)
ドン・ジョヴァンニならムーティ&スカラ座のストレーレルの舞台も綺麗で
歌い手も揃ってるんだけれども、いかんせん主役とレポレッロの見た目が
分別くさそうなおっさんなのはどうかとは思う(声はいいのよ声は)

一番DVD化して欲しい、1991年ウィーンの「フィガロ」が出ればなぁ・・・・

128 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 19:04:58 ID:Cw1og76h
1991年ウィーンのって、もしかしてザルツブルク音楽祭のかな?
ハイティンク指揮でハンペ演出、アップショウがスザンナの。
だったら僕もDVD欲しい〜

129 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 19:23:44 ID:HYQXMIva
>>128
アバド&ウィーン(アン・デア・ウィーン)の方です。

ジョナサン・ミラー演出、マクローリン、スチューダー、ガッロ、ライモンディ、ツェドニック
相当細かい芝居をしていて、特に第2幕のドタバタなんかは面白いですよ。
「フィガロ」あんまり得意じゃないんだけれども、これは面白く見られました。

130 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 20:50:48 ID:wZ6wXBML
>>123
喧嘩するつもりはありません.
海外に住んでいますが,持っているDVDプレイヤー(全て日本製)がリージョンフリーになっています.
こちらのお店(MediaMarkt) の人に言わせると,ほとんどのプレイヤーは,どのリージョンでも大丈夫になっていて
ただしそれを制限するチップがくまれているとのこと。それを取り除くだけでリージョンフリーに。
実際目の前でふたを開けて,やってくれました。でも,日本はそういうところキッチとしているのかもしれませんね。

>クライバーの旧版と比べていっただけですが? 3幕の3重唱,螺旋状に上っていって胸が熱くなりませんか?
2幕の最後のところ,体が自然に動きだしませんか? 1幕の奔放なファスベンダーの熱気のような情熱。


131 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 21:13:14 ID:Pbe+0duJ
>>129
あれ、なんというか「定番」という感じでいいよね。
LD持ってるけどさすがに見なくなったので、DVD化キボン。

132 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 22:07:54 ID:HYQXMIva
>>130
クライバーの「薔薇」だったら、「新旧どちらも名盤」なんじゃないの?
個人的には同じくバイエルンの方に軍配を上げるけども、ウィーンの
ウィーンでなければできない表現こそ素晴らしいという人もあるでしょ。
それに学生さんとかならともかく、最後の来日公演を生で体験した人
にとっては、ウィーンの映像への思い入れだってあるでしょう。
そんなに単純化してあっち・こっちってもんじゃないと思うよ。

>>131
自分自身「フィガロ苦手」だったのだけれども、あれは楽しい。
それこそオペラ苦手な人にお勧めしたい映像なのにね。

LDだといつまでデッキが動いてくれるか正直不安でいけないw
ソニーはムーティ&スカラの「椿姫」しかり、ショルティの来日公演
しかり・・・いい映像を死蔵にしすぎ。

133 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 22:12:33 ID:2+x6opo1
>>130
>海外に住んでいますが

ってどこですか?大きな歌劇場のある都市ですか?もしそうだとしたら、
羨ましい限りです。日本へオペラがやってきても、馬鹿高いし、舞台装置は
手抜きだし、劇場はキッタナイし等等。
自分がファンの歌手の予定演目を見ては、ユーロを円に換算してため息ついています。

134 : :2007/02/05(月) 23:48:43 ID:oRIR1dl2
>>122
>>130
クライバー盤についての論調が極端に変わったね。批判するならするで、突っ張る方がかっこいいけどね。

要は、自分がライヴで観た演奏が良かったといいたいのかな。


135 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 00:16:52 ID:yQmh9zjf
おまいら、サヴァリッシュ日本公演の「影のない女」が出ますよ。


でも、TDKの輸入DVDって店頭で売ってないんだよなあ。国内盤
出るまで待つしかないのか?

136 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 00:19:21 ID:Uz7LIh4S
だから女と思われそれに突っ込む女W

137 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 00:36:25 ID:Lb1PeV9T
>>135
無いですねぇ・・・<輸入盤

TDK輸入盤ってリージョンオールでしたっけ?

138 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 00:39:43 ID:yQmh9zjf
http://www.tdk-mediactive.com/frame_content.php?link=opera&did=3~13&showme=everything&from_id=2613
↑TDKのホームページの情報だと、NTSC盤あり、リージョン0。

リージョン0ってのは、どこでも再生できるんだよね?

139 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 00:41:33 ID:Lb1PeV9T
>>138
の ようですね

140 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 01:26:18 ID:fq1NQTmL
>>135
それ今,レコード店で予約してきました。「影のない女」はオペラの中で一番好きな作品です。
>>133
オランダに住んでいます。オランダのいいところは周りの国に近いことで,ベルギー,フランス、ドイツ(ミュンヘン、ベルリン,バイロイト他)に簡単に足を運べることですね。
お目当てのオペラを見つけていろんな国をまわっています。
確かに,日本だとなかなかいけませんよね。
数年前のアムステルダムの「バラの騎士」は、みてとても気に入ったので、その後会社を早退して,
キャンセル待ちに並んでつごう4回みることができました。だいたい一演目なか3日くらいで一ヶ月公演されます。値段は,一番いいので1万ちょっとです。
ドイツの地方都市だと,だいたいそれの半額から75%ぐらいの値段になります。
ちなみに,ケルンでしたか今年の春に2日間リングって言うのが上演されます。朝と夕方一作品ずつ上演されます。
あさっては,アムスでタンホイザーです。


141 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 02:16:44 ID:dC8WVJLF
>>129
ジョナサン・ミラー演出で、元モンティパイソンのエリックアイドルが首切り役人のココ
を演じている「ミカド」(リージョン1輸入盤)の特典映像で、ジョナサン・ミラーの演出
してるとこが見られますよ。この人凄く良く笑う人なんだね。笑い転げて(本当に床でのたうち
廻ってる)、しゃべれなくなってる。あんだけ豪快に笑ってくれると、歌い演じる方も楽しく
できるんだろうな。

ttp://www.amazon.com/gp/product/B000BB150W/imdb-adbox/

142 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 08:25:18 ID:ypLKkAqR
スレ違いの海外かぶれ

143 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 08:39:38 ID:7aAkPcT3
アムステルダムって、いわゆる常設の歌劇場がないってホント?
新国みたいにいろんなオケが交代交代でピットに入るって聞いた。


144 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 10:10:12 ID:fq1NQTmL
>>143
いえいえ,アムステルダムに歌劇場はありますよ,しかもそれ付きのオーケストラと合唱団もあります。
オーケストラにはけっこう日本人の名前がみれます。
ただし,演目と指揮者によって,他のオーケストラがはいることもあります。
例えば,シャイーがドン・カルロスを振ったときには彼のコンセルトヘボウ・オーケストラがピットにはいりました。
また,DVDにもなった指輪には,ロッテルダム響他がピットにはいったこともあります。

スレ違いすみませんね。

145 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 10:25:29 ID:fq1NQTmL
>>132

自分もあの「フィガロ」No.1 です。ヴィデオテープで持っていました。(ソニーでしたよね)
幕と幕の間をものすごくきめ細やかに芝居をつなげていた記憶があります。



146 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 10:46:10 ID:b2lroUyU
>スレ違いすみませんね

いやいや、貴重な情報有難うございます。
人の集まるところ、10人来れば十色の意見があって自然だし民主主義的。

147 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 11:48:40 ID:Lb1PeV9T

また揚げ足取りキタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!


148 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 11:49:57 ID:Lb1PeV9T
>>147
失礼しました・・・・誤爆です・・・・_| ̄|○

149 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 12:04:50 ID:7aAkPcT3
>>144
そうなんだ。
アンセルメスレで(ジュネーブにも歌劇場管弦楽団はない)
アムステルダム歌劇場管弦楽団は存在しないみたいなことが書かれてたもんで。
コヴェントガーデンも戦後までオケが無かったから、
自国オペラの少ない国ってそんなもんなのかなあとか疑いもせずに皆納得してた。
情報感謝。



150 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 14:19:27 ID:M5ImajuC
アムステルダムの歌劇場には座付きの合唱団はあるが、オケはないよ。
ネーデルラント・フィル、ロッテルダム・フィル、オランダ放送響などが
持ち回りで演奏している。コンセルトヘボウはオランダ・フェスティバル
のときにピットに入るみたいだね。

151 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 20:01:01 ID:fq1NQTmL
>>150
昼休みに調べてみました。確かに150さんの言う通りですね。
自分の中では,(3つのオーケストラを使った)最初の「指輪」の時が特殊な形で,
普通には歌劇場の前・首席指揮者(Haenchen, de Waart) の指揮する時にいつも使われるネーデルラント・フィルが、
一応専属のオケというように、理解していました。
ちなみにHaenchenは、1985から2002までネーデルラント・フィルの首席指揮者でした。
失礼いたしました。
お詫びと言っては何ですが,タンホイザーの写真を貼っておきます。
ttp://media.dno.nl/uploads/62/99/7d6f319707cd22ffca8cfb543ac77592/Tannh_640x360p.jpg
思い入れのあるMartina Serafinさま
ttp://media.dno.nl/uploads/61/27/e4e524880b5e52addba4a2074ee33559/Tannhauser54.jpg



152 : :2007/02/06(火) 20:39:36 ID:uCFehohW
極東にいるのに、アムステルダムのようないなかの話は聴いてもつまんないね。

意味不明のクライバーの新盤批判で始まり、わけの分からん自慢話か。
こんなのにに付き合うのは、止めたら。




153 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 22:13:55 ID:+KNBsIAE
>>141
へえ、メイキングがあるんだ。
このプロダクションの再演は見たんだけど、これも凄くいいんだよね。
アイドルの芝居は見てみたいのでやっぱりそのうち買おう。
情報サンクス。

154 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 01:46:55 ID:3VcDTONn
アムステルダムの話が出てるが、ちょっと違う気が。
仕事でよく行くのだが、コンサートはなかなか充実しているものの、オペラはいまいちいまに。
劇場そのものが響かないし、ネーデルランドフィルは非力。ロッテルダムやコンセルトヘボウは悪くはないけど。
指環チクルスも見たが、他の劇場と同じ歌手でもここまでひどく聞こえるものかと思った。DVDで見たほうが見栄えもよく、圧倒的に印象もいい。
ただ、指環チクルスのときはアドヴェンチャ−シートがあるので、それだけは面白かった。ヘンヒェンは、実演でいいと思ったためしなし。
スレ違いスマソ。なんだか妙にアムステルダムマンセーの人がいるので、ちょっと言いたくなった。

アムステルダムでのオペラDVDなら、演奏会形式だが、シャイーのプッチーニ3部作はなかなか興味深い。

155 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 03:37:45 ID:yMdDsu0G
「ひどく聞こえるものかと思った」
>まさか舞台上空に作られたアドベンチャーシートでの音響を批判しているのですか?

156 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 06:23:16 ID:uD6pJThV
>>152
スレ違いではあるけど、そんな突っかかるほどの自慢話とは思わないが。
知らなかったことを教えてもらったと思っている。


157 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 08:31:45 ID:0mIoX/n1
>>155は日本語読めないアホみたい。というか確信犯のアホか。


158 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 09:21:05 ID:ayIze07m
話豚切るけど、ドリームライフって良くないね。
正月に親戚のアホガキが遊びにきて、はずみで一番気に入りのDVDを踏んづけた!
ひびが入ったのはケースで済んだけど、保険のために同じものをフランスのアマゾン
から注文した。それが昨日帰宅したら届いていて、早速見たんだけど、音質といい
映像といい、ドリームライフが国内版として出したものより遥かに優れている。
国内版では歌手の一人の声がこもったように良く聞こえなかったのも、言葉の
最後まではっきり聞き取れるし、スピーカーのボリュームも随分低いところでOK。
目の動きも良く見えるから、表情作りもちゃんとフォローできる。
他にも2枚注文してたので、それら全部見た後、今朝はヘロヘロ。早く今日が終われ!

159 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 09:36:29 ID:eT3tPKE9
なにを今更

160 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 11:54:18 ID:NIlUw0mq
>158
え〜、オペレッタシリーズ怪しいですか?
国内廉価版出ましたが・・・・。
買う気ムンムンでしたが・・・。

161 :158:2007/02/07(水) 12:05:22 ID:ayIze07m
>>160
うん、廉価版は魅力なんだけど、159の言うとおりだと思う。
下記は「ドリームライフを応援しよう」というスレなんだけど、ここも参考
にして意思決定したら?

http://music6.2ch.net/test/read.cgi/classical/1170220119/l50


162 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 12:53:24 ID:NIlUw0mq
温室、画室とも糞でつか・・・orz.
一枚あたり二千円の価値で妥当なのですね。

販売は春なので、しばらく考えます。
しかし、値段と日本語字幕は捨てがたく・・・。

ありがとうございました。

163 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 14:25:17 ID:uD6pJThV
プレスコで録ったオペレッタ映画を、元の録音テープにあたらず、フィルムのサントラに落とした音をそのまま使っている。
そのため「ドルの女王」とか「ジュディッタ」はCDがステレオで出ているのにモノラル。
ステレオのものもワンクッション置いているわけだから当然音は落ちる。
画質ももっと褪色補正かけられるはず。
ただ、どっちみちフィルム撮りのようにポテンシャルの高い素材は次世代DVD待ちが正解のような気がするが。


164 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 15:10:54 ID:uD6pJThV
>>162
ただ、2,3枚しか持っていなくて、かつそれが気にいっているという人なら
この廉価セットは「買い」かも知れない。
(これで売れ残りをまとめて一掃し、単品も絶版になる可能性もある)
厳しいことを書いたが、べつだん糞というほど音質が酷いというわけではない。
必ずしも次世代版が出る保証はないし(改良版のDVDはなお難しいと思う)
出てもある程度の値段はするだろう。
中古ビデオテープを入手するぐらいのつもりで割り切ってとりあえず手元に置き、
もし次世代版が出たらそのとき考えるというのもありかと。
この一連のユニテル映画はそれだけの値打ちがあると思う。



165 :158:2007/02/07(水) 16:07:08 ID:ayIze07m
>>164
何か、今の漏れの状況そのものだわ。特に気に入ったものがたまたま2枚廉価で
買えて、つい最近まで何度も見てたんだけど、そのうちの1枚について数段
質が上のものも知ってしまった。
2枚ともそれほどメジャーな演目でもないので次世代DVD版は可能性低い。
よって、もう1枚の方も絶版になる前に輸入しとこうと思う。ただ、送料が高い
ので、あと2・3枚他に買いたいものが見つかってから。

166 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 17:22:52 ID:NIlUw0mq
実は以前からとても欲しかったのですが、
値段に納得できず見送ってました。

廉価版発見で小躍りし、家宝だわぁと浮かれましたが、
中古ビデオのつもりになります。
気長に次世代待ちも。

あまり凹まずにすみそうです。
お仕事中なのに、ありがとうございました。

167 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 19:03:44 ID:Nnscfr4U
ラ・ポエームが好きです。小説はどうしようもないけど・・・
音楽が加わるとすてきに思えてしまいます。

関係ないけどキリスト教が広まったのはバッハなどのミサ曲に影響があるのかも・

168 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 20:08:28 ID:eD7TzCzR
ドリームライフは「ローエングリン」しか持ってないけど、これは別に悪くない。
そんなに酷いのか・・・・

169 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 20:36:46 ID:uD6pJThV
>>168
いや、(オペレッタは)別に酷くはないんだってば。
70年前後の音ってこんなもんかな、と思う人だっているかもしれない。
ただ、CDとか、DG盤の「微笑みの国」とか持ってると、やや劣化した形で収録されてるのが判るだけで。
(モノラル収録の数点は何とかして欲しかったが)
映画そのものはどれもすばらしいよ。映像も演奏も。
晩年のクンツとか若い頃のコロ、モッフォ、コラー、パポウシェク、グルーバーとか見てるだけでも。


170 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 20:42:44 ID:eD7TzCzR
>>169
あー そうなんですか・・・
上で「輸入盤に較べて云々」というのがあったので、そんなに酷いのかと
思ったのでした。

オペラのDVD化はLDより悪化したりしてなきゃ、古い映像に関しては
不満はないのだけれども、少し前に某輸入盤で酷いのがあったものでw

171 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 21:50:08 ID:HgIbZ8Bp
>>125
「魔笛」だったらOPUS ARTEから出てるコリン・ディヴィス指揮英国ロイヤルオペラのがいい。
歌手はドイツの一線級、パミーナのドロテア・レシュマン、夜の女王のディアナ・ダムラウが素晴らしい。
英国人もパパゲーノのサイモン・キーンリーサイド、弁者のトマス・アレンなど一流どころ。
なにより演出が分かりやすいし、バロック時代様式にのっとった衣装やセットもいい。


172 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 22:02:35 ID:ayIze07m
これのことやね?

http://www.amazon.co.uk/Mozart-Zauberflote-Magic-Flute-Royal/dp/B0000BV1JB


173 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 19:43:35 ID:2OXvZ8Ry
>>172
それです。
ジャケのダムラウの顔が怖いが歌唱も弩迫力、有名なアリアは快速で一気に聞かせる。
演奏全体もテンポが速めで芝居がカットされて上演時間は2時間半と短かい(通常3時間)。
音楽に集中して楽しみたい人向き。

アーノンクール指揮VPO「皇帝ティートの慈悲」(TDK)もお勧め。
セスト役のヴェッセリーナ・カサロヴァが素晴らしい。
ミヒャエル・シャーデはティート(ティトウス)役が得意なようで歌も演技も堂に入ったもの。
設定を現代のアラブ国家に変えており、第一幕の終わりでは王宮がテロリストに爆破される。
結構大きな炎が上がり大音響なので観客の中にはチビった人も居たかもしれない。
第二幕は瓦礫の中で話が進むため歌手も煤や血まみれでヴィジュアル的に美しくは無い。
がそのために親友セストに裏切られたティートの悲憤が真に迫ってくる。
最後のシーンで自分をたたえる合唱に背を向け退場するティートに王者の孤独を感じた。

174 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 20:03:15 ID:Zu8zt1Zd
>大きな炎が上がり大音響なので観客の中にはチビった人も居たかもしれない

聴衆がジジ・ババだらけのマチネなら、十分想定できるね。

175 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 22:21:11 ID:HQh+5Yfh
>>173
え、あれ、アラブか?

176 :173:2007/02/09(金) 19:49:48 ID:7bjmjopp
>>175
適当なことを書いてすまない。
演出家が意図したのは東洋でも西洋でもない、架空の絶対君主制国家だろう。


レヴァイン指揮メトロポリタンオペラ「イドメネオ」
80年代のパヴァロッティを堪能できるのでファンなら買って損はしないと思う。
またジャン=ピエール・ポネルによる舞台装置と演出も素晴らしい。
舞台中央に作られた海神ネプチューンの大きな顔の石像が、あるときは神殿の入り口に
あるときは神そのものとなり、物語を支配する神の偉大さを示している。

177 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 20:03:33 ID:2pbrD80Q
パヴァロッティを堪能できるという人が羨ましい。
私はどうも、視覚の見地から、入り口でシャットアウトされます。本当の
オペラ好きなら、歌手の容姿なんてどうでもよいのでしょうが。

178 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 20:55:46 ID:yRLo7YwI
自分もDVDは視覚重視なので、
恐ろしくてほとんど買えません。
見たい作品は山ほどありますが。
美男美女の設定なのに、デブサなんて心臓に悪すぎます。
主役だけでもいいので美しい映像が見たいです。

179 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 21:17:09 ID:DupylhEf
私もかなり映像重視。
これまで眼にした地上最悪な映像は、グレイブスとかいうブスでデブでばかデカイ黒人歌手が
「ホフマン物語」でジュリエッタ役をやったミラノスカラ座の映像かな。
主演ホフマン役のテノールが身長の低い方だったのに、ジュリエッタが愛を囁くシーンで
男にかぶさった。まるで、巨漢が男を押しつぶすように見えた。
で、それ以上見ていることはできなくなった。


180 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 21:48:33 ID:8ip9Sz6N
お前らみたいな馬鹿は昼ドラでも見てろw

181 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 22:47:05 ID:n5pD5I8v
>>176
あれの女声トリオ(イリア,イダマンテ,エレットラ)は完璧ですよね。
エレットラ(ベーレンス)の痙攣引きつけシーンは,いまでも夢(悪夢)にでてきます。

182 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 10:20:17 ID:GViDilvE
>>180
お前みたいな他人の気持を思いやることのできないヤツは、CD聴きに専念して
そのまま孤独で腐っていろ。悪臭で誰も近寄ってこないぞ。

183 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 12:12:12 ID:plm5gOEM
>>179
ノーマンになら圧死or窒息死させられても本望な自分はステキだ

184 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 12:36:08 ID:UhkQIKWR
でも,映像が耐えられないDVDでも音だけにするとすばらしかったりもする。

185 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 14:38:19 ID:EdyA8vvA
視覚的にはかなり耐えうるほうだが、メータのトゥーランドット姫の口だけはだめでちた。

186 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 16:23:43 ID:1iGfp/ZO
179で映像重視と言った者だが、歌も容姿も舞台装置も何もかも完璧を
求めるのは無理があるので、ある程度は妥協している。
そういう意味ではウィーン国立歌劇場のドミンゴ出演の「ローエングリン」
などはエルザ役のシェリル・ストゥーダーがかなり容姿的には気にいらなかった
けど、ドミンゴ同様、歌唱力も演技も抜群なので、お奨めDVDの一つです。
しかし、同じワーグナーの中でもバイロイト国立歌劇場の、サヴァリッシュ指揮、
レーンホフ演出の「ニーベルングの指輪」は、余りにも総てが完璧すぎて
他のどの演出も劣って聞こえる、見えるという感じなのです。
あるいは、ずいぶん昔にジャン=ピエール・ポネルとアーノンクールが組んだ
バロックそのものみたいな一連のモンテヴェルディはLDで見ても素晴らしいのに
DVDは出てないね。ああいうのは、もう流行じゃないのかな。
ベルリン風の現代風の衣裳やら舞台の演出はオペラの素晴らしい香りを消してしまうね。
靴下を脱ぐオルフェウスとか、モダンな部屋で歌手ががらがらとうがいをしたりする
モーツァルトなんて興ざめだ。


187 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 17:13:37 ID:2VoI+L2V
>>186
>ウィーン国立歌劇場のドミンゴ出演の「ローエングリン」
どうしてもヴェイソヴィチが怖すぎる・・・・
あと第3幕の間奏曲で、ウィーンフィルが暴走をはじめて
アバドが必死になって崩壊しないようにしてる姿は見物。

188 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 17:24:18 ID:1iGfp/ZO
>>187
そのヴェイソヴィチが素晴らしいと思ったのだが。正直一番光っていた。


189 :173:2007/02/10(土) 17:48:25 ID:F/Y/llba
>>177
自分も外見重視派なのだが。
イドメネオはクレタの王様だからパヴァロッティでも何の違和感も無かったが
ラ・ボエームではとても貧乏な詩人とは思えず抵抗を感じた。
しかしアリアの出来が良いと音楽に夢中になって外見のことは忘れてしまえる。
ある意味幸せな人種なのだな自分は。
むしろ黙って座ってれば美男美女なのに歌う時の形相が必死過ぎでブサイクだと引く。
「連隊の娘」のパトリツィア・チオーフィ、「セビリアの理髪師」のマリア・バーヨとか。
どちらも声が非常に自分の好みであるだけに受けたダメージも大きかった。


>>186

アーノンクール/モンテヴェルディ(DVD)

http://www.hmv.co.jp/news/article/611150105

190 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 18:19:42 ID:1iGfp/ZO
>>189
おお、ありがとう!ほぼ諦めていたので、検索もしていなかったのに、
あんなにそろっていたとは。「ウリッセの帰還」に至ってはLDもなくBSからビデオに録った
うらうらの映像だけを死守していた。
さっそく注文します。

191 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 23:18:33 ID:CA6rVpMD
>>186
> しかし、同じワーグナーの中でもバイロイト国立歌劇場の、サヴァリッシュ指揮、
> レーンホフ演出の「ニーベルングの指輪」は、余りにも総てが完璧すぎて
> 他のどの演出も劣って聞こえる、見えるという感じなのです。

バイエルンだよね
レーンホフの演出褒めるのにも驚き
あんな酷いの良く耐えられるね


>>190
ポネル演出が好きなら仕方ないけど通常はこっちを買うんじゃないだろうか?

モンテヴェルディ - 歌劇「ウリッセの帰還」(収録: 2002年、チューリヒ歌劇場) カサロヴァ / アーノンクール / シンティッラ管弦楽団 / 他 - HMV
http://www.hmv.co.jp/product/detail/714765

192 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 00:43:14 ID:Ibcc4VOe
演出に関しては荒れる原因になりやすいから、慎重に書き込んだほうがいい。

で、俺的にはヴェイソヴィチよりも、リザネクやコネルの方が怖いかな。
二人とも、陰険なだけでなくデモーニッシュな感じ。
ヴェイソヴィチやマイヤーは、政治的な女って感じ。
どっちが怖いかは人によるのかも。


193 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 00:48:01 ID:uC0/brk1
>>189
>「連隊の娘」のパトリツィア・チオーフィ
って、顔と声がマッチした美人だよね。「連隊の娘」で始めて見たけど、一旦
歌いだすと別人のような形相になった。四苦八苦してたのだろうか。
対してテノールのフローレスは、難しい部分も滑らかにこなして、安心して
あの美声を聞いていられた。フランス・オペラよりはイタリアものに合ってる
ようなドラマチックな声。会場が沸いて、却ってフローレス自身が感動して
涙を一生懸命抑えていたのは、新鮮だった。あれほど涙を抑えた後は、アンコール
ではノドが腫れて声が低くなるのでは、と心配したけどそこはプロだった。

194 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 01:03:32 ID:Ae+d1j/x
チョーフィーやレシュマンはときおり自意識過剰の媚びた演技にみえてならんわ。

195 : :2007/02/11(日) 07:30:30 ID:TjTVNFYJ
演技がうまいことを第一として、その上で歌が極上なのは誰ですか。

エヴァ・メイ ダニエラ・デッシー ディミトラ・テオドッシュウ 辺りが好きなのですが。

DVDではなく、クラシカジャパンのタイスでのエヴァ・メイは良かった。



196 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 11:05:36 ID:G3Zxmvsc
又クラシカネタかw
必死すぎだよこいつらwww

197 :173:2007/02/11(日) 11:48:22 ID:eWxG7sBR
>>193
フローレスはメトロポリタン・ガラでも堂々とした歌いっぷりでよかった。
自分的に今後最も注目すべきテノールである。

>>195
自分もエヴァ・メイが好きなのだが近年美貌に翳りが出始めたように見受けられる。
ヴェルザー=メスト指揮チューリヒ歌劇場「皇帝ティトウスの慈悲」(2005)で
ヴィテッリアを歌ったときは目元のシワとやや二重気味のアゴが気になった。
(ここでもカサロヴァのセストは絶品、カウフマンのティトウスも良かった。
しかしチューリヒは予算が厳しいのかセットがショボくてガッカリ。)
昨年のアーノンクール指揮チューリヒ「にせの花つくり女」では二重アゴは傍目にも
隠しようが無く、さらに両ほほの肉がたるんで輪郭からはみ出そうになってた。
歌声は変わらずリリカルで美しいと思ったのだが。

198 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 12:39:15 ID:uC0/brk1
191の示してくれたリンクを通じて検索してたら、「連隊の娘」って今
マルチバイ・キャンペーン価格で2,984円で買えるんだね。ポチろうかポチるまいか。
他にも2枚めぼしいもの探そう。

199 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 21:25:35 ID:SZS2yUFD
ランメルモールのルチアのDVDを買おうと思うのですがどの盤がおすすめでしょうか

200 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 23:10:11 ID:NXcoPA8x
>>199
おれもしりたい。
最近グルベローバのミュンヘンのがでたけど,あれはどうなの?買った人います?

201 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 01:02:56 ID:5rAiygkm
>>186

> そういう意味ではウィーン国立歌劇場のドミンゴ出演の「ローエングリン」
> などはエルザ役のシェリル・ストゥーダーがかなり容姿的には気にいらなかった
> けど、ドミンゴ同様、歌唱力も演技も抜群なので、お奨めDVDの一つです。

病み上がりのドミンゴが容姿、歌唱ともに水準以下の映像です。
どっちらけの指揮者といい、よくリリースにOKが出たもんだ。
ステューダーとヴェイゾビッチはいいと思うけど、全体としては到底推奨できないね。

202 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 09:27:05 ID:AjQY/f4h
201なら、どれを推奨?

203 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 09:43:30 ID:NDGWtgQ8
>>199,200
オレも知りたい。死んだってサザーランドのは買いたくないし、美人のアナ・モッフォ
のは台本が英語だし。

>>201
あれ、ドミンゴは病み上がりだったの?単に年取っただけかと思った。でも、
イタリア歌唱法とは違った味わいがあったと思うな。オレはシェリル・スチューダー
のデブぶりには引いた。あすこまで肥満すると着る衣装がないのか、
テントみたいなものを羽織ってた。あれで17歳の美少女役でブリッコされた日にゃ....
人前に立つなら、も少し自己管理して欲しい。オペラは視覚も含めて全体の
パッケージとしてのスペクタクルであるべきだ!とオレは思う。

204 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 11:49:59 ID:htYg+hHv
>>201
聞く耳ない奴だなw
風邪で本調子じゃないがあれだけ歌えれば十分だろ。
ドイツ人テノールでドミンゴ以上歌える歌手なんて(少なくとも当時は)ほとんどいない。
しかもライブ収録だからな。
ペーター・ホフマンだって客なしのバイロイト収録のビデオではさすがに上手いがメトのライブではムラがある。

205 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 17:37:55 ID:PgAtjBu7
ルチア、ランザーニのが2700円という格安でアマゾンに出ているがどうなんだろうか。

206 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 17:42:47 ID:WdlpI2Jt
ドミンゴはイタオペの印象が先行しているけど、若いころはドイツで名を売ってきた人だしね。


207 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 17:59:33 ID:lVHfuqyv
>>テントみたいなものを羽織ってた。

warota

208 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 19:03:38 ID:zm/EtkJB
>>204
> >>201
> 聞く耳ない奴だなw
> 風邪で本調子じゃないがあれだけ歌えれば十分だろ。
> ドイツ人テノールでドミンゴ以上歌える歌手なんて(少なくとも当時は)ほとんどいない。
> しかもライブ収録だからな。
> ペーター・ホフマンだって客なしのバイロイト収録のビデオではさすがに上手いがメトのライブではムラがある。


自分が耳も目も悪いことを露呈しているよ。プププ

209 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 20:39:36 ID:X2/mps7G
ローエングリンの映像は、市販されてるものはどれも一長一短だな。

ウィーンのはドミンゴの調子がよくないし、指揮はどうしようもなく間延び。
演出も古いものの焼き直しだし、ドミンゴファンでもなければ俺も一番勧めない映像だ。

メトのは演出はヘボで、ホフマンもムラはあるが、見た目はいいし、オケとリザネクがすばらしい。初心者に最初に勧めるならこちらだね。

バイロイトの古いほうは、なぜか画質がよくない。あと、アームストロングはいまいち好みでない。演出もいま見ると古臭さは否めない。

バイロイトの新しいほうは、演出はなかなかいいが、フライがひ弱なのと、ゴットフリートの扱い方が萎える。

最新のレーンホフは、見栄えもして演出はいいが、ナガノの芯のない指揮とそれに輪をかけたふやけたフォークトが難点。

鯖のミュンヘンライブや、パッパーノのバイロイトの映像が市販されれば、それらがファーストチョイスになるだろうな。

210 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 23:57:30 ID:0p2xDRdc
確かにローエングリーンのDVDは決定盤がないね・・・
でもアバド盤そんなに悪くはないんでは。
アバドの指揮は、耳障りは悪くないし、
少なくともシュナイダーやナガノに比べれば、何らかの表現意欲は感じる。
ドミンゴは良くも悪くも期待通り。
体調万全だったところで、たいした違いはなかったと思うよ。
スチューダーは、声体重共に、シュナイダー盤と比べて減量不足だったとはいえ、
さすがに全盛期の歌だと思う。
一幕で被ってる布切れは、似合う歌手のほうが少数かとw衣装担当を責めるべき。
ヴェイソヴィチは、いい意味で最も堅実な歌を歌っているけど、
やっぱり声量不足が耳に付く。
カラヤン死後、急速に活躍を聞かなくなった理由を、改めて実感したというのが本音。
ヴェルカーについて、誰も褒めないのは一番不思議。
DVDで聴ける中では、ベストなテルラムントだと思うし、
観客の拍手も、上記のスター歌手達と同等以上だった。
うん、いいディスクだと思うよ。演出もまぁ余計なことはしてないしw

211 :名無しの笛の踊り:2007/02/13(火) 08:00:12 ID:BC57+Evx
>>210

あれはヘッツェルがなんとかしようと引っ張ってるだけで、
指揮者は現在の小澤同様空回り状態。
冒頭10分と第2幕の二重唱のあとの間奏シーン見てみ。

212 :名無しの笛の踊り:2007/02/13(火) 09:29:10 ID:46WxAre3
このユーロ高の時期に、注文出してしまった。アグネス・バルツアのカルメン
欲しさに。ホセ・カレーラス共演。(送料高の関係で他にも買ったけど、深夜でうる覚え...)
カルメンというと、ここぞとばかりに黒人系の歌手が出てくるみたいだけど、
彼女のメッツォが一番好きだ。

213 :名無しの笛の踊り:2007/02/13(火) 23:35:59 ID:OqGT/1nJ
>>212
歌声は怖いくらい迫力あって妖艶なのに
話す声はものすごく可愛らしいんだよね。
カレーラス情けなくて良いw

214 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 13:50:17 ID:436sTxjj
HMVサイト、2006年に発売したモーツァルトオペラDVDのリスト
http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?year=2006&category=1&style=706&keyword=mozart&artistcode=000000000018888&adv=1&format=3&target=MUSIC
上に同じく、2007年のリスト
http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?year=2007&category=1&style=706&keyword=mozart&artistcode=000000000018888&adv=1&format=3&target=MUSIC

まあ、初心者ゆえに俺はこの↑のリストより
2006年ザルツブルク音楽祭(M22)の国内盤・日本語字幕
のを選んで買ってるんだけど、

M22の国内の公式ページ
http://www.universal-music.co.jp/classics/release/dvdvideo/dvd_mozart22.html

これでM22とは、どんな作品があるのか把握してみると良い
お金があるなら全部買ってみるのもいいかもねw


215 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 15:04:13 ID:O0P5eIJj
>>ザルツブルク音楽祭がその威信をかけて臨んだ大プロジェクト (上記M22よりコピペ)

いいなあ、外国ってこういうシャレたことするから。旧ソ連が国家プロジェクトとして
一連のオペラ映画を製作したり、フランス・コンピエーニュ劇場がフランス・オペラ復活
のために10年以上に及ぶプロジェクト立ち上げたり、またオペラではないけど、
イギリスのBBCがその威信をかけて古典文学を映画化したり等等。

私は全部買うお金ないし、また演出の好き嫌いもあるから、選り取りみどり
してみます。有難う。

216 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 15:48:31 ID:D6139gOa
× うる覚え

○ うろ覚え

217 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 17:01:49 ID:LzXl2gf+
ヘンツェの「ホーンブルクの公子」、PALでいいから日本でもDVDだせやゴルラァ!(#゜Д゜)
そういや来週は「ウプパ」だ。NHKも放送しろや(#゜Д゜)

218 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 17:45:49 ID:436sTxjj
NHK-BS2ロイヤルクラシックシート
2007年 2月24日 (土)  00:40〜03:59
ザルツブルク音楽祭 2005
ヴェルディ、歌劇「椿姫」
ヴィオレッタ役、ネトレプコ
http://www.nhk.or.jp/bsclassic/crs/crs-2007-02.html
・・・・・・・・・・・・
オペラ初心者なら、ネトレプコの歌声を聴き逃すのは、もったいない!!
ということで、BSが映る環境の方は是非!!
BSが映らない人はネットカフェに行きBSを観るとか方法もww
DVDやCDでなく、BSの放送でネトレプコの歌声をタダで聴けるなんて大チャンス!
放送は正しくは金曜の真夜中です。ビデオ予約なら土曜設定ww
ヴェルディに興味が無くても現在のオペラ界で屈指の美声であるネトレプコ
この歌声を聴かずして、オペラの何を聴くって感じです。
さて、この放送が気にいった方でお金のある方は、
そのDVD国内盤がでてるので、コレクションにどうぞ。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1357425
まあBSの放送を楽しみにしてくださいね。


219 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 18:26:22 ID:O0P5eIJj
>>218
こちらの輸入盤ってのは3千円代でずっと安いのですが、オペラではないのですかね↓。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1368383

男性歌手は、ホセ・クーラとの比較ではどっちが美声?


220 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 18:43:42 ID:O0P5eIJj
>>199、200、203
HMVのサイトを更に探索してたら、これ↓にあたりました:

http://www.hmv.co.jp/product/detail/2507474

ランカトーレなら堅いのでは?

221 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 19:47:55 ID:EEkcDnht
>>219
日本語字幕が無いですよ、安いけど・・・
それにしても、せっかくのネトレプコのヴィオレッタなら普通の演出で見たいがなぁ・・・



222 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 22:37:18 ID:436sTxjj
>>219
輸入盤ってのは、大半は日本語字幕無しです。
とりあえずBSで23日深夜のネトレプコの椿姫を観てみるといいでしょう。
>>222
ネトレプコの出るオペラなら、どれも普通の演出で観たいですよね。
変に現代風にアレンジした演出ってのは、ビギナーには、つらいですね。

223 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 23:56:38 ID:O0P5eIJj
>>221, 222
有難うございます。(実は、フランス語字幕があればOKなのです)

>変に現代風にアレンジした演出ってのは、ビギナーには、つらいですね。

私も全く同感。特に、大好きなオッフェンバックものは最近のはとんでもない
現代風アレンジで、「エレーヌ」が洗面台でうがいをしたり、「ジェロルスタイン」
では、"陛下、ファックスが入っています"のようなセリフがあったり。

224 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 15:14:13 ID:XEjGAk5F
ノートゥングがライトセイバーになってて、宇宙が舞台のワーグナー指輪なんてw

225 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 16:00:51 ID:N9duOiPd
ヴォータソが全身黒ずくめで「シュコーッ」とか言っちゃってる感じかな?www

226 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 18:31:47 ID:dRWiI9ie
>>223
> 私も全く同感。特に、大好きなオッフェンバックものは最近のはとんでもない
> 現代風アレンジで、「エレーヌ」が洗面台でうがいをしたり、「ジェロルスタイン」
> では、"陛下、ファックスが入っています"のようなセリフがあったり。

無知な奴だな。
オッフェンバックに限らずオペレッタは元々そういうモノなのだ。
上品な舞台芸術ではなく今の感覚でいえば歌つきのお笑いショー。
「オルフェ」や「エレーヌ」みたいに台本からしてパロディだ。
新しい風俗を取り入れ社会風刺や有名人への当てこすりを入れて馬鹿受けしててた。
むかしのまんま上演したって通じないギャグもいっぱいある。
音楽以外は、台本も含めてむしろ積極的に変えるべきなのだ。
オッフェンバックの音楽は極上だがオペレッタはあくまでオペレッタ。
オペラ作品の様に上演するのを期待する事自体的はずれ。

227 :名無しの笛の踊り:2007/02/20(火) 13:00:28 ID:Hc0bA0gE
オペラだって別に「上品な舞台芸術」でも何でもないよ。
根は大衆通俗劇。
ホースオペラ(西部劇)、ソープオペラ(昼メロ)、スペースオペラ(宇宙活劇)なんて言葉はそこから生まれた。
また、オペレッタにも保守的な演出の流れはある。
オッフェンバックでいえばドイツの地方劇場が一貫してそうで、最近のフランスの傾向はむしろ突然変異。


228 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 13:02:26 ID:+sTRd5Rf
オペレッタ楽しいですよねぇ。
ロッシーニのコミックオペラが出てますが、
これはどうですか?

229 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 13:06:09 ID:+sTRd5Rf
すいません、説明不足でした。
下記です。
http://www.hmv.co.jp/news/article/603240038

230 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 16:03:00 ID:5zCq95y9
>>227
あほ。
外国じゃオペラ(の初日は特に)フォーマルがデフォだ。
デカい劇場だと政財界の貴賓が詰め掛ける。
歴史的にも歌劇場は社交場だった。
日本の感覚で考えるな。

231 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 16:13:37 ID:9SFwvZyC
このスレには、人を頭ごなしにあほや無知と決め付ける住人がいるね。
ものには言い様がある。そんなアプローチを通していたら、仮に
君に将来友人や同僚・部下ができたとき、コミュニケーションが成り立たないよ。
まともな相手なら最初の2・3回はスルーするだろうが、結局は去るね。
スレ違いコメントではあるが、スレは他の住人も気持ちよく参加・共有する権利があるからね。

232 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 17:34:12 ID:Wd8ilFNr
>>231に禿同。

人の書いたことをそのままコピーして、全部けなす住人がいる。一番最近は
>>226に出現。
特に、オペラのバロック的古典的演出を褒めたり、現代の演出に疑問を発すると、
たちどころに否定される。反論するにもアホらしく、書き込むのもやめていた。
要するに、好みの問題なのに、頭ごしに否定されてもね。

233 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 18:18:01 ID:cy6H1hPk
しかーし、ここは比較的上品で羨ましいぞ。
一応説明してるじゃん。
自分はいつもはバレエ版に住んでるが、
不似合いに醜い文章書いてくる椰子は普通にいるし。

234 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 20:06:45 ID:jQBfTZXu
「お奨め」 じゃないけど「DVD国内盤で出して欲しい映像」

・モーツァルト「フィガロの結婚」アバド&ウィーン国立歌劇場(1991年、ウィーン)
・ヴェルディ「アイーダ」マゼール&スカラ座
・ヴェルディ「椿姫」ムーティ&スカラ座
・オッフェンパック「ホフマン物語」ムーティ&スカラ座
・チャイコフスキー「スペードの女王」(1992年、グラインドボーン音楽祭、ヴィック演出)
・プッチーニ「ボエーム」シドニーオペラ、ルーマン演出
・サン=サーンス「サムソンとダリラ」サンフランシスコオペラ
・ワーグナー「タンホイザー」ゲッツ・フリードリヒ演出


235 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 20:20:13 ID:9SFwvZyC
>>234
ドレスデンの「タンホイザー」、今年来るね。

http://www.japanarts.co.jp/html/dresden2007/abstracts.htm#nittei


236 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 20:25:05 ID:LqW4ohcg
>>234
ボエームの演出は、ルーマンじゃなくってバズ・ラーマンだよね。
オーストラリア出身で「ムーランルージュ」を撮った映画監督。
この人の映画はあんまり好きじゃないけど、ボエームの演出は良かったな。

237 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 21:47:24 ID:jQBfTZXu
>>235
コンヴィチュニーか・・・バイロイトのフリードリヒ演出を出して欲しいなぁ・・

>>236
「映画はちょっと」って人も多いですね。
この映像で、はじめてボエームに感情移入できたかな・・・BS中継したやつ。

238 :名無しの笛の踊り:2007/02/23(金) 21:18:38 ID:wSHowDJy
アグネス・バルツアの「カルメン」が届いて、ここ3日間毎日鑑賞してきたけど、
やっぱ、いい!さすがに顔は少しフケているが、声は衰えず、また演技・演出
も抜群。粗野で奔放で。普通、ホセが濡れ雑巾のようにへばり付く最後の場面で
カルメンは指輪を外すのにもう一方の手を使って外し、その指輪を地面に
叩きつけるけど、バルツアは歯で挟んで外し、それをペッと吐き出すようにして
地面に放り出す。西洋文化では、ツバ吐きは相手に対する最大の侮辱表現の
一つだから、そのイメージも重なって、ホセの逆上も納得。

また、エスカミーヨの登場シーンが凄くいい!派手やねー、の一言に尽きる。
自分がオペラ歌手だったら、是非エスカミーヨをやりたい。皆さんは誰の役かな?

全体的に衣装など色の統一がされていて、まるでセピア色っぽい時代物カラー映画を
見ているような印象。ジェームズ・レヴィンはあのキモイ外見でナルシストなのか、
最大限自分を写させているが、素晴しい序曲の演奏は終始目を伏せることによって
楽しめた。

94 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)