2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ギター(楽器)にまつわる恋愛話 その2

1 :ドレミファ名無シド:2007/02/06(火) 16:58:33 ID:ugqX66SL
落ちちゃったみたいなので立ててみた。

男も女も、ギター(楽器)があったからこそ生まれた、
グッとくる恋愛話を聞かせてくれ…。

前スレ的なもの
ギター(楽器)にまつわる恋愛話
http://music6.2ch.net/test/read.cgi/compose/1147878166/

2 :ドレミファ名無シド:2007/02/06(火) 16:59:29 ID:rPlaK+YH
              /;;;;;;;;7`'ー.、_:::::::::::::::/;;;;;; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'}
              !;;;;;;;;/    `'ー-.、」_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
              ノ;;;;;;;;;!   <ニニ)    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i;;;;;;;;;;;;;;〈
             _i;;;;;;;,r'           (ニニニ〉::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;i
            /rl;;;;;;r'     ..,,       ..: ::: :::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;l 
            l.l l;;;;;!   ,,-==‐..,    ..:::::::_,,:::::::::::::ヾ、;;;;;;;;;;;;;;l
            'l.li;;;;!   ,-─--、   . : :::.,,-―-、::::::::::::i;;;;;;;;;;;;;l  
             l.`;;i   `ー=‐‐-',  : :: :,_--―-、`:::::::::::'i;;;;;;;;;ス
             .l l;l    `'ー=-'´   : :::::;;`===ー':::::::::::::!;;;;;;/;;;}
               ! i;!          .: ::: :::`'==='"´::::::::::/;;;;;/;;/
             `i;!          :: :::::::::::::':::::::::::::::::::/;;;;;/;;/
              !      (,、 ..::::::ヽ、:::::::::::::::::::::::::i;;;;;/;;/
               'l    ,/´   ヽ-r'~`' 'l,::::::::::::::::::::::l;;;;i_,ノ
               l   ,/     l :::::::::::::i、::::::::::::::::::l;;;l´
               ヽ   ,-―-,、_,__     〉::::::::::::://           ┼ヽ  -|r‐、. レ |
               ∧    `'ー===-`ー―::::::::::::::::::/            d⌒) ./| _ノ  __ノ
              /( ヾ、   || ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,、            ───────
            _/ ! l ヽ  u ..:: :::: :::::::::::::::::/::i .l:::\          制作・著作 NHK

3 :ドレミファ名無シド:2007/02/06(火) 17:01:17 ID:iUNDNaw0
     γ´`ヽ
     _ゝ -''` ー- _
   /          \
  /             ヽ    、′     、 ’、  ′     ’      ;  、
  ,':..              ',       . ’      ’、   ′ ’   . ・ 
  !:::::.  , -────── 、 |     、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘ .・” 
  |:::::::. |  `ィェァ    `ィェァ| |         ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、 
  |::::::::.. `───────' |    ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;
  .|:::::::::::..            |  ’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;  ’、′・
  |::::::::::::::..           l   、 ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人      ヽ
   l:::::::::::::::::....        /        、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ
   |:::::..ヽ:::::::::::....      /         ( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ    ,[]
   |:::::::....` 、:::::::::..  /  ′‘: ;゜+° ′、:::::. ::: >>1 ´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ    ヽ/´
   }::::::::::::::::...`ヽ_人,ノ{          `:::、 ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ  
  ̄:::::::::::::::.:::::::::::::::::::..  ̄ ー- _
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....       \


4 :蛍の光:2007/02/06(火) 19:43:23 ID:bEL+hOmL
==========終了==========

5 :ドレミファ名無シド:2007/02/07(水) 00:36:21 ID:sNWbTalL
うーむ
前回のスレは800以上逝ったがそんなすぐ人は集まってこないか・・

6 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 00:49:48 ID:HOnKnaNs
ついに未来のベーシストとなるべく、僕はベースを始めた
まだ肌寒い、うっすら雪の残る3月のことだった
高校1年だった僕はアルバイトで貯めたお金で通販で購入し、届いたその日からひたすら練習した
GLAYやラルクのベーシストに憧れて始めたのだが、ベースマガジンを読み始めてから洋楽なんかも聴くようになったんだ
フリーとか、ジャコとかね

でも、楽器を始めたホントの理由はクラスの人気者になりたかったからだ
去年の文化祭でステージで演奏していたヤツらがうらやましくてたまらなかった
ホント、最初はそんな単純な理由だった
だけど普段とても地味だった僕が楽器を手にしたところで誰も関心を示さなかった

7 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 01:00:54 ID:HOnKnaNs
だけどそんな僕にも大きな人生の転機が訪れた
「なあ、ベースのヤツが抜けちゃってさ、お前ベースやってんだろ?助っ人として入ってくれよ」
それは願ってもいない機会だった
その日から僕はついにバンドデビューを果たした
やっぱり、楽器は1人よりみんなであわせた方が全然楽しい
それまで友達が少なかった僕もバンドメンバーと連むようになってからはだいぶ明るい性格になったと思う
夏休みは文化祭に向けてひたすらバンド練に明け暮れた
やる曲はB'zとか、ゴイステとかだったけど、正直簡単だった
だけど楽しかった

そして文化祭本番、僕らは大成功をおさめた


8 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 01:10:22 ID:HOnKnaNs
でもその後すぐに解散してしまったんだ

いまでも思うけど、どうしてバンドで驚くほど上手くいかなくなるんだろう
あんなに仲良かったのに、いつの間にか口も聞かなくなってしまった
そして僕はまた1人で練習をするようになった
ジャズにも手を出し始めて、いまじゃあポールチェンバースこそ自分の最もリスペクトするベーシストとなった


そんなある日、文化祭が終わって二週間くらい立ってからのことだった
僕はまたしても人生の転機を迎えることとなった


つづく

9 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 02:10:00 ID:/0WGjQN9
本当にあった話
バリバリの進学校で男子校だった俺はとにかくモテたくて一年の時ギターを始めた
ヘヴィメタル(特にスラッシュやデス/ブラックなどエグいの)が大好きでそういうのばかりコピーしてた
音楽に興味のある友達が周りにいなく、ましてやメタル好きも皆無だったので毎日一人で弾きまくってた
だがそんな俺にも三年になってようやく彼女ができた。ゆずが大好きな彼女はビジュアル系やメロコアみたいなウルサイのは大嫌いと言っていたので
メタル狂であることが知られたくなく、カラオケに備えて、姉からJPOP系のCDを借り歌詞を健気に覚えまくったっけ
そして夏休みだ。とにかくSEXがしたくてしたくて我慢しきれなくなって彼女を家に誘った。
階段上がる時、少し距離を置いて下からスカートの中を覗き、半分ボッキしながら鼻息荒くして部屋に入った
「いっぱいCDあるね、TSUTAYAみたい!洋楽好きなの?」 俺「うん。UKロックとかジャズとかも聴くよ」

窓の脇の壁には、一生懸命金ためてヤフオクで買った青いB.C.RICHのモッキンがかかっている
彼女はそれをみてこう言った  「わぁ〜カワイイギターだね!!なんか聞かせて☆」
(あ・・、これはマズイ)この時俺は自分の守ってきた秘密が性欲に負けたことを悟ったのである
この展開は盲点だった。 しかし俺は開き直り、自分が今まで弾いてきた曲を演奏することを決める
Xが良いか、いや、この際思い入れの深い、一番完璧に弾けるMASTER OF PUPPETSのあの曲だ! 
もしかしたら俺の流れるようなソロに感動するかもしれない。よしカッコつけてやろう!
俺はアンプの音量を上げ、ランページに電源をいれ、超ドンシャリサウンドでDISPOSSABLE HEROESを演奏した。

ソロが終わったトコまで弾いてたから4分半くらいかな。その後は会話が成り立たなかった
当然SEXもできなかった。彼女が我が家へ来たのはそれが最初で最後。あの時、なぜ下手でもいいからENDLESS RAIN弾かなかったのか
後悔した様な、そんでも音楽の趣味を隠し続けた俺が悪かったような、微妙な気持ち
今年で20。某国立大の夜間部に通い、経済学を学ぶ俺はいまだ童貞だ

10 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 02:15:05 ID:/0WGjQN9
だけど青春って良いよな。あのときのギターは非常に良いギターだったので今でも使いまくってる。
ランページは新しいのと買い換えちゃったけど、修理してとって置いている。捨てられないんだよな
だって人生で初めて女の子を部屋に連れて来たあのとき、一緒にその場を分かち合った連中だからだ。

11 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 02:34:08 ID:AkeH3gtE
>>9
すまん
男子校の中でモテたかったのかと思って
一行目で盛大に吹いた。

12 :蛍の光:2007/02/08(木) 06:52:36 ID:yukkO7g4
==========終了==========

13 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 08:42:57 ID:TaPHpS08
>>11
最高に吹いた

14 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 10:15:47 ID:yUjoJvja
おっ、また立ったんだ!

みんなの熱い話、聴かせてくれ‥

15 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 10:31:09 ID:EISikJSO
最後の高校の文化祭で共演したガールズバンドとバンド交際。

16 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 12:43:54 ID:rtBzVMz4
>>14 自作自演のくせにぃwww

17 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 17:58:25 ID:HOnKnaNs
「ねぇ、××くんベース弾けるんだよね?良かったら教えてくれない?」
それはまさしく僕が夢にまでみていた展開…そう、ついに女の子に教えてくれといわれたのだ
しかも可愛い…
ギターならよくあることだが、普通ベースを女の子がやりたいから教えてくれというだろうか
信じられなかったけど、もちろん僕はOKした
「…じゃあ、来週の水曜の放課後音楽室でいいかしら?」

僕は水曜日が待ち遠しくてたまらなかった


18 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 18:11:19 ID:HOnKnaNs
ベースの練習にいつも以上に念入りにやった
そして複数の教本を本屋で立ち読みしてどうやって教えるか、100回は脳内シュミレーションをしたのだ
そしてついに当日がやってきた
学校に楽器を持っていくのは文化祭以来だが、なんだか周りの目をやたら気にしてしまってしょうがなかった


そして運命の放課後、僕は音楽室にガチガチに緊張しながら入っていった
彼女はもうすでにきていて椅子に座って練習していた

19 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 20:25:09 ID:LCrzcVuL
>>18
つづきは?

20 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 21:35:00 ID:8/Iez7xu
>>18
続きにwktk

21 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 23:26:30 ID:HOnKnaNs
「やぁ」と僕はぎこちない挨拶をしてベースを取り出す

…しかしどうやって会話を繋げようか…さすがにそこまでは考えてみなかった

「ねぇ、××君ってジャズとか好きなの?」
突然彼女から聞かれた質問、少し驚きがありながらも僕はよく聴くと答えた

そこからの僕らはまるでやたらテンションの高い友達としゃべっているように会話は止まることはなかった

彼女はビル エヴァンスが好きらしい
そこで少しはピアノが弾けるのでビルを弾こうとしたが、ジャズピアノの難しさに挫折したんだという

22 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 23:36:44 ID:HOnKnaNs
そんなときにマーカス ミラーを聴いてベースも悪くないと思い、始めることにしたらしい
僕に教えてくれと頼んだのはバンド練習のときにとても渋い、ジャズっぽいフレーズを弾いていたのでジャズに詳しいのかと思い、話が合いそうだと思ってお願いしたとのことだ
そう言われたときはちょっと照れくさかったけど、うちの学校は最近じゃあEXILEだの、ORANGE RANGEだとかを聴いてる人しかいないのでジャズを聴いてる人がいたのは単純に嬉しかった
意気投合した僕らはベースを触っている時間よりもしゃべってる時間の方が長かった



23 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 23:44:56 ID:1sqcPkNo
早く続きを投下しる!!!!!!!!!


24 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 23:47:38 ID:wBbwf9aF
はやく〜(><)

25 :ドレミファ名無シド:2007/02/08(木) 23:51:12 ID:HOnKnaNs
結局暗くなるまでしゃべって2人で学校を帰った
来週もお願いしたいといわれた時は小さくガッツポーズしてた

そんなこんなで僕はほぼ毎週ベースを教えるようになった
もちろん、話してばっかりだったが、ほとんど弾けなかった彼女は簡単なスラップができるまでになった
僕より上達が早かったので正直、自分より上手くなりそうで焦った
おまけに音楽理論にやたら詳しい
ピアノをやっていたからとはいうものの、ソルフェージュまで知っていたのは驚きだ
当然僕だって知らなかったのに…
しかし、話を聞いているとどうやら彼女は本格的にジャズをやりたいらしい

26 :ドレミファ名無シド:2007/02/09(金) 00:02:14 ID:HOnKnaNs
そのため、毎日のように楽典を読んで勉強しているとのことだ
そしてなんだかいつの間にか僕が教わることの方が多くなった気がする…
そうなると僕はもう用無しになってしまうじゃないか
もし、彼女から来週はもういい、今までありがとうといわれたらどうしよう とそんなことばかり考えていた
そう、僕は彼女のことが好きになっていた
もう12月…人肌さみしい時期…クリスマスは彼女はどうするんだろう…彼氏はいないって言ってたけど…あと数回で冬休みに入ってしまう
そうなったらもう、彼女とは何もなく終わってしまうような、そんな気がした

27 :ドレミファ名無シド:2007/02/09(金) 00:09:01 ID:vfLdKtU8
だけど、僕は何にも行動をおこさないまま、結局冬休み前の最後の水曜日が来てしまった
皮肉なことに、次の水曜日はクリスマスじゃないか…
どうしよう…おもいきって告白しようか…でも傷つくのは怖い…このまま何も言わなければ3学期も一緒に練習してくれるかもしれない
だけど…だけど…










「ねぇ、来週も…いいかな…」

28 :ドレミファ名無シド:2007/02/09(金) 00:15:12 ID:NCiVOM8U
wktkkkkk

29 :ドレミファ名無シド:2007/02/09(金) 00:15:31 ID:vfLdKtU8
それは突然の、彼女からの言葉だった

「…あ、無理言ってゴメンね…そういえば来週の水曜日ってクリスマスじゃん!!××君、用事あるよね…」

「僕はいつでも暇だよ」
僕は少し震えた声でそう答えた




女の子が、クリスマスを忘れるはずない…
これはつまり彼女も僕のことが…





来週こそ、気持ちを伝えよう

30 :ドレミファ名無シド:2007/02/09(金) 00:17:54 ID:vfLdKtU8
…で、悪いんだけどまた明日にするね
携帯なので遅いのは勘弁…

31 :ドレミファ名無シド:2007/02/09(金) 00:26:58 ID:NCiVOM8U
     γ´`ヽ
     _ゝ -''` ー- _
   /          \
  /             ヽ    、′     、 ’、  ′     ’      ;  、
  ,':..              ',       . ’      ’、   ′ ’   . ・ 
  !:::::.  , -────── 、 |     、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘ .・” 
  |:::::::. |  `ィェァ    `ィェァ| |         ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、 
  |::::::::.. `───────' |    ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;
  .|:::::::::::..            |  ’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;  ’、′・
  |::::::::::::::..           l   、 ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人      ヽ
   l:::::::::::::::::....        /        、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ
   |:::::..ヽ:::::::::::....      /         ( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ    ,[]
   |:::::::....` 、:::::::::..  /  ′‘: ;゜+° ′、:::::. ::: >>30 ´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ    ヽ/´
   }::::::::::::::::...`ヽ_人,ノ{          `:::、 ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ  
  ̄:::::::::::::::.:::::::::::::::::::..  ̄ ー- _
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....       \


32 :ドレミファ名無シド:2007/02/09(金) 00:43:20 ID:TPpfFW4b
ジャズやるような女子高生?なんてそうそういるか?
いや、本当だろうとなかろうと面白ければそれでいいんだがね。

33 :ドレミファ名無シド:2007/02/09(金) 00:45:17 ID:zwzWJJFX
>>30
なんか久しぶりにwktkさせる展開だな。
最後までよろしく頼むぜ。

34 :ドレミファ名無シド:2007/02/09(金) 22:15:21 ID:XSJAhYeu
wktkしながら一日待ってるがまだか?
早く続き読みたいぜ〜。

35 :ドレミファ名無シド:2007/02/09(金) 23:21:10 ID:vfLdKtU8
ついにクリスマス当日がやってきた
僕は一足早く学校へ行く
冬休みに入った学校にはほとんど人影がなかった
さすがに部活もやっているとこは少なく、何だかこの建物には僕1人しかいないように思えた
だいたい彼女が来るかどうかもわからない
もしかしたら、突然来れないとか言われるかもしれない

…そんな不安もあったが彼女は来てくれた
いつものように、まるで今日も普段と変わらぬ学校生活があったかのように…


36 :ドレミファ名無シド:2007/02/09(金) 23:25:14 ID:vfLdKtU8
音楽室に現れた彼女は何だかいつもより綺麗に見えた
先生に会うわけじゃないから、少し化粧品したんだとはにかみながら彼女は言った

それからしばらく2人でベースの練習を始めた
もはや僕の教えることは何もなかったが、正確なリズムで弾けているかどうかをお互いにチェックし合ったりした
一通り練習すると普段ならまた雑談を始める
だけどこの日ばかりはなかなかしゃべることがなかった
お互いに無言のままの状態が続く…

今言わなければ…

37 :ドレミファ名無シド:2007/02/09(金) 23:26:52 ID:vfLdKtU8
「あのさ……」























僕らしかいない音楽室は2人だけの空間だ
当たり前だけど、でもこの日ばかりは周りの景色が少し違って見えた

38 :ドレミファ名無シド:2007/02/09(金) 23:36:59 ID:vfLdKtU8
その後、僕らは手をつなぎながら、寄り道をしながら帰った

そう、今日は僕らにとって記念すべき日となったんだ

嬉しいかった
すごく嬉しかった
彼女が泣きながら僕の言ったことに頷いてくれたんだから

これからはいつまでも一緒だって、いつまでも2人でベースを弾いていようって、約束をしたんだ

いつまでも…
いつまでも…

39 :ドレミファ名無シド:2007/02/09(金) 23:55:02 ID:vfLdKtU8
あれから数ヶ月、僕は人生の絶頂期にあった
学校は一緒に帰って、休みの日はデートして、だけど毎週水曜日は相変わらずベースを音楽室で弾いた
これは彼女が「いつまでもあの時の気持ちを忘れないようにするために音楽室で練習を続けよう」と言ったからだ
このころにはエレキベースだけでは満足しなくなった彼女はこっそり音楽準備室からウッドベースを弾くようになった

そういえばコントラバスとウッドベースの違いってただ大きさが違うだけなのだろうか?
ウッドベースじゃなくてコントラバスじゃないか疑問に思ったんだが…

40 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 00:06:54 ID:vfLdKtU8
4月になった

僕らは高校3年生だ
そう、今年からはもう受験生になる
周りの奴らは予備校だとかに通ったり、毎日授業中寝ていたやつが突然勉強に目覚めたり…
遅刻早退を繰り返したり粋がって先生にかくれてタバコをすったりするヤツらが最近じゃあ本当の馬鹿に思える

それだけ周りの環境は変わってきた

僕もまた例外ではない
地元の私立大学に入るため、勉強を本格的に始めるようになった



41 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 00:21:59 ID:EnMYCohY
そして彼女もまた僕と同じ大学に行きたいと行っている
今の成績なら指定校推薦でいけると先生も言ってたらしい
そんなわけで余裕綽々のようだ
しかしそれでも彼女は毎日一生懸命に勉強をしていた
最初はただ彼女の性格が真面目だから勉強しているんだと思った

でも、僕は気づき始めた

それが確信に変わったのは5月…6月…7月…そして夏休みに入ってからのことだった



42 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 00:25:17 ID:EnMYCohY
…で、悪いけど明日またに書くんだぜ

相変わらずの突っ込みどころ満載の駄文すまんな
明日は昼間から書くぜ

43 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 00:26:52 ID:ZEcoMOtt
楽しみにしてる!!
 オヤスミ

44 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 00:27:39 ID:xAME7YPe
はあはあしてきました。
たのしみにしてるぜ

45 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 02:35:41 ID:ZQHxTEAI
きになるとめかたすんなばかあああああああ

46 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 03:09:35 ID:T+M5jh8d
なかなか面白い文章かくじゃないか

47 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 04:28:03 ID:TfuijCQA
ビルエヴァンスをビルなんて言うやつはいねぇ。
でもドキドキする。

48 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 11:10:59 ID:EnMYCohY
このころになるとお互いの家に遊びにいくようになった
そして彼女の家に何度か遊びにいくうちにある有名音楽大学のパンフレットが目につくようになった
彼女にわざと何のパンフレットか聞くと「なんでもない」と言って机の引き出しにしまいこんでしまう
そしてもう一つ気になったのはパンフレットと一緒においてあった、何も記入されてない進路希望調査のプリントだった

ホントは夏休み前に提出しなければいけないはずなのに… 真面目な彼女に限って忘れることなんてないはず
っていうよりも今の時期にこのプリントを提出しないなんて、まず普通に有り得ない

僕には一緒の大学へ行こうと言ってたけど、やっぱり彼女にも目指す大学はあったのだ…

直接本人に聞いた方が早いけど、ひょっとしたらそれが彼女を苦しめるかもしれない

考えたあげく、彼女の友人に何となく探りをいれてみることにした



49 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 11:12:00 ID:EnMYCohY
たまたま僕と同じクラスの子だったのでメールアドレスは知っていた

それにこれまでも彼女のことについていろいろと相談に乗ってもらってたし…



メールはすぐに返ってきた
どうやら進路については相当悩んでいたらしい
僕と同じ大学か、例の有名音楽大学のジャズ科に行くか…
そんなの、自分の好きな大学へ行けばいいのにって思ったけど、音大は東京にある
ここから毎日通うには東京は遠すぎた
だからもし入るのなら上京して一人暮らしをしなくてはならないのだ

そうなると僕になかなか会えなくなってしまう
それで悩んでいたのだ

50 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 11:13:25 ID:EnMYCohY

だけど、いくらなんでも彼氏彼女の事情で自分の夢を諦めてほしくなかった

まだ僕らが付き合う前に彼女が自分で言ってたじゃないか…
将来は本格的にジャズをやりたいって…つまり、プロのジャズミュージシャンになるんだと


もう夏休みが終わるころに進路にどうしようか迷うわけにはいかない

まして、僕の行きたい大学と音大ではあまりに違いすぎる
というより、あの倍率の高い学校に今から目指すのは遅すぎるかもしれない
でもそれが彼女の夢なら止めるつもりはない
それでも諦めるというなら…

51 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 11:35:55 ID:xAME7YPe
わくてか

52 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 12:24:41 ID:kBCSLdoU
いいねー

53 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 12:45:21 ID:ZQHxTEAI
僕は彼女に思い切って言った。
「音大に行きなよ」

彼女はびっくりしてこちらを向いたがみるみる目に涙を浮かべて


「一緒にいたいと思わないの?」

と言った。

僕は返事を躊躇していたら、

「もういい!!」

と言って走り去ってしまった。


それ以来彼女には会っていない‥




思い返せばセックスはしたけど、あれだけやりたかった
亀甲縛りや放置プレイはできなかった。涙が止まらなかった。

とりあえず今は、当時二股かけていたもう一人の彼女とスカトロまで行ったから悔いはないけど。

反省は、していない

54 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 12:53:04 ID:FRvC6vFi
台無しだょ!とりあえず乙

55 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 12:55:40 ID:xAME7YPe
にせだろ

56 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 13:14:11 ID:SVJxBgnW
偽者…だよね?

57 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 13:15:44 ID:EnMYCohY
8月に入った

僕らはこの日、花火大会に出かけた

でも僕は花火を別に見に来たわけではない
彼女から本心を聞き出したかったのだ

しかし何となく、進路の話しをしようとすると彼女は上手くかわすのだ
…結局聞き出せず、帰り道になってしまった

「ねぇ、大学どうするの?」
僕はこの日4回目にしてとうとう直球に質問をした
そうでもしなければ無理だと思ったからだ

58 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 13:23:47 ID:JPp0Zs95
いいねいいね

59 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 13:29:10 ID:EnMYCohY
「…だから、私はアナタと同じだって言ったでしょ?心配しなくて平気よ」
さすがに少しイライラしたような口調だった

「…でも、本当にそれでいいのかな…もし僕が違う大学に行くって言っても、君は迷わず地元の大学に行くのかな?」

彼女は無言だった
「行きたいんでしょ?…音大に…」
彼女はやっぱり気づかれていたかという顔をしてため息をついた
「でも入るのは簡単じゃないし、楽器や音楽理論も今のままじゃ実技試験で確実に落とされるわ」

「だからこれからでも勉強すればいいじゃないか」
僕は強くそう言った
だって、絶対に彼女の夢を壊したくなかった
彼女の音楽に対する想いはだれよりも僕が一番知っていたんだから…

60 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 14:20:04 ID:xAME7YPe
・・・って長いわ!

61 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 16:23:40 ID:ehZE7J0D
高校二年の時文化祭ライブが終わった直後に男に告白された

62 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 17:24:21 ID:EnMYCohY
僕はもし音大に行くとなるとしばらく会えなくなることも知っているということも彼女に伝えた
それでも彼女が縦に首をふろうとはしない

長い沈黙が流れた

そりゃあ音大に行くかどうかを悩んでいるのは僕のことだけじゃないと思う
親元を離れて暮らすわけだし、お金もかかるし、難しい問題はいろいろあると思う…
でも僕のことで一番の障害になるのなら、僕は身を引くつもりだ
遠距離恋愛だって構わないと思ってる

63 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 18:07:26 ID:uEVjYful
wktk

64 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 18:15:52 ID:NjvmaKBo
おれはひきこもりだった、毎日さみしかった、だからエレキをかあさんが買ってくれた、

65 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 18:17:16 ID:NjvmaKBo
まいにちグレイを弾いた、弾けてたわけじゃないけど、曲にあわして弾いてた、そのうちコードが弾けるようになった

66 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 18:18:29 ID:NjvmaKBo
まいにち肩にギターをかけ、ネットとギターをやっていた、そのうち、パワーコードやいろいろできるようになった

67 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 18:19:31 ID:NjvmaKBo
だれかに聞いてほしかったから、録音して2ちゃんねるにのしてみた、喜んでくれたり、アドバイスしてくれたり、

68 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 18:20:45 ID:NjvmaKBo
友達ができた気分だった、ごはんも食べたらすぐギターを引きたくなった、それからバンドっていうのをしたくなった

69 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 18:22:05 ID:NjvmaKBo
一人で電車にのった、ライブハウスってとこに始めていった、入り口に女子高生がたむろっていた、真っ暗でこけたりしてはずかしかった

70 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 18:22:55 ID:NjvmaKBo
いつか俺もあそこに立ちたいと思った、掲示板にメンバー募集で書いてみた。

71 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 18:27:33 ID:NjvmaKBo
よくわからないハンドルネームの人が返信してきた。カラオケにいった、女子高生だった、俺は始めて女子高生と二人きりになった、受付にうたがわれた

72 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 18:29:24 ID:NjvmaKBo
俺は彼女に歌わした、俺は女のこと接するか、バンドのボーカルとして接するのか悩んだ、やっぱり彼女はボーカルとして接することにした

73 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 18:30:23 ID:NjvmaKBo
どんな歌が好きとか歌いかたと意見を聞いた、帰りぎはまた今度といって分かれた

74 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 18:33:05 ID:NjvmaKBo
二回目のとき付き合ってといいたかったけどいえなかった。バンドの練習のあとごはんに誘ってみた、断られた。
じぶんはヒキだと自覚した。
それからメールも応答なく終った。


75 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 18:40:06 ID:nGVoYe3l
いいタイミングで一番ツボにはまった。GJ!!>>61

76 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 19:51:29 ID:GDJpyJlO
邪魔が入ったな。
>>62
続き!!!!

77 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 20:31:42 ID:xAME7YPe
>>74
わかりやすかった乙

てか人がせっかく書いてくれたのに邪魔ってなんだよ。
お前最悪だな

78 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 21:24:25 ID:EnMYCohY
この日はここで会話は止まってしまった

僕は悩んだ
彼女が今まさに悩んでいるように、僕も必死で考えて、考えて、そして僕なりの答えを彼女に伝えることにした

次の日、僕は音楽室でまた練習しようと言った


79 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 21:25:06 ID:EnMYCohY
この日はここで会話は止まってしまった夏休み中の学校は冬休みのときより周りはにぎやかだった
部活、補修など結構たくさんの人が来ていた
そして僕らは音楽室で相変わらずいつものように練習を始める

一通り練習したあと、またいつもの雑談を始める

だけどこの日は違っていた
あのクリスマスのときの2人みたいな沈黙が続く
でもあの頃とはまた少し違った
そう思ってたのは僕だけかもしれないけど

80 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 21:26:43 ID:EnMYCohY
夏休み中の学校は冬休みのときより周りはにぎやかだった
部活、補修など結構たくさんの人が来ていた
そして僕らは音楽室で相変わらずいつものように練習を始める

一通り練習したあと、またいつもの雑談を始める

だけどこの日は違っていた
あのクリスマスのときの2人みたいな沈黙が続く
でもあの頃とはまた少し違った
そう思ってたのは僕だけかもしれないけど

81 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 21:28:40 ID:EnMYCohY
>>79
ミスった

82 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 21:30:10 ID:NjvmaKBo
カラオケにいった帰りに食事にさそった

断られた

83 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 21:31:30 ID:EnMYCohY
「…あのさあ、」




この時の自分が一瞬クリスマスと重なった

でも、違うんだ






「…僕達、別れよう」














84 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 21:32:23 ID:EnMYCohY
ホントは別れたくない
今でも彼女が好きだ

だから彼女の目指す夢の支障になりたくないと思ったんだ


「…なんで……」





彼女はそう言って泣き出す
そして僕は何も答えなかった
今にして思えば言葉が足らなさすぎた

僕のことで夢を諦めてほしくないとか、嫌いだから別れるわけじゃないとか、言うことはたくさんあった


85 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 21:36:06 ID:EnMYCohY
でもこれ以上しゃべると自分が泣きそうになるので何も言えなかった
ホントに情けない…

15分くらいたったくらいだろうか…
突然彼女は音楽室を飛び出して行った

1人残された僕は今まで我慢していた涙が溢れだした

そしてそのまま1人で日が暮れるまでベースを弾き続けた

なんでこんな極論に至ったかといえば、やっぱりこうするのが一番だと思ったからだ

86 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 21:37:15 ID:EnMYCohY
このまま続けても中途半端になるだけだし、勉強にだってお互い身が入らないだろうし…
僕の勝手な思いこみだろうか…?


先生がそろそろ部屋に鍵をかけると行ったときにようやく僕は思い腰をあげた
ひょっとしたら、また彼女がここに戻ってくると思ってギリギリまで粘ったが、やっぱり来ない

結局ベースをしまって僕は1人で帰った



もう、音楽室であのときのように2人で弾くことはないんだ…




いまどきの女子高生なのに、やたら音楽の趣味は渋いし、ベースだって周りじゃあポップスばっかり弾いるのに、ジャコの曲を無理して弾こうとして…

ホントに変わった子だった…でも好きだったんだ



87 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 21:52:38 ID:EnMYCohY
それから彼女と連絡をとることは一切なかった








4月に入った






僕は地元の大学に無事入ることができた



そして彼女はどうやら音大を受験してみごと合格したようだ
何だかんだ、やっぱり行きたかったんじゃないか…


こうして僕らは別々の道を歩みだした




88 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 21:52:45 ID:bFiPCQNR
シュン…

89 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 22:06:25 ID:EnMYCohY
月日はさらに流れてその約2年後…つまり、今に至るわけなんだが、僕はというとバンドを組んで、ライブハウスのチケットを売りさばくのに苦労している
もちろんロックバンドだが、ジャズをやめたわけじゃない
大学のサークルでジャズをやっている
ちなみに僕はベースからギターに持ち替えた
始めたきっかけは、ただベースだけよりギターも弾けたほうがいいからなんだけど、本当はいつかプロになって、他のミュージシャンとセッションしたときに僕はギター、そしてその横で彼女がベースを弾く…

そんなひそかな夢を持ってコード理論とスケールに日々悪戦苦闘している


90 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 22:22:01 ID:EnMYCohY
まあ夢のまた夢だけどね
彼女は僕のことを最低な男って思ってるだろうし…
だけど今、幸せでいるならばそれでいいと思ってる

彼女と過ごした音楽室の日々は僕にとってかけがえのない時間だ

もちろん、もう高校に行くことはないけど、今でも時々夢を見る







あの頃と何も変わらない音楽室に入って行くとそこには彼女があの頃と変わらずベースを弾いている

そしてお互いに向かい合って彼女が言う

「じゃあ、始めましょ」

91 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 22:25:25 ID:FRvC6vFi
泣いた、いや、マジで…俺音楽の先生になりたくて…少し自分と重なった。

彼女居ないけど…

92 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 22:31:53 ID:EnMYCohY
ちょっとモテたいと思って始めたベース

こんな地味な楽器じゃあやってもしょうがないと思ってた時期もあった

彼女と出会ってお互いに助け合うという大切さを知り、痛みも知った

ホント、楽器を始めなかった自分は今ごろどうなってたんだろう…





93 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 22:41:44 ID:ZQHxTEAI
全米



泣いた‥

(´;ω;`)

94 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 22:43:17 ID:EnMYCohY
それから彼女は今どうしているかといえば、どうやら新しい彼氏が出来たらしい


そりゃあ当然といえば当然だ
あんな可愛いくていい子をほっとく男がいないはずがない

でも、今を必死で生きてる僕にはそんなことにショックをうけてる暇はない


早くノルマの20枚のチケットを売らなければいけないし、とにかく過去を引きずるつもりはない
夢は見るけどね…















終わり

95 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 22:46:15 ID:xAME7YPe
胸がいっぱいになったぜ。
彼女はきっとお前の事最低なんて思ってないよ。
また二人でできるといいな。
いやあ久々に感動した。いい話をありがとう。

96 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 22:54:52 ID:oVcvbIie
最高に感動した
またいつか彼女と楽器ひける日がくることをみんな願ってるよ

97 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 23:09:10 ID:seEhRv11
受験が原因で別れたなら今もう一回会ってみればいいのに

98 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 23:14:58 ID:N5rKDiZZ
漏れも感動した。
君と彼女のセッションをいつか観に行きたいもんだ。

99 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 23:15:32 ID:gxfqONgH
その彼女が後のAKB48である

100 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 23:30:30 ID:KGWa+ynO
高校のときの青春時代を思い出した。
あのころは何でもガムシャラだったなぁ・・・

そんな漏れは今は引きこもり


101 :ドレミファ名無シド:2007/02/10(土) 23:37:26 ID:ZEcoMOtt
 切ないな…


102 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 00:27:19 ID:QfljiAQD
いい話だ…。
感動した!!


103 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 01:11:26 ID:3Q7DCxv7
現工房で今まさにおこってる出来事なんだが、書いてもおk?
病んでる自分を世間に晒すことで少しでも癒される気がする…

104 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 01:20:33 ID:5TDmRm6Y
いいよ

105 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 01:24:15 ID:+LWziPEw
良スレ

106 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 01:45:51 ID:3Q7DCxv7
じゃあお言葉に甘えて…


俺は中三の時、部活を引退してから、これといった趣味も無くなり、ギターを始めた
といっても、そんなにのめり込むわけでもなく、受験勉強も順調にこなし、地元最難関の高校に合格した

それから俺はギターにのめり込んでいく
音楽部の先輩達のレベルは高く、それに触発され、毎日、指が動かなくなるまで練習した
勉強以外にはうるさく無い学校だったので、髪も伸ばし、良い楽器を買うためにバイトもした

その結果、留年した




107 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 01:51:56 ID:3Q7DCxv7
一つ年下のクラスでも、俺は相変わらず、勉強もせず、いつも音楽のことばかり考えていた
音楽>勉強という、落ちこぼれの典型的な図式が出来上がっていた
そんな中、そのクラスの女の子とバンドを組んだ
俺はギターとボーカル、その娘はベース、ドラムは留年する前のクラスの男だった
おっとりした可愛らしい娘で、音楽や服装の趣味も合った
ハードロックやメタル、グランジといった、今の高校生と掛け離れた俺を、理解してくれた


108 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 01:57:46 ID:3Q7DCxv7
同時に、その娘の好きな、ヴィジュアル系というやつにも興味が沸き、俺は化粧をし、全身レザーや、ロングコート、いわゆるゴスパンという衣装を纏い、ステージに立つようになった

だが特に異性として意識することもなく、バンド練習の時はいつも厳しく接していた

もちろん、17歳の男として、彼女が欲しいという感情はあったが、女をバンド以上に想うなんて、その時の俺には考えられなかった

夏休みに入り、遠くから学校の近くに下宿していたベーシストは、地元に戻った
その間、個人練は欠かさなかった、だが、何故だか、俺はその娘のことだけを想っていた
毎日バイトに行き、帰ってからずっとギターを弾き、その間ずっと、忘れられなかった

そうだ、惚れたんだッて
気付いた



109 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 02:11:30 ID:3Q7DCxv7
夏休みが開け、再びその娘に会えた時、凄く嬉しかった
髪を少し染めていて、一層可愛く見えた

それからの俺は変わった
その娘の好きな曲をコピーし、
その娘が喜んでくれるように
少しでも上手く弾こうとした

いつの間にか、それこそ、モテるためにバンドをやるやつは糞、とか公言していた俺が、女の子の気を引くために、ギターを弾いていた
流石に学力に限界を感じた俺は、11月の文化祭が終ったら学校を辞め、通信性高校への転入することを決意した

学校は辞めてもバンドは続けるつもりだった

そして文化祭は終わった

ライブも、今までの中で最高の演奏ができた
そして俺はその日を境に、そこの生徒ではなくなった

110 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 02:21:00 ID:3Q7DCxv7
学校を辞めたので、毎日会えない
勉強なんかする気は無かったが、彼女に会うためだけに、毎日学校に行っていた

会えなくなると考えただけで、俺はなんだか自分の生き甲斐を全て失ってしまうような気がした

翌日の打ち上げの帰り、俺はその娘と一緒に帰り、想いを告げようと決意した
付き合えば、バンド練の日で無くても、会う理由ができる


111 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 02:22:18 ID:/ydlonVj

なにこの一人ナルシスト

112 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 02:37:17 ID:5rT9FfIv
おちこぼれ晒しはけ゛

113 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 02:37:27 ID:3Q7DCxv7
打ち上げで慣れない酒に少し気分が悪くなった俺は、外の風を浴びに行った
戻った時、彼女はもう居なかった
そこで俺は電話をかけ、今どこにいるのか聞いた
その時はもう家の近くだったという

俺は必死で探した
小雨が降っている中、酔いでフラつきながら、打ち上げの会場と、彼女の家の間を、走った
電話をかけながら、ずっと走った
"頼むから、会えないか?"
"今日はもう帰るから…"

そんなやりとりが続いた

"お願い…俺の…最後の…"
"今度また、スタジオ入る時会えるじゃん…"

そして俺は、想いを告げた
彼女の返事は…

今のままバンドを続けたいから、付き合えないと…そんな感じだった

それでも俺は、最後に一度、会っておきたかった
最後に、二人で話したかった

"しつこい人、嫌い…"

そう言って、彼女は電話を切った

俺は泣いた



114 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 02:41:58 ID:3Q7DCxv7
先輩に励まされながら、俺は打ち上げの会場に戻り、残っていた先輩達と、呑んだ、ひたすらに、呑んだ
もう記憶は無い程、泥酔していた

そして、シラフだった地元の友達に連れられ、どうにか家に帰った
翌朝、その娘にメールをした

返事は無い

夜、電話をかけた

出ない


毎日、先輩から来る励ましのメールに支えられ

何も考えずに、しつこく接して、悪かった、それを言いたかった
ただ一言謝りたかった



115 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 02:42:07 ID:a6dSzVIq
泣ける…

116 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 02:43:29 ID:3Q7DCxv7
そんなある日、メールが来た

今まで通り接してくれるなら
また一緒にバンドがやりたい

そんな内容だった


そしてバンドは復活した


俺はまた、その娘のためにギターを弾いている

その娘の笑顔のために、最高のギタリストになってやろう と、

そんな想いを彼女に気付かせないように、それまでのように、全く変わらない自分を演じた


117 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 02:44:52 ID:3Q7DCxv7
俺にはこれから、通信性高校卒という、半端者なりの学歴しかつかない
しかし就職に関しては、通信で高卒を取れば、今のバイト先で雇ってもらえる
初任給も、かなり良い
いくら落ちこぼれたといっても、通信の勉強は、難関高校を一般入試で合格した俺には、全く時間を裂く必要がない

時間もある、金も、普通の高校生とは比べ物にならないほどある
プロになってやる
死ぬ程弾いて、機材も揃えて…、駄目だった時には今のバイト先に就職すれば良い


あまりにも幸せな環境だった


118 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 02:45:46 ID:3Q7DCxv7
ただステージでもスタジオでもいつも俺の右手にいる彼女を手に入れられない以外は…


そして今、俺の元いた、彼女の通う高校は期末試験の真っ最中である

そんな中、試験開けのスタジオ入りの予定を決めるために彼女に電話をかけた

A先輩に勉強を教えてもらっている

彼女はそう言った
口調はとても嬉しそうだった

A先輩には俺も面識がある

会ったので聴いてみた

〇〇に惚れてるんですか?

A先輩は、良く分からないと答えた


しかし、なんだか、時間の問題な気がして
どうしようも無い不安感を抱えたまま

俺はギターを弾く

バイトのある日は帰って、十時から二時なんて当たり前のように、ヘッドフォンをつけて
無い日は朝から、両親は仕事に行き、誰も居ない家を俺の爆音が揺らす
家族が帰ってくると、またヘッドフォンにシフト




119 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 02:47:13 ID:n8w/7M+d
とりあえず中卒はダサいから真面目に勉強して高校くらい卒業汁!

120 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 02:49:19 ID:3Q7DCxv7
俺のギターは、俺の感情の変化に敏だ

悲しい時は、悲しいフレーズを
怒ってる時は、怒ってるフレーズを
嬉しい時は、嬉しいフレーズを

自然に、ギターが導いてくれる

今みたいに、不安で、飯も喉を通らない、夜も眠れない時は
なんだか不思議なフレーズが出来上がる


切ないようで
励ましてくれてるようでもあり
同時に付き落としてるようにも聞こえる



勉強を教えれるわけでも無い
ベースだってそんなに上手く無い

俺に出来るのは、
最高のギタリストでいること
最高のバンド仲間でいること

その想いだけが、今も俺を突き動かしている…


そして、彼女とA先輩がどうなろうと

俺は、彼女の笑顔ために、ハードロックギタリストの頂点を目指す

121 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 02:59:29 ID:3Q7DCxv7
>>119
とりあえず、通信制で高卒は取る
その後、就職することも専門に行くことも、今の俺には自由に出来る
あと三年以内にプロになれないならおとなしく引き下がるさ

122 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 03:10:15 ID:5rT9FfIv
ところどころ介入してくる自慢が三流高校に入学した俺にとってこの上なくうざい

まぁおまいみたいなのはふられて当然

123 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 03:21:05 ID:cOBAhNwF
>>122三流高校に入る自分の頭を恨め。バカが

124 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 03:50:59 ID:/ydlonVj
というか、ブサが一人で恋愛をドラマ化して浸ってるだけだろ。

ようするに「しつこいブサイクきもい」だけだろうに。

125 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 04:08:45 ID:cOBAhNwF
>>124そうゆうスレです

126 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 05:20:18 ID:bD7/v9B3
おまえらいちいち茶々入れんなよ

127 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 08:22:58 ID:3Q7DCxv7
とりあえずお前らが汚いことだけ良く分かった
しかたないよな?
お前らみたいな心の汚いやつから産まれた音楽なんざ世間に理解されねー
だからお前らアマチュアなんだよばーかばーか


128 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 08:56:13 ID:+LWziPEw
頑張れよ!

129 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 10:51:11 ID:5TDmRm6Y
まだいいさ

俺なんてしつこくて嫌われてもう一年もシカトされっぱなしだ‥
(´;ω;`)ウッ‥

130 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 10:57:08 ID:WjebnldL
頑張れ!!
頑張れ!!
頑張れ!!


131 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 11:18:16 ID:5TDmRm6Y
そんな俺の話をするべきか

132 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 13:10:09 ID:+LWziPEw
話しちゃいなよ

133 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 14:54:03 ID:d0razSHp
意外と音楽関係の恋愛みんなしてるんだな

ウラヤマシ

134 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 17:54:27 ID:v7VMY/rs
>>106-120

135 :ドレミファ名無シド:2007/02/11(日) 18:08:27 ID:5TDmRm6Y
いまかいてる
夜にはうpするわ

136 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 01:29:51 ID:FkL7LOG9
今は書き込めるようなネタが無いけど、いつかこのスレに書き込めるように頑張る

137 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 01:54:51 ID:zg2olhL8
乳首を淫ペリテリのように高速ピッキングする

138 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 02:21:36 ID:jfJfAhoY
              ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   それはない
        |      (__人__)     |
         \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |


139 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 02:40:51 ID:wF/x9RTG
高校時代の話しです。俺は中学三年の夏休みくらいからギターを始めた。ゆずや19に憧れてアコースティックギターを買った。勿論ショボイ入門用のやつね
部活を引退してからというもの毎日弾いていた。この頃はエレキには全く興味が無かった。今思うと不思議に感じる。
高校に入学し軽音楽部に入った。まだ入学したばかりなので友達などいなかった。だから一回も顔を出さずに退部した

140 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 02:49:24 ID:wF/x9RTG
学校から帰っては地元の友人と遊ぶか一人アコギを手に持ち掻き鳴らしていた
この頃バンドに憧れてはいなかった。どちらかというと二人組ユニットみたいなのに憧れてた。
だからよくよく考えてみたら何で軽音楽部に入ったのかも疑問だ。ただギターが多少弾けるから何となく入ったのだろう。
入学して二ヶ月くらいたった頃だった。友達もたくさん出来て楽しい日々を過ごしていた。そんな時いきなり知らない奴に話し掛けられた。どうやらそいつは俺の友達の友達だった。

141 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 02:57:11 ID:wF/x9RTG
その友達は俺にこう言った「ギターやってるんでしょ?」

いきなりだったので

「やってるけど・・・・。」

と、それしか返せなかった
「俺、軽音楽部に入ってるんだけどあんまり気の合う奴がいないからプライベートでバンド組まない?」

と、彼は言った。

名前も知らない奴にいきなり誘われた俺は勢いに負けて

「いいけど」

と、答えてしまった。

ここから俺はバンドに目覚め、エレキ少年へと変わっていくのである

142 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 03:11:49 ID:wF/x9RTG
その友達はエレキをやっていた。となるとキダー担当は二人なわけで後はドラムとベースかと思った。
俺は彼に他の二人の事を尋ねるとドラムはいるがベースはいないとの事。
それでも当時の俺はバンドにおいてベースの重要さを知らなかったため別にいらないという結論を勝手に出していた。
そしてドラムの奴を紹介された。何だコイツ。という印象だった。
ヤンキーっぽくて中々しゃべらない奴だった。
その日は名前やらどこに住んでいるだの自己紹介をした。
意外にも三人は住んでいる場所が近い。とゆうことでエレキの奴が明日にでも俺ん家に来いよって言ってきたので行く事にした。

143 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 03:31:32 ID:wF/x9RTG
そして次の日。学校が終わりエレキ君とドラム君が俺の教室に来て合流してエレキ君ん家に向かった。
とりあえずエレキ君ん家に着いて色々話した。どんなジャンルの音楽が好きなのかとか。エレキ君はロックやらパンクやらが好きで色々と語ってくれた。
しかし当時の俺はアコギ少年だったのでちんぷんかんぷんだった。だが雰囲気に身を任せて相槌をしまくっていた記憶がある。
あたかも自分ロック知ってますよバリに。
エレキ君は本当にいい人だった。人なつっこいタイプですぐに打ち解けられる。まぁドラム君もすげーいい奴なんだけど始めは絡みにくかった。

144 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 03:45:36 ID:Oyvz450j
ほらほら寝てないでどんどん書くんだよ。

145 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 03:46:35 ID:wF/x9RTG
先に言っておくけどこの話しは楽器にまつわる恋愛話しという主旨通り俺は恋をします。今は全くそんな感じしないけど。
ちなみに高校三年間で二回ね。普通にもっと恋をするけどそれは楽器にまつわらないので書きません。では再開します。

そしてエレキ君は俺が好きな音楽を聞いてきました。その時、ゆずやら19が好きということを素直に言おうか迷いました。
なぜならエレキ君は俺がエレキをやっていると勘違いをしているかもしれないと感じたからです。
でも俺は打ち明けました
エレキ君は逆に俺の好きなジャンルの知識がなかったため意外にも興味をいだいてくれました。
それからアコギをやっている事を言いました。
エレキ君はまたしても興味を持ってくれました。
そこでエレキ君の部屋にあったエレキで何か弾いてよと言われた。俺はゆずと19を弾いた。
エレキ君は絶賛してくれた。ドラム君はもっと絶賛してくれてビビった。

146 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 04:00:06 ID:wF/x9RTG
そして次は俺がエレキ君に何か弾いてと頼みました。するとエレキ君は激しく歪んだ音でギターを掻き鳴らしました。
俺は鳥肌がたった。衝撃を受けた。エレキのかっこよさを知った。自分もあんな激しくギターを奏でたいと思った。
それからというものロックに目覚め俺もエレキをやりたいとエレキ君に想いを伝えた。暇さえあればエレキ君ん家に向かいエレキを一から教えてもらった。
アコギをやってた俺にとってパワーコードはやたら不思議な感覚だった。一週間に何度もエレキ君ん家に通っていた俺にエレキ君は

「エレキ二本あるから一つ貸してあげるよ」

と、言ってくれた。それからエレキを自分ん家でも弾けるようになった。

アンプは入門用に買ったアコギ(正確にはエレアコ)に付いていたので好都合だった。それからは学校が終わっては家でエレキを弾きまくっていた

147 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 04:06:07 ID:Ug7iivdH
女が全然出てこないわけだが


 ま さ か ?



(゚д゚)

148 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 04:07:55 ID:Ug7iivdH
ウボァー
ならぬ
ウホァッー
にはならないよな?w
とにかく続きwktk

149 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 04:09:12 ID:jfJfAhoY
      |
      |
      |
      J


150 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 04:09:46 ID:wF/x9RTG
何日かして三人でスタジオに入ろうという話しになりスタジオに行くことになった。その頃にはもうすっかり三人は仲が良くなっていた。
合わせる曲もないのに入った理由はドラム君が無性にドラムを叩きたくなったとの事。まぁ初めてだったのでスタジオに入ってみたい気持ちが強かった。
そこでドラム君の隠されていた才能を垣間見ることになる。
何その手の動き?速っ。
という印象だった。
俺はというとパワーコードでショボイ音を奏でつつも
俺意外二人共クソ上手いじゃん、と焦燥感に追われていた。
人生初めてのスタジオで自分の技術の無さに心は泣いていた

151 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 04:13:59 ID:Oyvz450j
寝ミー。先生、印刷所閉まっちゃいますよ。

152 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 04:15:39 ID:BqkXad7W
…もしかしてダラダラ2スレを消費する程の大河ドラマじゃねーだろうなオイ

153 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 04:19:11 ID:wF/x9RTG
安心しろ。対象は女だ。文才ないから長々と書くはめになっていて話しが中々進まないだけだ。ごめんね
では続きを

そして俺は悔しくてもっと練習した。ある日エレキ君が何か曲を決めて合わせてみようと提案してきました。
俺は練習をしまくったのである程度基礎的な事が出来るようになっていたので同意した。まぁベースはいないんだけどね。
確か黒夢の少年って曲だったと思う。簡単だったが完コピする前に飽きて途中でやめた。数回しかスタジオで合わせていない。
でも、そこからバンドで演奏する楽しさを知った。

154 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 04:22:32 ID:jfJfAhoY
携帯か?
まとめて投下していただくとありがたい
もう寝る

155 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 04:27:03 ID:wF/x9RTG
楽しさを知ってからというものの様々な曲をコピーした。もう楽しくてたまらなかった。いわゆるコピバンってやつだな。
そんなコピりまくりの生活が一ヶ月ほど続いた。
そしてエレキ君がライブしてみない?とまたまた提案してきたのでまたまた同意した。何事も経験だって感じで。
しかしベースがいない。必死で探した。探しまくった。エレキ君が他校の友達の友達を引っ張って来た。
ここでこれを読んでる人はやっと女が登場するだろうと期待しているかもしれないが
男でした

156 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 04:29:26 ID:wF/x9RTG
携帯で本当に申し訳ない
今から俺も寝るから次からはパソコンで書くよ
読んでくれてありがとね
また数時間後に
おやすみ

157 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 05:56:19 ID:I0HMkju7
前置き長いなw

158 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 07:40:17 ID:BqkXad7W
いらない前置きが長ーすーぎーるーので
端折れる部分はしっかり端折ってくれ

159 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 07:52:29 ID:wF/x9RTG
ごめん。じゃあ端折って後半戦いくんでよろしく。

160 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 09:48:13 ID:dizV2G8U
まぁ前置き長いのも余興で悪くないけどな。
リアルタイム読者には辛いだろうが。

161 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 15:49:09 ID:2aAYHOpR
再開します。
そのベース君はベースに関して無知な俺でもわかるほど上手かった。今振り返っても上手いと感じる
人柄も良くすぐ仲良くなれた。当時の俺は音楽好きには悪いやつなんていないと信じきっていたほどだった。
そしてライブを一ヶ月後に控えスタジオに入りまくった。確かSUM41とハイスタの曲をやることに決めた
俺は足を引っ張らないように誰よりも練習していたと同時にチケットを知り合いなどに売りまくっていた。
本番前日になり緊張して中々寝付けないまま当日を迎える

ライブ開始は5時だがリハのため3時に会場に集合との事。そのリハが一番緊張したかもしれない
リハ中客席側には知らない奴等がこっちを凝視している。そう、対バンする奴等だ
もう、ただでさえ緊張してた上に凝視されていたので心臓はバクバクだった。無事リハが終わった
チケットを買ってくれた友人達が会場にちらほら現れた。勿論、他のバンドが呼んだ知らない人達も来ていた
そんなこんなで出番が近づきパニックになり逃げ出したくなった。そんな俺にエレキ君はこう言った

 「俺だって怖いよ。初めてだしさ。でも得るものは大きいはず。だから行くしかないっしょ。とにかく楽しもうぜ。」

と。俺は楽しむ事だけに集中すると決めた。


とは決めたものの、いざ本番になりステージに立つと足はガクガク震えた。
来てくれた友人達は俺の名前を呼びまくってはしゃいでいた。反応に困った。ただ手を挙げて 「やぁ」みたいなノリで応戦した
セッティングも終わりいよいよ試合開始のゴングだ

ジャーーーーーーーーーーン!



162 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 16:41:45 ID:2aAYHOpR
音を出した途端に緊張が解れいったような気がする。間違えたって構わない。間違える事を恐れずとにかく楽しんだ
そして恋のカウントダウンが始まっていく

いよいよ最後の曲になった。その時はすでにこれぽっちも緊張していなかった。
最後の曲が終わり調子に乗った俺はプロミュージシャンを気取って手に持っていたピックを客席に向け投げた
どこに飛んでいったか暗くて全くわからない。投げた後で初めてのライブで使ったピックなんだから投げないで大事にとっておけば良かったと後悔した
その後、他バンの奴等の演奏をノリノリで聴いてライブは終わった。
この後、俺らはライブの打ち上げをファミレスでしようと決めた。そしてファミレスへと向かった。
ファミレスの着いてとりあえず腹も減ったし飯を頼もうと呼び出しボタンを押した
ピンポーーン
店員の女が近づいてきた
「ご注文は?」
俺は確かパスタ系の者を頼んだ記憶がある。メンバーも好きな物を頼んだ。ちなみにみんなドリンクバー付きだ


163 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 17:32:36 ID:wkir/EaL
それでそれで?


164 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 17:51:45 ID:2aAYHOpR
料理が来るまでタバコを吸いながら先ほどのライブの余韻に浸って会話を弾ませていた。料理が来た。
腹ペコの俺らはとにかくがっついた。満腹になり30分会話をした所で店をでることにした。会計は俺がまとめてすることになりみんなは俺に金を差し出した
俺に任せるなり
「外でタバコ吸ってるわ」
と言い店を出て行った。レジには店員がいなかったため呼び出しベルを鳴らした。
チーーン
店員が来た。その店員は同い年くらいの女の子だった。会計中店員は俺に話しかけてきた。
「さっきはかっこよかったですよ」
はぁ?と俺は思った。どうやら先ほどのライブに見に来てたとの事。
「バイトがあるから最後までいれなかったんですよ」
と言ってきた。
「そうなんすかぁ、ちゃんと楽しめました?」
と俺は会話を弾ませた。
「楽しめましたよ!あなた達のが1番楽しかったカモ」
と言ってきた。
こんな会話をしながらも、この子可愛いなぁとくだらん事を考えていた。すると彼女が
「私どこにいたかわかる?」
と、無茶な質問をしてきました。
俺はステージに立った側だから顔くらい覚えてもらえるけど、見に来てた客なんて覚えてる訳がない。素直に
「ごめん、わかんないや」
と答えました。すると
「何だよぉ、ずっと見てたのに」
と思いもよらぬ答えが返ってきました。

165 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 17:59:41 ID:2aAYHOpR
俺は確実にテンションが上がったが返事に困った。少し間が空いて彼女が
「もしよかったらメアド渡すんで友達になってくれませんか?」
と言ってきた。てっきり告白かと思っていたけど嬉しかった。(自惚れてた)
「いいよ!帰ったらメールするよ!じゃあ、みんな外で待ってるから行くね!」
と言ってお互い名前も聞かずに会話は終了した。まぁメールで自己紹介するからいいんだけどさ。
メンバーと合流してそれぞれ解散した。家に着くなりさっそくメール開始。気分はウキウキ。それから毎日のようにメールをした
そーいえば、このライブで助っ人のベース君とはお別れになりました。結構あっさりした別れだったから焦った。

166 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 18:05:58 ID:2aAYHOpR
メールをすることである程度お互いの事がわかった。次第に好きという感情に変わっていった。メールだけでなく二人で遊ぶようにもなった。
一緒にいて落ち着くし楽しい。幸せだった。そして告白しようと決めた。どうやって告白しようか脳内で妄想しまくったあげく「好き」ということだけ伝えよう至ってシンプルな結論に至る。
メンバーは俺がライブを見に来た客と恋してる事は知らない。付き合えたらその過程を教えようと考えていた。
そして、彼女をデートに誘い、いざ告白する時がきた。

167 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 18:13:53 ID:2aAYHOpR
俺が落ち着かないせいか彼女もぎこちない感じだった。会話はいつもに比べて少ない。
俺は思い切って口を開いた。
「俺、○○の事好きになっちゃったんだよね」
言った。ついに言った。どうだ?さぁ、どうくる?
「私もだよ」
キタ!両思いのパターンだ!そして会話は続く。
俺「あぁ、緊張した」
彼女「こっちがだよ!っていうかうちらって結構すごい出会いだよね?!」
俺「ホントだよね!ライブで出会ってその後たまたま入った店で再会だもんね!偶然が重なりすぎ!運命みたい!」
彼女「運命かもね!絶対そうだよ」
などと恋する乙女のような、糞ガキんちょ的な会話をしていた。運命はこの後確信に変わるのだった。

168 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 18:25:28 ID:2aAYHOpR
晴れて付き合う事になった俺らは幸せだった。付き合ってから彼女は俺ん家に頻繁に来るようになった。勿論、デートもする
そして俺が初めて彼女の家に行く事になった。今でもそうだが彼女の家ってどうも緊張する。
彼女の部屋に入りしゃべったりジャレたりしていた。ベッドで寝転んでいた俺は見覚えのある物を見つける。
それはベッドの小物置き場みたいな所にポツンと置いてあった。そう。その正体は

ピックだった!

彼女に「そのピックどうしたの?」と言うと彼女は
「え?あの日ライブハウスで私の足元に落ちてたピックだよ」と彼女は言った。

どうやらライブ演奏終了後に投げたピックは彼女の元へと飛んでいったのだった。足元に落ちているピックを初ライブ記念に拾って持ち帰ったとの事

運命は存在する。確信に変わった。

その後、彼女とは1年ほど付き合いました。
今から6年前の運命を信じていた青く淡い高校1年生の思い出でした。

169 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 18:37:43 ID:jfJfAhoY
いい話なんだが、タバコやお酒は20になってから
mixiだったらねらーに凸されてるな

170 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 18:39:38 ID:CcrFj1Bg
いい話だなあ
何で別れちゃったんだ?

171 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 18:55:48 ID:6+0u4uf5
おもんない

172 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 21:08:46 ID:wF/x9RTG
>>170
彼女の束縛に耐えられなくなったからだよ。彼女と付き合う前までは束縛された事なかったから束縛の苦しさを知らなかった。始めは嫉妬とかがやたら嬉しく感じた。
そんなだけ俺の事好きなんだなって感じに受け止めてた。彼女は彼氏を束縛してしまう癖があったがそれでフラれてきたから半年ぐらいずっと束縛を控えてた
半年が過ぎて本領発揮して俺が耐えられなくなったんだ。携帯からごめん

173 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 21:22:33 ID:I0HMkju7
彼氏が束縛ってのはよく聞くが彼女が束縛って珍しいな

174 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 21:34:29 ID:ZqMCqIEG
束縛いいなぁ。束縛されたい

175 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 22:05:27 ID:CcrFj1Bg
そうか
せっかくの運命惜しかったな

176 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 22:10:06 ID:wF/x9RTG
それからというもの束縛がトラウマだよ。それが高校生時代の一つ目の恋。

177 :ドレミファ名無シド:2007/02/12(月) 23:39:55 ID:afh+sJq9
俺も束縛されたい
昔はあまり聞かなかったような気がするが最近はそういう男のほうが逆に多いんじゃないかな
もう完全に男と女の関係性が逆になった時代と言っても過言ではないな

178 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 00:18:25 ID:00SBk4CF
俺は彼女に縛られたい

179 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 07:53:51 ID:DSurQsVW
楽器やってるやつはドMばっかなのかw

もちろん俺もMですけど。

180 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 08:09:09 ID:v+nZncLf
俺夜だけMだ

181 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 08:25:05 ID:hLgd9KAQ
俺は生え際がMだ。

182 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 08:32:52 ID:ZjZiR/Ne
ドラマーの俺はSだ

183 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 14:06:55 ID:72bjKSvs
はぁ?俺のスティック入れてやるよ

184 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 16:31:39 ID:OVFdH96o
高校最後の文化祭俺は軽音部でライブをすることに決めた。九月の終わりが本番。夏休みはメンバーでスタジオに入り練習しまくっていた。
夏休みが明けると放課後に文化祭の出し物の製作のためたくさんの生徒が夜遅くまで残っていた。
俺らは学校の近くのスタジオに入り練習していた。練習が終わると楽器を部室に置くため学校に戻り、その時間まで残っている生徒と軽く会話をしてから帰宅する日々が続いた。
ある日、いつも通り楽器を置きに学校に戻ると前々から好意を抱いてた女の子が残って出し物の準備をしていた。

185 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 16:46:08 ID:OVFdH96o
俺はシャイなので女の子と喋るのが苦手だった。その彼女ともあまり話した事はない。とにかく話す機会が欲しくて楽器を部室に置いては意味もなく彼女のいる教室で友達と話していた
完全に恋をしていた。でも話す事はなくその日は終わった。
次の日も俺は練習を終え教室で友達と喋っていた。そしたら、彼女の友達が俺に一緒に手伝って欲しいと言ってきた。断る理由もない。彼女と喋れる機会があるかもしれないから。
そんな期待を持ちつつも自分から会話をする事ができないでいた。そんな俺に彼女は話しかけてくれた。
「文化祭でライブやるんだって?」
彼女は俺がいつも楽器を置きに学校に戻ってきていることを知っていた。

186 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 16:57:16 ID:OVFdH96o
その会話がきっかけでよく喋るようになった。でも放課後だけ。普段の学校生活中は全く喋らなかった。むしろ俺が避けていたくらいだ。
理由は周りの奴らに冷やかされるのが嫌だから。ガキだなぁとホントに思う。周りの目ばかり気にしていた。その分、放課後は目一杯話した。
そんな毎日を過ごしていたある日彼女がメアドを聞いてきた。俺からなんて無理だったので凄く嬉しかった。毎日メールした。でも、学校じゃあ話せないままでいた。
メールでの俺はシャイなんかではなかった。むしろ自分からアタックするぐらいのほどだった。

187 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 17:07:14 ID:OVFdH96o
相手に好意を抱いている事を遠回しに言ったりするような内容の文をチョコチョコ送ったりしていた。しかし彼女の反応は至って普通。
逆に彼女からもそんな感じの文も送られてくる事もあった。でも俺も至って普通の反応をしていた。今思えば、どちらが告白するかの譲り合いの状況だった。
俺はライブを終えたら告白しようと決めた。勿論彼女にライブを見に来るよう誘った。
ライブ当日。ステージに上がると俺は彼女を探した。俺を呼ぶ声が聞こえた。それは彼女の声だった。なんと運よく俺の目の前の席に彼女はいた。こりゃミスる事はできないと全力で演奏した。

188 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 17:20:16 ID:OVFdH96o
無事ライブは成功した。後は告白するだけ。その日の夜俺は彼女に今から会えないかと連絡した。次の日は休みだったので連絡した時はすでに夜遅くだった。
彼女はいいよと返事をしてくれた。そして待ち合わせ場所を決め俺は向かった。ちなみにお互い住んでいる所は近い。
彼女と会い、俺は告白するタイミングを探していた。ライブが終わったら告白しようとしてた事を伝え告白した。
返事はOK!このままめでたく幸せへの道を歩んで行くのだと思っていた。
休みは明け恋人という関係になってから初めての学校生活が始まる。

189 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 17:26:13 ID:OVFdH96o
付き合ってまだ一週間もたたない時のこと。学校生活中の彼女は何か変だった。俺を避けるような感じだった。一緒に帰る事さえも避けていた。
その頃学校には変な噂がたっていた。俺も仲の良い友達からその噂を聞いた。信じられない内容だった。


二股?ふざけんな

190 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 17:59:34 ID:DSurQsVW
わくてか

191 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 18:35:33 ID:OVFdH96o
ただの噂だろ?と決して信じなかった。しかし言われてみれば学校にいるときの彼女は暗い感じで元気がないように見えた。
確かめたい。でも直接聞きづらい。噂を聞いたその日は彼女にその事を触れずに終わった。俺に噂を教えてくれた親友に色々聞いて情報を得た。
どうやら二股は本当だった。しかも相手は同じ学校の男との事。気が狂いそうだった。それを聞いた俺は彼女が黙っていた事が許せなかった。
俺と付き合う一ヶ月前からその男と付き合っていたらしい。俺がその男から彼女を奪った感じで悪者扱いされているのではと独りで思い込み、尚更ムカついた

192 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 18:55:00 ID:OVFdH96o
その男とは話した事もない関係だった。とても優しくていい奴ってみんなは言ってた。このままじゃ彼にも申し訳ない。俺は彼女とサシで話し合う事にした。
放課後彼女を呼び出し二人きりになった。空気が重い。俺はまず、何で黙っていたのかを聞いた。
彼女はその男と付き合ってながらも俺の事が好きになっていたらしい。その男より俺への気持ちの方が強かったとのこと。
だから彼女は俺に告られた時その男と付き合ってる事を言ってしまったら俺との関係が終わってしまうと感じ言い出せずにいた。
付き合う前に彼女とメールしていた時、俺は彼女に彼氏がいないのかを聞いた事があった。その時彼女はいないと言っていた事を思い出しその事も聞いてみた
答は同じで付き合っている事を言ってしまったら俺との関係がずっと友達のままで恋人になれないと感じたらしい

193 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 19:26:58 ID:OVFdH96o
俺は返事に困った。口を開けずにいた。すると彼女は「〇〇(←俺)が好き。私が悪いし嫌われるような事しちゃったけど。別れたくない。〇〇とずっと一緒にいたい。」
俺も彼女が好きで好きで別れたくなかった。だけど別れを告げた。
俺は彼女に「今は別れよう。でも俺も〇〇を好きという気持ちは変わらないよ。だから〇〇の事待ってるから」と言い一度別れた。
俺は彼女がその男との関係を片付けて1から俺と付き合って欲しかった。その日は終わった。

194 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 19:34:27 ID:OVFdH96o
彼女は男と話し合い別れた。男は怒る事もなく彼女の気持ちを理解してくれた。そして彼女は俺の元へ戻ってきた。再び1から始まった俺らの恋人生活は充実していた。
しかし彼女とは一年もたない内に別れた。

195 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 22:31:53 ID:hkJU+3ew
sage

196 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 22:37:40 ID:hkJU+3ew
やっぱage

197 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 22:52:06 ID:OVFdH96o
別れるまでを書きます
高校を卒業して俺は就職し彼女は大学に進学しました。彼女はサークルに入り楽しそうな日々を過ごしていた。
俺の中のサークルのイメージは飲みだったり恋愛などであまり良いイメージではなかった。そのイメージ通り彼女は飲みに頻繁にいくようになりました。
飲みは付き合いだから仕方がないと言っていましたが、そう言われてもいい気分ではありません。
でも俺のワガママで彼女の楽しい大学生活を壊したくなかったので飲みに行くなと言えなかった。

198 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 23:05:52 ID:NQxJjdb4
んでんで


199 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 23:08:01 ID:OVFdH96o
そんな日々が続いた。俺らは付き合った日を記念日として毎月その日に二人でデートしたりして祝っていました。別れる前の最後の記念日に事件は起きました
いつも通り記念日が近づき彼女にどう過ごそうと聞いたら、用事があるとの事。どうやら高校時代の友人達とお泊り会をするらしい
友人達がその日しか空いていないらしく、ここで引き止めたら彼女だけ参加出来なくてかわいそうと思い行ってもいいよと伝えました

200 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 23:23:05 ID:OVFdH96o
彼女はうれしそうにありがとうと言ってきた。その日は土曜で俺も仕事がなくそのうえ記念日という二人でゆっくり過ごせる貴重な日だったので少し不満だった。
そして記念日が過ぎたある日俺は久しぶりに高校時代の友達に会った。そいつはついこの前俺の彼女を見たと言ってきた。話を聞くと飲み屋でたまたま会ったとの事。
友達は大学のサークルで飲みをしていた時、同じ飲み屋で彼女に会った。その時二人は少し会話をしたらしい。友達が何してるのと聞いたら彼女はサークルで飲みだよと答えた。
俺はその内容を聞いて、やっぱり大学はどこも同じ事をしているんだなぁと思った。

201 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 23:31:56 ID:OVFdH96o
久しぶりだったのでその友達と会話が弾んだ。大学生活のこと、俺の仕事のこと、恋愛話しと色々語りあった。サークルの事を俺はどんなものなのか聞いてみた。
やはり飲みがしょっちゅうあると言っていた。お前の彼女と会った日なんて土日連続で飲んだよって楽しそうに語ってくれた。
ん?土日?
は?土曜?!

202 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 23:45:05 ID:OVFdH96o
しかも最近会ったって言ってたから俺は何日に会ったってすぐさま聞いた。
27日。そう、記念日だ
ってことはせっかく俺の休日と運よく重なった記念日を放置してまでサークルで飲みたかったのか?
お泊り会などと嘘をこいてまで行きたかったのか?
ふざけんじゃねーよ
浮気とかじゃないけどとにかく俺は浮気をされたような気分になりムカついた。

203 :ドレミファ名無シド:2007/02/13(火) 23:59:20 ID:OVFdH96o
この時すでに俺は別れる決意をしていた。その日の夜俺はいつも通り彼女とメールをした。
彼女はいつもと変わらず楽しそうに今日の出来事などの文を送ってきた。俺に隠し事をしてるくせに
俺はすべて知っているからお泊り会は楽しかったなどと聞いてみた。ジワリジワリとダメージを与えるように
これを見てる人は気持ち悪い奴だなとか器の小さい奴だなとか思うかもしれないがこれがやけに楽しかったことを覚えている。
彼女は楽しかったよと作り話しまでしてくれた。俺は心で笑っていた。

204 :ドレミファ名無シド:2007/02/14(水) 00:34:05 ID:7NEuYrCy
俺が記念日に会えなかった事にムカついていたことを伝えた。まるで、嫉妬してるかのように。
するとごめんと謝ってきて今度は二人で楽しく過ごそうなどと言ってきた。もうそんな日はこねーよと言いたくなった。
おちょくるような感じにやり取りをしそろそろ本題に入ろうと切り出した。
飲んでたんでしょ?俺は聞いた。少し時間がたってからゴメンと言ってきた。何で嘘をついたのかを聞いてもゴメンしか言わなかった。
俺は友達から聞いた事を伝えた。すると彼女は白状し全てを語ってくれた。
俺の知らない衝撃の事実までも

205 :ドレミファ名無シド:2007/02/14(水) 02:17:41 ID:Sl9NZRxS
続きマダー?

206 :ドレミファ名無シド:2007/02/14(水) 03:15:11 ID:G6IwoGdz
色々想像してしまうなww

ってかやっぱり恋愛話は高校時代の話が多いな。
リーマンやってる俺には遠い過去になってしまった・・・。


207 :ドレミファ名無シド:2007/02/14(水) 09:00:47 ID:oy9K1pVq
好きになった




フラレた


以上

208 :ドレミファ名無シド:2007/02/14(水) 09:18:29 ID:7NEuYrCy
携帯からだったからいつの間にか寝ちゃった、ごめん。夜までには続き書きます。

209 :ドレミファ名無シド:2007/02/14(水) 10:30:54 ID:/Odi7H5W
中2のボーカルが好きになった
死んでくる

210 :ドレミファ名無シド:2007/02/14(水) 10:55:49 ID:ZKp+hDG1
>>209
死ぬ前に俺の一言を聞け





このロリコンが

211 :ドレミファ名無シド:2007/02/14(水) 12:01:51 ID:ZHgQWoin
対バンGがつれてた女に萌え〜
家に帰ってから思い出してコイた

212 :ドレミファ名無シド:2007/02/14(水) 14:02:48 ID:9n2fKNfZ
分かれるって決めた相手をメールとかで虐めるのってすげえ快感だよな‥



え?あれ?

213 :ドレミファ名無シド:2007/02/14(水) 16:26:56 ID:HruSbbkL
今度はSかよ

214 :ドレミファ名無シド:2007/02/14(水) 18:48:23 ID:7NEuYrCy
実はサークルの飲みではなく合コンだった。友達にまでサークルと嘘をついて俺にばれないようにしていた。
何だよそれ?と俺は思ったが、あたかもその事実を知ってたかのように話を合わせた。そして怒りの感情はとまらずそのまま別れ話へともっていった。
彼女は最後の最後までゴメンと泣きながら謝り続けた。それに俺は同情する事もなく突き放した。
相手に対して浮気まがいの事をしてはいけない。勘違いされるような事でさえ出来ればして欲しくない。相手は酷く不安になるから。
人それぞれ考え方は違うけれど俺は正しい事を言っていると思う。
俺はこれ以来女性が信用できずにトラウマとなった。好きな人が出来ても告白する事さえ出来ないでいる。同じ事をされるかもと怖がっているだけだ。逃げているだけの日々に嫌気がさす。
だから今は前向きに歩いていけるように頑張っている。
おしまい

215 :ドレミファ名無シド:2007/02/14(水) 19:08:50 ID:/dWJchuJ
なんか切ないな・・・
確かに相手が悪いと思うけどその一件だけで別れを決意するお前もすごいな。
まぁ人それぞれか

216 :ドレミファ名無シド:2007/02/14(水) 21:58:05 ID:9n2fKNfZ
俺も女性不振のトラウマになったひでぇ出来事がある‥

217 :ドレミファ名無シド:2007/02/14(水) 21:58:34 ID:7NEuYrCy
>>215
今思えば確かに感情に流された感じはするよ
この先うまくいかないだろうなって考えたから後悔はしないけどさ

218 :ドレミファ名無シド:2007/02/14(水) 22:39:53 ID:7NEuYrCy
>>216
苦じゃなければ聞かせてくれないか?

219 :216:2007/02/14(水) 22:53:59 ID:9n2fKNfZ
>>128

ああ‥
あれは俺がまだ高1の時だ‥
そのこは中2の女の子(ああロリさ)

俺が山口県の田舎から名古屋に引越してきた時の話だ。(今は東京の大学にいる)
引越す前にとある個人にギターを習っていたんだが、
友人を作ったり名古屋という知らない土地に場馴れするために
俺はあるギター教室を訪ねた。
そこにいた彼女は俺以上のはやびきが出来るバカテク女だった。
当時既にエクストリームの完コピとかしてた。
そう、丁度EITAに似てるタイプかも
都会には凄い子もいるんだな‥と感心したくらいで、
最初は恋愛感情などなかった。

ちなみに俺はやっとXを色々と物色してコピーできるレベル

彼女は向こうから話しかけてきてくれた。
好きなアーティスト(ヌーノ、レッチリ、X)の趣味もよく合って、
楽しく会話することができた。
彼女とはギター習った後に、よく近くに食事に行ったものだ‥
音楽の話って長くなるだろ?だから立ち話もなんだからって意味で、
特にお互い何の意識もせずに一緒に食事をよくした。

220 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 00:34:12 ID:hbqxowd/
エクストリームはそこまでじゃない
スイープとかできたの?

221 :216:2007/02/15(木) 01:09:58 ID:/ueo7e1u
ばかゲットザファンクアウトをソロ含め完全にコピーする中2女子なんて
俺の周りにはほかにいねーよ

222 :216:2007/02/15(木) 01:22:25 ID:/ueo7e1u
んで彼女のライブがあるということで見に行った。
あの小さな手から繰り出されるコロラドブルドッグの旋律は、
俺の視線を釘付けにするのに十分な理由になった。

普段は大人しくビックリするほど謙虚な、
この小さな女の子に俺は恋をしていた。

メールアドレスをなんとか聞き出してメールをしていると、
ギャル文字も一切使わない丁寧な敬語が、
普通の子とは一線を画した純粋さを表しているようで、
どんどん引き込まれていった。

しかし、そんな二人の日常はたった3ヶ月で機転を迎える。

223 :216:2007/02/15(木) 01:28:44 ID:/ueo7e1u
ある日俺はテスト勉強で2週間ほどギター教室を休んだ。

そんな中、ギター友達からある噂を耳にした。


彼女は今月中に、長野に引越してしまうということだった。

あまりに急すぎる‥

まだ会って3ヶ月しか経ってないのに‥

だから告白しても良い返事を貰える確率は少ないだろう。でも

俺はテスト終わってギター教室に行ったら告白しようと決めた。

長野なんて近いじゃないか。OK貰えたら毎週でも行ってやる!
そう決意した。


しかし、テスト終わって教室に行ったら、既に彼女は教室を辞めた後だった。

224 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 01:38:21 ID:Oo1TT5M+

なんか嘘クセーー。すげえ童貞臭するんだが
こんなかじゃ>>9が一番リアルで好きだ


225 :216:2007/02/15(木) 01:39:15 ID:/ueo7e1u
俺は彼女に電話をかけた。

つながらない‥。

そこで彼女メールをして、時間が出来たら電話をしたいから、教えてくれと送った。


夜になってようやく返事がキタコレ

「遅くなってスミマセン。引越しの準備で忙しかったんです。どんな用事ですか??」
そこで俺は我慢しきれなくなってこう送った。
「君に告白したいんだ。だから電話させてくれ」
10分ぐらい経ってメールがキタコレ

「何言ってるんですか?冗談ですよね」
俺はまたメールを返した
「冗談じゃないよ!本当に好きなんだ。」

しかしその日はメールはもう帰ってこなかった。

次の日になってまたメールを送った。
「やっぱりメールじゃ伝えきれない。本当は会って話したいけどせめて電話させてくれ。」
そして彼女から返信が来た。



「ごめんなさい‥他に好きな人がいるんです」

226 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 01:43:10 ID:Oo1TT5M+
他に好きな人がいるんですっていうのは一番手軽な断り方
ブ男に執拗に迫られて相当困ってたんでしょう。

227 :216:2007/02/15(木) 01:48:14 ID:/ueo7e1u
>>224
実話だからしゃーない


続き
奈落の底に落ちた気分だった‥。
「そうだよね‥好きな人くらいいるさね‥」
とだけ返信すると、俺はベッドに崩れ落ちた。
そのまま、次の日の夜まで何も飲まず食わず
さらに学校も休んでベッドで 同じ姿勢で 魂が抜けたように 倒れていた。
失恋でこんなふうになるなんて、自分でもそれまで全く想像がつかなかった‥

なんとか人間的な行動をしはじめた頃に考えた。

よし、もう元の友達でいいじゃないか、と。

いつものように、あの楽しく話したり、
ギターを一緒に触ったりしたり食事してた時のように‥あの頃と変わらないメールを送った。



帰ってこない


また送った。


帰ってこない。


半年間、日をあけておくり続けたがとうとう帰ってくることはなかった。

228 :216:2007/02/15(木) 01:51:22 ID:/ueo7e1u
>226
そうかもな‥おっしゃるとおりだよははは
書いてたら途中色々思い出して本当に涙が出てきたよ
気力だけで書いてたけどなんかかきたくなくなってきた‥


229 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 03:05:41 ID:AjI8+IRt
°・(ノД`)・°・

230 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 05:25:58 ID:kuyuDdxT
恋愛というか片思いだな

231 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 08:06:50 ID:dyG9fp9I
うわぁ切ないわ・・・

232 :ギター屋:2007/02/15(木) 10:52:47 ID:BDDuyuID
ギターを激安で購入できるリスト譲ります。興味ある方、ご連絡ください。よろしくお願いいたしますm(__)m

233 :216:2007/02/15(木) 11:08:20 ID:/ueo7e1u
片思いって恋愛じゃないのか?
起きて少しすっきりしたからまた書くよ



半年もしつこくする俺は端からみたらキモチ悪いかもしれない。
でもそれだけ好きだったんだ。

俺は思った。俺が付き合いたいと思うのは一緒にしゃべってて楽しいとか、
一緒にいるだけで癒されるとか、そういう理由だ。
ふられてこんなふうに二度と一緒にいれないなら‥もう俺は二度と告白しない。
そう決意が固まったころに、彼女の新しいバンドが、
こちらのクアトロまでライブしにくるという話を聞いた。
近所なのでもちろん見に行くことにした。

その日、早めパルコに着くと、(クアトロはパルコの中にある)
パルコにある島村楽器を物色にしいった。

手頃な値段のアコギを試奏させてもらい、彼女の好きだったカリフォルニケーションをつま弾いた
その悲しい旋律を、俺は考えうる限り感情を込めて演奏した。
演奏が終わり、顔を上げると‥なんとガラスのショーケースごしに彼女がいた。

234 :216:2007/02/15(木) 11:13:15 ID:/ueo7e1u
彼女はこちらをちらっと見て、何もなかったかのように顔をそらした。
リハは終わったのだろうか。俺は正面から歩み寄って、
「元気だった?今日頑張ってね」
と声をかけた。










すると彼女は、顔色一つ変えずに、何も聞こえなかったように俺の後方へ歩き去っていった。

235 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 11:14:57 ID:Oo1TT5M+
今時さ、語尾に  〜だわ  とかつけるJKいなくね??

236 :216:2007/02/15(木) 11:19:43 ID:/ueo7e1u
俺はしばらく呼吸をするのを忘れていた。


嫌われたのか‥?


まあ仕方ないだろう。半年もしつこくメールしてたら誰だって‥

でも俺はショックだった。


彼女のライブが始まった。今まで彼女はアイバニーズのSを使っていたが、
ESPのフォレストに変わっていた。

エクストリームのレスト・イン・プレイスでは、イントロだけバイオリンに持ちかえたりしていた。

やっぱり彼女は可愛かったし、かっこよかった。

237 :216:2007/02/15(木) 11:30:23 ID:/ueo7e1u
家に帰って、
「今日はかっこよかったよ。いい演奏だった」
とメールを送り、
ショックでなにも喉を通らなかったが、寝た。


それから一ヶ月後、彼女からメールがきた。
「アドレス変えました登録お願いします。」

俺は飛びはねるほど嬉しかった!
また彼女とメール出来る‥! 実際、彼女はメールをしても返信してくれるようになった。
和解してくれたんだ!


しかし、俺は彼女のメールに少し違和感を抱いていた。
いままでの彼女と少し違うな‥ぐらいだったが
まあ半年以上もたてば多少大人になるもんだよと思い大して気にしていなかった。

そんな中、俺は バンドの友達づたいに嫌な噂を聞いた。

238 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 11:33:05 ID:aac1QNaA
続いてたんだw

239 :216:2007/02/15(木) 11:47:09 ID:/ueo7e1u

噂の内容はこうだった。


俺が半年もの間飽きもせずメールを送り続けていると、

彼女の友達が、そんな物好きの俺に興味をもった。

あろうことか 彼女は俺のメールアドレスを友達に教え、
自分になりすませてメールを送らせたというのだ。

つまり‥俺が喜んでメールしてた相手は‥

偽者‥



俺はその日から引きこもり、狂ったようにギターを弾いた。
勉強もしなくなり、進学校の上位の成績にいた俺は下から三番目くらいまで落ち込んだ。

でももうなにもかもがどうでもよくなった。



女なんて‥



240 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 12:07:34 ID:brbrC6i4
216は別に悪いこと何もしてなくね?告られたからって次の日から無視しだす女なんて性格に問題あるしもうどうだっていいだろ。

それよりその偽者とは何もなかったのか?

241 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 13:02:25 ID:/pJylWO4
偽者って男、というかグループだろ。
偽メル友になって返ってきたメールをみんなで見て楽しむってのは
割と良く聞く残酷な話だよな。一種のいじめだろう。
>>216がしつこいのは確かだけど、
だからといって偽者作戦でおちょくるのはかわいそうだ。

242 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 13:27:54 ID:Bi3AQRq0
かわいそうだな。そんな女と付き合わないで結果オーライだよ。その女がここを見て、自分は最低だなって感じて欲しいな。

243 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 14:21:26 ID:dyG9fp9I
うわぁきっついな・・・

244 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 16:21:41 ID:wXi0kNgr
きつ…

245 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 16:29:39 ID:k5gaffbM
半年もメールし続けたら普通キモがられるだろ

246 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 16:53:39 ID:aac1QNaA
連絡したくないなら、一言もうメールできない事を伝えるのが礼儀。

礼儀を知らない厨房女



247 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 16:59:54 ID:MYF+jy36
おまえIDみてみろよ!

248 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 17:11:47 ID:kuyuDdxT
これはひどい

249 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 17:29:45 ID:EPkUNRrP
俺バンド系、彼女ダンス系。好みは違えど、お互い好きな事がある事を認めあい尊敬できる仲だった。
最近Liveも増え日曜も最近練習ばかりで彼女に寂しくさせてるだろうなと思い、ある日スタジオ終わった後ビックリさせてやろうと、内緒で放課後に彼女の家の駅で待っていた。
この電車かな?次の電車かな?と色んな事を考えながら改札付近に座り待っていた。40分ほど過ぎた。
ホームの階段から彼女の笑い声がしたから俺は立ち上がりテンション上げて待ってたら…
いかにもブレイキンな格好の男と腕を組んで降りてきた。

250 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 17:56:00 ID:r/S/kjDI
>>249
うわああああああああああああああああああああああ

251 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 20:49:38 ID:hbqxowd/
で?!
続きは!!

252 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 21:29:39 ID:dyG9fp9I
おまえらもうちょっと心が暖まる話頼むよ・・・

253 :ドレミファ名無シド:2007/02/15(木) 23:51:52 ID:XCwbiw3m
なんかハッピーエンドの話はないのか?

254 :216:2007/02/16(金) 00:07:33 ID:cQvNbB4P
みんないろいろな意見ありがとう‥

>240
なにもないよ。突き止めようとしたがやっぱり無理だった


世の中純粋に見えて全然違うひともいるんだよね‥
信じるだけじゃ駄目なんだなぁ‥

255 :ドレミファ名無シド:2007/02/16(金) 01:00:19 ID:UQMZWDAJ
そもそも、楽器にまつわる話ってあんまりないよな。

256 :ドレミファ名無シド:2007/02/16(金) 01:05:07 ID:D0PsJJQ8


デートした。酔った勢いで添い寝した。朝まで添い寝したら嫌われた

257 :ドレミファ名無シド:2007/02/16(金) 01:11:18 ID:cQvNbB4P
なんで人は人を好きになるんだろう。
そんな感情いらないと思わないか?

258 :249完結:2007/02/16(金) 01:13:32 ID:PRhnSJm+
>>249短い続き。二人で公園で少し話す。もう開きなおった女はスッパリ別れを言ってきた。
安心しきってて放置してたわりに、その言葉が直撃するとリアルに悲しい漏れ。だが男らしく強がりウダウダせず、ちゃんと別れて帰った。
帰ってなんか勢いで半泣きなりながら作詞曲をして1曲できたらスッキリした。
そして今度は友達としてLiveに来た。
その曲が流れ、後ろのほうで泣いてるのか俯いてる元カノ。
「これは復縁なるか」と思いながら、Liveの感想を聞いた。
元カノ「良かったよー。感動したー。じゃあねー。」
…もう二度と恋の歌なんか作らんと決めた。

259 :ドレミファ名無シド:2007/02/16(金) 01:23:31 ID:D0PsJJQ8
単純に「引きづってるのかよ・・・きめぇ」って思って笑いこらえてたんじゃね。下向いて。

260 :ドレミファ名無シド:2007/02/16(金) 01:59:51 ID:L3W0ZUc5
居眠りしてたとしか

261 :ドレミファ名無シド:2007/02/16(金) 02:09:32 ID:O+wdOgpb
>>258
ねちっこいな

262 :ドレミファ名無シド:2007/02/16(金) 03:37:07 ID:LYmtNGqH
そう言うなよ
男は引きずる生き物だ

263 :ドレミファ名無シド:2007/02/16(金) 07:37:04 ID:RgV2nZ06
恋って難しいよな。



と彼女いない歴年齢の俺が言ってみる

264 :ドレミファ名無シド:2007/02/16(金) 18:41:24 ID:Lp1Q3COZ
>>263
そんな君の恋の話を聞きたいなぁ
片思い系とかでいいからさ

265 :ドレミファ名無シド:2007/02/17(土) 05:51:59 ID:PsIZsEDp
出来る限り端追って書きます、では。(唐突で申し訳ない)

俺が彼女と会った時は高校生の時。
一目ぼれだった、ただ惚れた。
初めて見たのは楽器屋。ホントに一目ぼれしちゃって。
だから頑張った。勉強にバイトにギターに。
彼女と付き合いたかったから頑張った。
なんだって出来ないと彼女と釣り合わない気がしたから。
楽器屋に行くといつもその子がいたもんだから軽く運命まで感じたりとか。…高校生だし。


そんで、頑張った結果、付き合えた。
高校卒業して、今はフリーターになっちゃったけど、それでも付き合ってくれてる。
これからバンド始める時も一緒に行くんだ。大事な相棒、とも言える彼女だ。

その名もテレキャスター。


駄文スマソ

266 :ドレミファ名無シド:2007/02/17(土) 08:12:03 ID:+z3GR6Lp
>>265
まぁ、気持ちはわからんでもないが…

267 :ドレミファ名無シド:2007/02/17(土) 10:01:45 ID:o0rBjZaW
>>265
コユキ乙

268 :ドレミファ名無シド:2007/02/17(土) 17:38:24 ID:3wO0PRKU
女なんて快楽の道具じゃないか。
あと目の保養

269 :ドレミファ名無シド:2007/02/17(土) 22:10:10 ID:x2DHnx1F
>>265
感動した!!!!1

270 :ドレミファ名無シド:2007/02/17(土) 23:14:31 ID:8Od1nexd
I feel 〜♪ えんだ〜 テレ、カスター♪

う`〜ろっ、ぽんのぉ、くる、った、ハガネ、のシン、ドおぉ〜♪

271 :ドレミファ名無シド:2007/02/18(日) 01:59:26 ID:zE9ibMDk
>>268のいうとおりだ

272 :ドレミファ名無シド:2007/02/18(日) 02:11:39 ID:ZxRJ+BU5
俺は付き合ってsexすると冷めやすいから付き合うまでのトキメキ感が好き

273 :ドレミファ名無シド:2007/02/18(日) 02:29:49 ID:s68/X66t
約束を守ったり遅刻しなかったり貸したものをちゃんと返してくれるようなそんな普通のことができる娘が減ってる気がする。
いくらツラが良くてもそーゆうことが付き合う時間が長くなるにつれてできなくなってくるような女はもうやだ。

274 :ドレミファ名無シド:2007/02/18(日) 08:02:49 ID:u7zBFbzb
敬語とかね

275 :ドレミファ名無シド:2007/02/18(日) 10:01:41 ID:zE9ibMDk
敬語まじいい

276 :ドレミファ名無シド:2007/02/18(日) 10:18:40 ID:cjKy1TS0
俺は昭和の人間だぜ

277 :ドレミファ名無シド:2007/02/18(日) 10:55:52 ID:U8//UQ23
>>265
よくギターの性別は女だっていうよね
わかるぜギターは愛した分だけ返してくれる
そしてリアルの女よりずっと艶かしい体をしている

278 :ドレミファ名無シド:2007/02/18(日) 10:57:52 ID:u7zBFbzb
まあ俺はどっちも大好きですけどね

279 :ドレミファ名無シド:2007/02/18(日) 13:14:37 ID:dmY38TOU
>>265
もちろんジャックに挿ny・・・いや、なんでもない

280 :ドレミファ名無シド:2007/02/18(日) 21:57:55 ID:bZ3+NfG5
>>265

つttp://stra.breeze.jp/7.html

281 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 00:08:23 ID:zE9ibMDk
女なんかどうでもよくなってきた

282 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 00:08:51 ID:suElv8WV
4年もセクロスしてない
もう俺人生終わったな

283 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 00:25:57 ID:7gLgQAZL
俺はもうすぐ二年だよ

284 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 01:43:04 ID:/6yTZ7ov
女と同居の為に毎日働いて金貯めたと思ったらお別れ。

その金でESPのHORIZONU買ってやった

285 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 01:48:56 ID:d6VYahjA
最高じゃん

286 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 09:30:27 ID:ojwNb6mM
彼女と初めて出会ったのは去年の四月。そのころボーカルがバンドを抜けてしまい、ノリで「今度は女の子がいいな!」ってみんなで盛り上がってたらギターの奴が元中の女の子ほんとに連れてきた 最初はそのギターに「まじでつれてきたのかよ」とかちょとひいたりしちゃった。

287 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 09:36:52 ID:psKUxKvW
きたきたきたー

288 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 09:37:13 ID:ojwNb6mM
もひとりのギターとドラムはまじで喜んでて「わいがいただくぜ!」とかなぜか関西弁まじりだった。実はゆうとわいも内心嬉しかった。 その彼女の第一印象は、とにかくかわいかった。目が大きく、髪は明るめの茶髪にショートヘアー。どんぴしゃだった。

289 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 09:45:28 ID:ojwNb6mM
でも逆にかわいすぎて、、絶対俺には無理だとおもった。しかもバンド内での恋愛ってバンド活動に支障きたすから普通だめだってゆうし。そんなことばっか考えてた。あんなかで俺が一番意識してたかもしんない。なのに自己紹介ではそっけなく名前だけ。

290 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 09:55:34 ID:ojwNb6mM
彼女はというと、ルックスに比例してすごく明るく、名前、高校、やりたいアーティストとか色々話してくれた。そんでドラムの奴が彼氏いますかってナイスな質問したんだけど、 こないだわかれちった♪なんて記号でもつきそうなテンションで答えた。まるで天使のようだった。

291 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 10:49:47 ID:ojwNb6mM
毎年九月に近くの高校が何校か集まってライブハウスを借りてライブをやることになっていた。ほぼ全員高校生だけど結構な人がみにくる。ライブ経験少ない高校生のおれらにとっちゃものすごい大舞台だ。

292 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 12:13:01 ID:ojwNb6mM
おれらはまた集まっていた、今度は何の曲をやるかの話し合い。彼女はジュディマリやら事変がやりたいらしい。他のメンバーはノリノリで承諾した、しかし俺は一人とまどっていた。

293 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 13:24:45 ID:ojwNb6mM
実は前ボーカルが抜ける一ヵ月前にベーシストが抜けており、そいつの代わりを探していて、前からバンドに憧れてた俺が頼み入れてもらった。だから俺はベース初心者中の初心者で簡単な一曲やっとできるくらいだった。。。 俺はノリノリで承諾していた。彼女の笑顔には勝てなかった

294 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 13:58:20 ID:ojwNb6mM
その日から俺の猛練習は始まった。このころ恋ではなかったと思う。バンドメンバーとかっこよくセッションしたい。そしてもてたい。もちろん九月のライブには高校の女の子がたくさんくる。男は常にもてたいと思う生きものだとおもう。ただもてたかった。もちろん彼女にも。

295 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 14:09:03 ID:ojwNb6mM
はずかしながらジュディマリやら事変はその頃の俺にはかなりむずかった。。五月。初あわせの日。その日にやると決まっていた曲を集中的に練習していたので、みんなに必死でついてった。たぶん下手だった。でも必死だった。

296 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 14:12:45 ID:7gLgQAZL
んでんで

297 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 14:17:25 ID:ojwNb6mM
おどろいたのは彼女の歌声。 うまい。。。まるで本当の天使の歌声だった。 そんな彼女に恋に落ちるのに時間はいらなすぎた。魅力的すぎた。三回目のスタジオん時恋してるって確信した。赤いスカートが眩しすぎた。

298 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 14:31:04 ID:ojwNb6mM
彼女とは話しやすかった。もちろん俺だけが特別しゃべってるわけじゃなくて、みんなと仲良くなっていた。でも俺とはファッションとか話があって、最初一番仲良かったかもしれない。

299 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 14:34:47 ID:ojwNb6mM
彼女とあえるのはスタジオ練ときのみ。夢のような時間。待ちどうしくてたまらなかった。その頃は完全に彼女の為にベースをひいていた。彼女の笑顔のために。恋の力はすごい。俺はどんどん弾けるようになってきた

300 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 14:41:28 ID:ojwNb6mM
八月に入りスタジオに入るのペースが早くなってきたころ。彼女は俺をさけるようになった。他のメンバーとは前とかわらず普通に接しているのに、俺とは目もあわない。俺が好きなことばれて、避けてるのかなって思った。ショックだった。

301 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 14:44:09 ID:Vojrlvp4


302 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 15:00:54 ID:ojwNb6mM
ジュディマリのそばかすって曲のラスサビの前にボーカル、ギター、ベースでやるとこがあって。そんときにボーカルとベースが向き合うっと演出っつーかそゆのあるんだけど、そんときだけ一瞬だけど目が合う。それくらいだった。

303 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 17:04:34 ID:s2wedMSk
おせえ

304 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 17:30:32 ID:7gLgQAZL
リスナーの気持ちになってくれー。続きが気になる
お願いしますマジに

305 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 17:31:59 ID:ojwNb6mM
すいません。部活で遅れました。 俺は彼女になぜ避けられてるかもわからぬまま、なにもできずにただ毎週あるスタジオ練をこなし時間がすぎていった。九月。ついにライブ前最後の練習。

306 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 17:40:39 ID:ojwNb6mM
演奏はほぼ完璧になっていた。練習が終わって、たまにサイゼリアにいったりするんだけど、今日もいくことになった。そこで彼女はいったんだ。「私、今度のライブでバンド抜けるね♪」であった日と同じように音符がつくような言い方だった。

307 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 17:43:48 ID:ojwNb6mM
当然メンバーは、「なんでだよ!?」とか「そんな軽い言い方なのかよ」って突っ込んだ。親が受験とうるさく、バンドなんかやめろと言われたらしい。彼女はこのメンバーでいるときは最高に楽しくて熱い夢をみれるよといってくれた。

308 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 17:48:17 ID:ojwNb6mM
彼女は暗い別れが嫌だったからあえて明るくいったんだ。すごく、彼女らしいと思った。 バンドを抜けるって事は、あえなくなる。つーか合う必要もなくなる。楽しみでたまらなかったスタジオ練。俺どうなるんだろう。

309 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 17:52:12 ID:ojwNb6mM
そんなことを考えたのはもうその日の深夜、布団のなかだった。いわれたときは何も考えれなかった。涙を我慢するので精一杯だったから。ほんとに、、、好きだったから

310 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:00:03 ID:ojwNb6mM
それからなんも考えられないままライブ当日になった。リハーサル前。彼女がみんなを集めて、手作りの人形のお守りをくれた。かわいいな。そんとき久しぶりにしゃべった気がする。「ぶさいくだなー笑」気持ちとは裏腹だった。「がんばってつくったんだからねぇ」

311 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:09:27 ID:ojwNb6mM
ほんとは、宝もんにするよありがとう!とでもいいたかったのかな。俺はその人形をベースにつけた。きっとよろこんでくれるけど彼女には恥ずかしくて見せれない。

312 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:14:15 ID:ojwNb6mM
ついにライブ一組目がはじまった。おれらは五番目だった。俺はこんときはまだ告白しようと思ってなかった。絶対無理だと思ってたから。あたる前に砕けてたから。こんときは演奏の事考えてたかな。

313 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:16:21 ID:ojwNb6mM
二組目、おれらの友達のバンド、女の子にキャーキャーいわれてる。モチベーションがすごいあがったのを覚えてる。

314 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:20:28 ID:ojwNb6mM
四組目になったときおれらは集合していた。みんなで一言ずつ、俺は「打ち上げ楽しみだぜ!」なんて若気の至りこの上ないコメントしてた。最後に彼女の言葉「私、後悔をしたくないから、思いっきり楽しもう!」

315 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:24:31 ID:ojwNb6mM
はっとした。俺は告白を決めた。後悔したくなかったから。彼女に勇気をもらって彼女に告白って笑とか考える余裕があった。とりあえず今はライブ成功させてからと考えた。

316 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:28:43 ID:Au16YAm0
ID:ojwNb6mM
イニシャルはI・Y?

317 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:29:12 ID:ojwNb6mM
ステージにあがると会場のテンションは最高だった。白いスカートに白い上着、、スポットライトに照らされ、まじで普段の十倍くらいかわいくみえた。隣にいるのに隣にいないみたい。本当に天使みたいだった。

318 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:33:17 ID:ojwNb6mM
i・Yじゃないです笑よくある話ですかね笑
最初緊張してたけど、3曲くらいやってなんとかライブを楽しめるくらい落ち着いてきた。そして最後の曲に。「そばかす」だった。

319 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:37:21 ID:ojwNb6mM
俺はもてる力すべてで演奏した。そして、ラスサビの前、俺と彼女が向かい合うところ。それは起こった。

320 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:41:56 ID:ojwNb6mM
俺はそのことをすっかりますれてて、彼女の視線を感じてちらりとみてはっとして急いで向かい合う。一瞬、ほんの一瞬だけど彼女と目が合った。時が止まった。ザワールド。付き合えなくてもいい。ただずっとこのままでいたいと思った。

321 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:46:20 ID:ojwNb6mM
願いはかなわず彼女は視線をずらす、その視線の先にさっきつけた人形があった。それをみた彼女は、微笑んだようにみえた。いやたしかに微笑んでいた。
俺は、、考えるより先に行動していた。

322 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:51:19 ID:ojwNb6mM
「好きだよ!」自分がなにやってるかよくわからなかった。必死だった。彼女は一瞬俺をみる。また時が止まる。俺は我に返って前を向き演奏をする。彼女も普通に歌い続けた。

323 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:51:28 ID:iEobNpcI
(ロードローラーだッッッ!?)

324 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:53:40 ID:ojwNb6mM
いやさすがにロードローラーはかましませんよw

325 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:58:20 ID:iEobNpcI
(腰を折ってすまん 続きをどうぞ)

326 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 18:58:45 ID:ojwNb6mM
おれらは見事ライブを成功させてステージをおりた。彼女の姿が見当たらなかった。俺の言葉聞こえなかったのかな。メンバーは抱き合って喜んでいる。俺もされたが、それどころじゃなかった。俺は走りだした。彼女を探しに

327 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 19:00:02 ID:WpPIEof2
ドキドキ

328 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 19:02:41 ID:ojwNb6mM
俺は泣きそうだった。実際泣いてたかも。外を探しに、近くを走った。見つからない。戻ってきて、意外にもライブハウスの端っこに、彼女は一人でいた。

329 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 19:07:16 ID:ojwNb6mM
俺はく、女の子としゃべる前、最初にかけることば、その返事とかをちょっとシュミレーションするきもいくせがあった。たしかそん時は「おつかれちゃん!」「楽しかったね」っていおうと思ってた。しかし全部とんでしまった。

330 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 19:08:25 ID:ojwNb6mM
彼女が泣いてたから。

331 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 19:10:41 ID:WpPIEof2


332 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 19:21:49 ID:ojwNb6mM
俺は掛ける言葉が見つからず、その場でたちすくしていた。すると彼女は一言、「ごめん、、」久しぶりに長い間目があった。俺はごめんの意味を必死で考えた。

333 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 19:26:09 ID:ojwNb6mM
考えても考えてもわからない。女の子の気持ちなんてわからない。耐えられずに俺のほうから目をそらしてしまった。しかし答えを見つけだす前に彼女が口を開いた。

334 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 19:28:25 ID:d6VYahjA
書くなら長文で書けよ。短文連発うぜーよ

335 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 19:38:50 ID:ojwNb6mM
すんません携帯なんでm(__)m 「、、も」 ??聞き取れない。俺はこのときなぜか絶対振られたって思って、逃げ出したかった。彼女のこんな顔みたことなかった。「、たしも」「わたしも」たしかにそう聞こえた。

336 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 19:44:02 ID:d6VYahjA
きも・・・・じゃなくて?

337 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 19:44:36 ID:ojwNb6mM
「えっ?」 「すき、、わたしも、、すき」 二人とも涙を流していた。泣きながら見つめ合ってる俺と彼女は他からみたらすごい変だったとおもう。夢じゃないか。本当のことなのかなって。避けられてたのに、思い切って避けてた理由をきいた

338 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 19:47:02 ID:yZPtQ7V5
ID:d6VYahjA
水を差すな。せっかく投下してくれてるんだから。



339 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 19:49:11 ID:ojwNb6mM
彼女は八月くらいから今回のライブでバンドをやめろといわれてたらしい。それで俺のこと意識してたらしいんだけど、これ以上好きになっちゃったら別れが恐いと思いあえて避けてたらしい。俺と同じで彼女も絶対付き合えないと思っていたらしい。

340 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 19:54:12 ID:ojwNb6mM
あのごめんの意味は、自分で「後悔しないように」とかいっといてあたしが一番後悔するとこだった。ありがとう。みたいな意味だったらしい。俺は彼女を抱き締めた。俺は天使をつかまえました

341 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 19:54:43 ID:7gLgQAZL
ほうほう

342 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 19:59:46 ID:ojwNb6mM
すいません。なんか不満おおいですよねm(__)m 最後までみてくれた人ありがとうございます。 彼女とは今も仲良くお付き合いしてます

343 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 20:04:14 ID:LQmEMicu
見にくかったけどいいエピソードだったから気にしないで!
今もバンドしてるのかな?末永くお幸せに

344 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 20:11:45 ID:e3bkhlqg
うわああああああああああ

羨ましすぎるぞどチクショウ!!

いいなあ・・・

345 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 20:37:12 ID:ojwNb6mM
今は、彼女が抜けて、ギターも一人ぬけて、俺はベースボーカルやってます。もちろん彼女に歌を教わってます!

346 :sage:2007/02/19(月) 20:41:09 ID:gRSRQmzo
後悔だけはいけないね

347 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 20:43:53 ID:7gLgQAZL
後悔するだろうなって気付いたら勝ちだよね
あんたは勝ち組みだ
お幸せに

348 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 22:25:32 ID:V038zkzr
全米が泣いた

349 :ドレミファ名無シド:2007/02/19(月) 23:16:41 ID:+z6BTkEo
どうやったら両想いになれるんだよ‥
運だな。そうか

350 :ドレミファ名無シド:2007/02/20(火) 03:45:46 ID:GiVhrFXB
いいな。
私は全然だめだ

351 :ドレミファ名無シド:2007/02/20(火) 12:04:32 ID:rDD+Cyvz
俺も俺も

352 :ドレミファ名無シド:2007/02/20(火) 13:22:59 ID:7NPBG+18
え、じゃあ俺がやるよ

353 :ドレミファ名無シド:2007/02/20(火) 13:37:42 ID:u8k/eFZR
え、じゃあ俺も俺も!!

354 :ドレミファ名無シド:2007/02/20(火) 13:56:07 ID:F+4JdPfG
listen up!
http://www.youtube.com/results?search_query=%E5%8F%8C%E8%91%89%E5%8F%8C%E4%B8%80


355 :ドレミファ名無シド:2007/02/20(火) 14:44:50 ID:kE0YfzpZ
>>353
どうぞ

356 :ドレミファ名無シド:2007/02/20(火) 17:31:25 ID:7NPBG+18
もっとノリノリでやれや

357 :ドレミファ名無シド:2007/02/20(火) 18:10:27 ID:pFo3kPhb
ですよ、この前
楽器屋に行って恋をしたんですYO!
一目惚れなんて初めてだったんですYO!



SO!!

ギブソンレスポールスペシャル!

でも高くてその恋は幕を閉じたんだぞ〜。

あい、とぅいまてぇ〜ん


いや、マジでゴメン。

ノリノリでやれって誰かが言ったからさ。

358 :ドレミファ名無シド:2007/02/20(火) 19:48:25 ID:cKMiYFUx
お前が喋ると、よく周りの奴ら静かになるだろ?携帯開く奴増えるだろ?

359 :ドレミファ名無シド:2007/02/20(火) 20:33:49 ID:7NPBG+18
そういうこと言うなwwwwww

360 :ドレミファ名無シド:2007/02/21(水) 13:38:56 ID:maySdS2a
番号聞きたいのになんて言えばいいかわからん

361 :ドレミファ名無シド:2007/02/21(水) 18:00:57 ID:d4WqK/mF
番号教えて。

362 :ドレミファ名無シド:2007/02/22(木) 03:00:51 ID:rXEFFa9L
>>358
うん
>>360
すいません、ちょっと携帯がみつからなくて・・・
ちょっと自分の携帯電話に電話を掛けさせて頂けないでしょうか。
(ピルルルル)
あっ、ポケットにありました、どうもありがとう

(後日)

この前はありがとう!やらせて

363 :ドレミファ名無シド:2007/02/22(木) 08:42:50 ID:3hdyAHoH
最後レベル上がり過ぎだろ

364 :ドレミファ名無シド:2007/02/22(木) 11:20:26 ID:75AQnR+3
つまらない死ね

365 :360:2007/02/22(木) 11:23:39 ID:KNrScr3q
>>361
そんな聞き方だとばればれな気がします。
もっと自然に番号聞きたいです。

>>362
ありがとうございました。
無事にやらせてもらうことができました。

366 :ドレミファ名無シド:2007/02/22(木) 12:28:53 ID:r/Y56kR3
>>365
良かったですね。
でも電話番号聞いてからが難しいですよね。

だから携帯番号うp Or ケツ出せ

367 :ドレミファ名無シド:2007/02/22(木) 14:20:29 ID:IF02+HBN
ほらほら童貞はこのスレから消えなさい

368 :ドレミファ名無シド:2007/02/22(木) 15:19:31 ID:OWmHFBQ3
ID:ojwNb6mMの話がいい話すぎる

369 :ドレミファ名無シド:2007/02/23(金) 01:26:12 ID:nUxbfTrq
>>365
私になりすましてる人がいる。
私まだ番号聞けてないよ!
会えないんだよ。
友達が番号知ってるから聞けばいいのに
それすら恥ずかしくて。
彼には彼女いるみたいだし。
でも次会う約束はしてるんだ。
でも連絡とれないってw
致命的ですな

370 :ドレミファ名無シド:2007/02/23(金) 11:14:45 ID:r0QUqORm
>>369
次会う時に勇気出して聞こう!
相手に彼女いるなら今は辛いけど、この先なにがあるかわからんぞ!頑張ってればチャンスが来るかもしれないし
とにかく今は諦めずに頑張れ!

楽器は何を使ってるの?
相手との関係は?


371 :ドレミファ名無シド:2007/02/23(金) 12:25:50 ID:nUxbfTrq
>>370
彼はレスポール。
私は始めたばかりだからフェルナンデスの安いの。
二人の関係は私の親友の彼の友達で、
親友チャンが地元に帰ってくると
みんなで遊ぶんだ。
そうでなくても遊ぼうなって言われた
けど………………連絡とれんし。

用があるから って親友チャンに番号聞こう
としたけどやっぱり勇気なかった。

372 :ドレミファ名無シド:2007/02/23(金) 15:14:30 ID:hY/a85/i
女の子から連絡先聞くのって勇気いるかもね。
でも本当にその人のこと好きなら頑張れると思うよ。
連絡取れないのってつらいと思うけど、焦らないで
自分で聞けるのが一番ベストだけど、本当に無理だったら親友チャンに相談してみるのもアリかと…
別に人を好きになることって誰でもあるし悪いことじゃないから



373 :ドレミファ名無シド:2007/02/23(金) 15:18:57 ID:hY/a85/i
>>372
ID変わってるけど>>370ねw


374 :ドレミファ名無シド:2007/02/23(金) 17:38:04 ID:lMkg5vXV
そんな事より俺とトゥギャザーしよーぜww

108 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)