2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

矢代秋雄

1 :7分74秒:2005/07/15(金) 05:17:19 ID:+Aq68E+f
寡作だがその作品はどれも完成度が高いと言われる矢代秋雄
彼とその音楽について語ろう

2 :7分74秒:2005/07/15(金) 05:20:26 ID:+Aq68E+f
関連スレ

クラ板の矢代スレ
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1118996830/

日本人作曲家総合スレ
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1115842793/

3 :7分74秒:2005/07/15(金) 05:49:58 ID:FzbRkERC
NAXOSから出てるピアノ協奏曲の録音は最強。

4 :7分74秒:2005/07/15(金) 13:51:08 ID:QvMjM2oy
てんやてんやてんてんやてんや

5 :7分74秒:2005/07/15(金) 23:29:22 ID:icUAtf34
さかなはあぶったイカで良い

6 :7分74秒:2005/07/18(月) 17:03:08 ID:MLIWL+IS
>>4-5

書 く と 思 っ た

>>3
まあ家にあったのがピロコ版でそれに慣らされていたからねぇ

7 :7分74秒:2005/07/19(火) 02:44:24 ID:fYAHqvGj
ピロコ盤は鈍重

8 :7分74秒:2005/07/19(火) 10:24:15 ID:IcPpV6aM
中村紘子も、ギーレンが振った時とか、秋山ー東響の時とか、
かつての録音とは全く別ものの演奏を聞かせていたよ。

9 :7分74秒:2005/07/19(火) 11:06:33 ID:1H03Hl4J
俺が矢代秋雄で思い出すのは、以前全音楽譜から出ていた
彼によるラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番の懇切丁寧な解説かな。
和音の奏法から、速度、和声、練習方法などについての考察が
20ページ以上に渡って書かれてあって国内譜の質の高さを実感した。

10 :7分74秒:2005/07/21(木) 22:48:45 ID:VoKI/3fW
ピアノコンチェルトは舘野盤が良いと思うが、いかがか?

11 :7分74秒:2005/07/21(木) 23:01:38 ID:xB+OrLE/
出てるのか。

12 :7分74秒:2005/07/21(木) 23:08:22 ID:Y5Y1wrQD
なんでもっと長生きしていてくれなかったんだい‥‥orz

13 :7分74秒:2005/07/23(土) 21:49:15 ID:E+lT6GIi
正直、惜しいよな。

14 :7分74秒:2005/07/24(日) 02:37:42 ID:3TiRSpmc
交響曲もピアノ協奏曲も終わり方が妙にカコイイ

15 :7分74秒:2005/07/25(月) 16:05:29 ID:wgl75g7n
15なら矢代復活

16 :7分74秒:2005/07/26(火) 22:54:20 ID:gj9FmmDs
いきなり質問で悪いんだけど、
弦楽四重奏曲のいい演奏知ってたら教えてほしい。

17 :7分74秒:2005/07/29(金) 10:56:27 ID:VDq343UH
ロータスカルテット

18 :7分74秒:2005/08/08(月) 07:50:53 ID:GmmZJ8Bz
>>9
このあいだ、再販されたんじゃなかったっけ。

19 :7分74秒:2005/08/19(金) 18:54:59 ID:V4Y7lFyn
和声集が絶品
デュティユーの課題の実施が凄かった

20 :小田諭:2005/08/20(土) 21:04:48 ID:BZDuYymO
著作でジョリヴェのピアノ協奏曲ボロクソ書いてるの見てからこの人嫌いになった。
矢代のピアノ協奏曲なんかうんちみたいな曲じゃん。
自分のうんち棚にあげてジョリヴェのうんちを笑ったりするから早死にしたんだと思う。

21 :7分74秒:2005/08/20(土) 21:06:03 ID:xe8WGnM7
>>20
きみ、あほだろ

22 :7分74秒:2005/08/20(土) 21:31:11 ID:ux6d8iGw
自分の好きなものをほめてる=いい人
自分の好きなものをけなしてる=悪い人

小学生女子かよ。

23 :7分74秒:2005/08/21(日) 11:32:35 ID:U4jeaM68
>>20は女子小学生なのか?

(;´Д`)ハァハァ

24 :7分74秒:2005/08/21(日) 16:17:56 ID:TC3RuHgN
画像うっp汁!

25 :7分74秒:2005/08/22(月) 14:27:14 ID:XffHnb7p
矢代とジョリヴェのピアコンじゃ、矢代が上に決まってるじゃん。
だいたいジョリヴェが、そうとういいかげんな作曲家。でも彼のピアコンは、
矢代が言う通り、下手な理屈をこねたつまらん曲より、
とにかく聴衆を引っ張っていくので、はるかにマシではあるとは言える。

三善も、どっかでジョリヴェをけなしていた。まあ当然だよな。
三善や矢代と比べたら、彼は指のまわらないピアニストレベル。

26 :7分74秒:2005/08/24(水) 22:14:04 ID:Fe1Y4zOG
彼は原則として死後30年以上経っていない作曲家の音楽を聴こうとしなかった。
「現代音楽を信用しないというわけじゃないよ。ただ俺は時の洗礼を受けていないものを聴いて貴重な時間を無駄に費やしたくないんだ。人生は短い。」
「永沢さんはどんな作曲家が好きなんですか?」
「バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ドビュッシー、シェーンベルク、矢代秋雄」と彼は即座に答えた。
僕は頭の中で計算してみた。「でも、矢代秋雄が死んでからまだ29年しか経っていませんよ」
「構うもんか、1年くらい」と彼は言った。「矢代秋雄くらいの立派な作家はアンダー・パーでいいんだよ」


27 :7分74秒:2005/08/26(金) 22:38:31 ID:FQ7NyNDI
高校んとき吹奏楽でやったなー
交響曲 第四楽章


28 :7分74秒:2005/08/27(土) 13:34:24 ID:VK+K8VHG
>>19タンを信じて、和声集買いますた。
楽しみ!

29 :小田諭 ◆y2q.NRvZP2 :2005/08/27(土) 14:17:13 ID:KBzLqYKv
>25
>矢代とジョリヴェのピアコンじゃ、矢代が上に決まってるじゃん

君の耳にはうんちがつまってるのか?
あの矢代のピアノ協奏曲のカデンツァのうんちをふんづけて歩いてるみたいな八分音符のリズムがいらいらする
第二楽章のドの連打も,うんちを拭いても拭いても拭ききれないイライラみたいに聴こえる

30 :7分74秒:2005/08/27(土) 17:47:47 ID:ujY/TW1K
>>29
ひょっとして、演奏家以上でうんち漏らしながら聴いた個人的体験に
縛られてないか?

31 :19タンですが:2005/08/27(土) 18:37:44 ID:8DUdYKA/
>>28
デュティユの実施はV巻の19番。芸和の思考じゃ多分分析無理ぽ
ありえない進行は偶成としてとらえるしか…というか28タンは和声やってる方なの?
やってなかったら変な買い物させてごめんね;

32 :7分74秒:2005/08/27(土) 22:58:32 ID:qE4fR9nV
矢代とフランクは組み立て方が似てる気がする。閃きが技術、労作で見えにくくなる感じ。

33 :7分74秒:2005/08/27(土) 23:53:55 ID:eZx7z5aw
フランクとはよく比べたことがないから無知故知らないけど、
精密さとフランス繋がりで思い当たるラヴェルとはなんかタイプが違うよな。

34 :28:2005/08/28(日) 02:42:05 ID:cw9GB81g
>>19
芸和はII巻まで独学でやって、III巻でワケワカンネって感じで投げ出し中。
あとは、日本和声の本も読んだりとか。

いいかげん、ちゃんとした先生について、III巻やらなくちゃ・・・。

とりあえず、実地を弾いて見て楽しむので、変な買い物にはならんと思いますです。

ちなみに買ったのはII、III巻でした。

35 :7分74秒:2005/09/02(金) 12:16:41 ID:p1SUOUoM
オレ、ソプラノ記号見ただけで、玉砕。

36 :7分74秒:2005/09/06(火) 22:59:28 ID:3r8YSvu0
今も和声集成、出てるんだな。

37 :7分74秒:2005/09/06(火) 23:51:21 ID:8NT6tJ7K
亀レスですが
>>34
Gallonの実施は「へぇ〜」と思ってしまうようなものもあります。
矢代氏は次々と声部が入っていく開始が特徴ですね(特別なことじゃないですが)
直接ピアノで弾かなくても無料のシーケンサソフトで打ち込んじゃう方が早いですよ!

38 :7分74秒:2005/09/07(水) 02:01:59 ID:T6BSXDiF
弾いた方が早いに決まってる

39 :7分74秒:2005/09/29(木) 02:41:13 ID:en3MchHG
音楽之友社からでている「バンド・ジャーナル」という雑誌に日本の作曲家を紹介
する連載があり「矢代秋雄」特集(9月号)があった。貴重な写真とともに詳しい
記事が内容が良かった。
ブラスバンドの雑誌になんでこんな面白い記事があるのか?
バック・ナンバーの特集が知りたいものだ。

40 :水槽厨:2005/09/29(木) 06:50:28 ID:w5xNy6Uv
今月は黛。
他にも、伊福部、小山、渡辺、林、芥川、團、別宮、奥村一、斎藤高順
辺りが紹介されてたはず。

41 :水槽厨:2005/09/29(木) 07:01:19 ID:w5xNy6Uv
あと、小川寛興、渡辺俊幸なんて劇伴作家も。

42 :7分74秒:2005/09/30(金) 20:50:41 ID:9EgWo8Z6
   | \
   |Д`) ダレモイナイ・・コウキョウキョクナラ イマノウチ
   |⊂
   |


     ♪  Å
   ♪   / \   テンヤ
      ヽ(´Д`;)ノ   テンヤ
         (  へ)    テン テンヤ
          く       テンヤ



   ♪    Å
     ♪ / \   テンヤ
      ヽ(;´Д`)ノ  テンヤ
         (へ  )    テン テンヤ
             >    テンヤ


43 :7分74秒:2005/10/03(月) 22:19:42 ID:cA+Y6vUB
この人の音楽を聴くと、音楽には弛まぬ勉強、訓練が重要なのだ
ということを痛感する。

才能がない、という意味でないのであしからず。

44 :7分74秒:2005/10/05(水) 13:43:58 ID:/p7hxZux
童謡・唱歌好きのおいらから言わせれば
矢代が編曲した日本の童謡・唱歌は傑作の部類に入る。

45 :7分74秒:2005/10/09(日) 18:25:58 ID:neqpWb+F
>>39

>ブラスバンドの雑誌になんでこんな面白い記事があるのか?

それは日本のおおかたのクラシックファンが自国の作曲家に見向きもしないから。
水槽の方が柔軟と思うな,個人的には。

あ,なにも水槽に編曲してやるって意味じゃないよ。
リスナーとしてね。

46 :7分74秒:2005/10/15(土) 06:18:10 ID:quwbG0bj
交響曲は傑作だね。

47 :7分74秒:2005/10/15(土) 11:41:02 ID:WUxEenyr
水槽はダメでしょ。
しょーもないものを有りがたがってる。

48 :7分74秒:2005/10/16(日) 03:48:23 ID:fGsVp5a4
>>47

だから日本のクラシック好きのおおかたは
「しょーもなくないもの」まで聞かないんだってば。



49 :7分74秒:2005/10/30(日) 10:12:49 ID:KNVUiWZ/
矢代は、後年ジョリヴェのチェロ協奏曲を割りと高く評価しているよ。

“ジョリヴェは『セロ協奏曲』に於て、一時期の作品に見られたような俗悪なムード
を一切払拭し品格の高い歌を歌いあげている。書式は洗練されており、楽器法は巧妙
であり、前記デュティユーの「交響曲第二番」とともに近年のフランス現代音楽界の
話題作である。”

この評とともに、改めて前記エッセイを読んでみると、ジョリヴェを完全否定していた
わけでなく、ある程度の実力は認めていたと思う

50 :7分74秒:2005/11/02(水) 22:14:08 ID:XQXt059i
中古CD店で新品同様の「交響的作品」発見。

51 :7分74秒:2005/11/03(木) 14:11:06 ID:jFZ+sHDd
矢代のジョリヴェ評は笑えるな。
「第一顔が嫌いだ」ってのはすごい。

52 :7分74秒:2005/11/03(木) 18:17:52 ID:RuHey2J4
それを言ったら矢代の顔だって。と思わなかったのだろうか。

53 :7分74秒:2005/11/03(木) 22:58:19 ID:Vj4fF2RJ
>>49
ジョリヴェのチェロコンは2つあるけど、やっぱ2番のことかな?
たぶん1番みたいなのが「俗悪ムード」なんだろうな。
ジョリヴェ好きより。

54 :7分74秒:2005/11/05(土) 09:04:40 ID:O+YbkzjI
>>50
ナクソス盤の登場で、佐藤指揮の交響曲はイラネってことだろう。

55 :7分74秒:2005/11/07(月) 18:28:54 ID:dHxGSrIY
最近のNAXOSは侮れないからな。

56 :50:2005/11/11(金) 22:23:15 ID:oF+xEGba
>>54
あ,聞きたかったのは「交響的作品」であって,
カップリングの「交響曲」には正直がっかりしたとも。

個人的には「交響曲」は渡邊指揮が好きなんだなあ。
NAXOSもいいけど。


57 :7分74秒:2005/11/28(月) 20:50:10 ID:QhnAQ0OW
不滅なり。

58 :7分74秒:2005/11/28(月) 20:53:07 ID:QhnAQ0OW
あげる

59 :7分74秒:2005/12/14(水) 02:37:06 ID:s+pA7cc1
矢代センセイのピアノ協奏曲、古臭いんだよな・・
なんであんなに持ち挙げられてるのか不思議に思う人いるでしょ。


60 :7分74秒:2005/12/14(水) 12:05:14 ID:NF1luxn/
むしろ古臭いから持ち上げられているんじゃない?

61 :7分74秒:2005/12/14(水) 13:11:48 ID:mB2RS0Fo
矢代秋雄のピアノ協奏曲って
「メシアン流」という以上の何かがあるんですかね?
正直、新鮮味もないし、聴いててかったるくなる。

僕と同じ感想をお持ちの方もそうでない方も、
これを機会に何か意見うpして!

62 :7分74秒:2005/12/14(水) 15:01:44 ID:mSJVPNJW
八代亜紀のがいいや

63 :7分74秒:2005/12/14(水) 16:08:11 ID:s+pA7cc1
>>61
メシアンまで行ってないと思う。
やはり、メシアン調でしかないやね。木目調であって、木目ではない、そんな感じ。

64 :7分74秒:2005/12/14(水) 20:50:05 ID:6N80/wEo
メシアンとの比較で言うならメシアンより好きだな

65 :7分74秒:2005/12/14(水) 23:41:57 ID:dLMuJaEJ
矢代氏本人が、ピアノ協奏曲に限界を感じていたらしい
記述を見たことがある気がする。

66 :7分74秒:2005/12/15(木) 01:24:18 ID:tNtFTpQP
日本の音楽界における閉鎖的で官僚主義的学閥の中じゃ、
経歴からして矢代氏は神のごとく崇め奉られてるよなぁ。
俺の先生もそうだったし・・w

形式美があって、細部まで整えられていて、なにより「聞きやすい」ってのが
評価されている要因じゃないのかな。
素材は、借り物だけど。別に目新しいこともしていないし。

67 :7分74秒:2005/12/15(木) 01:26:46 ID:S7ha+F02
韓国のラーメンたち
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=pfood&nid=21091



68 :7分74秒:2005/12/15(木) 02:10:42 ID:KaNvePKh
近代音楽であって、現代音楽ではない。


69 :7分74秒:2005/12/15(木) 17:27:59 ID:vbBelICL
批判するにしても、「新機軸=新しい」の基準で「古くさい」と言っているなら、
それこそ古くさく、
かつ、ガクシャ的なものが主導するゲンオン界の、典型的な閉鎖性と、
官僚主義的学閥の考え方の現れ(いいかげん「進化論」は止めないか)。

いわゆる古典的な佇まいの作品は、デュティユなどの例外を除けば、
西洋ですら、なかなか「お勉強の結果」を越えられないが、
矢代は、そのへんをはるかに超越していた。

「近代」を、音楽とかで言われる使い方でなく、より一般的な使い方で言えば、
現代は今もなお「近代」の中(後期近代)とも言われる。そのような意味での、
近代性の外延を描いたのが、矢代だと言える。
(それは三善や武満だと言うこともできるかもしれないが。)


70 :7分74秒:2005/12/15(木) 17:30:03 ID:vbBelICL
メシアンと比べれば、メシアンの方がポピュラーだし受けもよさそうだ。
しかしメシアンなら、もっと素材を羅列する傾向がある。
矢代には、単に素材を置いたような場所はないよ。
雰囲気だって、矢代のような世紀末絵画のような濃厚さって、
メシアンには無いでしょ?一方、鍵盤打楽器や金属打楽器が派手に活躍することは、
矢代にはないし。ずいぶん違わない?

まあ確かに、趣味的には、「現代でなく近代」は十分にわかるけどね。
それに、音楽そのものの高度な結晶化を認めた上で、はっきり言って、
段取りに思える場所が皆無とはいかないところは、ある。


71 :7分74秒:2005/12/15(木) 17:31:12 ID:vbBelICL
しかし、矢代を議論からはずしてしまうところが、やはり「現代音楽界」の
痩せたところだな。
それは決して、矢代が論ずるに値しないのではなく、
矢代を論ずるセンスと能力と気構えがない、ってことだね。

「矢代本人は、むしろ反古典的な資質の濃い作曲家だった。
しかし、反発に値するような「古典」は、日本になかった。そこで、
自身の反古典性を意識できるような完ぺきな古典性を作る必要があった。」
といったあたりが、現時点での、矢代論のひとつの到達点かな。
単に「アカデミックな」とか、「西洋を模範とした」とかで済んでるとすると、
ちょっと貧しすぎだぞ。


72 :7分74秒:2005/12/15(木) 23:18:34 ID:u8ebyanz
ID:vbBelICL 氏
あなた文才あるね・・ 読ませる。

古臭いというのは、あくまで学んだことの延長上から
脱していないことだと思う。結局は、和声はメシアンで、形式は超古典的かつフランクα
、リズムはメシアン、バルトーク、、でしょ・・
確かにそれらをセンスよく究極的に洗練させたものを提示して見せたわけだけど、
音楽的にどのような意味があるかって、あなたがおっしゃるように「日本」の音楽
としての重要性はあっても、それ以上のものを具体的に示せますか?
学生向けのアナリーゼの良い材料にはなるだろうけど。なにせガチガチにできあがってるから。

「矢代本人は、むしろ反古典的な資質の濃い作曲家だった。
しかし、反発に値するような「古典」は、日本になかった。そこで、
自身の反古典性を意識できるような完ぺきな古典性を作る必要があった。」

この「意義ある」矛盾こそが、矢代氏の限界だと思う。
いまいち西欧で知られていない理由はここにあるよ。彼らが聞けば、よくできましたね、
くらいな印象なんだと思うよ、正直。

彼より上の「職人」はいくらでもいるから。

と煽ってみる・・


73 :7分74秒:2005/12/18(日) 13:34:33 ID:wM+m/VlY
矢代の和声集の話題が出てたが、あれあんまよくないと思ったぞ。
ドが下で鳴りだすと同時に上でレドって動いてたりナポリの進行が強引すぎたり
リズムやスタイルはセンスあると思ったが…俺や俺の師匠と合わない書法だなと思った。
それとも俺のやり方がおフランス風じゃないのかもしれんが。

74 :7分74秒:2006/01/10(火) 14:12:53 ID:270ebHv7
age

75 :7分74秒:2006/02/10(金) 19:47:11 ID:f7A/XsTm
>>72
単によくできてる、ってレベルなら、どこにでもいそうだが、
矢代はちがうと思う。

伊福部が亡くなったが、矢代も門下だったんだな。
もし、矢代が存命で、送る立場にいたら、なんと言って送ったんだろう。

76 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2006/02/10(金) 20:48:37 ID:5nf2uwXS
声楽曲を作るのに否定的だった(「作曲しないのは、詩はただ
読めばよいから」だったっけ。正確な発言を忘れた)矢代が
子どものための歌を作った理由を誰か説明してほしいべ。

77 :7分74秒:2006/02/10(金) 22:10:44 ID:8gMZQiMO
気が変わったんでしょう

78 :7分74秒:2006/02/10(金) 22:24:12 ID:QwVOvxVv
>>76
たしかに、ほんとうのところを知りたいもの。
「具体的内容」とか「感情」を指す表現は嫌いだったらしいが、それなら、
西洋の古典の声楽曲も全否定になりかねない。
もうちょっと別の理由がありそう。

79 :7分74秒:2006/02/10(金) 22:37:24 ID:8gMZQiMO
たぶん気まぐれでしょう

80 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2006/02/10(金) 23:15:54 ID:5nf2uwXS
作品表によると、1959年から75年にかけて、死後『うたの小品集』
(音楽之友社)に含まれることになる作品を12曲書いてる。
それ以外の声楽曲では、みえ国体のための「開会讃歌」と、作品表
に載ってないけど校歌と市歌がある。

校歌に取り組む矢代の姿が想像しにくい。
八村義夫ほどではないけど。

81 :小田諭 ◆eOwhT.MPqI :2006/02/11(土) 01:19:58 ID:IjrIotzj
余談だがうちの中学の校歌はヒンデミットの弟子の作曲だった
が,体育教師がなにかにつけて罰のために生徒に校歌を歌わせるのを見て,
こんな音楽は大きらいだと思った

82 :小田諭:2006/02/12(日) 13:48:38 ID:o29JVkUZ
ジョリヴェの顔が気に入らないからジョリヴェのピアノ協奏曲を
ダメだと言った矢代秋雄を俺は許さん
矢代のピアノ協奏曲を一度も面白いと思って聴いたことがないが
別に俺は矢代の顔をとやかく言おうとは思わない

83 :7分74秒:2006/02/12(日) 16:48:58 ID:GuE0e5z3
「顔」を出したのはユーモアでしょう。
実質的な批評は、あとでたくさん書いていたんじゃない?
酷評を、あれだけほほ笑ましいものにしたのは、むしろ才能だよ。
それにジョリヴェのピアコンについては、たしか
「つまらない理屈をこねるより、とにかく人をひっぱっていくこと自体はよい」
ってなことを書いてなかったかい?


84 :小田諭 ◆eOwhT.MPqI :2006/02/12(日) 17:01:14 ID:fU8n0gfS
ジョリヴェってなんで評価が低いっつーか演奏ぜんぜんされないんだろ。
CDも自作自演ものしか売ってない。
エラートのジョリヴェの4枚組全集にもピアノ協奏曲が入ってない。
ピアノ協奏曲に関しては輸入版でSOLSTICEという聞いたこともないような
レーベルからこれまた自作自演で一枚売ってるだけだ。
たまーにトランペット協奏曲が演奏されるくらいで,
日本でジョリヴェの実演を聴けないのが悔しい。

85 :7分74秒:2006/02/12(日) 17:03:00 ID:ewza9ANJ
>>84
ピアノ伴奏でならいろんなコンチェルト聴けるよ
打楽器もフルートも

86 :小田諭 ◆eOwhT.MPqI :2006/02/12(日) 17:14:39 ID:fU8n0gfS
しかもヤマハ銀座店からも渋谷店からもジョリヴェの楽譜がごっそりなくなった。
なにかあったのか???
ジョリヴェの楽譜他の作曲家のよりやたら高いので,
MDに曲録音して聴きながら立ち読みしに行ってたのに。

87 :小田諭 ◆eOwhT.MPqI :2006/02/12(日) 17:24:50 ID:fU8n0gfS
俺がMDにいろんな現代曲録音してヤマハ渋谷店で
聴きながらしょっちゅう現代曲の楽譜立ち読みしに行ってたら,
ある日から現代音楽のオケ譜にはビニールがかけられて,
立ち読みできないようになった。
ビニ本かよ。

楽譜って中身を確認してから買うもんだろ。
渋谷店はケツの穴が小さい。
銀座店ではさいわいビニ本になっていないからいいけど。

88 :小田諭 ◆eOwhT.MPqI :2006/02/12(日) 18:06:19 ID:fU8n0gfS
>>85
そうなのか
でもおいらはジョリヴェはオケが好きなんだ
あと矢代がジョリヴェの顔のこと書いた本の中で書いてたことばを借りれば
「アカデミックな」書法で書かれたジョリヴェの室内楽とかは
かったるくて好きではない

89 :7分74秒:2006/02/13(月) 00:59:26 ID:7pWST5vE
ケツからウンコがジョリヴェ

90 :7分74秒:2006/03/13(月) 23:53:27 ID:ULJaMfxp
ナポリは感情を表す和音
違う?

91 :7分74秒:2006/03/14(火) 00:59:55 ID:eBMMNF5N
感情を内包していない和音などない!

92 :7分74秒:2006/03/26(日) 10:09:44 ID:z7Lht0Hq
矢代先生がこんなところに・・・
http://www.clockup.net/requiem/akio.htm

93 :7分74秒:2006/03/26(日) 10:32:56 ID:bdPPn+2h
>>92
くだらん。字が違うし。

94 :7分74秒:2006/03/30(木) 21:06:22 ID:LSL76gG6
こんなものは音楽ではないぞー!とヤジを飛ばすスレ

95 :7分74秒:2006/04/03(月) 21:27:50 ID:sW3NTQ3t
井上喜惟の矢代交響曲、突っ込み所満載w

2楽章のシロフォンとか4楽章のシンバルとかホルンのアレとか。
なのになぜか憎めない。暁雄盤と並んで愛聴してます。


96 :7分74秒:2006/04/04(火) 00:49:22 ID:CQCgZJ1v
>>95
あれってなに?
聴いてない人にもわかるように書いてよ。

97 :7分74秒:2006/04/04(火) 02:36:56 ID:Fl9q7Y3p
>>96
上昇グリッサンド音型が2回出るとこ。

ただでさえ外しやすいのにこのCD、2度目が思いっきり落ちてる。
(直前のシンバルの大フライングに動揺してると思われ)

面白いよ。

98 :7分74秒:2006/04/04(火) 21:59:28 ID:PrlrdiLn
>>97
そりゃホルン奏者心臓止まったろうなあ。
どこで聴けるのその演奏。

99 :7分74秒:2006/04/05(水) 05:45:42 ID:X5c5v34s
>>98
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=130220

100 :7分74秒:2006/04/05(水) 13:00:20 ID:G7ChoiV8
>>98
暁雄のが残響少な目の引き締まった録音とすると
井上のは自然なホールトーンが豊かで柔らかい録音、て感じです。
(シャンドスみたいな人工的な残響ではないので聴きやすい)

ぐだぐだな箇所も多いけど、いい所もいっぱいあるよ。

101 :98:2006/04/05(水) 21:24:25 ID:d0T2w84Y
そうでしたか。ご教示マリガd

102 :7分74秒:2006/05/13(土) 10:55:06 ID:W+v7AvdN
井上の第2楽章のテンポ設定はあれでいいのかな。

103 :7分74秒:2006/06/13(火) 15:41:42 ID:EGUy4Z63
おとといのN響アワー見られた方、おられます?

104 :7分74秒:2006/06/13(火) 16:30:11 ID:5MWkYwRP
交響曲で第4楽章のallegro energicoが楽譜の指定通りに演奏してる録音ある?

105 :104:2006/06/13(火) 16:31:58 ID:5MWkYwRP
訂正
×楽譜の指定通りに
〇楽譜の指定通りの速度で

106 :7分74秒:2006/06/13(火) 18:01:41 ID:553PTwZu
おそらく、こういうのはお望みじゃないかと思うけど、
秋田南高校吹奏楽部のは、たぶんどの演奏よりもこれに近い。
演奏も、フォンテックみたいな青息吐息でなく、生気がある。
この高校の演奏を集めたCDがあるはず。

地区大会(予選?)で、審査にきていた野田暉行が感動して、
特別にコメントしたらしい。

107 :7分74秒:2006/06/13(火) 18:06:34 ID:5MWkYwRP
>>106

あと、吹奏楽だと田柄中が、指定通りの速度で演奏してる。
のは、知ってる。
けど、自分が知りたいのは、オケでの演奏ねw

108 :7分74秒:2006/06/13(火) 19:16:38 ID:TcyG0TIy
>>106-107
オケ版ってこれ以外にある?

1、佐藤功太郎/都響(テンポ遅かった記憶が)
2、湯浅卓雄/アルスター管弦楽団
3、渡邊暁雄/日本フィル
4、井上喜惟/アルメニアフィル

自分は4種類聴いて、1と2は気に入らなかったので手放しちゃって
今は3、4しか手元にないけど>楽譜の指定通りの速度 がわからんorz
田柄も聴いたことないけど(ダウンロードストアで購入できるみたいだけど)
テンポ早いの?

吹奏楽で聴いたのは習志野、富里、富士宮四、小平六、札幌信濃、新屋。

109 :7分74秒:2006/06/13(火) 19:22:21 ID:5MWkYwRP
>>108
楽譜の速度
二分音符=116
四分音符=232
かなり速い。

110 :7分74秒:2006/06/13(火) 19:45:21 ID:lQ3kXpRS
俺の音楽が最高

http://www.blogcity.jp/page.asp?idx=1953

111 :108:2006/06/14(水) 01:11:47 ID:zn6Nj1pR
>>109
ありがd

>四分音符=232

ちょwww速いね。
超絶技巧を要しませんか?田柄の聴いてみたくなってきた。

112 :7分74秒:2006/06/14(水) 03:22:03 ID:aVHrmx/g
>>103
見た。
やっぱ、ギーレンすげえ。
中村紘子も、一緒にとんがってる。

113 :7分74秒:2006/06/16(金) 17:28:30 ID:JyBLabZb
>>108
佐藤功太郎しんじゃったみたい

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/fu/news/20060615k0000e060087000c.html
訃報:佐藤功太郎さん62歳=東京芸大教授、指揮者

佐藤功太郎さん62歳(さとう・こうたろう=東京芸大教授、指揮者)
15日、十二指腸がんのため死去。葬儀は18日午後1時、
東京都台東区上野公園14の5の寛永寺輪王殿。自宅は非公表。
連絡先は中央区銀座8の6の25の梶本音楽事務所。喪主は妻ルリさん。

新星日本交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団などで指揮者を務めた。
オペラやバレエの指揮でも活躍した。

毎日新聞 2006年6月15日 13時30分



114 :7分74秒:2006/06/24(土) 00:51:32 ID:KGUZD8n8
佐藤さんは去年、藝大のラヴェルばっかりやるコンサートで尾高忠明の代役で振ってた。
俺が見た佐藤さんはその一回だけだったけど、いいコンサートだったよ。

115 :7分74秒:2006/06/24(土) 14:41:10 ID:ppyCyL/b
別宮貞雄の交響曲聴いたけどちっともおもしろくないお
なのになんで偉いの
別宮よりBECKのほうが楽しいお

116 :7分74秒:2006/06/24(土) 14:48:19 ID:PbOg5dn9
別宮は他人にケチつけるだけが能だからな
弟も同様

117 :7分74秒:2006/06/26(月) 03:49:36 ID:UyUlv5CD
 矢代秋雄の代表作を教えてください。
 ぜひ、聞きたいです。CDとかあるのは知っているのですが、
何を聞けば良いかなって、迷ってます。
 実は、ずいぶん以前に彼のお嬢さんと親しくして頂いていた者です。明るくて素敵なお嬢さんでした。
 今、美術評論家になられているみたいですが。

118 :7分74秒:2006/06/26(月) 06:30:11 ID:dzHQnwzZ
>>117
ピアノ協奏曲

119 :7分74秒:2006/06/26(月) 10:11:59 ID:XOwHYUdV
>>117
交響曲

CDはとりあえずコレで。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=303785

>>118おすすめのピアノ協奏曲とのカップリング。

120 :矢代の和声集って:2006/06/26(月) 22:34:05 ID:Ctdvs5Kn
短調の課題では、さりげなく自然短音階とか導入してるよね。
フランス和声ってあんなものなの?
芸大和声の和音記号じゃ分析できないよ!><
自然短音階ってデュボアの本には無かったような気がしたけど、
シャランとかはどうなのかな?

フランス和声に詳しい人の回答待ってます。よろしくね(^^)/

121 :7分74秒:2006/06/26(月) 23:23:10 ID:E2VoIRCe
Xの和音は準固有X調に転調してるTっぽく扱うんじゃないかな?

122 :7分74秒:2006/06/27(火) 03:37:18 ID:GUusb/cJ
>118&119
有賀とございました。早速聞いてみます。
それにしても人気のあるスレなんですね。驚きました。

123 :7分74秒:2006/07/06(木) 12:10:27 ID:lBLQ4W84
フランスもの和声は
かなり出題者の世界に入ってます。
まあほとんどは全長転位や
偶成和音で説明できそうだが、
3巻じゃ説明できないのも多数あります。
ゼクエンツ中でそれぞれの
トーナルセンターの
リディアンモードを使用する課題とか。

弱進行、平行和音もかなりある。

どいつもこいつも癖があって面白い。

あとトニックの2転を転入和音
にするパターンが多い。


124 :7分74秒:2006/08/13(日) 20:07:24 ID:y2WvgA8I
福島県立磐城高

課題曲:V
自由曲:交響曲より第1楽章、第4楽章(矢代秋雄/根本直人・編)

125 :7分74秒:2006/08/24(木) 12:03:38 ID:IyhiTfgf
某スレで、wikiの矢代の記述がひどいと評判age


126 :7分74秒:2006/08/24(木) 13:56:40 ID:wWV+yj6H
どう酷いの
ていうかもうスレ立って一年経ってたんだね。レス数すくねー

127 :7分74秒:2006/08/24(木) 18:47:50 ID:iISgsYjV
今日は大阪への日帰り出張だった。業界団体の定期的のような思いつきのような、
いい加減な会合で、毎度のことながらどうでもイイような内容。会合は適当に済ませて、
あとはCD店巡り。
日本橋へ行きたかったんだけど、あまり時間が無かったので梅田しか周れなかった。
マルビルの塔が休みで、ワルティで¥298盤を中心に少し買って、J.J.で中古盤を2枚。
カーニバルもひと通り見たけど値段が高過ぎだね。駅前ビルを巡ってたら時間切れに
なってしまってジュージヤは次回以降のお楽しみ。
こだま号でノンビリ帰ってきたけど、太りたくないから車内では麦茶1リットルだけ。食わ
ないとどえらい退屈。

明日の午後から夏休みだ。家族旅行が待ってる。イヤだなー。
旅行の荷物がまた増えてるからデカパイに聞くと、「夜はけっこう涼しいかもしれないから」と
人用の上着とシロ&クロ用の毛布を追加したそうだ。北東北なら夜は寒いけど、南東北は
そんなに冷えないだろ。宿はエアコン完備だし。
「そんなの要らんだろ」と言ったら怒り出したんで、「まぁいいや」ということにした。明日また
荷物が増える感じ。

さぁ寝よっと。

128 :7分74秒:2006/08/25(金) 01:43:53 ID:LPosgIVt
>しかし、現在の彼の評価は「20世紀末の作曲家を評価したものの、実作は20世紀前半までのイディオムで作曲していた」ことが判明している。

苦笑のみ

129 :7分74秒:2006/08/25(金) 22:23:52 ID:K9Xlchuq
ちょっと修正しておきました。
物は言いようですが。

130 :7分74秒:2006/08/30(水) 00:11:33 ID:roUmjEyU
またまたちょっと修正しておきました。駄文スマン。


131 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2006/08/30(水) 23:24:30 ID:COWC4Q8u
この前矢代の著作を調べてたら、
合唱曲への編曲をそれなりにやってることがわかった。

美しく青きドナウ(中山知子作詞)
トリッチ・トラッチ・ポルカ(中山知子作詞)
コーヒー・カンタータ(中山知子作詞)
ふるさとの空は(ハンガリー民謡、峯陽作詞) 富澤裕と共同編曲。

『教育音楽』のバックナンバーをあさればもっと出てくるかも。

132 :7分74秒:2006/08/31(木) 01:03:56 ID:vkZ9ljwG
そういえば日本の名曲(赤とんぼとか)を
フルートとピアノとかにアレンジしたCDも見たことある。

133 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2006/08/31(木) 03:20:51 ID:pAbxuJmH
>>132
「宵待草」(Hi Brite)のことか。
矢代が編曲したのは14曲中11曲。

宵待草/浜辺の歌/城ヶ島の雨(梁田貞)/赤とんぼ/
中国地方の子守歌/五木の子守歌/通りゃんせ/
おぼろ月夜/里の秋/赤い靴/椰子の実

134 :7分74秒:2006/08/31(木) 07:26:34 ID:I3UU8uPG
17歳の時書いたバイオリンソナタ
嘘みたいに美しくかっこよい
三善のそれに次ぐ傑作

135 :7分74秒:2006/08/31(木) 18:30:12 ID:YvJ8QWU+
>>134
傑作かな?
2楽章、3楽章がいまいち堅い感じがするが
でも17才にしてはかなり書けてるし、しっかりとした晩年の作品に通じる独自の語法が見れる
そこは素晴らしいと思う

てか、室内楽全集の田中千香士のヴァイオリンが・・・

136 :7分74秒:2006/08/31(木) 18:44:52 ID:xoi/OOGN
うん、酷いよね

137 :7分74秒:2006/08/31(木) 21:56:08 ID:AnmTxO0e
ピアノ曲「ノクチュルヌ」が大好き。小川典子のしか持ってないけど、他に良い音源ある?

138 :7分74秒:2006/09/01(金) 15:47:21 ID:kTvJXshJ
>>134
スコアで出てる?
見てみたい。

139 :7分74秒:2006/09/04(月) 00:42:18 ID:Y+8WeEBY
昔、例の真っ黒い表紙のが出てたのを見たことがある。

140 :7分74秒:2006/09/24(日) 00:15:42 ID:BVxImp6V
矢代のピアノ協奏曲、交響曲を改めて聴いてみて、古典だなと思った。
楽曲の中で音符の占める割合が高い。ドイツ古典の系譜ですね。

素晴らしい作曲家ですね。

141 :7分74秒:2006/09/24(日) 00:23:04 ID:uNS8wXP/
この人の顔、ゲイっぽい。

142 :7分74秒:2006/09/24(日) 00:57:20 ID:BVxImp6V
奥様いますよ。お嬢様も。

143 :7分74秒:2006/09/24(日) 05:05:46 ID:GpK69npJ
60年代に初演された江戸川乱歩原作,三島由紀夫脚本,三輪明宏主演の『黒蜥蜴』の音楽は矢代秋雄なんだけどどんなのだか一回聴いてみたい・・・

144 :7分74秒:2006/09/24(日) 06:45:12 ID:S0z/CHJF
全く同じものを題材にした青島広志の作品も素晴らしい作品だが、音源がない。
日本て重要な作品ほど音源が無い気がする。

145 :7分74秒:2006/09/24(日) 17:52:15 ID:GpK69npJ
>>144
それは知らなかった。
乱歩が少年愛(小林少年)で三島が両刀なのは有名だけど,それに加えて美輪があんなで青島がおねえキャラではもう倒錯しまくりだな
で矢代はどうなのかと

146 :7分74秒:2006/09/24(日) 18:58:25 ID:S0z/CHJF
>>145
しゃべり方は若干オネエっぽかったけど…ご夫人も愛娘さんもいらっしゃるし…。


147 :7分74秒:2006/09/24(日) 18:59:00 ID:84HnhR79
























148 :7分74秒:2006/10/01(日) 20:53:13 ID:tLMft8rn
八代亜紀を

149 :7分74秒:2006/10/04(水) 00:23:24 ID:Ssz/Ne1K
10月20日(金)  サントリーホール 大ホール
読売日本交響楽団第453回定期演奏会
曲目
クセナキス:ホロス(「サントリーホール国際作曲委嘱シリーズ」委嘱作品)
矢代秋雄 :チェロ協奏曲
:ピアノ協奏曲
望月京:メテオリット
指揮 ゲルト・アルブレヒト
出演 中村紘子(Pf)、堤剛(Vc)
開演 19:00
料金 A8,000 B6,000 C5,000 D4,000 P2,000 (7月13日発売)
問合せ 読売日響チケットセンター 03-3562-1550

150 :7分74秒:2006/10/06(金) 11:40:33 ID:kOXpmPB+
中村さん、ちゃんと弾けるのかな。CDになってるライブでも3楽章
は一時右手が宙をさまよってるところがあるが。

151 :7分74秒:2006/10/06(金) 12:50:50 ID:VjVpi0ve
>>149
昨日の朝日新聞みたら「読者に抽選でご招待」と出てた
なぜ朝日なのか謎だが

152 :7分74秒:2006/10/19(木) 21:31:28 ID:Gyev8jt9
チェロ協奏曲と、ピアノ協奏曲の演奏age。

>>149 に演奏会情報

>>150
確かにね。でも、何年か前の東響定期は、なかなか。「演奏」として、すてきだった。
やっぱ聞いてみなきゃわからないね。


153 :7分74秒:2006/10/20(金) 00:27:52 ID:D8yyxMWu
第54回全日本吹奏楽コンクール全国大会
2006年10月22日(日)東京:普門館にて
http://www.ajba.or.jp/competition54koukou.htm

プログラム29番:東北代表・福島県立磐城高(50名)
課題曲:V パルセイション(木下牧子)
自由曲:交響曲より第1楽章、第4楽章(矢代秋雄/根本直人・編)

154 :7分74秒:2006/10/20(金) 00:46:37 ID:ehCh004Y
サントリーホール読響定期AGE。


155 :7分74秒:2006/10/20(金) 23:28:47 ID:G0dVq28F
10月21日(土) ピアノ:岡田博美
19:00 東京文化会館
小ホール ふらんすplus2006 "矢代秋雄へのオマージュ"
J.S.バッハ:フランス組曲第五番ト長調 BWV816
矢代秋雄:ソナティネ
     ノクチュルヌ
     ソナタ
ドビュッシー:ベルガマスク組曲
デュティユ:ソナタ
S/\5000 A/\4000 B/\2000(全席指定・税込)
お問い合わせ:カメラータ・トウキョウ TEL:03−5790−5560

156 :7分74秒:2006/10/21(土) 00:00:08 ID:C+1cTwTI
読響定期、いってきた。
堤剛は素晴らしかった。
ピロ子は相変わらず例の調子。

ホールにいた作曲家:池辺晋一郎、別宮貞雄、望月京


157 :7分74秒:2006/10/21(土) 00:07:11 ID:WAuX4YjL
急用があって行けず…orz
京タンに会いたかったよ

158 :7分74秒:2006/10/21(土) 00:20:09 ID:5y1m9WH/
>>156
たしかに事故は多かったが、曲の違った面をいろいろ引き出していて
かなり感心した。毎度、違う演奏をしてるよ(意志的に)。
たしかに放送も、CDにもできない演奏だったが。w

しかし、指揮がひどかった。チェロコンも。
なんで、ソリストに反応したり、音楽の流れに沿った反応をしたりできないのか。
あちこちで、音楽をぶちこわしていたな。ソリストとオケのメンバーで持った演奏会。
ピロ子の仕掛けに乗る演奏家はいたし。

あの演奏じゃ、望月の曲がよかったかどうか即断できない。
パッと聴いた感じでは、クセナキス、矢代と並べるのは苦しいね、って感じだったが。


159 :7分74秒:2006/10/21(土) 00:29:18 ID:gEF8Rm50
3楽章の最後ピアノ一瞬おちてなかった?

160 :7分74秒:2006/10/21(土) 00:49:04 ID:sikzz8dA
中村を軽々しく貶す人間がいるので一応書くが、
この前、N響アワーでやってた中村演奏のピアノ協奏曲は、
第3楽章の放送のみだったが非常に素晴らしいものだった。
NAXOSの録音と比較しても、格段の差があった。


161 :7分74秒:2006/10/21(土) 01:00:28 ID:+ZIU05zP
そ、160がおっしゃってるのは、ギーレンの演奏のかな?
あの時は、ほんとうにいい演奏だった。
比較的最近の東響の時は、また違う矢代を、また今日も一度も聴いたことのない
新しい矢代を(区切りも、ペダリングも、「こんな弾き方があるのか」
ってなことやってた。)つくりだしていた。

ちょっとほめすぎか?

しかし、今日の演奏の乱れの割に(たしかに思いっきり落ちてるところあった。)、
ピロ子には好印象だった。
とにかく今日は指揮者が悪かった、という感じ。

話しがそれるが、ギーレンの時のN響の湯浅の「時の時」の全曲初演も
いい演奏だったよぉ!

162 :デカパイ:2006/10/21(土) 03:50:52 ID:TP8QyAOk
確かに中村のピアノは重かったが、いやあ正直こんなに優れた作品だったのかと
改めて感動したよ!最初は初演を聞き損ねたクセナキス目当てだったんだが、
正直矢代2作品の前座程度でしかなったね。

163 :7分74秒:2006/10/21(土) 10:49:27 ID:GO755r79
クセナキスの演奏もまずかったよ。ホロスって、あんなやわな曲じゃないはずなんだが。
演奏しだいで、こんなに変わってしまうなんて、日頃の自分の感想まで
疑わしくなってしまう。

でも、世界的に「クセナキス>矢代」みたいにあたり前に思われている部分は、
徹底的に修正しなければならない、とは言えるね。
タイプも違うし、比べてどちらがいいというもんではないにしても、
ほぼ同格の扱いを受けるくらいになっていないとおかしい。
今までの日本の現音関係者の取り組みのいいかげんさだな。


164 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2006/10/21(土) 13:02:40 ID:O+jouJms
>>163
「クセナキス=矢代」を主張する言説に、はじめて出会った。

そこまで言うのであれば、矢代秋雄作品リスト&ディスコグラフィー
を英語で作って、ブログで発表することにするべ。

165 :7分74秒:2006/10/21(土) 16:41:52 ID:+dU6YYYl
残念ながらクセナキス > 矢代は鉄板でしょう。

166 :7分74秒:2006/10/21(土) 23:25:09 ID:sikzz8dA
音響はともかく、書法を見るには、矢代は保守本流、クセナキスは
素人の怪物。全く性質が異なる作曲家なので、比較すること自体無駄。

167 :7分74秒:2006/10/21(土) 23:48:31 ID:iRLFYyrP
クセナキスは世界音楽史を変えた男
矢代は・・・全く影響なし

168 :7分74秒:2006/10/22(日) 00:10:11 ID:FGmHm5Hi
いや、日本の音楽史を変えていることは間違いない。

169 :7分74秒:2006/10/22(日) 00:10:28 ID:6wBAhnmq
>>167
だからこそ「現代音楽の歴史」が、狭い楽壇の政治の糞みたいな産物になっちゃうわけ。
だいたい矢代並みの才能抜きで、影響なんて受けられない。
質を問わないで「影響」云々するから、
「歴史」が、ただの「才能のない作曲家が巻かれたい長いもの」になっちまう。あほくさ。
やーさんが、先代の組長を持ち上げる方が、筋が通ってる。

「歴史」のクオリティ自体を上げることも大事だと痛感。
(歴史云々はどうでもいいが、クセナキスを否定しているわけではない。
 念のため。)


170 :7分74秒:2006/10/22(日) 02:32:12 ID:I0DcLmBX
>>168
日本にも西洋的書式に乗っ取って良く書ける作曲家がいますっていう名刺みたいな感じじゃない?

171 :7分74秒:2006/10/22(日) 02:46:51 ID:3xeC6hvf
西洋の音楽界が、矢代を「良く書ける」程度にしか思わないとしたら、
向こうの音楽界の底がいかに浅くなったか、ということかも。

ただね、「良く書ける」ことが一番大事ではないにしても、
向こうからみたら、嫉妬に値するとは言えそう。

172 :Miyakomoerer ◆MG64yE6TCE :2006/10/22(日) 03:39:00 ID:oa+21qIm
矢代は作品数がね、、
バラケみたいに「超」重要作を残したわけじゃないし。
ハイペースで書きまくっていれば、もう少し評価は上がったはず

173 :7分74秒:2006/10/22(日) 03:58:19 ID:p/RzPkbY
>>171を読んで、日本の作曲界って所詮習い事のレベルを脱して無いんだなーとオモタ

174 :7分74秒:2006/10/22(日) 04:11:03 ID:JuFc24E/
>>171
「良く書ける」と思われたらまだいいんじゃない?
フランスかぶれの今堀くんは劣化コピーぐらいの評価だったし

175 :7分74秒:2006/10/22(日) 04:33:03 ID:2tTqW9S5
>>169
クセナキスが変わったことをやったから影響を持ったわけではなく、
何より作品が矢代とは段違いの強度をもっていたからこそ、あれだけ
影響を与えられたのでしょう。

176 :7分74秒:2006/10/22(日) 04:34:07 ID:Docxs690
やしろ先生は、コンサヴァティブだからな・・・

音楽史には残らない。清書がうまいと言えるのかな・・

177 :7分74秒:2006/10/22(日) 04:35:34 ID:Docxs690
クセナキスは、カオス、いってみれば乱暴。

やしろ先生は、物理、統一感、エステティック。

178 :7分74秒:2006/10/22(日) 04:39:43 ID:Docxs690
やしろ先生の語法は、綺麗すぎて・・



179 :7分74秒:2006/10/22(日) 07:27:06 ID:szhyIbL0
いまほりはさーりあほの劣化コピー

180 :7分74秒:2006/10/22(日) 08:04:52 ID:KTk3ey5X
>>164
ぉぃぉぃ

「=」なんて書いてないじゃん
「>」の否定は「=」とは違うよ。

ともかく矢代秋雄の英語版リストの作成には大賛成だが。

181 :7分74秒:2006/10/22(日) 08:58:06 ID:fAM5QP8g
>>175
「段違いの強度」って、曲想程度のレベル(もしかしたら音量レベル)の印象を、
音楽の強度に置き換えてしまっているな。
矢代の音楽はエレガンスだが、まさにその強度があるからこそ評価されるんだが。

>>173
>>169

182 :7分74秒:2006/10/22(日) 14:08:42 ID:2tTqW9S5
> 「段違いの強度」って、曲想程度のレベル(もしかしたら音量レベル)の印象を、
> 音楽の強度に置き換えてしまっているな。

もしや、クセナキスの音楽を聴いたことがないのでは?


183 :7分74秒:2006/10/22(日) 22:11:47 ID:FGmHm5Hi
影響云々というのは、クセナキスの場合、当然、作品の力もあるけども、
能動的にも受動的にも、時代のトレンドに積極的に絡んだ創作姿勢が
結局は周囲を巻き込んでいったのでしょう。

184 :7分74秒:2006/10/22(日) 22:39:29 ID:p/RzPkbY
>>183
何が言いたいのか意味不明

185 :7分74秒:2006/10/22(日) 22:44:02 ID:FGmHm5Hi
難しい?時代に沿う努力をしたかしないか、ということ。ただそれだけ。
優劣ではなく趣味の問題。矢代がいわゆる前衛に否定的だったのは事実でしょう?

186 :7分74秒:2006/10/23(月) 00:49:26 ID:pXCLpC8g
>第54回全日本吹奏楽コンクール全国大会
>2006年10月22日(日)東京:普門館にて
http://www.ajba.or.jp/competition54koukou.htm

>東北代表・福島県立磐城高(50名)
>自由曲:交響曲より第1楽章、第4楽章(矢代秋雄/根本直人・編)

見事金賞受賞しました。素晴らしかったです。

187 :7分74秒:2006/10/23(月) 11:29:49 ID:X2Mk2HU+
>>185
いや、前衛に否定的ってほどでもないよ。偶然性の音楽や図形楽譜には
疑問を呈してはいたけど、彼自身の作品も後期はほとんどが無調だし、
セリエルなものも許容してたはず。たとえば戦後を代表する作品として
ブーレーズのル・マルトー・サン・メートルをトゥランガリラと並んで
あげてたのは有名な話。
つまり、作曲というものは作曲者が完全に仕上げなければならないという
意味での考え方は頑固であったけれど、それをどういう思想・システムで
仕上げるかということについては前衛も保守もないという考え方なの
では?
そういう意味では上で比較になってるクセナキスなんかは彼は認めていた
のかもしれない。矢代よりも別宮貞雄だとか、原博だとかのほうが本当の
保守派。

188 :7分74秒:2006/10/23(月) 11:41:00 ID:tXNiCC8O
無調音楽を前衛に組み入れるのは間違いだと思う。

189 :7分74秒:2006/10/23(月) 11:43:25 ID:X2Mk2HU+
>>188
もちろん無調イコール前衛ではないよ。
でも、偶然性や図形楽譜使ってなくたって、クセナキスも八村義夫も
前衛だと思うが。矢代はそういう音楽は認めてたってことだ。

190 :7分74秒:2006/10/23(月) 11:57:11 ID:tXNiCC8O
>>189
矢代がクセナキスを認めていたという事実は初めて見た。
資料を提示して欲しい。
ブーレーズを認めているのは知っている。

191 :7分74秒:2006/10/23(月) 15:15:00 ID:LlG9ua36
とはいえ矢代はクセナキスやブーレーズみたいな曲は作ら(れ)なかった。
世間が支持しているものを受け入れたフリして自分も受け入れられたかっただけ(あの甘えん坊みたいなきもちわるい態度で)。本音では馬鹿にしてたんだよ。「僕のほうがたくさん教育を受けているよ」ってね。
まったく節操がない。アカデミズム偏重の奴ってそういうところが汚いというかキモチワルイ。
とはいえそれはもう30年以上前の話で今ではクセナキスやブーレーズみたいのも「古典」になってアカデミズムの教本になっているんだがな。
まったく汚ねぇっつーかきもちわるいな。

192 :189:2006/10/23(月) 16:41:27 ID:Tw/652Zu
>>190
失礼、これは筆がすべった。
>>187で書いたように、「クセナキスなんかは彼は認めていた
のかもしれない」という可能性を示しただけで、矢代がクセナキス
を実際どう評価していたかは知らない。

>>191
はたしてどうだろうね。ブーレーズに対する態度は本物のような
気もするけどね。彼の好きな作曲家を見ると、確かにエクリチュール
偏重なことは論を待たないけどね。

193 :7分74秒:2006/10/23(月) 17:13:31 ID:LlG9ua36
でも矢代からブーレーズの匂いはぜんぜんしないよね。
それとも強いものにはまかれろ的態度?

194 :7分74秒:2006/10/23(月) 17:16:30 ID:LlG9ua36
どっかのひょーろんかが矢代と酒でものんでて「ル・マルトー・サン・メートル」あれいいね〜的な駄言を述べたのが伝説になってるだけじゃないのwww

195 :7分74秒:2006/10/23(月) 19:05:12 ID:Yu5wbjX8
>>194
たしか20世紀後半からベスト5を選ぶとかいう原稿に書いてた。

(以前出ていた遺稿集「オルフェオの死」には載ってる。
最近出たやつじゃなくて、死の直後、三善とか澁澤達彦なんかが編纂したやつ)


196 :7分74秒:2006/10/23(月) 20:15:59 ID:tXNiCC8O
世間が支持しているものを受け入れた、ということは矢代には当てはまらない。
芸術においては非常に高度な見識がある。

197 :7分74秒:2006/10/23(月) 20:32:54 ID:Yu5wbjX8
「世間」ってどこかにもよるけど、「ブーレーズの曲」と「矢代の曲」と
どっちが世間に支持されてるかといえば・・・
というようなことではなくて、
「世間が支持しているものを受け入れた」を、
よりにもよって矢代について言うなんてことが信じられない。


198 :7分74秒:2006/10/23(月) 22:20:38 ID:czteNGOS
>>195
最近の奴で読んだ記憶がある。図書館で読んだから手許にないけど。
ペンデレツキのルカ受難曲とかデュティユの交響曲なんかも悪くないけど、
ル・マルトー・サン・メートルには及ばないとかいう内容だったような。
ルトスワフスキやジョリヴェの名前もあったと思うけど、
クセナキスの名前は挙がってたかな?


199 :7分74秒:2006/10/23(月) 23:00:23 ID:tXNiCC8O
挙がっていない。
そもそも、矢代は書法の厳格さを求めた作曲家であり、クセナキスの
あの楽譜の書き方に賛同したとは全く思えない。

ブーレーズもクセナキスをバカにしていた記憶があるが、資料は不明である。

200 :7分74秒:2006/10/24(火) 01:25:23 ID:yCrJCULQ
クセナキスも矢代先生も、残念ながら百年後は忘れ去られてると思うよ。

矢代の作品は、上品さだけはご立派だ。

201 :7分74秒:2006/10/24(火) 08:51:53 ID:MimjGsHA
>>200
クセナキスは残るだろ
常識的に考えて・・・

202 :7分74秒:2006/10/24(火) 09:04:17 ID:slyuiqq0
>>198>>199
譜面をべったり黒く塗りつぶしたフレーズがオンパレードの
ペンデレツキのルカ受難曲を認めていたぐらいだから、
クセナキスの書法だって認めていたっておかしくないのでは?
ちなみにルカ受難曲はある部分はものすごく精緻に書かれているけど、
一転おおざっぱに書いてるなという部分も頻繁に出てくるな。
ただ、生まれてくる響はかなり素敵だ。矢代もああいうものを認める
感性もどこかにはあった。だから前衛嫌い一辺倒というわけじゃあないと
思うよ。

203 :7分74秒:2006/10/24(火) 13:39:19 ID:f55giKMn
矢代の好みなんて正直どうでもいい。
ブーレーズに「矢代という作曲家を知っているか?」ときいたら「知らない」と即答するだろう。

204 :7分74秒:2006/10/24(火) 16:24:43 ID:qfSo+9kb
ブーレーズの好みなんて正直どうでもいい。

205 :7分74秒:2006/10/24(火) 20:27:52 ID:XZng+lnP
スキナクセニ

206 :7分74秒:2006/10/24(火) 21:12:09 ID:ApF0X28D
クラスターの音響のために、黒く塗るのと、確率論を表すために
楽譜に音符を散らすのは、全然異なると思いますよ。

207 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2006/10/24(火) 23:38:34 ID:n3V2/f+n
>>180
「ほぼ同格の扱いを受けるくらいになっていないとおかしい」
という文章から「クセナキス=矢代」と受け取ってしまったべ。

手始めに、作品リストを公開した。
基本資料は『日本の作曲家20世紀』(音友)。
映画音楽、放送音楽、舞台音楽、みえ国体式典曲集は省略。
その代わり、編曲とカデンツァを載せた。出版されてるから。

作品の表記法は、出版作品や録音物に書いてある通り。
仏語訳が見つからないいくつかの作品については、こちらで勝手に訳した。

208 :7分74秒:2006/10/24(火) 23:39:17 ID:0kQM09v7
メシアン「トゥランガリーラ交響曲」評
ヨーロッパのロマン派音楽の総決算であり、終着駅であり、
また調性を持った最後の音楽という気がする。

ブーレーズ「ル・マルトー・サン・メートル」評
精緻な書式(エクリチュール)は驚嘆すべきものだし、しかもあれほど硬質的な、
いわば非情な響きをきかせながら、しっとりとした情感がただよっている。

ノーノ「イル・カント・ソスペーソ」評
たしかに人の心を打つものがある。しかし、私は言葉の力を借りてこの種の
感動を表現した音楽をこころよからず思っているものである。
(ブリテン「戦争レクイエムも同様とのこと)

ペンデレツキ「ルカ受難曲」評
ペンデレツキーらしい響きの部分はそれなりの美しい世界であり、
一種の迫力もあるが、ア・カペラの部分や、「エレミアの哀歌」などの
あたりがあまりにも凡庸に思える。

あと挙がってたのはヘンツェの交響曲第5番とデュティユーの交響曲第2番と
ジョリヴェのチェロ協奏曲だけど、いずれもトゥランガリーラとマルトー
には及ばないとのこと。

209 :7分74秒:2006/10/25(水) 15:02:45 ID:dh3v+yw6
>>206
>>202で言いたかったのは、「クラスターの音響のために、黒く塗る」
ような雑な書法のペンデレツキでさえも認めていたくらいなのだから、
ましてやそれよりよほど精緻な書法と思われる「確率論を表すために
楽譜に音符を散らす」クセナキスの作品を認めてたっておかしかくは
ないだろう、ということ。

210 :7分74秒:2006/10/25(水) 22:03:00 ID:IaIUqaNk
いやいや、お前は分かっていない(笑)。

リゲティとペンデレツキの書法を比較して、ペンデレツキが大雑把という
指摘は分かるが、なんでよりによってクセナキスの方が精緻と思うんだ。

お前は、ケージの楽譜を見て、精緻だと思うのか。作曲の理念や理論、
思いつき、そういったものと、「書法」を同じに捉えていないか?

西洋音楽の楽譜の美しさというのは、基本的にはバッハの書法の美しさと
感覚を同じくする。バッハの書法の美しさが感覚的に理解出来なければ、
以下の話も分かる筈はないので、読み飛ばしても良いし、楽譜を見てから
読むのも良い。

実際の音響効果は別(これは重要)として、クセナキスの記譜の方法は
単純で洗練とは程遠い。

例えば、同時代のブーレーズやシュトックハウゼンの楽譜を見ろ。
あれこそが「精緻」というものだ。

211 :7分74秒:2006/10/25(水) 22:23:00 ID:oBG3S9D8
       /\___/ヽ
     /       :::::::\
    .|          .::::|
     |  ''''''   ''''''   .:::|
    .|(●),   、(●)、::::|
     \ ,,ノ(、_, )ヽ、,,.:::::/
     /``ーニ=-'"一´\
   _/((┃))_____i |_ キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       /\___/ヽ
     /''''''   '''''':::::::\
    . |(●),   、(●)、.:| +
    |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
     \  `ニニ´  .:::::/     +
     /ヽ、ニ__ ーーノ゙\_
    .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|  トン
   _(,,) 身のほどを知れ (,,)_
.. /. |..            |  \
/   .|_________|   \

212 :7分74秒:2006/10/26(木) 00:48:39 ID:Kr+K3ee/
>>210
横槍でいい?

楽譜の美しさと、書法の美しさは、別だと思ってるけど。
そこを詳しく説明してください。

213 :7分74秒:2006/10/27(金) 23:33:07 ID:fMaLfA+b
>>212
そう、確かに見た目が美しい楽譜の書法がいつも美しいというわけでは
ないけれど、概してエクリチュールに優れた楽譜は見た目も美しかった
りする。
情報学者ホフスタッターの「メタマジックゲーム」という本に、ショパンの
楽譜の見た目のシステマチックでシンメトリックな美しさを例を挙げて
示しているところがある。確かに彼のエチュードなど、楽譜の見た目の
美しさそのままに美しい書法であり、音楽の完成度としても際立って高い。
矢代がショパンを愛したのもうなずける。

214 :7分74秒:2006/10/30(月) 13:08:04 ID:38qHEqRt
矢代作品よろしく当スレも
少レス精鋭でよろしい。

215 :7分74秒:2006/10/30(月) 13:13:35 ID:38qHEqRt
ぴやのコンチェルトの
コーダ前のバソンが屁をこくシーンが最高でつ。

216 :7分74秒:2006/10/30(月) 14:13:59 ID:bM2pRuW0
バスーンは屁みたいな音だと芥川也寸志が書いてた。

217 :7分74秒:2006/10/30(月) 16:13:24 ID:wyX2uUIm
ショパンは和声の見本みたいなもんだから。
修飾音多すぎて、楽譜は美しいとはとても思えないけど。

218 :7分74秒:2006/10/30(月) 19:11:59 ID:gK5wSj0i
ヘ長調

219 :7分74秒:2006/11/04(土) 02:44:56 ID:8YVcSVaY
>>217
おまえ、ショパンのエチュードの楽譜見たこと無いだろ。
あれほど幾何学的な楽譜でちゃんと音楽になっている作品は、他には
バッハのものしか知らない。たとえばバッハの平均律のプレリュード2番
と、ショパンの作品25−1の楽譜の見た目は良く似ている。

220 :7分74秒:2006/11/04(土) 12:48:28 ID:sYeOStEn
>>219
ショパンはエチュードだけじゃないしw
おまえこそ知らないっぽいよね。

221 :213=219:2006/11/04(土) 15:24:20 ID:Nw8ZTGV8
>>220
>ショパンはエチュードだけじゃないしw
>おまえこそ知らないっぽいよね。
なんでそうなるんだ?
ホフスタッターはあくまでショパンの「エチュード」の楽譜について
いっているんだけど。

222 :7分74秒:2006/11/05(日) 02:18:56 ID:stj0c+5v
喧嘩すんなよー

223 :7分74秒:2006/11/05(日) 11:49:13 ID:ObwFQFdU
孤立4度氏ね

224 :7分74秒:2006/11/05(日) 13:21:44 ID:lZOK1/kO
>>167
>クセナキスは世界音楽史を変えた男
>矢代は・・・全く影響なし

我々が知ってるような「世界音楽史」って
こうやって刷り込まれているんだお。

http://music6.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1116392294/60

225 :7分74秒:2006/11/08(水) 01:36:14 ID:T9wVGG9C
リゲティ 合掌

226 :7分74秒:2006/11/08(水) 04:53:31 ID:nGW3Vn+j
>>224
刷り込みもなにも事実じゃないか。
クセナキスの影響力に比べれば矢代はいないも同然なのが実状。

227 :7分74秒:2006/11/08(水) 11:45:07 ID:SeAXtb07
矢代の作品は、日本の器楽の古典と言える。

228 :7分74秒:2006/11/08(水) 17:53:07 ID:QPbrR3L6
矢代に影響力がないのではなく、
その後、影響を受けることができない作曲家しか輩出(排出か?)していないことが、
全く駄目な状況だということ。あたりまえ。


229 :7分74秒:2006/11/08(水) 22:44:58 ID:Uh9uuwPk
当たり前と言われてることを批判するのに、
あたりまえって言うのはちょっと

230 :7分74秒:2006/11/09(木) 16:53:00 ID:fs0nchlt
wikipediaに加筆してみました。出来るだけ簡素にまとめていこうと思います。

231 :7分74秒:2006/11/10(金) 15:04:59 ID:HEcGDU8/
┏━━━━━━━━━━━━━┓ ┌──┐
┃  中川翔子 特設 おっぱい   ┃ │検索│←
┗━━━━━━━━━━━━━┛ └──┘

        _  ∩
      ( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
       ⊂彡

232 :7分74秒:2006/11/10(金) 18:00:19 ID:GMEglDlc
┏━━━━━━━━━━━━━┓ ┌──┐
┃  中川翔子 特設 おっぱい   ┃ │検索│←
┗━━━━━━━━━━━━━┛ └──┘

        _  ∩
      ( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
       ⊂彡
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
これで誘い込むワンクリ詐欺野郎の口座名義

【 銀行名 】 みずほ銀行
【 支店名 】 渋谷中央支店
【 口座種別 】 普通口座
【 口座番号 】 1122321
【 口座名義 】 ノムラ シロウ
【 振込金額 】 ¥99,825→
¥99,825


233 :7分74秒:2006/11/10(金) 18:26:57 ID:w/9uIgMD
ノムラシロウあげ

234 :7分74秒:2006/11/11(土) 21:39:48 ID:gAy7Q2YZ
ピアノ協奏曲の和音はきれい

235 :7分74秒:2006/11/25(土) 20:00:53 ID:iavVSU2D
矢代より野田憲太郎のほうが才能があるよ。いやマジで。気がおかしくなったわけではないですよ。

236 :7分74秒:2006/11/30(木) 18:45:29 ID:gNIgWm51
矢代はガチで日本一やと思う

237 :7分74秒:2007/01/06(土) 18:21:02 ID:65P7w5Kh
濃密でデカダンな眩暈と世紀末の背徳的ロマネスクへの傾斜は・・・
矢代さんの心身をひたしていた。(by 三善)
   

60 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)