2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

現代音楽における批評について

1 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2005/12/30(金) 14:49:27 ID:cQDKh1oJ
考えたり、議論したりするスレ。

ここでの批評とは、音楽評論家によるものだけでなく、
一般の聴き手によるものや、教師などによる教育目的のそれ、
あるいは研究者による(学術としての)それも含める。

これから、現代音楽批評というより、まずは一般の音楽批評を
巡るさまざまな問題を列挙していくけど、どんなに時代が進歩
してもなくならないであろう、音楽批評にまつわる最大の問題を
一つだけ書いておくべ。

   音楽について何かを語りたいとき、それを伝える手段とは
   言葉だけなのである。

けれど、

   音楽について文章を書くこと自体が難しい。
            (J.ウィンジェル『音楽の文章術』春秋社)

2 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2005/12/30(金) 15:56:54 ID:cQDKh1oJ
まず、音楽について書くことはなぜ難しいのか。
ウィンジェル他の本を読んでまとめてみた。

1.文章の書き方を学んでいない。
音楽の専門現場でも、一般の教育においても、文章を書く
ための技術を習得していない。ラ・ルースによると、
「音楽批評家を養成するための教育などは全く存在」しない
(「音楽批評」の項目を参照)。

2.音楽は、言葉を介在しない芸術だ。
音楽を聴くことで得た反応を言語化することは困難である。

3.音楽は、再現性のない芸術だ。
文章全般や絵画、映画とは違い、音楽は1回限りのもの。
同じ演奏家、曲目、演奏場所であっても、時が変われば音楽は変化している。
もちろん、CDやDVD、楽譜を扱う場合は別。

4.広範な知識が求められる。
楽曲分析をするだけでも、和声に対位法に楽式に……といろいろな
ことを学ばないといけない。

語学は、声楽作品について語るのに必要なのは言うまでもなく、
作曲家や演奏家について調べるのにも重要。
特に、現代作曲家の多くのように、日本語の書籍が1冊も
出版されていないような人たちを扱うために。
また、オペラや音楽劇を扱うなら、物語や演劇に対する理解も
必要だろう。

現代作曲家の用いている作曲手法は多種多様で、コンピューター
や物理学、音声学などを作曲に応用していることも少なくない。
だから、彼らについてまともに書くためには(略)。

3 :ペンチャマン ◆iyx/0deoUw :2005/12/30(金) 17:07:05 ID:ycVv0rk2
ナティエという人の「音楽記号論」とか割と参考になったyo

とりあえず音楽の定義とは、
即物的な音と同時に製作過程(演奏と製作方法)を含むと断じた。
まあ現代音楽好きには新しくは聞こえないんだろうけど。
かっちりした書き方でよい。

4 :7分74秒:2005/12/30(金) 19:31:54 ID:YqjSMzre
とりあえず即死防止

5 :7分74秒:2005/12/30(金) 20:17:44 ID:+igL4mL5
・・・でもそうして出来上がった"批評家"がどういった批評をするかというと
  「演 奏 を 聴 く 前 か ら 評 価 を 決 め て い る」
という何とも不思議な事になる。何処かの大学助教授が最悪の例だ。

6 : ◆30rKs56MaE :2005/12/30(金) 23:21:17 ID:xBtpIWXH
>>1乙。
とりあえず即死回避

7 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2005/12/30(金) 23:50:53 ID:cQDKh1oJ
>>2の続き。

1に関連して。
批評家養成のための試みはこれまでにいくつか発表されており、
1930年代のアメリカにおいては「批評家養成コース」が存在して
いたそうだ(ヴェルナー・ブラウン『音楽批評』シンフォニア)。

2に関連して。
でも、作曲家や演奏家について何かを書きたい人、音楽に接して
得た感動、不満などを他人に伝えたい人はこれまでにたくさんいた。
彼らの努力(?)により、言語化する作業を楽にするための「慣用
表現」や「文章のスタイル」が誕生した。
今までこの板やクラシック板などで、音楽について書いてきた人の
中で、その成果をまったく享受しなかった人間は一人もいないだろう。

その結果何が起こったかというと、鈴木淳史が書いたように、
「何の弁証法もなしに、似たような文章が生産されていく状況」
(『クラシック批評こてんぱん』洋泉社)を生み出した。
もちろん、宇野功芳と吉田秀和の文章が違うのは誰でも知ってるし、
鈴木もその点に触れている。
だけれどそう書かざるを得なかったのは、次のような理由だろう。

8 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2005/12/31(土) 00:12:15 ID:otf0xaaw
1.「批評の批評」があまり行われていない。
他人と似たようなものを書いても、「個性がない」などと言われない。
音楽について言語化することが困難な状況において、楽な方向に
流れるのは至極当たり前。

2.音楽批評家には公的な競争の場がない(ブラウン同書、p.31)。
音楽批評家にないのであれば、当然それ以外の立場の人にも、
競争する場所がない。競争があって、上を目指すという意識が
あれば、凡百の文章とは違ったものを志向する人が出てくるはず
なんだけど。

「柴田南雄音楽評論賞」というのはあるけど、まだ歴史は浅い。

9 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2005/12/31(土) 01:11:56 ID:otf0xaaw
3.音楽批評に読者が個性を期待していない説
も考えられる。例えば、作曲家の新作やその演奏がどのような
ものであったかを淡々と報告してくれればよく、書き手の個性
なんぞ不要だと。

---------------------------
ともあれ、音楽評論家の影響力は、発表媒体の廃刊や部数減
とともに、現在では著しく後退している。
代わって音楽批評の主役になったのはネット。

どんな人間でも批評を外に発表することができるようになったのに、
そして、紙とは違い、スペースを気にすることなく好きなだけ書く
ことができるのに、音楽批評を巡る状況は基本的に変化していない。
我もまた、個性のある批評を生み出すことができていない。

とまあ、とりとめもなく「一般の音楽批評を巡るさまざまな問題」
の1つを書き綴っていったけど、批評について議論する際に参考に
なればありがたい。

10 :7分74秒:2005/12/31(土) 01:25:00 ID:CxWP22qn
面白いね。

11 :7分74秒:2005/12/31(土) 08:37:40 ID:0QEd0NdM
>>( ☆´ー) ◆PpNattILVM
乙です。
評論家が「個性」とやらを発揮するために「酢豆腐」を推奨してるのはどう見ます?

12 :( ☆´ー) ◆PpNattILVM :2005/12/31(土) 09:34:26 ID:otf0xaaw
>>11
彼の文章を一度見るに限る。

こういう普通の受け答えしかパッと思いつかなかったから、
読ませる文章を書けないわけで。

13 :7分74秒:2006/04/23(日) 09:10:57 ID:luHXmieM
保守age

14 :7分74秒:2006/04/23(日) 11:30:25 ID:qWeg0XCz
良スレ。

15 :7分74秒:2006/07/23(日) 18:55:44 ID:hNEnt98h
家族旅行は東北へ行くことを決めたが、東北のどこへ行くのかはまだ決めてない。
東北へ行く、と決めた時点でデカパイはようやくおとなしくなってくれて、ホッとした。
これから宿の予約ができるだろうか。うちの場合はシロ&クロも泊まれる宿でないとダメ
だから、選択肢が極めて少ない。もし予約できなかったら、デカパイと娘を宿に泊まら
せて、俺はシロ&クロとテントで過ごそうかな。そのほうが気楽かもね。

さっき夕飯の時、デカパイが娘に「お父さんが夏休みに東北へ連れてってくれるって」と
言ったのだが、娘の反応は予想外で「ふ〜ん」とつまらなそうに返事しただけだった。
「行きたくないの?」とデカパイが訊ねると、「行きたくなくはない」と回りくどい答え。
空気がキレイだよ、とか、涼しいよ、とか娘を喜ばせようとデカパイは必死だが、娘は
「ふ〜ん」と白けてる。
「お前、行きたくないの? だったら行かないよ」とデカパイが脅したが、それに対しても
「行きたくなくはない」と曖昧。
「どっちなんだ、はっきりしろ!」と一時収束していたデカパイの怒りがまた爆発。唇に
米粒をくっつけて怒る怒る。
先日に引き続いて今夜も「食事中にやめんか」と俺が止めて、食後に娘に訊ねてみた。
「復習したいもん。」 おぉ、立派な娘だ。やはり俺の子。やらねばならぬことは何が何でも
やり通す。えらい!!
「2、3日ならいいだろ」と誘っても首を振る。決意は堅そうだ。
デカパイが「お前、ずっと勉強してたら疲れちゃうよ」と自分の都合の良い方向へ娘の
気持ちを向けようとするが、娘は聞かない。

デカパイがまた不機嫌になった。眼を吊り上げてブツクサ言いながら食事の片付けを
してるし、果物の盛られた器をドタンと乱暴にテーブルに置いて行った。盛んに娘を睨み
つけてる。

家族の調整が難しいなぁ。この件、最終的にどのようにまとめ上げればいいんだろ。
娘は意地張って「復習したい」と言ってるようだし、子供だからいつまでも意地を張り続け
られるとは思えない。でも最近の娘はかなり頑固になってきてるから、ずっと意地を張り
続けるかも…。
まぁいいや。家族旅行へ行くということでこのまま計画を立ててしまおう。デカパイ怖いし。


16 :7分74秒:2006/07/24(月) 01:02:48 ID:H6CCocGo
一遍に糞スレになった…

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)