2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

一柳慧

1 :1分87?秒:2006/02/07(火) 11:49:30 ID:e+q1/frb
日本を代表する作曲家。一柳慧(いちやなぎとし)氏を語ろう。

プロフィール(東京コンサーツ)
http://www.tokyo-concerts.co.jp/artist/ichiyanagi.html
Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E6%9F%B3%E6%85%A7

2 :7分74秒:2006/02/07(火) 11:58:29 ID:DrBD+MZH
2

3 :7分74秒:2006/02/07(火) 15:15:03 ID:LUsotgoV
なんでこの人はあんなにつまらない曲ばかり書くようになったのかな?
尾高賞をとった頃から、急におかしくなった。
それまでは、日本で最も先鋭的な仕事をする人だと思っていた。まあ勘違いかもしれんが。
いまでは、日本で最も凡庸な作品しか作らない人の一人。その代表格。
もはや聴く価値はない。

頼むから昔の気迫を取り戻してほしい。

4 :小田諭 ◆eOwhT.MPqI :2006/02/07(火) 16:55:39 ID:6KiF2Gut
ピアノ協奏曲「冬の肖像」の音源がなぜ手に入らないのか納得がいかない


5 :小田諭 ◆eOwhT.MPqI :2006/02/07(火) 18:27:03 ID:NfzryXC7
ジョン・レノンと再婚する前,オノ・ヨーコが一柳慧と結婚してたの知ってるか?

6 :小田諭 ◆eOwhT.MPqI :2006/02/07(火) 18:35:55 ID:NfzryXC7
前ジョン・レノンの特集番組をNHKでやってて,見てたら,
ジョンとヨーコが裸で手をつないでるラブ・アンド・ピースな写真が映って,
性器がモザイクなしだった。
ジョン・レノンのいちもつは長かった。

7 :7分74秒:2006/02/07(火) 20:26:18 ID:qT+87Oq4
ぶっちゃけ、ジョン・レノンとオノ・ヨーコはどうでもいい。

8 :7分74秒:2006/02/07(火) 20:31:34 ID:FhJVM9t4
>7
そうだね。単なるバカップルだよ、あの二人は。

9 :7分74秒:2006/02/07(火) 21:45:20 ID:zKbR1qDa
ん〜8レス目にしてもう関係ない話題へいくとは…
いちやなぎ恐るべし

10 :7分74秒:2006/02/07(火) 23:38:10 ID:/lec9rtA
ケージと仲良しでよかったね

11 :7分74秒:2006/02/08(水) 00:14:17 ID:DV0TjZEv
本人は今も<過激>好きのようだが。下記の本によると。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4624710908/qid=1139325010/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/249-7083224-4340301

12 :7分74秒:2006/02/10(金) 09:59:51 ID:/JxyMPbK
>>11
そもそも今の時代で過激を求めるのが古くさス
よって一柳やペンデレツキは賢い

13 :7分74秒:2006/02/10(金) 12:35:42 ID:REXdRPxz
過激か過激じゃないかで優劣を決めるのも古いと思うが。

14 :7分74秒:2006/02/10(金) 13:53:26 ID:xUUGWeEh
おまいらNHKみろ!

15 :7分74秒:2006/02/10(金) 15:15:17 ID:VPf31ny9
過激かどうかより、根本的な作品の質が・・・

16 :小田諭 ◆eOwhT.MPqI :2006/02/10(金) 19:57:47 ID:Bo4CCfw9
あの長毛犬みたいな髪型を同じロン毛でもレノン風にして,
眼鏡もサラリーマンみたいのじゃなくて白山眼鏡店のやつにすればすべて解決

17 :7分74秒:2006/02/11(土) 01:02:53 ID:jFEHkCVY
>>16
お前のレスはことごとくつまらんな

18 :7分74秒:2006/02/11(土) 18:28:50 ID:xk6QdgP2
"パガニーニ・パーソナル"についてなんか言ってくれろ

19 :7分74秒:2006/02/11(土) 19:58:39 ID:/rQm1MAp
本名なの?

20 :小田諭 ◆eOwhT.MPqI :2006/02/11(土) 19:58:40 ID:BMT7BRE1
↑↑うるせーアニヲタ
しね


21 :19:2006/02/11(土) 19:59:15 ID:/rQm1MAp
>>20
何か?

22 :小田諭 ◆eOwhT.MPqI :2006/02/11(土) 20:00:49 ID:BMT7BRE1
>>21
17がしねばいい

23 :7分74秒:2006/02/11(土) 20:17:56 ID:wUtumudx
ロン毛て・・・
何世紀の人やアンタ?

24 :7分74秒:2006/02/11(土) 22:43:18 ID:KVKl+di1
一柳は麻雀が好きらしい。

25 :小田諭 ◆eOwhT.MPqI :2006/02/12(日) 00:48:59 ID:BXGtDfeP
>>18
パガニーニ・パーソナルって岩城宏之(指揮者だが元打楽器奏者)と
その妻の木村かをりのために作った曲だよね。
岩城って現代曲弾けるほど打楽器がうまいの?

26 :7分74秒:2006/02/12(日) 01:29:04 ID:gSiMKAbZ
「九段坂より」にその辺の事情書いてたよ
どこかの音楽祭の企画作ってるとき、酔った勢いで自分が打楽器やるぞ!とかいったらしく、
叩ける曲がないから武満徹、石井真木、一柳慧の3人に頼んだらしい。
他の2人は簡単なの書いてくれたけど一柳だけ本気で書いてきたから必死で練習したって。
結局ちゃんと叩けたのかは知らないけど。

27 :7分74秒:2006/02/12(日) 23:33:53 ID:qki9FeIz
岩城は大学では打楽器専攻の卒。
(当時まだ指揮科はなかった)

28 :7分74秒:2006/02/13(月) 05:51:52 ID:oipNAqXr
>>27
いやあったんじゃなかったかな?
試験が難しすぎてとても受けられなかったとか、三石精一が入ったとか、岩城が書いてるの読んだ事あるよ。
別の大学の事かな?

29 :7分74秒:2006/02/14(火) 10:23:52 ID:c/Aa2UaG
http://www.kanagawa-kenminhall.com/ainobyakuya/
新作オペラ「愛の白夜」(世界初演)

作曲:一柳 慧
台本:辻井 喬
指揮:外山雄三
演出:白井 晃


平成18年(2006年) 2月24日(金)19:30開演
             2月26日(日)15:00開演
会場 神奈川県民ホール 大ホール
チケット S 9,000円 A 7,000円  B 5,000円  C 3,000円  学生 2,000円
発売中


30 :7分74秒:2006/02/14(火) 14:13:26 ID:HstypyK8
>>29
ちょっと厳しいな。

31 :小田諭 ◆eOwhT.MPqI :2006/02/14(火) 16:52:29 ID:jJP31F6t
一瞬文字が「愛の白(い)液」に見えた俺はどうかしてる

32 :小田諭 ◆eOwhT.MPqI :2006/02/14(火) 18:15:41 ID:Ba3DP/nz
あんな狭いホールでどうやってダンス付きオペラなんか演奏するんだろ・・・

33 :7分74秒:2006/02/16(木) 10:24:12 ID:8eRpOb8G
>>29
誰か観に行ってくれよ。そして報告よろ。

34 :7分74秒:2006/02/16(木) 21:46:49 ID:I1cGMzJr
>>33
イヤデス。
でも多分どうせ満員だよ。
本当に聴きたいのかどうかは知らんが。

35 :7分74秒:2006/02/17(金) 07:50:01 ID:D7FueFye
「ピアノ・メディア」のグルーヴ感はすごいな

36 :7分74秒:2006/02/17(金) 10:24:50 ID:jDTJMbnB
タイムシークエンスも好きだ。昨日から練習してるが1ページ目しか弾けん。

37 :7分74秒:2006/02/17(金) 18:06:14 ID:wFx9NoNY
>>36
俺も2ページ目まで行ってギブアップ

38 :7分74秒:2006/02/24(金) 22:46:01 ID:wD4VytBi
おいおい愛の白夜初演だってのにさみしいな。

で、行ってきた。
非常に聞きやすい音楽だったからゲンオンヲタの評価は低そう。
俺は一柳作品の響きが好きなので満足だったが。

39 :7分74秒:2006/02/25(土) 06:30:27 ID:1SkR+9Qc
>>38
行った人の点呼取ってみれば?

40 :7分74秒:2006/02/25(土) 11:00:19 ID:jt2fG3Ut
行ってない香具師、手を挙げてみろ。

41 :7分74秒:2006/02/25(土) 11:41:47 ID:8FHF3HVq
ノシ

42 :7分74秒:2006/02/25(土) 11:45:05 ID:FNNH4Ct4
ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ ノシ

43 :7分74秒:2006/02/26(日) 19:51:04 ID:44wp6kk4
「愛の白夜」初演観て来た。
客層がオペラファンでもゲソでもなく会社か庁舎から来ました〜とか、いつもは若のコンサート行ってるおばちゃんとか・・・。
・・・・・まさか強制動員!?。
でも公演自体は良かったよ。

44 :7分74秒:2006/02/27(月) 00:46:42 ID:j2ZPKDIy
>>43
えっ、マジ!?
俺本当にひどいと思ったよ。
脚本もグダグダだったし、曲もちょっと薄すぎだと思ったよ。
旋律も日本語のアクセントにあってなくて聞き苦しいし
場面の転換が音楽でも舞台装置ででもなされてなくて
ちょっとどうかと思った。
途中打楽器でセリフが聞き取れなかったり。

まあそもそも脚本自体がおもしろくないだろあれ。

45 :7分74秒:2006/02/27(月) 23:18:19 ID:j944qxVY
>>44
どうかな。あえてそういうふうに作ってるのかもよ。
一柳のやることならじゅうぶん考えられることだと思う。

46 :7分74秒:2006/02/28(火) 00:04:41 ID:55uTqyGe
>>45
一柳の作品としてみるなら、まあその考えもアリかもなぁ。
ところで>>45の言う「そういう」ってどういった部分のことだろう。

でも1つのオペラ作品としてはナシだと思った。

47 :7分74秒:2006/02/28(火) 04:17:17 ID:OnYA5hem
nenabehake-n

48 :7分74秒:2006/02/28(火) 21:17:09 ID:0LKDPh5R
脚本がひどいのはさることながら
一柳の音は、人間の声の生理を完全に無視してた。
意味のない助詞なんかで、なんでテノールがハイcisを
張り上げる必要があるのか、歌手が気の毒だったな。

49 :45:2006/02/28(火) 22:28:45 ID:VF+bUThk
>>46
つまり、ひどいと思ったんでしょ?
でも一柳はひどいという事をわかっててあえて書いたのかも、ってこと。

>>48
それも同じ。あえてそういう作品にしたんじゃないの?
一柳は人間の声の生理を無視したり、意味のない事をやりたいんじゃないか?

君たち二人は團伊玖磨の夕鶴でも聞いてなさい。

50 :7分74秒:2006/03/01(水) 15:45:40 ID:61qJWeRo
ちなみに>>49氏は観てどう思ったの?
>>49氏自身の意見も聞いてみたい。

あえて意味のない事をやったとしてだ。
あえて意味のない事をやる意味はなんだったのかな。
夕鶴か、久しぶりに聴こうかな。

51 :7分74秒:2006/03/01(水) 19:45:57 ID:f9yW2su2
オレは、このオペラは見ていないが、合唱曲は、まあ44氏、48氏の言うとおりなので、
またそういう曲、作ったのか、って感じ。

彼の曲は、「あえて意味のないことをやる」意味や価値を、全く伝えないんだよ。
たとえば、極限的な表現が生まれたり、言葉と音楽の起源が混ざりたったような体験とか、
何かあれば、共感できる。しかし、一柳の言葉を使った作品に、それは、ない。

ピアノメディアの頃が、最後のピークって感じ?

52 :7分74秒:2006/03/01(水) 20:30:23 ID:JxIUXhnU
一柳オペラといえば平泉炎上を思い出す
あれは笑った

53 :49:2006/03/01(水) 21:35:48 ID:5kPMzZhf
>>50
日本のオペラなんてほとんどいいと思ったものはない。
そういう中で今回の作品は俺はわりといいと思ったよ。
まあ、ものすごい傑作とまでは言わないけど。
確かに言われてみれば過度の表現もあったかもしれない。
でも一柳の作品なんてそんなもんだろう、と思った。

>あえて意味のない事をやったとしてだ。
あえて意味のない事をやる意味はなんだったのかな。

俺は一柳が意味のない事をやったということも考えられる、
と言いたかったわけで絶対にそうだ、とは言ってない。
よしんば、無意味な作品だったとしても、何かいけない事でもあるのか?
俺は無意味な作品、好きだよ。
60年代のハプニングとか、あるいはカーゲルの作品とかって
無意味な作品多いだろ?
一柳自身もフルクサスにいたわけだから今回の作品はそういった作風を
部分的に取り入れたんじゃないかと俺は思ってる。
>>50に逆に聞きたいのだが、じゃあ、なぜ音楽に意味ばかり求める?

>>51
>彼の曲は、「あえて意味のないことをやる」意味や価値を、
全く伝えないんだよ。
たとえば、極限的な表現が生まれたり、
言葉と音楽の起源が混ざりたったような体験とか、
何かあれば、共感できる。
しかし、一柳の言葉を使った作品に、それは、ない。

それは人の感じ方次第の問題だな。俺はある、と思う。

54 :7分74秒:2006/03/01(水) 22:41:15 ID:61qJWeRo
>>53
例えば「俺は意味のない事をやりたかったんだ!(ドーン)」って感じなら
それはそれでいいんだけど。俺も無意味なものはそれはそれでいいと思う。
例えば「それがやりたかったから」ならそれでいいし
一柳の作品は何と言うか音楽的(語弊を招くかもしれないが)ではないと思っているが
意味と言うより、どういう考えの基そうなったのか、という事だ。
作曲するときにそれは考えるだろう?

まあ一柳に聞かなきゃ分からない事だし、
>>49の個人的な意見としてその意味について動考えているか聞いてみたかっただけだから
そう熱くなるな。(熱くなってないと言われそうだが)

オペラは物語を追って、それと共にあるものなのだから
その無意味な事を「オペラでするべきだったのか」は疑問に思う。
現実にセリフが聞き取りにくかったりしている訳だからさ。


日本のオペラと言えば、三木稔のオペラはよかったぞ。「愛怨」。

55 :7分74秒:2006/03/02(木) 23:44:56 ID:RVApE6MC
「愛怨」と「愛の白夜」じゃ白夜の方がずっといい

三木のオペラは最低最悪

56 :53:2006/03/03(金) 00:40:12 ID:fJ05etei
>オペラは物語を追って、それと共にあるものなのだから
その無意味な事を「オペラでするべきだったのか」は疑問に思う。

多分>>54はジョン・ケージとかそういうものあまり聞いてないでしょ?
60年代のケージと、その周辺の人たちの作品には
「無意味なオペラ」的な作品なんてたくさんあるんだよ?
そして一柳もその周辺の人たちの中の一人だった。それを考えれば、
俺はちっとも疑問に思わないけどね。

>現実にセリフが聞き取りにくかったりしている訳だからさ。

一柳のオペラ作品では以前の「モモ」でも声が聞き取りにくいって批評があった
事知ってる?
で、そこで反省があったら今度は聞き取りやすくするだろ?でも今回も
聞き取りにくいってことはやっぱりそういう演出にしてるんじゃないかな。


57 :7分74秒:2006/03/03(金) 00:52:05 ID:QqMtFmna
>>56
ふむ、確かに俺は比べるのならケージよりライヒを聴くな。
そういう人間がわざわざ一柳スレに来るなって感じだろうけど。

そういう演出だというのは納得する。
だがオペラにおいてその手法は成功しない、手法の選択ミスだと俺は思う。
そして60年代にそうだったことなんかいいとして
現代でそれをやるかねぇ…という感想ですよ。

一柳がそういう意図を持ってやったとするなら
俺に一柳オペラは合わないって事だな。
曲は普通に聴くんだけどなぁ。
一柳がそういう作品を書くことに関してはあまり疑問を抱かないが。

58 :7分74秒 :2006/03/03(金) 00:54:36 ID:7/mQoj5c
どうしようもないスレだな。「愛の白夜」は歌詞は日本のオペラとして
珍しいほど言葉が聞き取りやすかったんだよ。話の前提が狂ってるんだよ。

59 :7分74秒:2006/03/03(金) 00:59:39 ID:QqMtFmna
>>56
君のいう事はよく分かるし理解するが
結局俺が最終的に言いたい事は
その>>56が推測しているような、一柳がきちんと意図をもってその手法をとったとして、
その手法の選択やらなんかがが失敗なんじゃないか、と個人的な意見を言いたいわけです。

60 :7分74秒:2006/03/03(金) 01:00:17 ID:QqMtFmna
>>58
kwsk

61 :7分74秒:2006/03/20(月) 03:06:11 ID:OUD9Bhm9
さっき、といっても5〜6時間くらい前だけど、教育で「愛の白夜」の特集をやってた。
本人のインタヴューもあった。歌手も出てたけど、ちょうど、>>48の件について触れてた。
「難しいと思ったけども、やってるうちに慣れてきたし、(一柳が存命だから)一柳本人に歌詞を変えたり
音を変えたりしても良いか聞くことが出来たのは良かった」というようなコメントだった。

62 :7分74秒:2006/04/22(土) 13:46:37 ID:YkNAueek
おととい文化会館で、「風に見る色」(尺八+箏2)聴いてきたよ。
立体的な広がりみたいなのが感じられて、結構よかった。


http://www.seiha.jp/koto-concert.html
ほかに野田暉行の夜想曲、唯是震一の神仙調舞曲なども演奏されました。

63 :7分74秒:2006/05/15(月) 04:51:48 ID:2F0HxHP1
父の影響で10歳の頃から聴いていますが、
この人センス良すぎます。
クラスの女子の8割が好きだと言っていますよ。

64 :7分74秒:2006/06/22(木) 01:19:49 ID:5EqD1W2e
YouTubeでTime Sequenceの演奏の動画を見つけたんだが。

ttp://www.youtube.com/watch?v=73lsNPiSrQ4

この土方のあんちゃんみたいな格好して見事に現代音楽を弾きこなすGEN
って人は一体何者?


65 :7分74秒:2006/06/22(木) 03:52:03 ID:/gVtCF3V
>>64
すげーーーーー!!!
演奏も筋肉もwwwwwww

66 :7分74秒:2006/06/22(木) 04:22:20 ID:c+SD5lel
こんなマッチョピアニストって本当にいるのか???
ノダケンのコメントがほしいところ。

67 :7分74秒:2006/06/22(木) 11:06:33 ID:UuiHbBPF
ノダケンとゲンが闘ったら、どっちが勝つかな?

68 :7分74秒:2006/06/29(木) 22:23:10 ID:HHDkQ7GX
>>64
http://www.youtube.com/results?search=ichiyanagi
「ピアノメディア」も、うpされてた。でも2種類あるのはどういうこと?

69 :Mimikamoerer ◆MG64yE6TCE :2006/06/30(金) 00:42:09 ID:1+yQjGBf
>>67 私が負けます。(きっぱり)

70 :7分74秒:2006/06/30(金) 05:04:13 ID:EzM+CXRm
彼の素性や演奏にコメントできないってことは
相当びびってるなw

71 :7分74秒:2006/06/30(金) 05:18:18 ID:MXkJRBtA
のだけんの知り合いらしいけど、敵に回すと怖そうだし…

72 :7分74秒:2006/06/30(金) 10:11:07 ID:eSpJDJXD
闘うって、ピアノの腕じゃなくて、殴り合いとかそういう意味?

73 :7分74秒:2006/06/30(金) 11:32:11 ID:TdK+5dI9
さすがのノダケンもあの腕でぶっ飛ばされたらやばいでしょ。

74 :さやはしむ:2006/07/01(土) 10:19:02 ID:juxTP8Ih
タワレコで1300円で二枚ゲット

75 :7分74秒:2006/07/01(土) 15:06:55 ID:WI5yUb4X
ゲンってはだしのゲンのことかと思ったぞ。
http://www.kamatatokyo.com/

76 :7分74秒:2006/07/01(土) 15:13:48 ID:FDRzZUGu
あごなしゲンのことかと思ったぞ

77 :7分74秒:2006/07/01(土) 15:24:46 ID:/1NGjnCB
ノダケン、ゲンの解説マダ〜〜〜チンチン!!

78 :7分74秒:2006/07/02(日) 00:28:44 ID:vHqGVntF
ガリ 00:20:38

79 :7分74秒:2006/07/10(月) 21:05:51 ID:80KUovA+
ヨウコオノのタダの私よんでると
醜い顕示欲と守銭奴っぷりとちょっと前でゆうただのサブカルチャソじゃね?って思った
よくこんなごーてんゴ頭身の
ぶちゃいくにヤナギとレノンは立てられたな

80 :7分74秒:2006/07/12(水) 16:53:15 ID:esJ+8C8A
昔一柳がラジオでしゃべってたけど、経歴の最初の頃コンクールに
出した時には賞を争った相手は中田喜直のピアノソナタで、当時は
中田の曲のほうがはるかに前衛的だったそうな。
中田のピアノソナタ(プロコフィエフの戦争ソナタにもろに影響を
うけてる)より保守的だったとは。

81 :7分74秒:2006/07/12(水) 20:13:05 ID:c0H2PWdi
いま一柳さんの曲って、「前衛」という感じはしないよね。
コンサート聴きに行ったし、本人もロビーにいたけど、
現代音楽業界の中では既に地位の確立された存在と
して落ち着いた雰囲気だった。作品も、技法は現代の
技法を使ってるかもしれないが、精神的に前衛という
ものは感じなかった。無調とかミニマルとかが共通の
言語として流通している世界の中で安泰しているという
意味では、一柳さんは今も「保守的」だと思う。
でなきゃ、たくさんの人的資源、物的資源を使わなけれ
ならないジャンルである「オペラ」なんか書けないのでは。

82 :7分74秒:2006/07/17(月) 23:30:52 ID:HlkBNKVy
>でなきゃ、たくさんの人的資源、物的資源を使わなけれ
>ならないジャンルである「オペラ」なんか書けないのでは。

そうでもナイヨ。

83 :7分74秒:2006/07/19(水) 14:01:01 ID:bWPVRlLM
>>64
動画の中に「平野弦」と出てくるんだけど
この人と同一人物かな?

http://yasai.2ch.net/gay/kako/1001/10011/1001168986.html

84 :7分74秒:2006/07/21(金) 17:43:42 ID:ANlUtTnH
>>83
どうもそうらしいね


85 :7分74秒:2006/07/21(金) 17:50:50 ID:ZKw/GG5w
今日は上野で分水嶺だぞー

86 :7分74秒:2006/07/21(金) 23:17:36 ID:0RAEw2w0
1000円払って聴いてきた

87 :7分74秒:2006/07/21(金) 23:44:04 ID:aJgvfgO0
分水嶺、改訂されてましたね。
第三楽章のラストとか。

88 :7分74秒:2006/07/22(土) 15:54:06 ID:pkBLpC/k
一柳のオペラは、どれも駄作以下!税金の無駄使い!
器楽曲なら少しはマシかも??

89 :7分74秒:2006/07/22(土) 16:45:10 ID:VnJUJ5fA
ベルリン連詩は名作。しかし、この人の音楽は何聴いても鮮やかな(ヴィヴィッドな)色彩を感じない。白黒の濃淡と透明の細工のようだ。

90 :7分74秒:2006/07/22(土) 17:01:17 ID:devkkK41
♪なんとーーーわれわれはーーーーぎゃくほうこうからっ
きょうりゅうにーーーーーーにたっ
うんめいをーーーー
たどっているーーーーことかーーーー



寒い

91 :7分74秒:2006/07/22(土) 17:58:39 ID:v3xF6H7Q
脳細胞の数を倍増することに人類の夢がかかってるなんて、生化学者は
絶対言わないけどな。あんな事言うのは文系の人間だけだ

92 :7分74秒:2006/07/22(土) 20:37:44 ID:cIc8RdZM
>>91
こんなことを書いてる藻毎は理系の人間だな。

93 :GEOGE湯浅:2006/07/22(土) 20:53:02 ID:SEgsayI/
文系とか法曹、心理以外いみねえし
ただ
本よんどきゃいい
作曲家のチュウチョハンパ専門二番煎じ
の理系アプローチは
うんざりだぜ
サウンドにハッタリは通用しないぜ?

94 :7分74秒:2006/07/22(土) 22:40:29 ID:An3NAVxo
>>90
エアチェックテープ何度も聞いたがCD出るまで何て歌ってるのかわからんかった当時工房の俺。
特に最後の重唱。

95 :7分74秒:2006/07/23(日) 00:46:06 ID:CmMX7tZ9
ベルリンれんしは曲はいいと思うが歌詞は最低。

大岡とか川崎とか詩壇政治は上手だったのかしれんが
詩人としてはどうしようもないだろ。

96 :7分74秒:2006/07/23(日) 23:12:48 ID:uGPYTfXK
一柳にしても誰にしても、日本の現代作曲家なんて屁糞だよ。

97 :7分74秒:2006/07/26(水) 01:38:05 ID:9inSlj42
筋肉ピアニストGEN様!
http://piza.2ch.net/gay/kako/974/974802638.html

98 :7分74秒:2006/07/31(月) 01:27:04 ID:Rubwq3vO
>>81
と、ご本人が申しております。

99 :7分74秒:2006/08/20(日) 16:00:54 ID:Y3+azZne
ぎりぎりの情報で失礼。
本日のN響アワーに、愛の白夜の演出をした白井晃が出演予定。
当時の話をするらしい感じだ。

今頃呼ぶか…

100 :7分74秒:2006/08/20(日) 19:05:42 ID:d+OZS6yN


















101 :7分74秒:2006/08/22(火) 01:58:26 ID:LevTrhB/
一柳さんまだまだ若いお。
近作はともかく60年代の珠玉の作品群
をいろいろやりたがっているみたいだお。

102 :7分74秒:2006/08/22(火) 20:12:52 ID:PTbpFVKA
今日は大阪への日帰り出張だった。業界団体の定期的のような思いつきのような、
いい加減な会合で、毎度のことながらどうでもイイような内容。会合は適当に済ませて、
あとはCD店巡り。
日本橋へ行きたかったんだけど、あまり時間が無かったので梅田しか周れなかった。
マルビルの塔が休みで、ワルティで¥298盤を中心に少し買って、J.J.で中古盤を2枚。
カーニバルもひと通り見たけど値段が高過ぎだね。駅前ビルを巡ってたら時間切れに
なってしまってジュージヤは次回以降のお楽しみ。
こだま号でノンビリ帰ってきたけど、太りたくないから車内では麦茶1リットルだけ。食わ
ないとどえらい退屈。

明日の午後から夏休みだ。家族旅行が待ってる。イヤだなー。
旅行の荷物がまた増えてるからデカパイに聞くと、「夜はけっこう涼しいかもしれないから」と
人用の上着とシロ&クロ用の毛布を追加したそうだ。北東北なら夜は寒いけど、南東北は
そんなに冷えないだろ。宿はエアコン完備だし。
「そんなの要らんだろ」と言ったら怒り出したんで、「まぁいいや」ということにした。明日また
荷物が増える感じ。

さぁ寝よっと。


103 :7分74秒:2006/10/21(土) 23:29:25 ID:yVU3hm8X
ようつべのGENの動画のおかげで、
「ピアノメディア」と「タイムシークエンス」は楽譜の売り上げが伸びたと思うんだが、どうだろう?

104 :7分74秒:2006/10/21(土) 23:38:33 ID:sikzz8dA
これらの曲はうまい演奏は聴きたいが、自分で演奏したいとは思わない。
雲の表情に幾つかの曲は別だけど。

105 :7分74秒:2006/10/28(土) 00:33:26 ID:LBN6DKb0
タワレコから出たライフ・ミュージック聞いた?
オケを変調した作品なんだけどシュトックハウゼンのミクストゥールよりも早くに
発表、内容的にも上をいってる。
一柳、やるな。

106 :7分74秒:2006/10/28(土) 03:36:26 ID:r11WffUF
ミクストゥールは1964年に作曲、1965年に発表。
ライフ・ミュージックはテープのみの版が1964年に作曲、オケ変調を含む
版の作曲、初演は1966年。

107 :7分74秒:2006/10/28(土) 15:12:27 ID:mNqT4G8S
一柳より野田憲太郎のほうが才能があるよ。いやマジで。気がおかしくなったわけではないですよ。

108 :7分74秒:2006/10/29(日) 06:23:37 ID:l14jXuHQ
もしかして展也じゃないよね?それともわんやか?ww

109 :7分74秒:2006/12/10(日) 22:00:10 ID:mUJk4HAs



110 :スペース・シーン:2006/12/11(月) 22:11:41 ID:tK8BaxU6


\(〇◇〇)/トシちゃんかんげきー!


一昨日、横浜で会ったよ!

新作初演で浮かれていたな♪

111 :7分74秒:2006/12/25(月) 23:55:45 ID:mqPMfDyk
http://homepage2.nifty.com/paganmusik/omega/label.html#tinguely

1960年代にこれが美しい・正しいと感じていた一柳の美意識はスゴイ

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)