2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鈴花ちゃん 普通学級に入学へ

1 :選曲してください:2007/02/14(水) 17:52:22 ID:mgRxNS4D
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070214-00000056-mai-soci
<青木鈴花ちゃん>普通学級に入学へ 東京・東大和
2月14日15時3分配信 毎日新聞

 「喉頭(こうとう)軟化症」というのどの病気で、たんの吸
引が必要な東京都東大和市の青木鈴花ちゃん(6)が4月、市
立小学校に入学することが決まった。文部科学省によると、た
んの吸引が必要な児童が養護学校ではなく普通学級に入学する
ケースは珍しい。市教委は今後、両親と受け入れ態勢を決める
が、本人に吸引させる方向で検討している。
 鈴花ちゃんは、病気のため、空気を気管に通す器具をのどに
装着し、1〜3時間ごとにたんを吸引する必要がある。
 「看護師が付きっきりで看護できない」などとして保育園入
園を拒否された鈴花ちゃんと両親は一昨年11月、同市に入園
を認めるよう求めて提訴。東京地裁は昨年1月、同市に仮入園
を認めるよう命令。昨年10月の判決でも、「身体的・精神的
状態や発達は、障害のない児童と変わりない」とし、看護につ
いても「付きっきりの必要はない」と判断し、正式に入園を認
めるよう命じた。同市は判決を受け入れたが、小学校への入学
については判断していなかった。
 父親の繁宜(しげよし)さん(41)らは「自分でたんの吸
引ができ、生活に支障もない。入学を認めてほしい」と同市教
委に相談。医師や学校長らでつくる就学指導委員会が「就学に
問題はない」と判断したことを受け、市教委は1月末に入学許
可を出した。

2 :選曲してください:2007/02/14(水) 17:53:14 ID:mgRxNS4D
 文科省や「医療的ケア全国ネットワーク」(東大和市)によ
ると、病気のため気管切開した児童は、たんの吸引をする看護
師や介助するスタッフがいないなどを理由に普通学校への入学
を認められない場合が多いという。主宰者の下川和洋さん(4
1)は「教育、医療的な評価を踏まえた妥当な判断。病気で悩
む子どもたちや家族にとって明るい材料になる」と語る。
 現在通う市内の保育園では、鈴花ちゃん本人がたんの吸引を
するのを禁じている。このため、付き添いの看護師1人が、た
んの吸引をしている。しかし、鈴花ちゃんは自宅では、約3年
前から自分で吸引しているという。
 母親の待詠子(たえこ)さん(38)は「いままで協力して
いただいたみなさんに心から感謝したい」と喜んでいる。鈴花
ちゃんは一つ上の兄と同じ学校に行けることを喜び、祖母にも
「頑張って学校に行くね」と目を輝かせ、友達と一緒に通える
ことを喜んでいるという。【武内亮】
 ▽東大和市教委の話 (介助の方法など)受け入れ態勢をど
うするかは今後、両親や学校と話し合う。鈴花ちゃん本人にた
んを吸引してもらうことも考えている。

                                   了

3 :選曲してください:2007/02/14(水) 17:56:02 ID:t+F1RNEG
番地外

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)